NURO光の工事は立ち会い必須?!代理人でも工事を行うことはできるの?

NURO光工事の立ち会いについて

NURO光はネット回線開通のために工事が2回行われます。

他の光回線の場合、立ち会い不要であったり工事不要ということもありますが、NURO光はほぼ確実に2回の工事を行い、2回ともに立ち会いが必須です。

しかし、急な用事で本人が立ち会えなくなる可能性もゼロではありません。

そういった場合は、誰か代理の友人等が立ち会っても工事をすることは可能なのでしょうか?

NURO光は立ち会いが必要な工事が2回行われる

NURO光は、ネット開通のために工事が2回必要です。
1回目の工事はSo-netが宅内で作業を行い、2回目の工事はNTTが宅外で作業を行います。

そして、それぞれの作業で住居者の立ち会いが必須になっています。
立ち会いが必須と言っても、何か作業のお手伝いをするわけではなく、ちょっとした確認事項等のために立ち会いが必要になるそうです。

So-netが行う1回目の宅内工事

1回目の工事では、So-netが以下の4つの工程を行います。

・光キャビネットの取り付け(壁のビス止め)
・光ケーブル(光ファイバー)の引き込み
・光コンセントの取り付け
・配線、ONUの設置

最初の作業は光キャビネットの取り付けです。

NURO光の立ち会いの理由
▲光キャビネットの穴開けの確認や
ONUの位置確認のため立ち会いが必要になる。

光キャビネットの取り付けでは、家の外壁に穴を開けることがあります。
穴開け時に防水の加工とNURO光解約時に穴埋めを行ってもらえるため建物に跡が残ることはありませんが、心配な方は両面テープで止めることも可能です。

その後の工事では光コンセントの取り付けとONUの配置を行います。

ONUに関しては、自分の好きな場所におけるようになりますので、事前に置く場所を決めておいてもいいかもしれません。

NTTが行う2回目の宅外工事

2回目の工事は屋外の工事がメインになります。
2回目の工事でやることは、電柱から光キャビネットへ光ケーブルを引き込むだけの作業です。

そのため、1回目の工事と比較すると工事自体はすぐに終わると言われています。
「なら立ち会いもいらないのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、防犯面と最後の確認のため立ち会いが必要になるそうです。

立ち会いとは言え、特にやることはありませんのでのんびりと待っておくだけで問題ないでしょう。

NURO光の工事がどのようなことを行っているかに関しては、別記事「NURO光の特殊な工事を具体的に解説」で解説していますので、気になる方は確認してみて下さい。

NURO光の工事は本当に立ち会い必須なの?

既述した通り、NURO光の工事は2回とも立ち会いが必須です。
しかし、中には「忙しいから立ち会うことが出来ない…」という方もいるかもしれません。

それでも、NURO光の工事を立ち会いなしで行うことはできません。
立ち会いができない場合、NURO光は工事を行うことが出来ずいつまで経ってもNURO光を開通することができなくなってしまいます。

しかし、NURO光は、忙しい人でもきちんと契約できるように本人が立ち会わなくても良いという仕組みになっています。

忙しい時は本人じゃなくてもOK

NURO光の工事は、本人が立ち会う必要はありません。
そのため、一人暮らしで常に忙しいという方に関しては、友達や恋人に立ち会いをお願いしても問題がないということです。

もちろん家族で住んでいる場合は、家族のうち誰かがいれば工事を行うことはできます。

NURO光の工事は代理人でもOK
▲代理人で工事をすることはできるが
契約者と連絡がすぐにつくようにしないとダメ。

ただし、友達や恋人が立ち会いを行う場合、すぐに契約者と連絡が取れる状況でないといけません。

どういった方法で確かめるかはわかりませんが、代理の人に立ち会いを任せる場合は、きちんと自分に連絡がつく状態で任せるようにしましょう。

女性で1人暮らしの方は知人等を呼んでもOK

一人暮らしの女性の場合、少しの間ではありますが、工事の立ち会いを行うと『家で業者の人と2人キリになってしまう』という状態が生まれてしまいます。

女性の中には、こういった状態が不安な人もいるでしょう。
工事を行う人は、別記事「ネット開通工事で来るおじさんって何者?」で紹介している通り、多くの工事現場を回っているであろうベテランのおじさんです。

『何か問題が起きる』ということは考えずらいですが、対策するに越したことはありません。

そのため、工事が一人で不安な人は知人や恋人を呼ぶようにするといいでしょう。
立ち会い工事は、工事の邪魔になるようなことがなければ何人いても問題はありません

工事の立ち会いをするにあたって、一人暮らしで不安な人は2人以上で工事を受けるようにしましょう。

急に立ち会えなくなってしまった場合は変更・キャンセルも可能

NURO光の工事はキャンセルも可能

「急な用事で頼れる知人や恋人もいない!」という場合は、別記事「NURO光の工事日を変更・キャンセルすることはできる?」で紹介している通り、工事日の変更ができます

工事日変更の連絡はできる限り早いに越したことはありませんので、工事日に立ち会いが出来なくなった場合は、すぐに電話するようにしましょう。

また、工事が終わる前であればNURO光はキャンセルすることもできます。
「他のキャンペーンでもっといいやつが見つかった」や「やっぱりNURO光の契約はやめる!」など何かしら事情が出来た場合は、工事が終わる前に連絡するようにしましょう。

工事が終わった後に連絡してしまうと、解約扱いになりますので『違約金』や『工事費』など余計な料金が必要になってしまいますので注意してください。

なお、変更・キャンセルの連絡はNURO光公式宛てに連絡することをおすすめします。
悪質代理店と呼ばれる一部の代理店では、無料でキャンセルできる期間であってもキャンセル料を請求されることがあり、スムーズに話が進まないことがあるからです。

そのため、連絡は以下のサポートセンターにするようにしましょう。

【NUROサポートデスク】
NURO光お申込後のお客さま専用窓口

電話番号:0120-65-3810
【受付時間】9:00~18:00
(年中無休/1月1日、2日及び弊社指定のメンテナンス日を除く)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする