【NURO光電話】電話番号継続の条件とスマホセット割の申請方法を解説

ひかり電話

NURO光電話はNURO光の回線で使える固定電話のことです。
今までNTTの加入電話を使っていた方であれば、月額の基本料金も安くなるのでほとんどの方が加入するでしょう。

また、フレッツ光やauひかりで固定電話を使っていた方も同じ基本料金で利用できます。

NURO光電話のメリット

一人暮らしの方であれば固定電話を持たない方も多いかも知れません。
スマホなどの携帯電話が主流となっているので、固定電話自体必要が無くなってきました。

しかし、一般家庭であれば、同じくスマホなどの携帯電話を主に使うと思いますが、同時に固定電話も例え使わなくても持っている方は多いと思います。
一般的なNTTの加入電話の場合、通話を全くしなくても基本料金として1,700円ほど毎月料金がかかってしまいます。

使わないのに毎月1,700円かかる固定電話は非常にもったいないでしょう。
そのため、最近では光ファイバーを導入し固定電話をNTTの加入電話から光電話に切り替えを行う事が主流になってきました。

加入電話では月額1,700円かかる基本料金がNURO光電話では、月額500円で利用する事が出来ます。
また、電話番号や電話機もそのまま使う事が出来るので、環境的には変わらず、月額料金だけ下げる事が可能です。

また、加入電話だけでなくフレッツ光やauひかりなどの他社光で使っていた光電話でも、電話番号や電話機をそのままNURO光に引き継ぐことが可能です。
ただ、電話番号を引き継ぐ場合には、条件があり、引継ぎが出来ない事もあるので注意が必要です。

番号が継続できない場合!

NURO光で電話番号移行(ナンバーポータビリティ)を行うためには、条件があります。
基本的に電話番号はNTTの加入電話で発行された電話番号でなければ継続して使うことは出来ません。

NTT加入電話とはNTTがサービス提供を行っているアナログまたはISDNの電話回線のことです。
今では色々な電話会社が存在しますが、昔はNTT一社だけで独占状態でした。そのため、一般加入電話とも呼びます。

また、NTT加入電話とはNTTのアナログまたはISDNの回線を指すためフレッツ光の光電話は含みません。
フレッツ光のNTTが提供しているサービスですが、光電話は加入電話とは別のサービスなのでフレッツ光で番号を発行した場合、NURO光への継続利用は出来ません。

しかし、元々NTT加入電話を利用しており、フレッツ光の光電話にナンバーポータビリティを行った場合は別です。
あくまでNTT加入電話で発行した番号に限られるので、現在フレッツ光の光電話を使っていても、元がNTT加入電話であれば、NURO光へ電話番号を引き継ぐ事が出来ます。

番号取得 現在の回線 NURO光へ番号引継ぎ
NTT加入電話 NTT加入電話
NTT加入電話 フレッツ光電話
NTT加入電話 auひかり電話
フレッツ光電話 フレッツ光電話 ×
auひかり電話 auひかり電話 ×

NURO光を解約するときも同様で、元々NTT加入電話で発行された電話番号を使っている場合、他社の光電話へ番号を引き継いだり、NTT加入電話に戻したりすることが出来ます。

もし現在使っている電話番号がNURO光へ引継ぎが出来ない場合、NURO光側で新しい電話番号を発行することが出来ますが、
NURO光電話を解約する際、他社のサービスに電話番号を引き継ぐ事が出来ません。

スマホセット割りには光電話が必須

NURO光はソフトバンクのスマホとのセット割りを適用することが出来ます。
ソフトバンクスマホを使っている方にとってはうれしい割引ですが、この割引には条件があります。

NURO光とソフトバンクスマホとのセット割りを適用するためには、光電話の申し込みが必須となります。
このセット割りで適用される割引額がスマホ側のデータ容量の契約により違い、毎月500~1,000円の割引が受けられます。
また、家族にソフトバンクスマホを使っている人が他にもいれば、スマホの台数分だけ割引が適用されます。

しかしデータ定額ミニ(1G・2G/月)やガラケーのデータ定額を利用している場合、割引額は端末1台に付き500円です。
そのため、人によっては割引の恩恵が受けられない場合があります。

例えば

  • 固定電話自体そもそも必要ない
  • スマホではデータ定額ミニで契約している
  • 家族にも他にソフトバンクスマホを使っている人が居ない

このようなに固定電話が必要ないのに、割引を受けるためだけに、NURO光電話に申し込んでも意味がありません。
毎月500円月額料金がかかり、同時に500円の割引を受けるので、プラスマイナス0となります。

上記のように割引の恩恵が受けられない方も居ますが、状況によっては、固定電話が必要なくても、NURO光電話の申し込みをする事でお得に利用する事が出来ます。
例えば、データ定額ミニを使っていてもソフトバンクのスマホを使っている人が家族にもう一人でも居れば、毎月1,000円割引になるので、少しお得にはなります。

スマホセット割り適用方法

NURO光とソフトバンクスマホとのセット割りを適用するには申し込みが必要です。

まず、このセット割りを適用するためにソフトバンクが提供している「ホワイトコール24」に申し込みをする必要があります。
ホワイトコール24とは何かと言うと、自宅の固定電話とソフトバンクのスマホとの間の通話料が24時間無料になるサービスです。
月額料金無料で登録だけすれば数日で適用されます。

NURO光電話でホワイトコール24の申し込みをする場合、NURO光が開通した後に申請が必要です。
NURO光の工事が完了し、NURO光電話が使える状態になったら、まずSo-netの会員専用ページにログインします。

以下の2点の申し込みをしてください。どちらも月額料金はかかりません。

NURO 光 でんわオプションサービス「ホワイトコール24」
ソフトバンク通話料割引サービス(ホワイトコール24)

申し込み後、ホワイトコール24申込書をSo-net宛てに返送すれば手続きは完了です。
(申し込み用紙やSo-netのあて先などについてはSo-net会員専用ページでご確認ください)

申し込みを行い約10日ほどしたらホワイトコール24の登録が完了するので、ここまで手続きすればNURO光とソフトバンクスマホとのセット割りも適用されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする