【完全版】NURO光のPING値が高くなった時に必ず低くできる方法5選!

NURO光PING値の下げ方

NURO光は独自の配線方式を用いた高速光回線です。
2Gbpsの最高速度もさることながら、PING値も安定して低い数値をだすことが出来ます。

連続して通信をする際には、PING値は非常に重要です。
しかし、何かしらの事情でNURO光でもPING値が高くなってしまったり、安定しない状態になってしまう可能性もゼロではありません。

ここではそういったPING値が高くなってしまった時の対処法を紹介します。

PING値って何?どういった時に重要なの?

PING値とは、簡単に言うと『相手サーバーとの応答速度』のことです。
一般的に、『PING ○○ms(ミリ秒=1/1000秒)』と表され、数値が低ければ低いほど優れており、高ければ高いほど悪くなっています。

応答『速度』と書いていますが、単位は速さではなく時間です。
認識として、自分が相手に情報を送って自分に返ってくるまでに必要になる時間という風に認識しておくといいでしょう。

数値が低いと時間が短い ⇒ より快適なネット環境
数値が高いと時間が長い ⇒ 少し遅いネット環境

という風になります。

PING値について詳しく知りたい人は、別記事「オンラインゲームで重要なPING値を誰でも分かるように詳しく解説!」もチェックしてみて下さい。

通話やオンラインゲームなどリアルタイムの通信では重要

PING値が特に重要と言われるのは、連続して通信を行う時です。
例えば、オンラインゲームや通話ソフト(DiscordやSkypeなど)などのようなその都度その都度、違う情報を送らなければならない場面などになります。

別記事「【動画あり】PUBGやFORTNITEのラグ原因は?100%解消できる3つの方法」でも解説していますが、オンラインゲームなどでラグが起きるのは、PING値が原因であることがほとんどです。

PING値が高いと情報の処理に時間がかかってしまうため、入力してもすぐに動作が出ないというラグに繋がってしまうという仕組みになっています。

PING値の理想値
▲オンラインゲームを快適にするなら低PINGは必須。
特に対人戦は1~20msが理想と言われている。

オンラインゲームをやるのであれば、50ms以下のPING値が理想です。
200msなどを超える場合は、ラグにより回線落ちになってしまうこともありますので、きちんと対策してPING値を下げなければなりません。

ネットサーフィンなどをするだけであれば、PING値が高くても大きな影響はありませんので、気になったらいくつか測ってみるぐらいの心持ちでいいでしょう。


参考:オンラインゲームはPING値が命!回線速度は実はそこまで重要じゃない?

NURO光でPING値を下げる5つの方法

いくらNURO光が高速回線でPING値も低く安定していると言っても、何かしらの事情で急激にPING値が高くなってしまったりする可能性はゼロではありません。

そうなった場合は、以下の方法を試してみて下さい。

(1)ONU・ルーターを再起動してみる

PING値が安定しない時に一番簡単にできる改善方法がONU・ルーターの再起動です。

一度電源を落とし、約10~30秒ほど間を空けて再起動すると直る可能性があります。
実際こういったネットワーク系のトラブルの場合、再起動して直る可能性は思いのほか高かったりします。

そのため、まずは再起動から試してみて下さい。

(2)(無線の場合のみ)無線から有線に切り替えてみる

無線から有線に切り替える

現代では、一昔前に比べて無線の接続がかなり増えました。
実際、無線接続は日常的には非常に便利なため、PCやスマホ、ゲーム機器、タブレットなど多くのものを無線で繋いでいる人も多いと思われます。

しかし、回線の環境を考えると未だ無線よりは有線の方が優秀です。
回線速度やPING値、回線の安定性など多くの点で無線接続より、有線接続の方が上回っているのが現状になります。

そのため、無線から有線に切り替えてみることで改善する可能性は高いです。

なお、これが出来るのは有線接続が可能なPCやゲーム機器などだけになります。
スマホやタブレットなど一般的に有線でネットに接続しないものに関しては、無線のままで次の対策方法に進んでください。

また、有線に切り替えてもPING値が直らない場合もあります。
直らない場合は、無線有線接続の問題ではありませんので、次の段階に進むようにしましょう。

(3)ONUの型番を見てみる

NURO光を含め光回線ではONUと呼ばれる機器が必須になります。
NURO光のONUは少し特殊で、ルーターと同じ様な機能も備わっており、有線LANポートが3つ、無線LAN機能も無料で使える優れものです。

実は、NURO光のONUは全部で5種類あります。
NURO光の契約時にONUは家に届けられるのですが、5種類のうちどれがくるかは完全にランダムになっており、どの種類が来るかを指定することはできません。

また、その5種類のうち3種類は最新の無線LANの規格に対応していません。

NURO光で借りれるONU
▲『ZXHN F660A』と『HG8045A』は
最新規格に対応しているため交換しなくても良い。

最新の無線LAN規格に対応しているかどうかで無線の回線速度が大きく異なります。
対応しているものは『最大速度1.3Gbps』、対応していないものは『最大速度450Mbps』となっており、約3倍の回線速度の差がありますので実測値も大きく変わってきます。

NURO光のONUは無料で交換してもらうことが可能です。
そのため、最新の規格に対応していないONUが届けられた場合は、NURO光のサポートセンターに電話し最新規格に対応している2種のONUに変えてもらうようにしましょう。

NURO光サポートセンターNURO サポートデスク
0120-65-3810 受付時間 9:00~18:00
※ 1月1日、2日及び弊社指定のメンテナンス日を除く

NURO テクニカルセンター(NURO 光/NURO 光 でんわ設定/障害受付)
0120-300-260 受付時間 9:00~21:00
※ 1月1日、2日及び弊社指定のメンテナンス日を除く

参考:NURO光公式サポート

(4)LANケーブルを確認してみる

2つ目の項目として、無線から有線に切り替えるという方法を提示しました。
ここでは、その補足+αの情報についてです。

実は、LANケーブルにはグレードのようなものがあります。
『カテゴリー』と呼ばれるグレードがあり、カテゴリーによって回線速度やPING値が異なるため、物によっては買い替えが必要です。

LANケーブルのカテゴリ
▲カテゴリーは英語で『cat』と記載されている。
記載されているものに関しては見ただけで分かる。

メジャーなものとしては、カテゴリー『5、5e、6、7』の4種類になります。
NURO光を使うのであれば『カテゴリー5e、6、7』のいずれかが必要で、これからのことなどを見据えると特にカテゴリー6以上がおすすめです。

カテゴリー5の場合、最大速度が100Mbps(実測値はそんなに出ないことがほとんど)まで制限されてしまうため、NURO光の性能について行くことができません。

物によっては、LANケーブルにカテゴリーが記載されていますので、5以下であれば6以上のLANケーブルに交換してみるといいでしょう。

(5)古いルーターを使っているなら買い替える

古いルーターを使っている場合は、ルーターを買い換えることでよくなることがあります。

ただし、既述した通りNURO光のONUにはルーター同様の機能が付いています。
そのため、「1、2階の両方でNURO光を使いたいからルーターが欲しい!」というような状況でなければ無理にルーターを用意する必要はないかもしれません。

NEC Aterm WG2200HP PA-WG2200HP
▲NECのNEC Aterm WG2200HP
性能が良い割に値段も手ごろでおすすめできる。

万が一、ルーターを切り替えるのであればミドル級のものをおすすめします。
用途にもよりますが、現状数万円するものは、日常的に使うにはオーバースペック過ぎることが多く、ルーターの力を出し切ることが出来ないからです。

そのため、ルーターを再購入する場合は5,000~6,000円ほどのミドルスペックなものを購入しておくといいでしょう。

そもそもNURO光はPING値の問題は起きずらい

NURO光は独自の配線方式を使用しているため、他の回線と比較しても安定性が高いです。
そのため、他の回線に比べて「ネット回線が遅くなった…」「PING値の変動が激しい…」のような現象はあまり聞きません。

別記事「NURO光は回線良くてもPING値がダメダメ?実際のPING値を調べてみた!」で詳しく調べていますが、NURO光のPING値は実際に低く安定してます。

しかし、それでもそういったことが起きてしまうことはあります。
その際は、上で提示した方法を試してみるとほぼ間違いなく改善されるでしょう。

NURO光のメンテナンス情報
▲NURO光のメンテナンス情報。

もし、上の方法で改善されない場合は、NURO光の接続障害を疑ってみて下さい。
NURO光は、高い品質のサービスを提供し続けるためにNURO光のメンテナンスを頻繁に行っているため、地域によってはメンテナンスが実施されている可能性もあります。

具体的にはSo-net障害・メンテナンス情報に記載されていますので、「おかしいな」と思ったら確かめてみるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする