NURO光の解約に必要な料金は??無料で解約するために確認したいこと!

NURO光は、J.D.Powerが行った顧客満足度調査で2年連続で1位を獲得している光回線です。
そのため、利用者の人気も非常に高く、多くの利用者がNURO光のサービスに満足して利用をしているということが分かります。

しかし、中には何かしらの事情でNURO光を解約しなければならない人もいるでしょう。

では、NURO光は解約時にどのような料金が発生するのでしょうか?
今回は、NURO光の解約時に必要な料金のまとめと無料で解約する方法についてまとめました。

NURO光の解約に必要な金額はいくら?

NURO光の解約時に必要になる料金は、全部で3つあります。

・NURO光の契約期間外に解約する場合の違約金
・NURO光の支払いが終えていない工事費
・NURO光の回線設備を撤去する場合に必要な撤去費

では、それぞれの料金は実際いくらくらい必要になるのでしょうか?

NURO光の違約金は9,500円

NURO光は、契約が2年単位になっています。
2年ごとに自動で契約が更新されるようになっており、更新月以外にNURO光を解約してしまった場合、違約金を支払わなければなりません。

違約金の金額は、戸建て・マンション問わず9,500円です。

「2年ごとの契約更新なら更新月はいつになるの?」と思われるかたもいると思いますので、分かりやすくグラフでまとめると以下のようになります。

●NURO光の更新月について
NURO光の更新月図説

例えば、2018年の1月に契約した場合、最初に訪れる更新月は25か月目の2020年の2月です。
その次だと、2022年の3月、次だと2024年4月、……。

更新月以外の解約は違約金が発生してしまいますので、自分が登録した月をきちんと覚えておくようにしましょう。

Sonetマイページ

また、分からない場合はSo-netのマイページから確認することもできます。

So-netマイページの「接続サービス・高速モバイルオプションご利用状況」から「ご利用状況の詳細」のを選択すると更新月がいつかを確認することが出来ますので、忘れてしまった場合はきちんと確認するようにしましょう。

NURO光の未払いの工事費を支払う

NURO光は、開通の際に工事が2回必要です。
その開通工事に必要な工事費40,000円を30回に分割(1,333円×30回)して2ヶ月目以降の月額と一緒に30ヶ月間支払いを行います。

ほとんどの場合は、NURO光のキャンペーンの内容の一部として毎月の月額から工事費相当が割引されるため、工事費は実質無料にすることが可能です。
参考記事:NURO光の工事費実質無料のメカニズムは?工事費は本当に無料になるの?

工事費が実質無料になるのは以下の通りになります。

開通2ヶ月目~31ヶ月目 開通32ヶ月目~
月額基本料金 4,743円 4,743円
分割工事費 1,333円 0円
キャンペーン割引額 -1,334円 0円
実質支払い料金 4,742円 4,743円

最低31ヶ月間使うことでNURO光の工事費は完全に無料になりますが、それ以前に解約してしまうと支払いが終わっていない工事費を支払わなければなりません。

例えば、NURO光の違約金が不要になる25ヶ月で解約したとすると、未払い分である『1,333円×6ヶ月分=7,998円』が工事費の未払い分として請求されるといった感じになります。

NURO光の回線撤去作業の支払い

最後に必要になるのが、NURO光の回線設備撤去作業10,000円です。
回線設備撤去作業は、NURO光を繋ぐために家に取り付けた器具を取り外す作業になります。

この作業は、強制ではありません
基本的には希望する人だけ設備の撤去作業を行うのですが、賃貸の場合大家さんや管理会社から撤去をしてくれと言われる可能性があります。

そのため、賃貸の場合は必須になる可能性があるかもしれませんが、そうでない場合は希望制になりますので、余計な費用を掛けたくない人は行わなくてもいいでしょう。

再度NURO光を導入するかもしれないという場合は、残しておくことで次回の工事の回数が減り、スムーズにNURO光を開通できるようになるかもしれません。

NURO光の解約金を無料にする方法

解約金は、解約する時期を考えることで一切発生しない場合があります。
それは以下の条件を満たしているときです。

・NURO光の契約更新月であること(2年周期)
・工事費の支払いが完了していること(NURO光開通から31ヶ月目以降)
・撤去作業を行わなくてもいい場合

賃貸に住んでいる方に関しては、NURO光の設備を強制的に撤去しなければならないこともありますので、そういった場合は最低料金は10,000円になります。

撤去作業がない場合最初にNURO光を無料で解約できるのはNURO光契約から49ヶ月目です。
49ヶ月目以降は更新月であればいつでも無料で解約することができますので、解約に費用を掛けたくない人は、目安程度に覚えておくといいかもしれません。

おまけ:違約金を負担してくれる回線を契約する

NURO光の違約金を無料にできるとはいえ、「49ヶ月は長いよ…」と思われる方もいるでしょう。

NURO光は非常に満足度が高い回線であるため、「サービスがダメだから解約する!」ということはあまりないかもしれませんが、もし49ヶ月より前に解約する場合、次の回線をソフトバンク光にすることで違約金は発生しなくなるかもしれません。

ソフトバンク光違約金負担
▲ソフトバンク光はキャッシュバック30,000円
+違約金負担してもらえることも…。

ソフトバンク光は、他者ネット回線から乗り換え時に違約金や撤去工事費などを最大100,000円負担しているため、NURO光の解約金を丸々負担できる可能性もあります

また、代理店を使って申し込みを行うことで、キャッシュバックまで貰うこともできますので、どうしてもNURO光の解約を早くしなければならない場合は、検討してみてもいいでしょう。

NURO光の解約の注意点についてQ&A

ただただ「NURO光解約したいから解約しよう」と適当に解約してしまうと、あとから「あれ?これどうすればいいんだろ?」となることがあります。

そのため、ここでは解約時の注意点や確認しておきたいことをまとめました。

解約する際は、きちんと確認した上で解約するようにしましょう。

Q、いつからネットは使えなくなるの?

A、NURO光を解約した翌月、もしくは機器を返却したタイミングから使えなくなります。
「家にネット回線がない期間を作るのはイヤ!」という方は、次のネット回線を契約したのちNURO光を解約することで、ネット回線がない環境を作ることなく乗り換えが可能です。

ただし、少しの期間とはいえ2つのネット回線を使うことになりますので、少し費用が掛かってしまいます。

費用などに関しては、うまく調整することで抑えられるかもしれませんので調整してみて下さい。

Q、NURO光の解約金はいつ支払うの?

A、NURO光の解約金はNURO光を解約してから2ヶ月後になります。
NURO光解約から支払いが完了するまでの流れは以下の通りです。

・解約月分の支払い ⇒ NURO光解約の翌月に請求
・解約金(違約金、工事費、撤去作業費) ⇒ NURO光解約から2か月後に請求

これらの支払いが完了したら、NURO光の支払いはすべて終了になります。

Q、NURO光でんわを契約している場合は?

A、NURO光でんわは解約になります。

NURO光電話で利用していた番号をそのまま引き継ぐ場合の注意点は以下の通りです。

・「NURO光でんわ」で新規発番した電話番号を利用中の場合
⇒NURO光の解約に伴って電話番号も廃止されます。

・電話番号を他社で継続利用する場合
⇒NURO光でんわを利用する際に、NTT一般加入番号を使用していた場合引き継ぎが可能です。

ただし、他社で電話番号を継続利用する場合は、3,000円ほど費用が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする