【動画あり】FORTNITEやPUBGのラグ原因は?100%解消できる3つの方法

PUBG・FORTNITEラグ

FORTNITE』や『PUBG』をはじめとした、いわゆるバトロワ系(バトルロワイヤル系)ゲームは、老若男女問わずプレイされており、世界的なブームとなっています。

しかし、バトロワ系ゲームで起きがちで頭を悩ませる人も多いのが、『ラグの問題』です。

ラグのせいで理不尽な負け方をした
ラグって相手がワープしまくる
ラグりすぎて、まともに動けない
とにかくひどいレベルでラグい

こういったラグのせいで、『ゲームがまともに遊べない…』という方も多いでしょう。

このページでは、FORTNITEやPUBGといったバトロワ系ゲームで起きがちなラグの原因と、ラグを100%解決する方法について解説しました。

【FORTNITE動画】ラグいせいでボッコボコ!致命的なラグの問題

いくらゲームが上手でも、ラグいせいでボッコボコにされた…ということはありえます。

相手に弾が当たっているのに、自分が死ぬ
相手がワープして弾が当たらない
ラグでカクカクしまくって動けない

こういったラグが起きると、実力では何ともできず、あっさり負けるしかありません。

ここでは、人気バトロワ系ゲーム、FORTNITEで実際に起きたラグ動画をまとめました。

相手に弾が当たってるのに、なぜか自分が死亡

最初は、相手に弾が当たってるのに、なぜか自分がやられる動画です。

建物内にいる対戦相手にヘッドショットを決めているにも関わらず、相手にダメージは与えられず、しばらくすると、なぜかこちらが唐突にやられてしまいます。

このパターンでは、ラグで相手の位置を正確に拾えていません
自分から見て弾が当たっているようでも、実際には対戦相手からは変な方向に弾を撃っている下手くそにしか見えておらず、あっさりとやられてしまうのです。

まさに理不尽な負け方で、実力でどうにかできるものではないでしょう。

相手がワープしまくって、あっさり負ける

2つ目は、対戦相手がワープしまくってあっさり負ける動画です。

ラグのせいで建物から出てきた相手に銃を乱射してもまったく当たらず、相手は色んな場所にワープ、最後にはあっさり負けてしまいます。

このパターンも、ラグで相手の位置を拾えていません
え?何これ、チートなの?!』と思うくらい相手がワープしてますが、実際にはラグが起きたことによって一方的にボコボコにされているという状況です。

ラグでカクカクしまくって、なぜか最後は地面に埋まる

最後に紹介するのが全体を通してラグい、まともに動かない状態です。

多少カクつく程度なら気にならない人も多いですが、動画のラグはひどく、カクカクというよりガタガタといった感じの動きで、最後はなぜか地面に埋まってしまいます。

全体を通してラグい状態は、ゲームの動作環境を満たしていない場合に起こりがちです。
※動作環境については、このページ内の「FORTNITE・PUBGなどのバトロワ系ゲーム動作環境まとめ」にて解説しています。


3つの動画でご紹介したようなラグは、ストレスの極みです。
理不尽なラグのせいで、対戦相手からは『こいつ弱すぎwww』とカモにされてしまいます。

そして、理不尽に感じる負けが続くとストレスもたまるため、よっぽど理不尽に負けることに快感を感じられる特殊な人でない限りは、『負けてばっかだし、超つまんない…』となってしまうでしょう。

PUBGやFORTNITEのラグの原因は?100%解決できる3つの方法

PUBGやFORTNITEで遊ぶ上で致命的となる、ラグの問題。
誰しもが、楽しいはずのゲームをラグのせいで台無しにしたくないでしょう。

かなりやっかいなラグですが、正しい対処方法を取れば100%解消できます。

ここでは、ラグが起きる3つの原因と、ラグを100%解消する方法を解説しました。

ラグの原因(1) 使っているインターネット回線がショボい

最も多いのが、インターネット回線が原因のラグです。

ラグで困っていても『ウチは光だから大丈夫』と考えている方も多いですが、たとえ光回線だったとしても、サービスがショボいと速度が遅かったり、Ping値(※)が高くてラグが起きまくります。

※Ping値:Ping値(ピンち)は、信号の往復時間のことです。
Ping値は低いほど(目安10ms以下)応答速度が速いため快適に遊ぶことができ、逆にPing値が高い(目安40ms以上)と入力したコマンドの反映に時間がかかったり、キャラクターの位置が拾えないといったラグが発生しやすくなります。

ネット回線変えたら超快適になった♪」となる人もたくさんいるため、ラグがひどくて困っている場合は、ネット回線を何とかしてみるのは有効な手段と言えるでしょう。

しかし、テキトーな回線ではラグを解消できません。
快適に遊びたいなら、回線速度が速くPing値も低いネット回線を選ぶ必要があります。

ゲーム通信エラー
▲しっかりした良いネット回線を利用すれば、
ラグや通信エラーなどを劇的に改善できる。

現状、速度が速くPing値も低いオンラインゲーム向きと言えるネット回線は、So-netが提供する『NURO光(ニューロ光)』や、KDDIが提供している『auひかり』のどちらかです。

NURO光、auひかりともに回線速度に定評があり、参考Ping値も20msを切っているため、世界トップクラスの快適さでオンラインゲームを遊べるでしょう。

●NURO光とauひかりのサービス概要
回線速度/
参考Ping値
月額料金
NURO光
最大2Gbps/
10ms以下
4,743円
auひかり
最大1Gbps/
20ms以下
戸建:5,100円
マンション:3,800円

特にPS4やNintendo Switchで遊んでいる人は、ネット回線が原因でラグが発生していることが多いため、「またラグい…もう嫌だ!」と困っている場合はネット回線の見直しを検討してみるのがオススメです。

また、NURO光やauひかりには、高額キャッシュバックをはじめ、PS4やNintendo Switchなどの人気ゲーム機のプレゼントといった豪華なキャンペーンもあるので、気になる方は別記事の「【随時更新】NURO光のキャンペーン徹底比較!」などもあわせてご覧ください。


▼オンラインゲームに関するオススメ関連記事

オンラインゲーム・ネットゲーム用の回線で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。このページでは、ネトゲ廃人でもある管理人がオンラインゲームにおすすめのネット回線ベスト3と回線選びのポイントを詳しく解説していきます。ゲーム好きには必見の内容です。

ラグの原因(2) 使っているPC・スマホの性能不足

ラグの原因で、ネット回線の次に多いのが、PC・スマホの性能不足です。

FORTNITEやPUBGは、PC、スマホ、PS4、Nintendo Switchなどに対応しています。
このうちPS4やNintendo Switchに関しては、性能差がないことや最適化されているため、性能不足によるラグが極端に出ることはありませんが、パソコンやスマホに関しては性能不足によるラグが発生しがちです。

このページの別項目「FORTNITE・PUBGなどのバトロワ系ゲーム動作環境まとめ」でも解説していますが、ゲームをラグなしに快適に遊びたいなら、一定以上のスペックがあるパソコン・スマホが必要となってくるでしょう。

FORTNITEスペック
▲動作スペックギリギリのパソコンだと
ラグがひどかったり、まともに遊べないことも。

最低動作環境を満たしていなかったり、ギリギリ満たしているくらいのパソコンでは処理落ちによるラグが発生しやすいため、快適に遊ぶのはかなり厳しくなってきます。

そのため、グラボなどのアップグレードや、場合によっては新しいゲーミングPCを購入するなどして、快適に遊べる推奨動作環境以上の状態に持っていくのがオススメです。

ラグが起きない最新ゲーミングPC
▲最新グラボが搭載されたゲーミングPCでも、
BTO大手のフロンティアなら15万前後で購入可能。

また、スマホに関しても同様です。
購入してから4年以上経っているようなスマホだと最新ゲームについていけず、処理落ちや動作不安定になる場合もあるため、ラグで困っている場合は思い切って最新機種にしてみるのも良いかもしれません。

ラグの原因(3) 使っているルーターが古い

ラグの原因として見落としがちなのが、ルーターです。

PCやスマホを買い替えても、ルーターについては壊れるまで使っている人も多いですが、ルーターが古くて通信が不安定になって結果ラグが発生しているようなケースもあります。

使い始めて5年以上経った古いルーターは、買い替えた方が良いかもしれません。

NEC Aterm WG2200HP PA-WG2200HP
▲NECのNEC Aterm WG2200HP
価格と性能のバランスが良く、ラグ解消にも期待できる。

ルーターは、何万円もするような高級機種である必要はありません。
ミドルスペック以上のモデル(おおむね5,000円~8,000円程度)であれば、一般家庭で使う分には必要以上の性能を持っているため、ラグの原因がルーターだった場合はバッチリ解消できるでしょう。

もっと早くやれば良かった!ラグが解消すると、こんなに快適!

ラグは、『ネット回線』『PCのスペック』『ルーター』のいずれかが原因となっているため、適切に対応すれば100%解消可能です。

ここでは、ラグが解消した喜びの声をいくつかご紹介します。

新しい高性能ゲーミングPCでFPS超安定+FORTNITE初ドン

このユーザーは、新PCに買い替えてPUBGでFPS100以上で安定してプレイできる喜びをツイートしています。

購入したのは、ドスパラで1番人気のゲーミングPC『ガレリア XV』のようで、CPUはCore-i7 8700K+グラボはGTX1070Tという高性能っぷりで快適なゲームプレイや配信を楽しめている模様です。

ガレリアXVだと、PUBG・FORTNITEの推奨動作環境を余裕で超えるスペックを持っているため、たいていのオンラインゲームはラグなしで快適に楽しむことができるでしょう。

ネット回線を変えたら、建築が超スムーズ★

このユーザーは、ADSL回線をNURO光に変えてPing値が下がり、FORTNITEの建築が非常にスムーズにできるようになったようです。

ネトゲ全般に言えることですがPing値は重要です。
ネット回線はたとえ光回線でもPing値が高い(おおむね40ms以上)のサービスがあります。

そういったPing値が高いネット回線ではラグるのはほぼ確実なため、Ping値が10ms以下も余裕で出るような、世界最速インターネットのNURO光は最善の選択肢の1つと言えるでしょう。

ルーターを変えたら、PUBGでラグがなくなった

このユーザーは、PUBGのネットワーク遅延(ラグ)で悩まされていたようですが、ルーターを交換することによってバッチリ解消できたようです。

ルーターのスペックは、『パケットロス(※)』にも影響を与えます。

※パケットロス:パケットロスとは、自分が入力したコマンド信号(パケット)がゲームサーバーに到達しない(何らかの原因でロスしてしまう)ことです。
品質の悪いネット回線や古いルーターを使っていると起きやすいため、操作を受け付けない場合は、パケットロスでラグが起きているかもしれません。

ゲームのアップデート後にラグい…やっぱり原因はアップデート?

ここまでご紹介した以外にラグの原因となりうるのがアップデートです。

FORTNITEでもPUBGでも、新スキンや新マップといった新要素の追加のためのアップデートや、修正パッチを当てるためアップデートを行いますが、「アップデートしてからラグい…」というトラブルが起こることがあります。

アップデートしてから起こるラグについては、単純にアップデートの失敗、多くのユーザーがアップデートすることによってサーバー負荷が高まっているといったことが原因である可能性があるため、少し様子を見るのが良いでしょう。

万が一アップデートに不備があった場合には、必ず修正パッチがあたるため、アップデートが原因でひどいラグが起こるような場合には、待っていれば改善する可能性が高いです。

FORTNITE・PUBGなどのバトロワ系ゲーム動作環境まとめ

人気のバトルロワ系ゲーム、FORTNITE、PUBGの最低・推奨動作環境をまとめました。

PS4やNintendo Switchなどの場合は、ゲームソフトが発売されていればスペックに関係なく遊ぶことができますが、PCで遊ぶ場合はスペックを上げることでラグを解消できることはもちろん、グラフィックが綺麗になったり、FPSが上がることでキャラクターの動きが段違いに良くなります。

そのため、ここでまとめた推奨動作環境以上のスペックを満たせるのが理想的と言えるでしょう。

PUBGの最低・推奨動作環境

PUBGロゴ
■PUBGの最低・推奨動作環境
最低動作環境
推奨動作環境
OS
Windows7/8.1/10(64bit)
CPU
Intel Core i3-4340
AMD FX-6300
Intel Core i3-7100以上
AMD Ryzen5 1600以上
メモリ
6GB
16GB以上
ビデオカード
NVIDIA GeForce GTX660 2GB
AMD Radeon HD7850 2GB
NVIDIA GeForce GTX1060 6GB以上
AMD Radeon RX580 8GB以上
ストレージ
30GB以上の空き
ネット回線
ブロードバンドインターネット接続
※NURO光などの高速回線がオススメ

PUBGは、要求スペックが高いゲームとして有名です。
快適に遊ぶために要求されるパソコンのスペックは高く、グラボが搭載されていないノートパソコンをはじめ、買ってから5年以上経過しているような少し古いゲーミングPCなどでは、まともに遊べない可能性すらあります。

そういった事を考えると、ラグなしで快適にPUBGを遊ぶためには、GTX1060以上のグラボが積まれているようなミドルスペック以上のゲーミングPCがあると心強いでしょう。

PUBGラグなしゲーミングPC
▲PUBGは、要求スペックが高いゲームとして有名。
快適に遊ぶなら、高性能ゲーミングPCが欲しい。

ゲーミングPCは、知識がある人であれば自作できます。
しかし、自作する場合は、パーツの相性を考えて購入する必要があったり、自分で全部組み立てなければならず、失敗してもメーカー品と同じような保証は受けられません。

そのため、誰もがゲーミングPCを自作できるワケではないでしょう。
PUBGでラグいのはもうイヤだけど、自作はちょっと自信ない…』という方の場合、BTO(オーダーして組み立ててもらう)パソコンサービスを利用してみるのがオススメです。

例えば、大手BTOサービスのFRONTIER(フロンティア)でPUBGを快適に遊べるゲーミングPCを購入する場合、13万円前後(GTX1060搭載GEシリーズの場合)から購入できます。

FRONTIERゲーミングPC
FRONTIERのGTX1060搭載ゲーミングPC
自作と変わらない価格で購入でき、保証もある。

また、BTOのゲーミングPCを購入すると組み立て済みのPCが届くのはもちろん、自作にはない1年間のメーカー保証(※1年無料、有料で延長も可能)もついてくるため、安心です。

そして、BTOでも自作との価格差はほとんどありません。
これまで「自作PCは、メーカー品やBTOで買うより安い」と言われてきましたが、最近では、BTOサービスも大量にパーツを仕入れることで製造コストを抑えるなどの工夫を行っているため、自作とBTOのパソコンに価格差はほとんどないと言えます。

むしろ、保証などを考えるとBTOパソコンの方がお得な場合も多いため、PUBGをラグなしで遊べるゲーミングPCが欲しい方は、BTOもチェックしてみるのが良いでしょう。


●参考リンク:BTOパソコンオンラインストア FRONTIER(フロンティア)

FORTNITEの最低・推奨動作環境

Fortniteロゴ
■FORTNITEの最低・推奨動作環境
最低動作環境
推奨動作環境
OS
Windows7/8.1/10(64bit)
CPU
Intel Core i3 2.4Ghz
Intel Core i5 2.8Ghz以上
メモリ
4GB
8GB以上
ビデオカード
Intel HD4000
Nvidia GTX660 2GB以上
AMD Radeon HD7870 2GB以上
ストレージ
20GB以上の空き
ネット回線
ブロードバンドインターネット接続
※NURO光などの高速回線がオススメ

FORTNITEは、より多くのPCで快適に遊べるよう調整されています。
ノートパソコンや買ってから5年以上経過しているような少し古めのパソコンでも動作できるくらい最低要求スペックは低めです。

しかし、ラグなしで快適に遊びたいなら、パソコンのスペックは高い方が当然良いでしょう。

GTX1050以上のグラボを搭載しているゲーミングPCであれば、FORTNITEのグラフィック設定を高い設定にしてもモリモリ動いてくれるはずです。

GTX1050は、グラボとしてはミドルレンジの性能ですが、FORTNITEの要求スペックを十分満たしており、また販売価格もハイエンドのグラボより5万円以上も安いため、大手BTOサービスのFRONTIER(フロンティア)なら8万円前後から(GTX1050搭載のGTシリーズの場合)購入できます。

パソコンBTOのfrontier
▲FORNITEは、GTX1050搭載パソコンで快適に遊べる。
FRONTIERのBTOパソコンなら8万円前後から購入できる。

また、FORNITEでもう1つ重要になるのが、ネット回線です。

FORTNITEは、アクション+建築の要素を組み合わせたゲームでアクション数が他のゲームよりも多く、それだけたくさんサーバーとの通信が発生します。

例えば、一般的な対戦ゲームでは、銃を撃つ(通信)⇒当たり判定の結果がサーバーから返ってくる(通信)といった感じで通信しますが、FORTNITEは建築要素もあるゲームです。

Fortniteで同じように銃を撃つ場合には、足場を作る(通信)⇒足場の建築結果がサーバーから返ってくる(通信)⇒銃を撃つ(通信)⇒当たり判定の結果がサーバーから返ってくる(通信)といった感じに、他のゲームよりもたくさんの通信を行う必要があるため、しっかりしたネット回線でないと通信が遅れ、ラグが発生してしまいます。

Fortniteプレイ画面イメージ
▲FORTNITEの快適プレイには、ネット回線が重要となる。
ラグなしを目指すなら、最大2GbpsのNURO光がオススメ。

そのため、FORTNITEを快適に遊ぶためにはネット回線が超重要です。
FORTNITEをラグなしで遊ぶなら、回線スピードやPING値に定評のあるNURO光やauひかりといったネット回線が大いに期待できるでしょう。


●参考リンク:最大2Gbpsの超高速インターネット|NURO光公式ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする