NURO光の10G回線は不要?2G回線と10G回線のサービスを徹底比較!

NURO光2Gと10G

NURO光のサービスには、最大速度2Gbpsの回線と10Gbpsの回線の2種類があります。

回線速度が速いに越したことがありませんので、多くの人は10Gbpsのサービスの方が魅力的に見えるかもしれません。

しかし実際は、一概に10Gbpsのサービスがおすすめとは言えません。

このページでは、2Gbpsと10Gbpsのサービスを比較し、どうして10Gbpsの回線が一概におすすめと言えないかについて解説していきます。

よければ、サービス決定の参考にしてみて下さい。

NURO光の2G回線の10G回線の比較

初めに、NURO光の2Gbpsのサービスと10Gbpsのサービスについて紹介し、その後それぞれのサービスについて解説していきます。

NURO光2G NURO光10G
最大速度 下り2Gbps
上り2Gbps
下り10Gbps
上り2.5Gbps
月額料金 4,743円 6,480円
無料サービス ・セキュリティソフト
・Wi-Fi機能付きONU
・セキュリティソフト
・Wi-Fi機能付きONU
提供エリア ・関東、関西、東海
・戸建て、5階以下の集合住宅
・関東、関西、東海(※一部のみ)
・戸建て、5階以下の集合住宅
キャンペーン キャッシュバック35,000円 月額料金3,980円(1年間)

※東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、奈良の一部のみ対応

最大速度は下り・上りともに10Gbpsサービスが速い

最大速度は言わずもがなですが、10Gbps回線の方が速いです。

・2Gbps ⇒ 下り2Gbps、上り2Gbps

・10Gbps ⇒ 下り10Gbps、上り2.5Gbps

しかし、「なんでNURO光なのに回線速度が違うの?」と思われる方もいるでしょう。

実は、これらのサービスは同じNURO光ではあるのですが、利用されているネットワーク規格が違うため、回線の最大速度が変わっているのです。

『ネットワークの配線方式が違うから速度が出せる』という認識でいいでしょう。

NURO光の10Gは誰でも使いこなせるわけじゃないよ!

ただし、詳しくは後ほど解説しますが、10Gbpsの回線を契約したら誰でもこの高速な回線を利用できるわけではないので注意してください。

これは、しっかりとした機材がないと速度を出すことが出来ないためです。

後半で詳しく説明します。

月額料金は2Gbps回線の方が2,000円弱安い

これも言うまでもないかもしれませんが、料金は2Gbpsの方が安くなります

・2Gbps ⇒ 月額料金4,743円

・10Gbps ⇒ 月額料金6,480円

万が一、10Gbpsの方が料金が安いのであれば、多くの人が迷うことなく10Gbpsの回線を契約することでしょう。

NURO光のネットワーク規格

2,000円弱料金が変わるよ!
ネットワーク規格の問題かな…?

なぜ10Gbps回線の方が高いかは分かりませんが、おそらく先ほど説明した『ネットワーク規格』に費用が掛かるからと考えるのが自然と言えます。

最大速度2Gbpsと10Gbpsでは、シンプルにその差は5倍です。

この5倍の回線速度の違いで生まれる2,000円弱という金額が高いと感じるか低いと感じるかは人それぞれではありますが、大きな差があるため一概に高いとは言えないかもしれません。

セキュリティソフトとWi-Fi付きONUは全く同じ

月額料金に含まれる無料サービスはいずれのサービスも違いはありません。

・セキュリティソフトはカスペルスキー

・ONUは、最高802.11acのWi-Fi機能付き

機器に違いはありませんが、1つだけ違う点があります。

2Gbps回線の場合、5種類のONU(3つはずれ2つ当たり)からランダムに送られてくるのですが、10Gbps回線の場合、確定で当たりが送られてくるはずです。

NURO光の当たりONU

NURO光の当たりONUは2つだよ!
『ZXHN F660A』『HG8045Q』だから確認してみてね!

2Gbps回線でもNURO光開通後So-netに問い合わせをすることで、当たりのONUに交換してもらうことが出来ますので、違いがないと言ってもいいでしょう。

それぞれのサービスについては以下の記事を参考にしてみて下さい。
NURO光で使えるカスペルスキーは世界最高峰のセキュリティソフト!?
NURO光は無線(Wi-Fi)でも高速!?実際の無線速度をまとめてみました!

提供エリアは2Gbpsが広い!10Gbpsは2Gbpsの一部のみ

提供エリアがより広いのは、2Gbpsのサービスになります。

・2Gbps ⇒ 関東、東海、関西(戸建て、7階以下の集合住宅)

・10Gbps ⇒ 関東、東海、関西の一部(戸建て、5階以下の集合住宅)

10Gbpsの提供エリアは、表の下にも記載した通り

『東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、奈良の一部のみ』

になります。

NURO光10Gbpsのサービスの提供エリアは
比較的狭くて、5階という高さ制限もあるから注意!

また、建物の高さ制限も変わってきます。

2Gbpsが7階までの集合住宅であるのに対し、10Gbpsは5階までの集合住宅に限られます。

これから先10Gbpsの提供エリアが拡大する可能性もありますが、現状は2Gbpsが大きく上回っていると言えるでしょう。

キャンペーンは2Gbpsの方が5,000円お得!

申し込み時に適用されるキャンペーンは、2Gbpsサービスの方がお得です。

・2Gbps ⇒ キャッシュバック35,000円

・10Gbps ⇒ 月額割引合計30,000円(1年間)

キャンペーンの貰い方も異なりますが、金額的には2Gbpsの方が5,000円お得になります。

キャッシュバックとして貰うか、月額料金割引として30,000円使われるかのどちらがいいかは人によって違うと思いますが、お得感が強いのはキャッシュバックではないでしょうか。

キャッシュバックであれば、自分で使い道を決めることもできますし、お金を貰ったという認識もできるため、お得感が強いといわれています。

NURO光公式キャッシュバック

キャンペーンに関しては、2Gbpsが豪華だね!
公式キャッシュバックはかなり人気のキャンペーンだよ!

どちらをお得に感じるかは人それぞれですが、キャンペーンに関しては2Gbpsが金額的に高いと言えるでしょう。


おすすめ関連記事
【随時更新】NURO光のキャンペーン徹底比較!激熱の申し込み先は!?

NURO光10Gbpsを使うのに必要な機器について

NURO光の10Gbps回線は確かに理論値として高速ですが、実測値として10Gbpsに近い速度を出すには、色々と準備が必要になります。

例えば、必要な物の1つが『10Gbpsに対応したLANカード』です。

一般的なパソコンやゲーム機などのLANポート(LANケーブルを指すところ)は10Gbpsに対応していないため、最大限10Gbpsを活かすことが出来ません。

そのために、必要になるのが、このLANカードです。

パソコンにLANカードを付けようと思うと、PCを開けてマザーボードに刺す必要がありますので、パソコンの自作などをしたことがない人にとってはハードルが高くなります。

また、ルーターを使うのであれば10Gbpsに対応したものを選ばなくてはいけません。

NURO光10Gに必要な機器

10G回線には専用の機器が必要だよ!
全部揃えると5万円以上はかかるかも…

10G回線には、こういった機器の取り付けの知識や費用(合計で約5~8万円)が必要です。

さらに、10G回線は別記事「【ウルトラスペック】オンラインゲームで10G回線のスペックは必要?」でも紹介している通り、オーバースペック過ぎて使い道があまりありません

そういったことを考えると一概におすすめとは言えないでしょう。

まとめ:現状NURO光は2Gbpsで十分!

今回は、NURO光の2Gと10Gのサービスを比較しました。

結論から言うと、現状はNURO光の2Gbps回線で十分と言えるでしょう。

料金やキャンペーン等を比較しても2Gbpsサービスの方が優れていますし、10Gbps回線を選ぶメリットが回線速度が速いという点しかありません。

万が一、「10Gbpsを使いこなせる環境がある!」という方であれば契約するのはアリです。

大容量データの送受信(ゲームのダウンロードなど)は目に見えて速くなるでしょう。

自分の環境に合ったサービスを選ぶをすると、後悔なく契約することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする