【最新】NURO光のエリアと拡大予定は?全国展開できない理由について

NURO光は現状全国にサービスを展開していません。
そのため、現在は一部地域でのみNURO光を利用することが可能です。

しかし、NURO光のサービス対応エリア内でも状況次第で、NURO光を使えない場合もあります。

ここでは、NURO光の提供エリアと確認方法などについてまとめました。

NURO光は関東・東海・関西・九州にサービス提供中!

NURO光の提供エリア

NURO光は、今のところ『関東・東海・関西・九州』に対応しています。
詳しい都道府県は以下の通りです。

NURO光対応地域一覧

  • 関東 ⇒ 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬
  • 東海 ⇒ 愛知、静岡、岐阜、三重
  • 関西 ⇒ 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

NURO光は上に記載した地域に住んでいる場合、導入することができます。

ただし、対応地域内であっても、何かしらの条件によってNURO光を導入することが出来ないケースもゼロではありません。

NURO光対応地域内でも建物によっては導入できない

一部例外的に導入出来ないケースがあります。

家と電柱の位置関係的に難しい場合や、私有地を通ってしまう場合、家の立地条件的に不可能な場合などは例外として、NURO光を導入することができません。

NURO光導入できない例外
▲電柱の位置や立地条件によって
NURO光が導入できない可能性もある。

また、NURO光は工事の際に壁に穴を開ける場合があります。
そのため、賃貸で導入する場合は、大家さんや管理会社に穴を開けて良いかの確認をしっかりとした上で、NURO光を導入するようにしましょう。

もちろん、解約時に穴の埋め合わせはできますので、そのことも大家さんに話しておくとスムーズに話が進むかもしれません。

NURO光が対応しているかの確認方法

NURO光が対応しているかは、公式サイトから確認することができます。
「NURO光を導入したい!」と考えている人は、申し込みの前に、まずは公式サイトで自分の家やマンションが対応しているかチェックしてみるといいでしょう。

公式サイトで自分の住居を打つだけで簡単に確認することができますので、一通りの手順を紹介しておきます。


NURO光公式サイトに行きます。

NURO光エリア確認

やることは、空欄を埋めることだけになります。
郵便番号、住所、住居タイプ、(マンションの場合)建物名を入力する枠がありますのでそれぞれ入力してください。

『タイプ選択時の注意』にも記載されていますが、戸建てでも1つの建物の中に複数戸入っている場合は、住居タイプを『アパート・マンション』にしなければなりません。

必要な手順は以上になります。
全て入力を終えたら、『提供状況を確認する』を押して確認しましょう。

NURO光対応

対応している場合、NURO光を導入することができます。
ただし、この画面のまま契約してしまうと自分が欲しいキャンペーンを適用できませんので、一度画面を閉じて自分が申し込みたいキャンペーンで申し込みをしましょう。

NURO光非対応

対応していない場合は、NURO光を導入することができません。
そのため、NURO光が提供されるまで待つか、後ほど記載するNURO光の他社回線を導入することを検討しましょう。


NURO光が導入されているかの確認は以上になります。
もし仮に、今回の確認でNURO光が対応していなかったとしても、これから拡大して対応する可能性はありますので、NURO光をどうしても使いたい人は待ってもいいかもしれません。

NURO光が全国展開できないのはなぜ?

既述した通り、NURO光は『関東・東海・関西・九州』に対応している回線です。
しかし、逆に言うと2013年に開始したサービスでありながら、いまだ3地域にしか対応していないサービスということもできます。

また、現状いつ東北や九州、その他さまざまな地域に対応していくかも完全に未定です。

こういった事情にはなにか理由があるのでしょうか?
公式が公開しているわけではありませんので、事実ではありませんが理由を考えてみました。

全国展開するだけのリスクをとることが出来ない

どのような事業にも全国展開にはリスクが付き物です。
そのため、そういったリスクを考慮すると、まずは地域を絞って確実にその地域内でシェアを伸ばし、全国的に名前が知れ渡ったのち全国展開する方がリスクも少なくなおかつ確実に顧客を掴むことができます。

So-netも同様の作戦を取っている可能性もあります。
そのため、まずは関東で、それから徐々に地域を拡げつつ、知名度も上げていくことで確実に顧客を掴めるようにしているのかもしれません。

やはり全国展開には時間がかかります。
あくまで予想ではありますが、そういったことを考慮するとこれから対応地域が広がっていく可能性も大いにあると考えられるでしょう。

NTTから地域拡大を抑えられている可能性も!?

全国にある光ファイバーのうち、約9割はNTTが所有しています。
そのため、NURO光を含め、多くのネット回線会社はインターネットサービスを提供するのに、NTTから光ファイバーをレンタルしなければなりません。

一方で、NTTも自社でフレッツ光というネット回線を運営していますので、出来る限り他社に光ファイバーのレンタルをせず、自社の回線で市場を独占したいと考えているでしょう。

しかし、元々国営であるNTTは法律で光ファイバーのレンタルを断ることはできません。
そのため、少しでも自分達の顧客を守るために、光ファイバーのレンタル時に何かしら条件を付けているという可能性も考えられます。

特にNURO光は、回線速度も速く、料金も安価のため、多くの人が契約したいであろう回線です。
あくまで予想ではありますが、もしかすると、そういったことを警戒したNTTが建物の条件や地域の条件を出すことで地域拡大の妨げをしているかもしれません。

2つ目の理由としては、こういった会社間での問題が考えられるでしょう。

これからNURO光が全国展開する可能性もある!

NURO光全国展開

NURO光は、サービスを開始した当初関東でしか対応していませんでした。
サービスを開始して時間が経つにつれ徐々に対応地域を拡大していき、今では『関東・東海・関西・九州』にまで対応しています。

そのため、これから先NURO光の対応地域が東北や九州、中国地方など日本の全体に広がっていく可能性もゼロではありません。

例えば、今でこそ全国にサービスを提供しているauひかりも、利用者数が一定数確保できるまでは、サービス対応地域を関東地方に限定して運営していました。

そういったことを考慮すると、NURO光の全国展開もあり得る話ではあります。
「NURO光を契約したいけど、まだ対応していないから地域的にできない…。」という方は、あと数年待つとできるようになるかもしれません。

ただし、こればかりは現状分かりませんので、気長に待つ方がいいでしょう。

NURO光が対応していない時のおすすめの回線

auひかり

NURO光が対応していない場合は気長に待つか、他回線を契約するしかありません。

そこで、おすすめしている回線が、『auひかり』です。
auひかりは、独自の光ファイバーを所持しているため、比較的速度が安定しており、速度も出やすいと言われているネット回線になります。

また、地域限定ではありますがNURO光同様の『最大速度10Gbps』の高速回線サービスも提供していますので、回線の技術面に関してもしっかりしていると言えるでしょう。

NURO光と比べると、回線の速度や安定性で少し見劣りしてしまうかもしれませんが、他会社に比べると安定している言われていますので、回線速度や安定性を気にする人にもおすすめできるネット回線です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする