NURO光の工事が2週間で!?NURO光の工事を1日で終わらせる秘術!

NUROの工事が2週間

NURO光は最大速度2Gbpsを超高速回線で人気を集めている光回線です。

別記事「【NURO光のエリア判定方法】」でも紹介している通り、『関東・東海・関西・九州』の3地域にしか対応していないものの、対応地域内では「NURO光に契約したい!」という人が多くいます。

一方で、NURO光のデメリットとして『工事が遅い…』という事をよく耳にします。
中には「NURO光の工事が終わるまでに4ヶ月以上かかった」という人もいますので、回線工事としても早い部類ではないことは確かでしょう。

しかし、NURO光の工事は1日で終わらせることも可能です。

ここではその方法について紹介していきます。

NURO光の工事は通常1~4ヶ月前後かかる

NURO光の開通の流れ

NURO光の工事は通常1~4ヶ月かかると言われています。
ネットやSNSを見て回っても、実際にこれぐらいの期間がかかっている人が多いため、おおよそ間違いのない数字と言えるでしょう。

NURO光の工事に必要な期間の流れは以下の通りです。

①NURO光に申し込み

↓(3~10日間前後)

②1回目の工事日の日程調整

↓(5日~30日前後)

③So-netによる宅内工事を実施

↓(5日前後~)

④2回目の工事日の日程調整

↓(5日前後~30日前後)

⑤NTTによる宅外工事を実施

あくまで一例ですので、これより長くなったり短くなったりする可能性もありますが、混雑具合やタイミングによって期間が大きく異なることが予想できます。

もちろんNURO光の工事を早く終わらせるに越したことはありませんが、状況によっては1~4ヶ月前後の差が生まれてしまうということを覚えておくといいでしょう。

NURO光は工事が2回あるため少し遅くなってしまう

一般的な光回線の工事は、1回で終わることがほとんどです。
中には、工事の立ち会いが必要なく外出中に工事を終わらせてくれることもあり、かなり楽に開通工事を終えることができることもあります。

一方で、NURO光の工事は必ず2回の工事が行われ両日とも立ち会いが必要です。
真偽は定かではありませんが、家の状態によっては3回目の工事が行われる可能性もあるということを聞いたことがあります。

▲Twitterで見つけた3回目の工事情報。

NURO光の工事にここまで期間がかかるのはNURO光の配線方式が特別だからです。
NURO光は、今まで日本で採用されていなかった配線方式を利用しているため、準備に少し手間がかかってしまうからと言われています。

NURO光の工事が遅れてしまうのは、こういった理由があるからでしょう。

NURO光の工事を1日で終わらせる秘策

上に記載した日程表にもある通り、2回の工事は通常別々の日に行います。
それぞれの工事で立ち会いが必要になるため、「2回も休みが潰れるのはちょっとなー…」と思われる方も中にはいるかもしれません。

実際、工事にはどれくらいの時間が必要か分からないため工事後の予定も組みづらいです。

そういった場合は、工事を1日で終わらせることが可能です。

申し込み時に、同日依頼するだけで開通まで2週間!?

NURO光の工事には、『宅内・屋外工事の同日対応』というメニューがあります。
これは名前の通り、2回の工事を1回でまとめて行うもので、『開通期間が早くなることがある』や『1回の立ち会いで済む』というメリットを得ることが可能です。

ただし、このメニューは自己申告しなくてはなりません
NURO光から説明されることはありませんので、申し込みの確認電話などのタイミングで「同日対応して欲しい」という旨を伝えることで初めて適用できます。

同日工事の申請方法
▲WEB申し込みの時点でも申告出来るが
空き状況の確認は電話がおすすめ。

同日対応の空き次第では2週間程でNURO光を開通することも可能です。
実際の空き状況は電話で自己申告した際に、担当者から伝えられると思いますので、早いタイミングで出来るのであれば申し込んでおくといいかもしれません。

注意点として一部代理店ではできない可能性があります。
NURO光公式ページアウンカンパニーなどではできますが、確実性を上げるならNURO光公式ページからの申し込みがおすすめです。

同日対応を上手く使って工事の期間を短くしてもらいましょう。

ただし、戸建てに限られ同日費用がかかってしまう…

人によっては非常に便利に感じる同日対応ですがデメリットもあります。

・戸建てのみしか同日対応することができない(集合住宅は不可)
・同日対応費用として5,000円追加で必要になる

まず、1つ目として同日対応は戸建てでしか行えません
公式サイト等に記載していないため理由は分かりませんが、マンションタイプの場合利用することが出来ませんので注意が必要になります。

同日工事は戸建てのみ
▲NURO光の同日対応工事はマンション
では出来ず、戸建てのみになっている。

そしてもう一つが、同日対応を利用するために5,000円必要な点です。
さらに、NURO光の工事は平日であれば無料で行えますが、土日祝になると追加で3,000円必要になるため、土日祝と被るとかなりの費用が必要になります。

もし、土日祝に同日工事を行うと、合計で8,000円です。
2回の工事両方を土日祝で行おうと思っている人の場合、『3,000円×2=6,000円』で2,000円の差になりますが、平日に無料で行う場合と比較すると8,000円の差になります。

同日対応の申し込みを検討している人は、工事期間を早めることは出来るかもしれませんが、追加で料金が必要になるということに注意しましょう。

マンションで工事を早めることはできる?

同日対応は上に記載した通り、戸建てでしか適用することができません。
また、マンションの工事を早めるようなメニューは現状準備されていません。

そのため、マンションで工事を早めるということは難しいのですが、以下のことに注意して申し込みから開通まで動くことで少しは早くなる可能性があります。

・1回目の工事日程は申し込み時にきちんと申請する
・大家さん・管理会社への許可は早めに取っておく
・相手の電話を待たず自分で電話をしてみる

1回目の工事日程に関しては最初の申し込み画面で希望することができます。
少しでも早く開通したいのであれば、申し込みの前に大家さん・管理会社に許可を取り、最初の申し込み画面で1回目の工事日程を出来る限り早くに決めましょう。

また、1回目の工事後「○○日以降にまた連絡します」の様なことを言われますのでその期間になったら自分で電話するようにしましょう。

NURO光は人気の回線で混雑していることが考えられるため、連絡が遅れる場合があります。
オペレーターに繋がるまでに時間が少しかかってしまうかもしれませんが、自分で電話し、オペレーターが出たらきちんと日程の調整をしてもらうようにするといいでしょう。


参考記事

NURO光の工事で大家さんや管理会社から許可を取るテクニックをまとめました。NURO光は開通工事の際に壁に穴を開ける場合があります。そのため、工事を行う前に大家さんや管理会社に許可を取らなくてはなりません。一見難しそうに見えますが、コツをしっているとすんなり話をすすめることができます。
NURO光の工事日の変更やキャンセルの方法や注意点についてまとめました。NURO光は工事前に日程を決めた上で工事を行います。しかし、急用や仕事で立ち会うことができなくなることもあるかもしれません。そういった場合はキャンセルや変更は行うことはできるのでしょうか?

催促電話はもしかしたら効果があるかも…?

NURO光の工事について、「催促電話をしたら早くなった」というのを聞いたことがあります。
催促電話が本当に効果があるかは分かりませんが、早くなった人が実際にいるのであれば一度試してみる価値はあるでしょう。

なお、催促電話をする際には、無理に工事を早くしようとせず、「いつになったら工事の日程がきちんと分かるか」、「NTTとの連絡はいつまでに取れるか」などきちんと要件を持った上で電話をするようにするといいかもしれません。

NURO光は新規契約したい人がかなりいるため、混雑してしまうのは仕方がないです。
そういった状況でもきちんと話が進められるように、中身のない催促ではなく要件がある上での催促電話をするように心がけましょう。

まとめ:同日対応工事を利用して工事を少しでも早めてもらう

同日工事の方法

ここでは、NURO光の工事を早める方法を解説しました。

NURO光は開通さえできれば、非常に快適な回線です。
しかし、開通までの期間が他の回線よりもどうしても長くなってしまうため、避けてしまう人もいるかもしれません。

そういった人は、同日対応の工事を検討してみるのも手です。

同日対応工事の空き状況は、NURO光を申し込まなくても確認することができます。
そのためNURO光の導入を検討していて、「開通工事待つのがめんどくさい…」という方に関しては、まずは電話で同日対応工事の空き状況を聞いてみるといいかもしれません。

同日工事を上手く利用して、快適にNURO光を開通させれるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする