NURO光 for マンションの強制解約、実例はゼロ!契約のリスクはある?

NURO光 for マンション強制解約

NURO光には戸建てタイプとマンションタイプの2つの種類があります。

マンションタイプであるNURO光 for マンションには、導入条件が設定されていたりなどいくつかの条件があるため、比較的利用者が少ないです。

中でも気になる条件が、『契約者が4人以下になったら強制解約』というものでしょう。

例えば、同じマンションでNURO光を契約している人が引越しや転勤などでいなくなってしまった場合、本当にNURO光 for マンションは強制解約になってしまうのでしょうか。

また、これを加味してもNURO光 for マンションを契約するメリットはあるのでしょうか。

NURO光 for マンションの2つの適用条件

まずは、NURO光 for マンションを導入するための2つの条件を確認しておきます。

・同建物内に4世帯以上(4人以上の契約者)の契約があること

・マンションが光配線を採用していること

2つのうち1つはマンションの事情次第です。

光配線を採用しているかどうかに関しては、マンション側の決定に依存してしまいますので導入を諦めるしかありません。

光配線方式の見分け方

光配線方式のマンションはあまり多くないのが現状。
見分け方は下から刺すタイプか『光』という文字があるかだよ!

問題は、同建物内に4人以上の契約者がいるかどうかです。

冒頭でも記載した通り、NURO光 for マンションは契約者数が4人未満になってしまうと、契約者全員が強制解約になってしまいます。

せっかくネット回線を契約しても、強制解約になってしまうと意味がありません。

そのため、契約している人に転勤や引越しがあったとしても4人以上契約してもらい続ける必要があるのです。


▼NURO光 for マンションについての詳細記事
契約人数ごとに安くなる!NURO光 for マンションってどんなサービス?

NURO光 for マンションが強制解約の解約金は?

NURO光 for マンションが強制解約されると3種類の解約金が課せられます。

・NURO光 for マンションの契約解除料(9,500円)

・宅内工事の残債費用(1,111円×36回のうち見支払い分のみ)

・設備導入工事(マンション全体)の残債費用(24回のうち未支払い分のみ)

いずれの工事費も契約期間に応じて金額が変動します。

3年以上契約している場合は、契約解除料のみの解約金で済みますが、契約して日付があまり経っていない場合は、いずれも高額な解約金が必要です。

NURO光 for マンション解約金(違約金)

NURO光 for マンションが強制解約になってしまうと
決して安くない解約金(違約金)が発生してしまうよ…。

なお、設備導入工事費の残債は残りの契約者3人で分けて支払います。

例えば、設備導入工事費の残債金額が30,000円であれば3人の契約者がそれぞれ10,000円ずつ支払って完了という風になります。

決して安くない解約金が発生してしまうことになるでしょう。

NURO光 for マンションで強制解約になった例は0件!

NURO光 for マンションの契約は強制解約のリスクが伴いますが、実は今までNURO光 for マンションを契約していて強制解約になった例はありません

公式サイトにも記載してある通り、NURO光 for マンションは契約者が4人未満になった場合でも一定期間の猶予期間があります。

NURO光の契約者募集

万が一、NURO光 for マンションの契約者が4人未満になっても
NURO光が協力してポスターや壁紙を出して人を募集してくれるよ!

この間に新規契約者が来なさそうなであれば、NURO光側も大家さんや管理会社と協力してポスターなどを張り出し、契約者を見つけ出してくれるそうです。

そのため、「NURO光 for マンションは強制解約になりそうで怖い…」という人でも心配せず安心して契約することが出来るでしょう。

どうしてNURO光は強制解約制度を導入してるの?

では、どうしてNURO光は強制解約の制度を導入しているのでしょうか。

これは公式では明言されていないため、予想の域を出ることは出来ませんが、恐らくNURO光 for マンションの月額料金が影響していると考えられます。

戸建てタイプの月額料金4,743円に対し、NURO光 for マンションの料金は以下の通りです。

4~6人 7人 8人 9人 10人以上
月額負担金 2,500円 2,400円 2,300円 2,200円 1,900円
(HANDS UP会費) 900円 800円 700円 600円 300円
月額基本料金 1,600円 1,600円 1,600円 1,600円 1,600円

料金を見ればわかる通り、戸建てタイプと比べると破格の金額になっています。

また、NURO光 for マンションの料金は他の光回線のマンションタイプ(例えばauひかりは3,800円~)と比較しても異常な安さを誇っている月額料金です。

恐らくNURO光は、この月額料金の安さを維持するために、最低でも4人以上の契約者が必要になると考えれます。

契約者数が3人以下のマンションが増えてしまうと、採算を取るのが難しくなるのでしょう。

そのため、強制解約というルールを設けてバランスを取っているのだと思われます。

NURO光 for マンションに強制解約制度があるのは
激安の金額で採算を取るためだと考えらえるよ!

導入条件があるNURO光 for マンションは契約するべき?

そんなNURO光 for マンションですが、様々な条件をクリアしてまで契約する価値はあるのでしょうか。

これは、実際のところ好み次第です。

NURO光とNURO光 for マンションのサービスを比較すると以下のようになります。

NURO光
NURO光 for マンション
導入条件 なし 同じ建物内で4世帯以上の申し込み
月額料金 4,743円 1900~2500円
(契約世帯数により変動)
回線速度 最大速度2Gbps 最大速度2Gbps
公式キャッシュバック 35,000円 10,000円
メリット ・速度が出やすい
・導入条件がない
・キャンペーンの種類が豪華
・月額料金が安い
デメリット ・月額料金が高い ・回線混雑になることがある
・導入条件がハード

※キャンペーンはそれぞれ以下のものも採用
NURO光 ⇒ NURO光公式キャッシュバック
NURO光 for マンション ⇒ NURO光 for マンション公式キャッシュバック

おすすめはNURO光!価格重視ならマンションタイプもあり!

NURO光とNURO光 for マンションの使い分けは以下の通りです。

【NURO光が向いている】

・とにかく速い回線を楽しみたい
・豪華なキャンペーンを利用したい

【NURO光 for マンションが向いている】

・速さよりも月額料金を重視したい
・2つの導入条件をクリア出来ている

速さを重視するならNURO光がおすすめです。

NURO光 for マンションは、最大速度2Gbpsの回線をマンション内の利用者全員に振り分けているため、NURO光と比較すると速度が出づらくなります。

NURO光のような回線速度が速い回線を利用するなら、より速い戸建てがいいでしょう。

また、NURO光 for マンションは導入条件が簡単とは言えません

光配線を導入している物件が少なかったり、4人以上の契約を集めなくてはならないなど、中々手の込んだことをする必要があります。

最後に挙げる理由が、キャンペーンの豪華さです。

戸建てタイプのNURO光は非常に豪華なキャンペーンを実施しているため、利用しないのはもったいないように感じます。

NURO光公式キャッシュバック

NURO光公式キャッシュバックは、NURO光に契約するだけで
35,000円貰えるかなり豪華なキャンペーンになってるよ!

35,000円の公式キャッシュバック以外にも、PS4プレゼントやPSVRプレゼントもしているため、NURO光のキャンペーンを一度確認してみるといいでしょう。

こういった理由があり、NURO光の方がおすすめと言えます。

まとめ:NURO光 for マンションは強制解約される?

今回は、NURO光 for マンションの強制解約について解説しました。

様々な場所で「NURO光 for マンションは強制解約があるから契約しづらい…」という声がありますが、実際に強制解約されるリスクはかなり低いと言えるでしょう。

そのため、より大変なのは、最初に4人の契約者を集めることかもしれません。

こういった適用条件が難しいと感じる人はNURO光を検討してみるといいでしょう。

月額料金こそ高くなってしまうものの、回線の質という点での満足度はより高いものを得られると思われます。

また、NURO光を契約するのであればキャンペーンは要チェックです。

キャンペーンについては、別記事「【随時更新】NURO光のキャンペーン徹底比較!激熱の申し込み先は!?」で詳しく解説していますのでチェックしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする