ドコモ光ぷららはやめるべき!速度とサポートに関する不満口コミが爆発?!

ドコモ光ぷらら

ぷららはドコモ光の人気プロバイダの1つです。

昔からあるプロバイダとして人気のぷららですが、実は「夜になると速度が全然でない…」といった口コミもあり、契約すべきか悩んでしまう人も多いと思われます。

このページでは、ぷららで実施されているキャンペーンを始め、実際の利用者の口コミや回線の特徴をまとめました。

ドコモ光のプロバイダ選びの参考にしてみて下さい。

【1分で解説!】ドコモ光のぷららってどんなプロバイダ?

ぷららは、株式会社NTTぷららが運営するプロバイダです。

名前の通りフレッツ光を運営しているNTTのグループ会社で、ドコモ光のプロバイダの他にも独自の光コラボ回線『ぷらら光』『ひかりTV』の運営なども行っている大手企業になります。

そんなぷららですが、ドコモ光でのサービスは以下のようなものです。

ドコモ光ぷらら
【ぷららのプロバイダサービス】

  • キャッシュバック15,000円
  • dポイント最大10,000ptプレゼント
  • 工事費最大18,000円無料(2019年6月1日より再開)
  • 無線LANルーターの無料レンタル(6,000円相当)
  • セキュリティソフトMcAfeeが24ヶ月間無料

キャッシュバックや無線LANルーターレンタルなど、豪華な内容が揃っています。

現在ドコモ光のプロバイダでキャッシュバックを実施しているプロバイダは5つしかないため、ぷららはそのうちの1つとしてお得なプロバイダと言えるでしょう。

とはいえ、ドコモ光のプロバイダが各自で行っているキャンペーンはどれも大きな差があるわけではないため、実際の口コミなどを参考に選んでいくのがベストです。

ドコモ光ぷららの口コミ・評判を徹底調査!その実態は?

では、実際にドコモ光ぷららを利用している人はどのような感想を持っているのでしょうか。

ここでは以下の3要素に着目して、実際の口コミを見ていきます。

【ドコモ光ぷららのチェック項目】

・通信速度面について
・キャンペーン内容について
・サポート体制について

それでは、詳しく見ていきましょう。

ドコモ光ぷららの速度はイマイチ?v6設定が少し複雑

まず速度面に関してですが、トータルで見ると可もなく不可もなくといった感じでした。

実際の口コミは以下の通りです。

ドコモ光ぷららで十分な速度を出すには、『ぷららv6エクスプレス』が必須です。

「速度が遅い…」というレビューを書いている人に関しても、v6エクスプレスをしっかりと対応させることで十分な速度を出すことができます。

しかし、それでもぷららには遅いという口コミが多いです。

その理由としては、以下の2つが挙げられます。

【ドコモ光ぷららが遅いと言われる理由】

・v6エクスプレスが使えていない(対応ルーターを持っていない)
・ルーターによって有線の速度が最大100Mbpsになってしまう

これらについては少しだけ補足説明をします。

v6エクスプレスがあっても遅いと言われる理由とその対処法

まず初めに確認しておきたいのが、v6エクスプレスはv6プラスともtransixとも違うモノであるという点です。(時期によっても異なりますが…。)

簡単に言うと、少し変わった技術を取り入れているため、専用のルーター(ドコモ光ルーター01もしくは一部のIO-data製ルーター)でないと利用することができません。

さらに、対応しているIO-data製のルーターで繋ぐと、有線での最大速度が100Mbpsに制限されてしまうため、最大1Gbpsの一般的な光回線と比較して遅く感じられます。

この2点によって、他の回線より速度が遅いと言われるわけです。

ドコモ光ルーター01
▲ドコモ光ルーター01を利用することで
ぷららでも十分な速度を期待できる。

この問題を解決する最も簡単な方法は、ドコモ光ルーター01を利用することです。

v6エクスプレスにも対応しており、なおかつ最大速度1Gbpsで利用することができるため、他の光回線と比較しても引けを取らない回線になるでしょう。

ドコモ光ぷららのキャンペーン口コミは少なめ。利用者少ない?

ドコモ光ぷららのキャンペーンに関する口コミはあまり見つかりませんでした。

ぷららはプロバイダとして最大手になるため、インターネットを通じてではなく、電話やドコモショップを通して契約する人が多いのかもしれません。

最後の口コミは、ぷららでレンタルすることができるルーターに関してのものです。

ぷららルーターの口コミ

口コミにもありますが、ドコモ光ぷららを申し込むならWEBを通してがベストです。

別記事「ドコモ光のキャンペーン選びについて」でも紹介していますが、ドコモショップや電話での申し込みをしてしまうと、最終的に損をしてしまうケースが多くあるため注意しましょう。

最新のドコモ光のキャンペーン情報と窓口選びのポイントをまとめました。ドコモ光は非常に人気のある回線が故に、最大級お得に契約出来ない人が多い回線です。「少しでもお得に契約したい」「損したくない!」という人のために、お得な窓口とその選び方のポイントを解説していきます。

また、ぷららで無料レンタルできる無線LANルーターのスペックはイマイチです。

IO-data製のv6エクスプレスに対応した無線LANルーターをレンタルすることができるのですが、有線が100Mpbsに制限される他、無線の速度も最新とは思えないものになっています。

とはいえ、先述した15,000円のキャッシュバックやdポイントプレゼントはしっかりと適用されるため、これらのキャンペーンを実施していないプロバイダと比較するとお得です。

トータルで考えると、『一番ではないがそこそこのキャンペーン』と言えるでしょう。

※ドコモ光ぷららの無線LANルーターレンタルについて

ドコモ光ぷららで無線LANルーターの申し込みを行えるのは、2018年8月1日以降にドコモ光ぷららを申し込んだ人のみになります。
それ以前に申し込みを行った人は、申し込みが行えませんので注意してください。

ドコモ光ぷららのサポートはイマイチという口コミが多い

困った時のサポート体制は、プロバイダを選ぶ上で非常に重要です。

しかし、ドコモ光ぷららのサポート体制に関する口コミはイマイチなものが多く、過度な期待は出来ない状態になっていました。

実際の口コミは以下の通りです。

ドコモ光ぷららのサポートにはあまり期待できないという口コミが多いです。

基本的に多くのプロバイダでは、サポート体制に関する何かしら良い口コミがいくつか見つかるのですが、ドコモ光ぷららに関してはそれがほとんど見つかりませんでした。

そのため、ドコモ光ぷららのサポートに対する過度な期待は禁物でしょう。

口コミから見るぷららの総合評価は『悪くはないがオススメは出来ない』

総合的に見ると、ドコモ光ぷららは一概にオススメ出来るものとは言えません

キャッシュバックやdポイントといったキャンペーンは確かに魅力的ですが、その他の要素を考慮するとぷらら一択になることはまずないでしょう。

ドコモ光ぷららの総評
▲5点満点で見たときのドコモ光ぷらら。
速度・サポートがイマイチと言える。

また、v6エクスプレスをフルで活用するためには『ドコモ光ルーター01』が必須になるもの気になる点です。

ドコモ光ルーター01は月々のレンタルで350円、一括購入する場合は9,000円前後と決して安い金額ではないのですが、その割にスペックが高いわけでもありません。

それであれば、キャッシュバックとdポイントプレゼントがあり、なおかつv6プラスに対応しているプロバイダを選択した方が最終的な満足度は高くなるでしょう。

ドコモ光ぷららのメリット・デメリットについて

ここでは、ドコモ光ぷららのメリット・デメリットをまとめておきます。

口コミでも出てきた内容やその他の情報もまとめていますので、「一目で判断したい!」という人はチェックしてみて下さい。

キャンペーンの豪華さと月額料金の安さが最大のメリット

ドコモ光のぷららをまとめると以下の通りです。

【ドコモ光ぷららのメリット】

・キャンペーンが豪華(キャッシュバックやdポイントプレゼント)
・月額料金が安いAタイプのプロバイダ(タイプA:5,200円、タイプB:5,400円)
・セキュリティソフトMcAfeeが24ヶ月無料で使える
・無線LANルーターを無料でレンタルすることができる

ドコモ光のプロバイダの中でキャッシュバックを実施しているプロバイダは5種しかないと解説しましたが、その中でもタイプA(月額5,200円)に分類されているのは4つしかありません。

つまり、ドコモ光ぷららはその4つの中の1つということです。

そのため、金額的なお得度で言うとトップ4に入っているプロバイダと言えます。

とはいえ、セキュリティソフトや無線LANルーターに関しては、他のプロバイダでも実施されているため、他社と比較した時に大きなメリットにはならないかもしれません。

なお、各プロバイダのサービスに関しては、別記事「多くの人が損する?ドコモ光プロバイダ全25種の比較と選び方を解説!」で詳しく解説していますので、そちらも合わせてチェックしてみて下さい。

全25種あるドコモ光のプロバイダのサービスを比較し、どのように選ぶのがベストかをまとめました。ドコモ光はプロバイダが多く選択が難しいため、気付かぬ間に損してしまう契約をしている人が多いです。このページでは、損しないためのプロバイダ選びを解説していきます。

サポート体制がイマイチ・ドコモ光ルーター01必須なのがデメリット

デメリットとして挙げられるのは、サポート体制と無線LANルーターについてです。

先述した通り、サポート体制は「どういった担当者が出るか」という運要素も含まれますが、それでも全体的に悪い口コミが多いのが気になる点でした。

困った時に頼りたいサポートがイマイチなのは、大きなデメリットでしょう。

サポートがイマイチ
▲サポートがイマイチなのは大きなデメリット。
困って電話しても悩みが解決しないことが多い。

また、最大1Gpbsという光回線をフルに活用するのにドコモ光ルーター01が必須なのも気になる点です。

確かにドコモ光ルーター01を利用することで回線の質は大きく向上されるかもしれませんが、他社で無料で出来ることにお金を払わなくてはいけないのはデメリットと言えます。

この2点が大きなデメリットになるでしょう。

※ドコモ携帯・スマホを持っていない人に関して

実はドコモユーザーではない人は、ドコモ光をWEBから申し込むことは出来ません。
auやソフトバンク、その他の格安SIMなどを利用している人は、ドコモショップに行って申し込みをしないと契約することが出来ませんので注意してください。

なお、先述した通りドコモショップではプロバイダのキャンペーンは受けられません。
そのため、ドコモユーザーでない人に関しては、auひかりNURO光を利用することをオススメします。
どちらの回線もドコモ光を超えるキャンペーンを実施しているため、気になる方はチェックしてみて下さい。

ドコモ光ぷららの解約・プロバイダ変更について

ドコモ光ぷららの解約・変更手続きは、電話申し込みもしくはドコモショップでの申し込みで行うことができます。

【ドコモ光ぷららの解約・変更手続き方法】

・ドコモ光インフォメーションセンターに電話し申し込む
・ドコモショップに行って申し込む

変更の手続きは、申し込みをしてから10日前後で行われるインターネット接続設定をすることで完了になります。(新プロバイダからマニュアルが送られてきます)

一方で、解約の場合は申し込みだけで手続きが完了になります。

いずれの場合も、直接ぷららに連絡する必要はありませんので、特に苦労することもなく手続きを進めることができるでしょう。

なお、ドコモ光インフォメーションセンターの電話番号は以下の通りです。

【ドコモ光のインフォメーションセンター】

受付時間:9:00~20:00(年中無休)
ドコモの携帯電話から繋げる場合:151(局番なし)
固定電話orその他の携帯電話から繋げる場合:0120-800-000

なお、プロバイダの変更・解約をする際は以下の項目に注意するようにしましょう。

ルーターの返却期限・ドコモ光の違約金には注意

変更・解約に伴う注意点は以下の3つです。

【ドコモ光ぷららの変更・解約に伴う注意点】

・利用から24ヶ月以内の場合無線LANルーターを返却する
・ぷららのメールアドレスが使えなくなる
・変更や解約に合わせて手数料や違約金が発生する

ぷららでは契約から24ヶ月以内の解約の場合、ルーターの返却が必要です。

ぷららの無線LANルーター規約には上のように記載されていますが、実情としては返却を強制するようなことはないと言われています。

実際他社プロバイダで実施されているような機器補償金(返却が遅れたときに必要なお金)などの制度も導入しておらず、『いつまでに返却』というのも細かく明記されていません。

そのため、忘れていても大きな問題はないかもしれませんが、返せるのであればしっかりと返却するようにしましょう。

また、変更・解約する場合は下記手数料・違約金も必要になります。

■ドコモ光ぷららの変更・解約費用
手続き
発生する金額
プロバイダ変更
切り替え手数料3,000円
プロバイダ解約(ドコモ光解約)
違約金:戸建て13,000円(マンション8,000円)
工事費の残債金:0円~18,000円
※違約金は更新月以外での解約で発生します。

具体的な解約金などに関しては、解約の手続きをする際に聞いてみるといいでしょう。

なお「解約金が高くてつらい…」という人は、乗り換え先のネット回線を選ぶ際に解約金を負担してくれる回線を選ぶことをオススメします。

代表的な回線として、auひかりソフトバンク光がありますので、気になる方はこれらの回線も合わせてチェックしてみるといいかもしれません。


ドコモ光の解約については、別記事「【完全版】ドコモ光の解約ガイド!」で詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

ドコモ光の解約の手順、必要な手順、トラブルの元にもなる注意点などを簡単にまとめました。ドコモ光は簡単に解約することができますが、実は料金が少し複雑で注意点もかなり多いため、後から苦労するケースが多いです。この記事ではそういった注意点なども合わせて、解約について解説していきます。

総合的な満足度を上げるなら違うプロバイダでの申し込みがオススメ

口コミまとめでも記載した通り、総合的な満足度を上げるなら違うプロバイダでの申し込みをオススメします。

月額料金が安いタイプAでなおかつキャッシュバックを実施している残り3つのプロバイダは、『So-net・GMOとくとくBB・DTI』です。

この中でも特にオススメなのが、GMOとくとくBBです。

ドコモ光GMOとくとくBB

GMOとくとくBBでは、最大20,000円のキャッシュバック・最大10,000ptのdポイントプレゼント・工事費最大18,000円無料・10,000円相当の無線LANルーター無料レンタルなど、より豪華なキャンペーンを実施しています。

回線自体の評判も良く、無料の無線LANルーターで快適な環境が手に入るためオススメです。

気になる方は、GMOとくとくBBの公式サイトや別記事「ドコモ光のGMOとくとくBBを徹底解説!特徴や口コミから分かる評判は?」などをチェックしてみて下さい。

ドコモ光の人気プロバイダGMOとくとくBBについて詳しく解説しました。いろいろな場所でオススメされるGMOとくとくBBですが、実際の口コミや特徴・メリットやデメリットはどうなっているのでしょうか。このページでは、GMOとくとくBBの実態を詳しく調査していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする