ドコモ光のレンタルルーターまとめ!無料レンタルすることはできる?

ドコモ光のルーターレンタル

ドコモ光でレンタルできるルーターについてまとめました。

スマホやタブレットなどをインターネットに繋ぐためには、無線(Wi-Fi)の通信が必須になります。

このページでは、無線(Wi-Fi)の環境を作るために必要なルーターを手に入れる方法を2つ紹介して、それらのメリット・デメリットを解説していきます。

ドコモ光のルーター選びの参考にしてみて下さい。

ドコモ光でレンタルできるルーターは全部で2種類

ドコモ光のルーターレンタル方法

ドコモ光でルーターをレンタルする方法は2つあります。

【ドコモ光でルーターをレンタルする2つの方法】

  • NTTからレンタルできる機器に無線(Wi-Fi)機能を付ける
  • 各プロバイダでルーターをレンタルする

2つの方法がありますが、先に結論から言うとオススメな方法は『各プロバイダでルーターをレンタルする』という2つ目の方法になります。

というのも、プロバイダを利用すると無料でレンタルすることができ、なおかつより速い通信速度を期待できるルーターが手に入るからです。

そのため、基本的にはプロバイダでルーターをレンタルするのが良いでしょう。

中でも、特にスペックが高いルーターをレンタルしているのが『GMOとくとくBB』です。

GMOとくとくBB
▲無料で高性能ルーターをレンタルするなら
GMOとくとくBBを契約するのがベストな選択肢。

GMOとくとくBBでは、NEC・buffalo・elecomの大手3メーカーから好きなルーターを選ぶことができ、いずれのルーターも販売価格は10,000円前後とハイスペックなものになっています。

「ドコモ光で高スペックなルーターを無料で使いたい!」という人は、プロバイダにGMOとくとくBBを選んでルーターをレンタルするのがベストな選択肢になるでしょう。

とはいえ、NTTの機器に無線機能を足すことにもメリットはありますので、それぞれのルーターレンタル方法のメリット・デメリットについて詳しく見ていきます。

NTTからレンタルできる機器に無線(Wi-Fi)機能を付ける方法について

ONUレンタル

まずは、NTTからレンタルできる機器に無線(Wi-Fi)機能を付ける方法です。

NTTからレンタルできる機器というのは、ONU(回線終端装置)やHGW(ホームゲートウェイ)と呼ばれるものになるのですが、基本的にこれらの機器は有線での接続にしか対応していません。

機器自体のレンタルは無料なのですが、無線(Wi-Fi)機能を付けるには別途オプションを契約する必要があります

オプションの料金は以下の通りです。

■NTTの機器に無線(Wi-Fi)機能を追加する料金
NTT東日本
NTT西日本
無線(Wi-Fi)利用料
300円
100円
無線LANカード料
300円
100円
※無線LANカードはレンタルする機器によっては不要

これらの要素を含めた上で、NTTに無線(Wi-Fi)機能を追加するメリット・デメリットについて見ていきます。

メリット:NTTの機器が壊れた時に無償交換してくれる

NTTの機器を利用する最大のメリットは、壊れた時のサポートです。

基本的にどこでルーターをレンタルしても初期不良などでない限り機器の交換はしてくれないのですが、NTTの機器に関しては、故意に壊した場合でなければ無償で新しい機器に交換してくれます

ONUの交換
▲NTTの機器が壊れても
無料で交換してくれる。

もちろん、明らかに利用者側に非がある場合は無償交換の対象外になりますが、よほどのことがない限り、レンタルの機器を故意的に壊すようなことはないでしょう。

もしもの時に、費用が掛からず対処してくれるのはNTT機器ならではの良さと言えます。

メリット:1つの機器で済むため場所がかさばらない

2つ目のメリットは、1つの機器で処理が済むという点です。

少し分かりずらいかもしれませんが、例えばプロバイダでルーターをレンタルしたとすると、合計でNTTの機器+ルーターで2台分のスペースが必要になります。

一方で、NTTの機器に無線(Wi-Fi)機能を付ける場合はNTTの機器だけで完結するため、1台分だけのスペースで間に合うということです。

ネット周りの配線はかさばりやすい所になりますので、配線が少なくなり、より小さいスペースで解決できるのは人によっては大きなメリット言えるのではないでしょうか。

デメリット:月額費用が高い

NTTの機器に追加する最大のデメリットは、月額費用が高い点です。

先ほど登場した表にも記載しましたが、無線(Wi-Fi)機能を追加するためには『東日本:月額600円、西日本:月額200円』という月額費用が必要になります。

レンタル代
▲東日本では2年で1万円を超える
レンタル代が必要になるのはイマイチ。

仮に2年間利用したとすると、西日本は4,800円とまだそこまで高額ではありませんが、東日本では14,400円とハイスペックなルーターが容易に買えるほどの金額になります。

また、プロバイダでは無料でレンタルすることができるということを考えると、なおさら余分な費用と言わざるを得ないでしょう。

デメリット:無線の対応規格が古いため速度に期待できない

2つ目のデメリットは、対応している無線の通信規格です。

ドコモ光をフルに活かすためにはの最大速度1Gbpsを超える無線規格(11ac)が必要になるのですが、NTT機器で使える通信規格は1世代前のモノで、それに対応していません。

そのため、他のルーターと比較した時に通信速度が遅くなりやすい傾向にあります。

また、これから1年前後でさらに新しい規格が登場すると言われていますので、それが登場してしまうとNTTの通信規格は2世代前のモノになり、なおさら微妙です。

いずれにしろ、通信速度があまり期待できないのはイマイチでしょう。


総合的に見ると、NTTの機器に無線(Wi-Fi)機能を付けるというのはイマイチと言えます。

壊れた際の保証がついているのは非常に魅力的ではありますが、それよりもデメリットの要素が大きな影響を与えるため、あまりオススメはできません。

ただし、「費用や速度よりサポートが欲しい!」という人には割とアリです。

ドコモ光ルーター01
▲NTT機器に無線機能を付けるよりは
ドコモ光ルーターを購入した方がお得。

また、仮にサポートを受けたい人は、NTTの機器に無線(Wi-Fi)機能を付けるよりもドコモ光で販売されているドコモ光ルータ01を購入した方が長期的なコストは抑えられます

ドコモ光ルーター01であれば最新規格に対応していますし、サポートも充実していますので、気になる人は別記事「ドコモ光ルーター01は必要?設定方法やオススメな人をまとめて解説!」をチェックしてみて下さい。

契約しているプロバイダからルーターをレンタルする方法について

ルーターレンタル

そして、オススメの方法がプロバイダからルーターをレンタルするという方法です。

プロバイダでルーターをレンタルする場合は、まず初めに自分が契約しているプロバイダがルーターのレンタルを行っているかどうかを確認しなくてはいけません。

簡単にまとめましたので、チェックしてみて下さい。

■ルーターレンタルの有無
料金
プロバイダ名
無料
plala(ぷらら)
GMOとくとくBB
So-net(終了)
DTI
@nifty
ic-net
Biglobe
hi-ho
有料
ドコモnet
@ちゃんぷるネット
なし
Tigers-net.com
andline
エディオンネット
SIS
SYNAPSE
excite
Rakutenブロードバンド
TikiTiki
@ネスク
01光COARA
OCN
@TCOM
TNC
WAKWAK
AsahiNet

表の通りではありますが、『有料』に含まれるものはレンタルが有料に、『なし』に含まれるものはそもそもレンタルが行われていないということになります。

無料でレンタルできるプロバイダも多くありますので、少しでもコストを抑えたい人は無料でルーターを貸し出しているプロバイダを契約するのが良いでしょう。

プロバイダでルーターをレンタルする方法については、これらの内容を含んだ上でメリット・デメリットを見ていきます。

メリット:ルーターに月額費用が掛からない

やはり、金額的なメリットは外せない内容の1つです。

月額料金が有料であったNTT機器に無線(Wi-Fi)機能を追加する方法に対して、プロバイダでルーターをレンタルする方法はコストがかかりません

チャンプルネット
▲プロバイダの中にはレンタルが
有料であることもあるので注意。

ただし、記載した通りプロバイダによっては有料になる場合もありますので、ルーターレンタルが有料のプロバイダに契約している人にはメリットにはなり得ません

プロバイダ移行は3,000円で行えますので、無料でルーターをレンタルしたい人は別記事「ドコモ光のプロバイダ変更手順と5つの注意点、オススメの変更先を解説!」を参考にプロバイダ変更を検討してみると良いでしょう。

メリット:無料でもある程度ハイスペックなルーターが手に入る

続いてのメリットは、ルーターのスペックに関するものです。

無料でのレンタルと聞くと「無料ってことはイマイチなルーターが送られるの?」と思われる方もいるかもしれませんが、実は全然そんなことはありません。

プロバイダでレンタルできるルーターのおおよその相場は、5,000円前後です。

これはルーターの中ではミドルスペックに当たる価格帯で、もちろん最新の通信規格(11ac)にも対応しているため、ドコモ光の回線速度をフルで活かせます

また、冒頭でも紹介したGMOとくとくBBは、さらにスペックが高い10,000円前後のルーターを無料でレンタルしており、さらに速い速度を期待できます。

メリット:IPoE IPv4 over IPv6(v6プラスなど)に対応している

ドコモ光を利用する際に外せないのが、IPoE IPv4 over IPv6通信です。

プロバイダによってサービス名が異なりますが、v6プラスやv6アルファ、v6エクスプレスといったサービスは総じてこの通信方法を利用しています。

通信速度をより速い状態で安定するために必要な新しい通信システムですが、この通信方法を利用するためには、それぞれのサービスに対応したルーターを用意しなくてはいけません

v6アルファ
▲v6プラスやv6アルファなどを利用するには
サービスに対応したルーターが必須になる。

NTTのルーターも対応していませんし、対応しているルーターを探すのは手間がかかるのですが、各プロバイダがレンタルしているルーターであれば確実に対応しています

そのため、間違って対応していないルーターを購入してしまうリスクがありません。

ルーター選びが難しくなっているドコモ光において、この点はかなり大きなメリットと言えるでしょう。

ドコモ光のIPoE+IPv6 over IPv4についてやオススメのプロバイダについては、別記事「ドコモ光のv6プラス対応プロバイダ比較!オススメのプロバイダは?」で解説していますので合わせてご覧ください。

デメリット:配線などを自分でやらなくてはいけない

一方で、プロバイダでルーターをレンタルする場合、配線などは自分でやる必要があります

もちろん説明書が付いていますし、各プロバイダに初期設定等について問い合わせをすることでしっかりと回答を得ることができますが、やってもらえないという点はデメリットと言えるでしょう。

また、NTTの欄でも紹介しましたが、機器が2つになるためスペースがかさばってしまいます。

これらの要素はデメリットに当たるでしょう。


総合的に見ると、NTTでレンタルするよりもプロバイダから無料でルーターをレンタルする方がオススメできます。

かなり多くのメリットがあるのに対して、デメリットはほとんどありません。

そのため、基本的にドコモ光でルーターをレンタルしたいという人は、こちらの方法を利用すると良いでしょう。

ドコモ光でルーターを無料レンタルしたい人はGMOとくとくBBがオススメ

ポイント

ここまで紹介した通り、ドコモ光でルーターを利用したい人はNTTの機器に無線機能を付けるよりも契約しているプロバイダからレンタルした方が良いです。

そして、中でもオススメしたいのがGMOとくとくBBになります。

GMOとくとくBBがレンタルしているルーターは以下の3種類です。

■GMOとくとくBBのルーター一覧
ルーターの機種 ルーターの特徴
BUFFALO WSR-2533DHP2 ・参考価格(Amazon):7,708円相当
・最大通信速度1,733Mbps
・内蔵アンテナ7本
・ビームフォーミングEX機能付き
NEC Aterm WG1900HP2 ・参考価格(Amazon):8,500円相当
・最大通信速度1,300Mbps
・内臓アンテナ7本
・ビームフォーミング機能付き
ELECOM WRC-2533GST2 ・参考価格(Amazon):11,000円相当
・最大通信速度1,733Mbps
・内臓アンテナ8本
・ビームフォーミング機能付き

はっきり言うと、どれを利用しても実際の使用感に差はないと思われます。

これら3種のメーカーの中で好きなメーカーがある人はそれを選択すると良いですが、特にこだわりがない人は『BUFFALO WSR-2533DHP2』をオススメします。

理由はシンプルに、BUFFALO製のルーターは初心者の人でも設定しやすいと言われているからです。

とはいえ、GMOとくとくBBではそれぞれのルーターの設定方法などを細かく紹介しているため、どのルーターを選んでも初期設定で困ることはないでしょう。

ドコモ光のGMOとくとくBBについてさらに詳しく知りたい人は、別記事「ドコモ光のGMOとくとくBBを徹底解説!特徴や口コミから分かる評判は?」も合わせてチェックしてみて下さい。

まとめ:ドコモ光のルーターレンタルについて

このページでは、ドコモ光のルーターレンタルについて解説しました。

ドコモ光でルーターを利用するには『NTTの機器に無線機能を付ける』と『各プロバイダでルーターをレンタルする』の2つの方法がありますが、基本的には後者をオススメします。

中でも特にオススメのプロバイダはGMOとくとくBBです。

ドコモ光でレンタルしているルーターの中では最も高いスペックのモノを無料でレンタルしていますので、ルーターが欲しい人は必見でしょう。

また、他のプロバイダでもミドルスペック程度のルーターをレンタルすることができますので、そういった点を合わせて覚えておくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする