NURO光の工事が不要になることはある?NURO光開通の最短期間は?

NURO光工事不要

新しいネット回線を利用するには、開通工事が必要です。
NURO光も例外ではなく、利用するために開通工事を行わなければなりません。

NURO光の開通工事が不要になる場合はないのでしょうか。

ここではNURO光の工事が不要になるのか、不要な時の期間、費用等を解説しました。

NURO光は開通のために工事が2回行われる

NURO光は他の光回線とは違う独自の回線を利用したネット回線です。
そのため、「NURO光の特殊な工事を具体的に解説!フレッツ光の工事と大きく違う」で解説している通り、工事の内容が非常に複雑になり、2回に分けて行う必要があります。

NURO光の工事は宅内工事と宅外工事の2種類です。
1回目の宅内工事をSo-netが行い、2回目の宅外工事をNTTがそれぞれ行います。

一言で手順を説明すると、以下の通りです。

・1回目の工事:光キャビネット、光コンセントを家に取り付け家の光配線を準備する
・2回目の工事:家と電柱を結んでNURO光を利用できるようにする

1回目の工事は、場合によっては家の壁に穴を開ける必要もあります
そのため、賃貸でNURO光を導入する場合は、工事を実施するために大家さんや建物の管理会社に許可を取らなければなりません。

NURO光賃貸許可
▲NURO光の工事は壁に穴を開ける
場合もあるため、賃貸の場合許可が必須。

工事の一連の流れに関しては、別記事「NURO光の工事内容は?壁の穴開けや工事は必要?賃貸の場合はどうする?」で解説していますので、合わせて確認してみて下さい。

では、NURO光の工事は必須なのでしょうか?
他の光回線では、立ち会いの工事が不要な場合もありますが、NURO光でそういったことになることはないのでしょうか?

NURO光の工事が不要な場合はある??

NURO光に関しては、2回工事はほぼ必須です。
他の光回線の場合、光ファイバーが家まで通っていればそれを利用しネット回線をつなぐことが出来るのですが、NURO光は独自の回線を利用するためそれを利用することができません。

そのため、以前光回線が繋いであったとしても2回の工事が必要です。

しかし、状況によってはNURO光の工事の回数が減ることがあります。

NURO光の設備が残っている場合工事が減ることがある

工事が減る状況の1つ目は、NURO光の設備がすでにある場合です。
NURO光は独自の回線を利用していますが、すでにその設備がありなおかつ利用できる状況であれば、それを利用してNURO光を使うことが出来ます。

すでにある設備が利用できない場合、工事が減ることはありません。
工事を2回行う必要があるかどうか、工事自体が不要になるかどうかは工事を行う作業員が判断することになります。

いずれにしろ、一度工事の作業員が家を訪れる必要があるということです。
そのため、申し込みをしてから全く何もすることなくすぐにNURO光を利用し始めるということはできません。

『すでにNURO光の設備がある場合、NURO光の工事が減る可能性がある』というイメージを持っておくといいでしょう。

NURO光 for マンションの場合は減る可能性がある

少し余談にはなりますが、すでにNURO光 for マンションが導入されているマンションに関しては、宅外工事を行う必要がなく宅内工事だけでNURO光を利用できるようになります。

しかし、現状NURO光 for マンションが導入されているマンションは多くありません。
そのため、マンションに住んでいる場合でもNURO光 for マンションを契約できる人はあまり多くなく、もし新しく契約するなら他の住人の呼びかけや宅外工事が必要になります。

NURO光 for マンションに興味がある方は、別記事「マンションでNURO光を入れる2つの方法と注意点|開通後に強制解約も?」で詳しくNURO光と比較していますので、チェックしてみて下さい。

工事の回数が減った場合はどれくらいの期間で開通できるの?

NURO光工事の回数

既述した通り、NURO光の工事が全く不要になることはありません
しかし、NURO光の工事の回数が減って、通常より早くNURO光を利用できるようになる可能性はあります。

その場合にかかる期間は、1回目の工事までにかかる期間と同じ期間です。
とはいえ、NURO光としても工事が必要ないという場合はあまり想定していないため、実際どれくらいの期間が必要になるかということを明言することはできません。

ただ、工事員が判断するとのことでしたので、早いと1回目の工事からNURO光を利用できるようになることもあると考えられるでしょう。

工事が減った場合の工事費はどうなるの?

NURO光工事費

では、工事が不要な場合の料金はどうなるのでしょうか。
NURO光の工事費は別記事「NURO光の工事費実質無料のメカニズムは?工事費は本当に無料になるの?」でも紹介している通り、他の回線に比べて比較的高めになっています。

高額な工事費が無料になるとお得に思う人もいるでしょう。
しかし、NURO光の工事の回数が減って1回の工事で終わったとしても工事費が免除・減額されることはありません

とはいえ、NURO光はきちんとしたキャンペーンを選ぶことで工事は実質無料にすることができます
そのため、『工事費実質無料』、『工事費相当40,000円割引』などのサービスがしっかりと含まれているキャンペーンを選ぶようにしましょう。

NURO光で行われいているキャンペーンに関しては、別記事「【随時更新】NURO光のキャンペーン徹底比較!激熱の申し込み先は!?」で紹介していますので、参考になれば幸いです。

まとめ:NURO光の工事が全く不要になることはない!

NURO光の工事が完全になくなり、ネット申し込みだけで利用できるようになることはありません
運よくNURO光の設備がすでにある場合は、一度の工事だけでNURO光が開通できる可能性があり、その手順がNURO光開通までの最短の手順になるでしょう。

またNURO光の工事回数が減ったとしても、NURO光の工事費は必要です。
そのため、すでにNURO光の設備がある場合のメリットとしては、NURO光を早く使うことができるかもしれないという点のみと言えます。

多くの場合、2回の工事が必要になりますのできちんと立ち会って工事をお願いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする