NURO光で必要になる料金総まとめ!NURO光を最安で使うといくら必要?

NURO光料金まとめ

最大速度2Gbpsで人気を伸ばしている光回線がNURO光です。
非常に高速なNURO光の回線は、インターネットを頻繁に使う人、オンラインゲームが好きな人など様々な人に指示されていると考えられます。

それだけの高速回線を誇っているNURO光ですから、「料金が高そう…」と思われる方もいるでしょう。

しかし実は、NURO光の料金は思ったほどではないかもしれません。
ここではNURO光の契約から解約までにかかる料金をまとめました。

NURO光の初期費用はいくら必要?

NURO光の初期費用は、2つ必要です。

・NURO光を開通するための開通工事に必要な工事費:40,000円+α
・NURO光を契約するために必要な契約事務手数料:3,000円

NURO光に限らず、新しいネットを開通するのには開通工事を行います。

NURO光の開通工事費は、マンション戸建て問わず40,000円です。
上で記載した『+α』に関しては、土日祝に工事に行う場合の追加料金であったり、特殊な工事を行う場合に必要になる追加料金になります。

『+α』になり得る特殊な工事は様々あるのですが、実際必要になるのは、ほぼ『土日祝の追加料金:3,000円』ぐらいです。

契約事務手数料は言わば『契約料金』で、必ず必要になるものです。

そのため、NURO光の初期費用をまとめると以下の通りになります。

工事費:40,000円+契約事務手数料:3,000円=43,000円(土日祝工事の場合+3,000円)

注意が必要なのは、初期費用と言えど契約までに必要になるお金ではないことです。
後ほど詳しく解説しますが、契約事務手数料はNURO光契約翌月に、工事費は分割で2ヶ月目以降の月額料金と一緒に支払うことになります。

NURO光の毎月必要になる支払い料金は?

次にネット回線で一番支払う金額が多いであろう月額料金です。
ネット回線を決めるときに、「やっぱりネット回線は安い方がいい!」と料金で契約するかどうかを決める人もいるのではないでしょうか?

ここでは月々の支払いで必要になる料金をそれぞれ紹介します。

NURO光の月額基本料金は4,743円

NURO光の月額料金は、有料オプションに登録していない限り4,743円です。
高いか安いかは人によって違いますので一概には言えませんが、他の光回線と比べると少し料金は安くなっています。

例えば、フレッツ光やauひかりと料金を比較すると以下の通りです。

NURO光 auひかり フレッツ光
月額料金(戸建て) 4,743円 4,900円~5,100円 5,700円
(プロバイダ料金込み)
月額料金(マンション) 4,743円
(NURO光 for マンション:1900円~2,500円)
3,800円 3,850円~4,600円
(プロバイダ料金込み)

また、NURO光にはこの月額料金の中に、他回線では有料でレンタルしている無線LAN機能が付いた器具やセキュリティソフトが含まれているため、非常にリーズナブルと言えます。

なお、詳しくは別記事「マンションでNURO光を入れる2つの方法」で紹介していますが、マンションの場合『NURO光 for マンション』というマンション用のNURO光を導入することも可能です。

工事費40,000円と契約事務手数料3,000円

既述した通り、初期費用である契約事務手数料と工事費は月額料金として支払います。

先に支払うのは、契約事務手数料3,000円です。
契約事務手数料は、NURO光開通の次の月の月額料金と一緒に支払いを行います。

残りの初期費用である工事費40,000円は、30回分割での支払いです。
工事費は、NURO光開通の2ヶ月以降から月額料金と一緒に支払いを開始し、30ヶ月分支払い終えた時点で支払いが完了という感じになります。

ただし、NURO光の工事費はほとんどの場合実質無料にすることが可能です。
NURO光のキャンペーンには、『工事費相当40,000円割引』のような内容がふくまれており、2ヶ月目以降の月額料金から分割工事費相当の金額が割引されます。

そのため、実際に必要になる月額費用は以下の通りです。

開通1ヶ月目 開通2ヶ月目~31ヶ月目 開通32ヶ月目~
月額基本料金 4,743円 4,743円 4,743円
分割工事費 0円 1,333円 0円
契約事務手数料 3,000円 0円 0円
キャンペーン割引額 0円 -1,334円 0円
実質支払い料金 7,743円 4,742円 4,743円

※NURO光の開通月は0か月目とする

工事費はあくまで『実質無料』であることに注意してください。
全額を支払い終わる前にNURO光を解約してしまうと、残りの工事費が無料になることはなく一括で請求されることになります。

有料オプションは月額500円~

有料オプションに契約すると、毎月料金が発生します。

主な有料オプションとしては、固定電話サービスである『NURO光でんわ:月額500円(東海・関西300円)』、テレビサービスである『ひかりTV for NURO光:月額1,000円~2,500円』の2つが挙げられるでしょう。

この2つのオプションに関しては別記事で詳しく解説していますので必要になる方は契約してみてもいいかもしれません。

ひかりTV for NURO光についてまとめました。NURO光では、NURO光回線を利用したひかりTVサービスも行っています。現状テレビを見ている人でもこのサービスはお得と言えるのでしょうか?今回は、ひかりTV for NURO光のメリット・デメリット、料金体制等について解説します。
NURO光でんわの料金や仕組みについてまとめました。NURO光回線を利用して電話を行うNURO光でんわは果たしてお得と言えるのでしょうか?携帯・スマホが普及している現在、本当に必要なのでしょうか?今回はNURO光でんわがどういったメリットがあるかを解説します。

これらのオプション以外にも、『U-NEXT for NURO』や『So-net 安心サポート』など約10種のオプションがありますので、必要なものにだけ契約するといいでしょう。

NURO光の解約に必要になる料金について

最後にNURO光を解約する際に必要になる料金についてです。
少し条件が複雑にはなりますが、状況次第では解約金が一切かからないという場合もありますので、その条件をこなせる人は狙ってみてもいいかもしれません。

では、それぞれの料金について解説します。

契約期間内の解約で発生する違約金9,500円

まずは、NURO光の解約に伴う違約金です。
違約金は、NURO光契約期間中に解約をすることで発生する料金で9,500円になります。

NURO光の契約期間は2年間で、2年ごとに自動更新される仕組みです。
そのため、契約が切れたタイミング(契約の更新月)以外で解約した場合に違約金が発生し、逆にそのタイミングで解約した場合は違約金が発生しません。

言葉だと、パッと聞いて分かりずらいと思われますので図にしてみました。

●NURO光の更新月について
NURO光契約更新月

例えば、2018年の1月に契約した場合、最初に訪れる更新月は25か月目の2020年の2月です。
その次だと、2022年の3月、次だと2024年4月、……。

この2年周期で来る契約更新月に解約することによって違約金は不要になります。

工事費の残債額の支払い

次に解約時に必要になるのが、工事費の残債分です。
既述した通り、30ヶ月間支払うことで実質無料になる工事費ですが、支払いが完了する前にNURO光を解約してしまうと、残りの工事費が請求されます。

工事費の支払いが完了するのは、NURO光開通から31ヶ月後です。

例えば、NURO光を契約から25ヶ月で解約したとすると、未払い分である『1,333円×6ヶ月分=7,998円』が工事費の未払い分として請求されるといった感じになります。

もちろん、工事費全額を支払い終える32ヶ月目以降にNURO光を解約する場合は、工事費の残債額が請求されることはありません。

回線・設備の撤去作業10,000円

最後の一つが、NURO光契約時に繋いだ回線や設備の撤去作業です。
しかし、この撤去作業に関しては強制ではなく『やりたい人だけやってください。』という項目になりますので、余計に費用をかけたく人はしなくてもいいでしょう。

撤去作業に必要な費用は10,000円です。
決して安い金額ではありませんので、無理にする必要はありません。

ただし、賃貸などの場合は、大家さんや管理会社の意向でしなくてはならない場合があります。
建物の価値を下げないためや傷を消すためには必要な作業になりますので、そういった場合はきちんと撤去作業を行ってもらうようにしましょう。

おまけ:NURO光を無料で解約できるタイミング

NURO光の解約金は一定条件下で無料になります。
その条件が以下の通りです。

・NURO光の契約更新月であること(2年周期)
・工事費の支払いが完了していること(NURO光開通から32ヶ月目以降)
・撤去作業を行わなくてもいい場合

つまり、最初にNURO光を無料で解約できるタイミングはNURO光契約から49ヶ月目です。
その後、2年周期の更新月に合わせて解約を行うことで無料で解約することができますので、狙える人は狙ってみてもいいかもしれません。

NURO光で必要になる料金まとめ

NURO光を最も安く使えたときに必要な料金は以下の2つだけです。

・契約事務手数料:3,000円
・月額料金:4,743円

NURO光を解約するタイミングによって、NURO光の費用を極端に抑えることができますので解約するタイミングはしっかり無料になるタイミングを狙ってみてもいいかもしれません。

▲キャンペーンを利用することでより
お得に契約することができる。

また、NURO光はキャンペーンでキャッシュバックを貰うことが可能です。
NURO光公式キャッシュバックで申し込むことで、35,000円貰うことができますので、それを考慮すると料金はさらにリーズナブルになります。

そのため、キャンペーンもきちんと適用した上で申し込みを行うことが重要になるでしょう。

NURO光を契約する際に、必ずチェックしたいのがキャンペーンです。NURO光の申し込み窓口は非常に多いため、「どこで申し込めばいいんだろう…」とついつい悩んでしまいます。そこで、このページでは、絶対に損しないオススメの窓口を紹介します。NURO光のキャンペーン選びの参考になれば、幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする