NURO光の宅配ボックスサービス、スマートホームスタートプランはお得?

NURO光は、2017年11月より『スマートホームスタートプラン』というサービスを開始しました。

このサービスは、通販などで購入したものを届けてもらう宅配ボックスの役目や家族の外出・帰宅を確認できるという機能がついた機器のレンタルになります。

機器のレンタルですのでもちろん月額料金が必要です。
では、このサービスは月額料金を払ってまで契約する価値はあるのでしょうか?

NURO光スマートホームスタートプランってどんなサービス?

NURO光スマートホームスタートプラン

NURO光のスマートホームスタートプランでは、3つの機器をレンタルします。

・宅配ボックス:不在時の荷物の受け取り
・スマートタグ:不在時の荷物の着荷受け取り、外出・帰宅の連絡
・スマートハブ:タグとアプリの通信

それぞれの機器が機能して、様々なサービスを受けることができます。

不在時でも荷物を受け取ることができる

宅配ボックスサービス

1つ目のサービスは、宅配ボックスによる不在時の荷物の受け取りです。
最近の通販サイトでは時間を指定して商品の配達ができるとはいえ、一人暮らしだと荷物を受け取ることができないという人も中にはいるでしょう。

そういった時に便利なのが宅配ボックスです。
不在時でも荷物を届けてもらうことができ、なおかつスマートタグの機能で配達が来たことを確認することもできます。

また、宅配ボックスが盗難された場合、スマートハブから通知がくるためすぐに気付くことができるのもメリットと言えるかもしれません。

家族の外出・帰宅を確認できる

外出・帰宅通知

2つ目の機能が、家族の外出・帰宅の通知機能です。
スマートタグもしくは、登録しているスマートフォンを検知すると、スマートハブから通知が送られてくることで外出・帰宅を確認できます。

小さいお子様がいる家庭にとっては、お子様の帰宅や外出を通知で知らせてくれる機能は非常にありがたく感じる人もいるかもしれません。

スマートホームスタートプランの料金

宅配ボックスと家族の外出・帰宅を感知できるという2つの機能を持ったスマートホームスタートプランの料金プランは以下の通りです。

料金
初期費用 9,800円
月額料金 1,980円
宅配ボックス料金 36,000円(900円×40回払い)
(割引で実質無料になる)
契約解除料 9,500円

注意が必要なのは、宅配ボックス料金と契約解除料です。

宅配ボックス料金は、40か月使うことで実質無料になりますがそれ以前に解約してしまうと、残りの残債分が請求されます。

例えば1年で解約したとすると宅配ボックス代として900円×28=25,200円が必要です。

また、スマートホームスタートプランは2年契約になり更新月以外での解約は9,500円の違約金が発生してしまいます。

そのため、解約時は注意が必要です。

スマートホームスタートプランは契約するべき??

スマートホームスタートプラン

スマートホームスタートプランは、忙しい時の荷物受け取りや子供の帰宅確認ができることは非常に便利なサービスです。

しかし、月額料金や解約時の料金を考慮しても、決して安い金額ではありません。

このオプションは金額に見合う価値があるのでしょうか?

月額料金を払って契約するメリットは薄め

結論から言うと、「契約するメリットはあまりないのでは?」という印象です。

もちろん、「子供の外出・帰宅のチェックをしたいから契約したい!」と思う方や、「普段絶対荷物受け取れないから宅配ボックスが欲しい」と思われる方もいるかもしれませんが、これらは別の方法でもできます。

そのため、「月額料金を支払ってまでやる価値があるのか?」と言われると、メリットは非常に薄いと考えられるでしょう。

ただし、他でやるのがめんどくさいからNURO光で統一してできるならそっちの方が楽と考えるのであれば、契約をしてみてもいいかもしれません。

なお、契約の際は解約のタイミングに注意することで費用を抑えることができるでしょう。

宅配ボックスなどは自分で購入したほうが安い

どうしても宅配ボックスが欲しい人や子供の外出・帰宅を確認したい人は、ネット通販で購入することをおすすめします。

鍵付きの宅配ボックスであれば2万円前後で購入することもできますし、子供外出・帰宅確認はちょっとしたネットワークカメラで確認することもできます。

そのため、月額1,980円をかけて契約するのは微妙に感じる人が多いでしょう。

やはり、スマートホームスタートプランを契約するのはあまりメリットがないと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする