【NURO光のエリア判定方法】エリア内でも工事が出来ないことも?

NURO光提供エリア

いくらNURO光に申し込みをしたくてもお住まいの住所でNURO光が提供されていなければ意味がありません。
NURO光の提供エリアは現在関東・東海・関西・九州地方に限られており、それ以外の県にお住まいの方は残念ながらNURO光は使えません。

NURO光の提供エリア
・関東:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県
・東海:愛知、静岡、岐阜、三重
・関西:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

また、該当地域に住んでいても、必ず使えるとは限りません。
光ファイバーを使ったインターネットサービスの場合、提供エリアであっても、地域によっては例外として提供がされていない場所も存在します。

そのため、申し込み前に一度提供エリアの確認をして見ましょう。

NURO光の対応エリア確認方法

NURO光の対応エリア確認はNURO光公式ページで行えます。

対応エリアの確認は、住所入力と住居タイプの入力だけになりますので、申し込み前に確認しておくといいでしょう。

新規申し込み・エリア確認ページをクリックする

まず初めに、NURO光公式ページに行きます。

NURO光公式ページ

最初の画面から少し下にスクロールすると、『新規申し込み・エリア確認』という黄色い項目がありますので、そこをクリックします。

NURO光エリア確認ページ

『郵便番号・住所・住居タイプ』を入力し、提供状況を確認する

『新規申し込み・エリア確認』ページに行くと、郵便番号などの入力ページが出てきます。
それぞれの項目に自身の情報を入力していき、『提供状況を確認する』をクリックします。

NURO光住所検索

対応しているかどうかが『○』or『×』で表示されます

『提供エリアを確認する』をクリックすると、確認の結果が出ます。
『○』が表示されている場合NURO光が対応しており、『×』が表示されている場合NURO光は対応していません。

NURO光対応エリア
NURO光未対応エリア

NURO光の対応エリア内でも工事ができない3つの条件

稀ではありますが、NURO光はある一定条件下では工事が行えません。
たとえ、NURO光公式サイトのエリア確認で『○(対応している)』が出ていて申し込みを行えていたとしても、工事が出来ないことがあるということです。

いずれのケースも頻繁にあるものではありませんが、確認はしておくといいでしょう。

(1)光ケーブルが私有地や国道を通ってしまう場合

NURO光を開通するためには、家に光ケーブルを繋ぐ必要があります。
光ケーブルは、電柱や地下を通って配線されているケースが多いですが、全ての家の近くに配線されているとは限りません。

そのため、場合によって光ケーブルを家の近くまで引いてくる作業が必要です。

ただし、光ケーブルを引いてくる際に私有地や国道を通過することがあります。
私有地や国道を通る場合は国や所有者に許可をとる必要があり、許可が下りなければケーブルを引いてくる作業を行うことはできません。

NURO光国道私有地""▲光ケーブルが私有地や国道を通る場合
国や所有者に許可をとる必要がある。

ほとんどの場合許可は下りるのですが、『ケーブルがあると道路の安全性が保てないから』『自分の土地に電柱が立ったりケーブルが入るのがイヤ』という理由などで、作業の許可が下りないこともあります。

ケーブル引き込みの作業の許可が下りなければ、家の近くまでケーブルを引いてくることができませんので、最終的にNURO光を開通することができなくなってしまうということです。

あまり多くはありませんが、そういうこともあるということを覚えておくといいでしょう。

(2)管理会社や大家さんに許可が貰えない場合

2つ目の理由は賃貸の場合にのみ起こり得るものです。
別記事NURO光の特殊な工事を具体的に解説!でも紹介していますが、NURO光は工事を行う際に新しい回線を引き込むため壁に穴を開ける場合があります。

NURO光工事穴開け▲NURO光は工事の際に壁の穴開けを行うため
大家さんや管理会社の許可が必要になる。

そのため、賃貸の場合『穴を開けても良いかどうか』の許可を取らなければなりません。

穴を開けた個所に関しては、防水加工や解約時の穴埋めなどきちんとケアをしてくれるため、後が残ったり、傷が付いたりすることはありませんが、大家さんや管理会社が嫌がって許可が下りない場合があります。

許可が下りないと、工事を行うことはできません

しかし、工事のことを上手く伝えることで許可が下りる確率を上げられます
伝える際に気を付けなければならないことは、『建物に傷が付くことはないこと』『相手が分かるように簡単に伝えること』この2点を重視することです。

大家さんや管理会社から許可を貰うための伝え方に関しては、別記事「NURO光の工事で大家さんや管理会社から簡単に許可を取れる2つのテクニック」で詳しく解説していますので、許可を取る必要がある方は目を通してみて下さい。

(3)電柱が全くない場所に住んでいる場合

日本の中の一部地域では、電線の地中化が進められています。
電線を地中化し電柱をなくすことで、地震などの災害時に倒れて潰されたり感電してしまうリスクを無くせたり、町の景観アップをすることが可能だからです。

しかし、この電線の地中化はネット化社会を遅めると言われています。

理由はシンプルで、料金がめちゃくちゃに高いからです。
電線の地中化は、電柱を設置して電線を繋げる従来の方法と比較すると約10~20倍以上の費用が必要になると言われています。

その高額な費用は電線を利用するネット回線にも影響を及ぼします。
つまり、開通のための電線設置で高額な費用が掛かってしまうため、契約したとしても会社側が赤字になってしまうことがあるということです。

NURO光工事ができない場合▲2016年で東京23区の無柱地帯は8%。
参照:国土交通省公式ページ

しかし、現状電柱がない地域はあまり多くありません。
2016年の国土交通省調べによると、東京23区内でも電線の地中化が行われているのは8%のみで、皇居や東京都庁前なども含まれています。

そのため、この状況に当てはまる人はあまり多くはないでしょう。

また、工事が出来るかどうかの判断は工事の作業員にしか判断することしかできませんので、事前に対策する方法はありません。

申し込みを行う前に判断することはできませんので、こういうこともあるという程度に認識しているといいでしょう。

NURO光の工事は期間が必要なため早めに申し込むことが重要

NURO光はSo-netだけが運営している光回線です。
そのため、NURO光の申し込みが殺到してしまうと工事の対応が遅れてしまう可能性も考えられます。

特にNTT西日本エリア(NURO光の場合、東海・関西エリア)は2018年の1月からサービスが開始され、非常に人気で混雑しているため工事の期間が必要です。

そのため、NURO光の申し込みは余裕を持って行うことをおすすめします。

例えば、NURO光が開通するまでは今の回線を契約したままにしたり、引っ越しをするなら引っ越し数ヶ月前に申し込んでおくなど、期間に余裕を持って契約することでネットが使えないという不便な状態になることなく契約することができるでしょう。

NURO光キャッシュバックキャンペーンNURO光公式キャッシュバックでは、NURO光の申し込み
だけで35,000円のキャッシュバックを貰うことができる。

また、NURO光の申し込みで外せないのがキャンペーンです。
35,000円の高額キャッシュバックキャンペーンや、人気ゲーム機のPS4やPSVRプレゼントなど、非常に豪華なキャンペーンが用意されています。

キャンペーンに関しては、別記事「【随時更新】NURO光のキャンペーン徹底比較」で詳しく比較していますので、申し込みの際は確認しておくといいかもしれません。

NURO光の申し込みを行う際は、『期間に余裕を持って申し込みを行うこと』、『自分が気に入ったキャンペーンを選ぶこと』を覚えておくといいでしょう。

NURO光のエリア拡大について

フレッツ光やauひかりと比べると提供エリアが狭く、利用できる地域が限定されているNURO光ですが、今後提供エリアを拡大する可能性は十分にありえます。

例えばauひかりも現在では全国規模でサービス提供していますが、東京電力のTEPCO光を受け継いだ関係上、当初は関東地方限定のサービスでした。
KDDIは最初に人口の多い関東地方に運営資源を集中させ、利用者数がある程度集まったら提供エリアを広げる方法を取ってきました。

NURO光でも現在は関東・東海・関西・九州地方限定のサービスですが、利用者数が一定数集まればこれらの地域以外にも提供エリアを広げる可能性は十分にありえます。
しかもNTTの光ファイバーを利用してサービス提供しているので、ある程度の利用者数の見込みがある地域であれば、比較的安易にサービス提供が可能と言えます。

NURO光のエリア対応していない時のおすすめ回線

NURO光のエリアが対応していない場合、別の回線を契約するしかありません。
NURO光以外にも、auひかりやフレッツ光、ソフトバンク光など様々なネット回線があり、それぞれ特徴を持っています。

例えば、別記事「NURO光、実は遅い?実際の速度を統計データやTwitterで詳しく調査!」で回線速度をチェックしたところauひかりは、光コラボ回線より速い回線速度が出ているため、速い回線が良い人はauひかりがお勧めできます。

他にも、携帯のキャリアに合わせて選びたい方は、ソフトバンク光やドコモ光を契約してもいいでしょう。

NURO光の回線以外のおすすめ回線に関しては、別記事「NURO光が使えない方へお勧めの厳選5回線」でキャンペーンや料金等も合わせて解説していますので、自分に合った回線を見つけてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする