NURO光でんわの料金や仕組みは?ソフトバンクユーザーは超絶お得!?

NURO光では、インターネット回線と合わせてひかり電話のサービスも行っています。
NURO光でんわは電話線を用いる従来のNTT固定電話とは違い、インターネット回線を利用して通話を行うことが出来る電話です。

今回は、NURO光が提供しているNURO光でんわについて解説していきます。

NURO光でんわってそもそもどんなサービス?

NURO光でんわ

NURO光でんわはNURO光の回線を利用して電話ができるサービスです。
現在、NTT一般加入の電話番号を持っている場合、電話機や電話番号を変更することなくそのまま利用することができ、番号表示などのオプションも利用できます。

NURO光でんわの月額料金の目安

NURO光でんわの料金は以下の通りです。

・初期費用    ⇒ 3,000円(初月のみ)
・月額基本料金  ⇒ 関東:500円、東海・関西:300円
・通話料金    ⇒ 電話先の機器によって料金変動
・有料オプション ⇒ 番号通知やキャッチ電話など(任意登録)

NURO光でんわは、設置だけで電話をしなかった場合、支払い金額は月額基本料金500円(300円)のみです。
ただし、有料オプションに加入していた場合、オプション分の料金が毎月必要になってきますので、自分が必要なオプションのみ加入するといいでしょう。

NURO光でんわのメリット

インターネットを介して電話を行うNURO光でんわですが、NTT一般加入電話と比較して大きなメリットが3つあります。

まずは、そのメリットを紹介していきます。

NURO光でんわはNTT一般加入電話と比較してとにかく安い

NURO光でんわを導入する大きなメリットは、料金面でしょう。

NURO光でんわの通話料とNTT一般加入電話の料金はそれぞれ以下の通りになります。

●NTT一般加入電話料金
金額
月額基本料金 1,700円
通話料 県内 8.5円/4分~40円/45秒
県外 20円/2分~80円/22.5秒
●NURO光でんわ料金
金額
月額料金 関東 500円
東海・関西 300円
通話料 NURO光でんわ
BBフォンなどの
ソフトバンクグループ
無料
国内一般・IP電話 7.99円/3分
国内携帯電話 20~25円/1分
国内PHS 10円/1分+1通話に10円
国際電話 7.99円/3分

NURO光でんわとNTT一般加入電話では、月額基本料金が異なります。
月額基本料金は、電話を利用してなくても発生する料金のことで必ず毎月支払う必要があり、NURO光でんわはこの料金だけでもNTT一般加入電話より1,200円(東海・関西:1,400円)お得です。

さらに、通話距離や通話時間によって料金が伸びていくNTT一般加入電話に対して、NURO光は距離、時間によらず一律の料金設定になっているため、電話を利用すればするほどNURO光の方がお得になっていきます。

電話を使わなくても、NURO光でんわの方が安く、さらに使えば使うだけさらにその金額差が開いていきますので、料金という面ではNURO光でんわは大きなメリットを持っていると言えるでしょう。

NURO光でんわはIP電話だけど050以外の番号が使える

IP電話とは、インターネットを通じで電話をする電話機のことで、NURO光でんわもIP電話です。
本来、IP電話は『050~』という番号しか利用することができず、市外局番である03~などを自分の番号に設定することができません。

しかし、NURO光でんわは、市外局番を利用する事ができます。
また、現在NTT一般加入電話を利用している場合、NURO光でんわでその番号をそのまま引き継いで利用することも可能です。

IP電話
▲一部のIP電話は緊急電話(110など)に
かけれないものも存在している。

また、一部のIP電話では緊急電話(119や110など)をかけることができないのですが、NURO光でんわの場合、緊急電話もしっかりと掛けることができます。

そのため、NURO光でんわはIP電話の中でもしっかりとしているIP電話と言えるでしょう。

電話加入権なしで利用することができる

NTT一般加入電話を利用する場合、電話加入権が必要です。
電話加入権は、一昔前と比べると値段は落ち着いてきてはいますが、それでも36,000円と非常に高額です。

NURO光でんわはこの電話加入権を購入しなくても利用できます。
しかし、NTT一般加入電話のように、電話番号をそのまま使用し違う電話サービスに移行するということがNURO光でんわではできませんので、覚えておくといいかもしれません。

NURO光でんわのデメリットに関して

NURO光でんわにはメリットはありますが、もちろんデメリットもあります。

NURO光の最大のデメリットは、停電時に利用できない点です。
しかし、現在は携帯やスマホが普及していますので、停電時の連絡手段はそちらで間に合うという方もいるかもしれません。

とはいえ、会社等では停電時を考慮してNTT一般電話を導入していることもありますので、停電時に使うことができないのはNURO光でんわのデメリットと言えるでしょう。

ソフトバンクの『おうち割 光セット』にはNURO光でんわが必要

NURO光-おうち割光セット

NURO光はソフトバンクと提携を結んでいるため、『おうち割 光セット』を利用できます。
この『おうち割 光セット』を適用するには、NURO光でんわの加入が必須です。

『おうち割 光セット』を適用することで、ソフトバンク携帯もしくはスマホの料金から永年毎月最大1,000円割引されるようになります。

また、『おうち割 光セット』はNURO光1回線につき、スマホ計10台まで登録することができますので、家族でソフトバンクを利用している人は、非常に高額な割引が毎月適用されるかもしれません。

そのため、ソフトバンク携帯・スマホを利用している人は、『おうち割 光セット』の導入を検討してもいいでしょう。

NURO光でんわの契約はアリ?ナシ?

人によっては、非常にお得になるNURO光です。
ただ、携帯・スマホが普及している現在、家に固定電話が必要ないと思う方もいるでしょう。

そのため、NURO光でんわは必要であれば契約するというのがいいかもしれません。

なお、ソフトバンク携帯・スマホを持っている人の場合は、NURO光でんわはおすすめです。
NURO光でんわは利用しない場合、月々の支払い料金は月額基本料500円(300円)のみになりますので、一人ぐらしの方でも『おうち割 光セット』でお得になることがあります。

家族でソフトバンクを利用している場合は、なおさら割引が効くかもしれません。
そういった方には関しては、NURO光でんわを検討してみてもいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする