【PS4の速度向上】もうやってる?PS4のMTU値の設定方法を紹介!

MTU値の設定方法

PS4の通信速度改善法で使える「MTU値設定」についてまとめました。

「PS4で設定できるMTU値ってなに?」「回線ごとのMTU値が知りたい!」など気になっている人もいるのではないでしょうか。

このページでは、PS4でMTU値を設定する方法と契約している回線ごとのMTU値、またMTU値の仕組みなどを解説しました。

参考にしてみてください。

PS4のMTU値を設定することで通信速度が改善する

MTU値で速度が改善

PS4の通信速度で困っている人はMTU値を設定することで改善する可能性があります。

設定の方法も簡単で誰でもできますので、困っている人は試してみる価値があるでしょう。

なお、設定するMTU値は利用している回線によって異なります。

なので、MTU値の設定をしようと思っている人は、自分が何の回線を契約しているかをチェックしておかなければなりません。

今の回線が分からない人はあらかじめ確認しておきましょう。

PS4でMTU値を設定する方法と回線ごとのMTU値

MTU値の設定方法

それでは具体的な設定方法とMTU値についてみていきます。

数分で設定できますので、「通信速度を改善したい!」と言う人はとりあえず試してみてください。

PS4でMTU値を設定する方法

MTU値の設定は、PS4のホーム画面から行います。具体的な設定方法は以下の通りです。

PS4のMTU値設定方法
【MTU値の設定変更方法】

1、 ホーム>ネットワーク>インターネット接続設定
2、『LAN設定』の『LANケーブルを使う(有線)/Wi-Fiを使う(無線)』のいずれかを選択
3、『インターネットの接続を設定』の『カスタム』を選択
4、『IPアドレス設定』を『自動』
5、『DHCPホスト名』を『指定しない』
6、『DNS設定』を『自動』
7、『MTU設定』を『手動』(以下の表に記載)
8、『プロキシサーバー』を『使わない』
9、 インターネット診断をする

入力する数値については次の項目で記載します。

なお、MTU値を設定しても速度が改善しない、もしくは逆に速度が遅くなってしまうということもあり得ます。

「自分の回線にあったMTU値にしたのに速度が落ちてしまった…。」という人は、再度項目⑦のMTU値設定を自動に戻しておくようにしましょう。

利用している回線ごとのMTU値について

続いて具体的な数値についてみていきます。設定するMTU値は以下の通りです。

全ての回線は網羅できませんので、下記表に記載がない回線に関しては「MTU確認ツール」などで調べていただけると助かります。

■主要光回線のMTU値
回線名
MTU値
フレッツ光
1454
光コラボ(ドコモやソフトバンクなど)
1454
電力回線(eo、コミュファ、ピカラなど)
1454
v6プラス通信
1460
auひかり
1492
NURO光
1500

なお、「MTU確認ツール」を利用してMTU値を測定する時は、以下の画像の部分をチェックします。

MTU値をチェック
▲赤い丸で囲ったところが
自分の回線のMTU値になる。

画像内で表示されるMTU値を先ほど紹介したMTU値の欄に記入するようにしましょう。

特に間違いが多いのが、フレッツ光や光コラボを利用している人です。

フレッツ光や光コラボを利用している人でも、v6プラスサービスを契約している人は、MTU値が統一して「1460」になります。

v6プラスの有無
▲v6プラスを利用している人は
MTU値が1460になる点に注意。

間違えて1454を入力してしまう人が多くいますので、フレッツ光や光コラボを利用している人は、サイトでしっかり確認した上で入力すると良いでしょう。

また、上の項目でも記載した通り、入力して必ず速くなるとは限りません。

速度が遅くなった場合や速度が変わらない場合は、再度自動に戻して設定するようにしましょう。

「PS4の通信速度ってどれくらい必要なの?」という人向けに、通信速度の測定方法から目安になる数値、そして通信速度が遅いときの改善法を紹介していきます。また、それに合わせて重要になるPing値についてもまとめました。
「PS4ってPing値測定できるの?どれくらいが目安?」という人向けに、Ping値の測定方法と目安の数値(理想と最低限)についてまとめました。また、それに合わせてPing値が悪い時の改善法を紹介していきます。

MTU値に合わせてDNSも設定もしておくとなおGODD

DNSの設定

MTU値を設定して余裕がある人は、DNSの設定もしておくことをオススメします。

DNSの設定も確実に速くなるわけではありませんが、通信速度が速くなることがあるので試してみる価値はあるでしょう。

MTU値と設定方法はほとんど変わりませんが、再度記載しておきます。

PS4のDNS設定
【DNSの設定変更方法】

1、 ホーム>ネットワーク>インターネット接続設定
2、『LAN設定』の『LANケーブルを使う(有線)/Wi-Fiを使う(無線)』のいずれかを選択
3、『インターネットの接続を設定』の『カスタム』を選択
4、『IPアドレス設定』を『自動』
5、『DHCPホスト名』を『指定しない』
6、『DNS設定』を『手動』で下記に設定
       →プライマリ『8.8.8.8』or『1.1.1.1』or『9.9.9.9』
        セカンダリ『8.8.4.4』or『1.0.0.1』or『149.112.112.112』
7、『MTU設定』を『自動』
8、『プロキシサーバー』を『使わない』
9、 インターネット診断をする

オススメのDNSは、「1.1.1.1/1.0.0.1」です。

提供元はCloudflareという会社で、現在一般向けに公開されているDNSとしてはトップクラスに速いサーバーになっています。

次いでオススメなのは、Googleが提供している「8.8.8.8/8.8.4.4」のDNSサーバーです。

どちらが速いかは環境によっても変わる可能性がありますので、両方のDNSを試してみて、より速度が安定する方で決定すると良いでしょう。

PS4の「DNS設定ってどうするの?」「どこがオススメなの?」という人向けに、オススメのDNSを3つと、DNSの設定方法などを解説しました。また、それに合わせてDNS設定の仕組みや一緒に設定したいMTU値についても紹介しています。

【参考】そもそもMTU値ってどういった数値なの?

最後にMTU値がどういった数値なのかを解説していきます。

MTU値とは「Maximum Transmission Unit」を略した言葉で、簡単に言うと送受信できるデータパケット量の最大値を表した数値です。

頻繁にデータのやり取りを行う上で、MTU値が回線に合っていないと以下のようなデメリットが発生します。

  • MTU値が小さい:データ交換に必要な回数が増えるため処理が遅くなる
  • MTU値が大きい:分割する作業が追加されるため処理が遅くなる

これらの2つのデメリットを避けるために、MTU値を設定することになります。

画像でまとめると以下の通りです。(eo光(MTUとは?)より抜粋。)

まずMTU値が規定の数値より小さい場合、パケットの分割回数が増えるため処理が遅くなってしまいます。
MTU値が小さい場合の問題
逆に、MTU値が規定の数値よい大きい場合、ネットワークの途中で分割しなくてはならないため、速度が低下します。
MTU値が大きい場合の問題点
そして、MTUが規定の数値になっている場合、いずれの問題も起きなくなり速度が改善されます。
MTU値が規定値の場合

少し専門的な話になるため、基本的には知らなくても問題ないでしょう。

まとめ:PS4のMTU値設定と速度改善について

このページでは、PS4のMTU値について解説しました。

MTU値を回線に合わせた数値に設定することで、PS4の通信速度を改善することができます。

確実に速度が速くなる方法ではありませんが、速くなる可能性も十分にありますので、気軽に試してみると良いでしょう。

また、それに合わせて余裕がある人はDNS値も設定しておくとGOODです。

これらの設定だけでもかなり改善することがありますので、ぜひ試してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする