ドコモ光が繋がらない!?原因や対処法、問い合わせ先をまとめて紹介!

ドコモ光繋がらない

ドコモ光を利用している中で急に「繋がらなくなった」「通信が不安定になった」といった事態に見舞われる経験をした人は多いと思います。

そこで通信設備の障害や回線の混雑が頭を過りますが、実は使っている機器に原因があることもあり、すぐに対処することも可能です。

今回はドコモ光が繋がらない時に考えられる原因や対処法を紹介していきます。問題が解決しない時の問い合わせ先も紹介するので参考にしてみてください。

ドコモ光が繋がらない原因は大きく分けて2つ

ドコモ光繋がらない原因

ドコモ光が繋がらない原因を大きく分けると以下の2つになります。

【ドコモ光が繋がらない時の対処法】

  • 利用者側に原因がある
  • サービス提供側に原因がある

「どちら側に原因があるのか」という話ですが、利用者側に原因がある場合、自分で解決できることが少なからずあります。

では、どのような原因で繋がらないのか大まかに見ていきましょう。

利用者側の原因は主に機器の設定や接続

ドコモ光などの固定回線では、モデムやルーターといった機器をパソコンやスマホなどの端末に接続してインターネットを利用します。

各機器や端末はケーブルもしくは無線接続(Wi-Fi)によって接続されているわけですが、接続状況や設定、機器の不具合によって繋がらなくなることがあります。

接続出来ない原因
▲接続している機器の不具合などで
一時的に繋がらなくなっていることがほとんど。

こういった機器に詳しくない人だと「ネット回線に不具合でも起きたのかな」と思ってしまうかもしれません。

しかし、実際のところ「ケーブルが正しく接続できていない」「機器の電源が着いていない」「設定が正しくできていない」など、些細なことが原因となっていることが多いです。

サービス提供側の原因は主に通信障害

当然ながらプロバイダや回線事業者といったサービス提供側の不具合で繋がらなくなることもあります。

こればかりは利用者側で解決できる問題ではなく、復旧を待つしかありません。

例えば、台風や雨などの自然災害、落雷による停電などによって回線設備に問題が生じネットに繋がらなくなる、ということは往々にしてあります。

ドコモ光接続障害
▲災害などの問題によって回線設備に
障害が起きてネットに繋がることもある。

利用者側で原因が思い当たらない時には、回線設備などの障害を疑ってみましょう。

また、そういった回線設備に問題が起きてしまった場合は、ドコモ光の公式サイトや各プロバイダの公式サイトなどに「接続障害」についての情報が記載されます。

公開されている情報を確認するか、後ほど紹介する問い合わせ先などに連絡して、いつ頃復旧するかを尋ねてみると良いでしょう。

【利用者側】ドコモ光が繋がらない利用者側の4つの原因と対処法

ドコモ光が繋がらない時の対処法

まずは利用者側の原因でドコモ光が繋がらないケースとその対処法を紹介していきます。

考えられる原因と対処法に関しては以下の4点です。

●ドコモ光が繋がらない6つの原因と対処法
原因
対処法
開通日を迎えていない 書類などを確認する
初期設定にミスがある 正しい手順で設定をやり直す
機器の電源が付いていない 機器を起動し、接続できているかチェックする
Wi-Fiに関する原因 端末までの障害物のチェックやWi-Fi設定を確認する

これらに関しては、些細なことが原因になっていることが多いので簡単な対処法で解決できる可能性が高いです。

では、1つ1つの原因を詳しく見ていきましょう。

原因(1)転用・事業者変更の開通日を迎えていない

ドコモ光では「新規契約」「事業者変更」「転用」という3つの加入方法があります。

このうち開通工事を要するのが「新規契約」のみで、その他の2つ「事業者変更」と「転用」は既にある設備を再利用してドコモ光を接続するため、工事がありません。

開通工事を行う新規契約では、工事後に利用できるようになるため分かりやすいです。

しかし一方で、事業者変更や転用の場合、申し込みを行ってからNTT側の工事が完了次第接続できるようになるため、期間が分かりづらくなります。

開通日を迎えていない
▲工事がなくても開通までに
1~2週間程期間が必要になる。

そしてこの工事には、おおよそ1~2週間という期間が必要です。

そのため、申し込んでからすぐに利用できるというわけではなく、開通日を迎えていなければ当然繋がりません。

申込書類などを確認し、開通日を迎えてから再び接続してみるといいでしょう。

原因(2)初期設定にミスがある

ドコモ光に申し込んでいざ使い始めようと思っても、正しく初期設定が行えていないと繋がりません。

初期設定で起こりがちなミスは以下の通りですので、チェックしてみて下さい。

【初期設定で起こりがちなミス】

  • モデムやルーターにしっかりとLANケーブルが刺さっていない
  • ケーブルを刺す場所が間違っている
  • パソコンでプロバイダ情報を入力していない
  • ケーブルが劣化&断線している

また、ドコモ光の詳しい初期設定については別記事で解説していますので、そちらも確認してみて下さい。

原因(3)モデムやルーターの電源が付いていない

パソコンは起動しているのに、モデムやルーターの電源がOFFになっているためネットに繋がらないということがよくあります。

初期設定と若干内容は被ってしまいますが、ケーブルの接続と同様にモデムやルーターの電源をチェックして、ちゃんと起動しているかを確認しましょう。

モデムがしっかりと動作しているかどうかは、表示されているランプでも判断できます。

ONUのランプ
▲モデムのランプを見ても
機器の状態を確認することができる。

正常に作動している場合に点灯するのは青や緑のランプです。

一方で、赤のランプが点灯している場合には、機械に不具合が生じている可能性が高いので、ドコモ光に問い合わせすることをオススメします。

原因(4)Wi-Fiの電波干渉やWi-Fi設定がOFFになっている

無線LANルーターを利用してWi-Fi接続を利用している場合、電波干渉によって繋がらなくなることがあります。

ルーターと接続端末の間に障害物があったり、ルーターから離れた場所でスマホなどを使っていたりすると電波が届きません。

Wi-Fi
▲電波干渉などによって
Wi-Fi接続出来なくなっていることもある。

また、パソコンやスマホといった受信端末側のWi-Fi設定がOFFになっていることもあります。

ルーターやパソコンの位置を調整する、Wi-Fi設定を確認してONにするなどの対処法を試してみてください。

それでも繋がらない場合は機器を再起動する

上記で挙げた原因と対処法で解決できない場合、モデムやルーターといった機器の不具合が考えられます。

こちら側で修理などをすることはできませんが、機器の電源を入れ直すことで解決できるかもしれません。

モデムやルーター、あるいはパソコンなどを再起動する際には、データの消失といったリスクもあるのでバックアップをとっておくことをおすすめします。

【サービス提供側】ドコモ光が繋がらない2つの原因

ドコモ光接続出来ない

ドコモ光では主にネット回線を提供する「ドコモ光」と接続を行う「プロバイダ」の2つがサービスを提供しています。

これらサービス提供者側の原因によってドコモ光が繋がらなくなるケースもあり、利用者側で原因が特定できない場合にはこちらの可能性を考えてみましょう。

インターネット回線(ドコモ光)で障害が起きている

台風や落雷などによって回線設備に障害が生じるケースがあります。

その他通信障害や故障などによって繋がらない状態になってしまうことがあり、そうなってしまった場合には復旧を待つしかありません

回線設備がダウンする
▲回線設備自体がダウンすることは
基本的にほとんど起きることがない。

とは言え、回線自体がやられてしまうことはほとんどないです。

稀に起きてしまった場合も、ドコモ光公式サイトなどにしっかりと記載されるため、そちらを確認しておくと良いでしょう。

プロバイダで障害が起きている

回線事業者(ドコモ光)だけではなくプロバイダ側で障害が生じるケースもあります。

こちらも復旧を待つしかないので、契約しているプロバイダに問い合わせて復旧状況などを確認してみましょう。

ドコモ光が繋がらない状態を解決できないときの問い合わせ先

ドコモ光の問い合わせ先

ドコモ光が繋がらない状態を解決できない場合にはドコモ光やプロバイダに問い合わせを行ってください。

原因の特定や解決策・対処法を教えてくれます。

ドコモ光では機器の故障や技術的なトラブルに関する「ドコモ113センター」という窓口が用意されています。

【ドコモ113センター】
受付時間:24時間(年中無休)
ドコモの携帯電話から繋げる場合:113
固定電話orその他の携帯電話から繋げる場合:0120-800-000

また、プロバイダへの問い合わせは下記を参考にしてください。

●ドコモ光のプロバイダ別問い合わせ先
プロバイダ名 問い合わせ番号 受付時間
OCN 0120-506-506 10:00~19:00
GMOとくとくBB 0570-045-109 10:00~19:00
ぷらら 009192-33 10:00~19:00
@nifty 0570-03-2210 10:00~19:00
DTI (186)-0120-719-020 10:00~19:00
BIGLOBE 0120-86-0962 9:00~20:00
ドコモnet 0120-800-000 9:00~20:00
@T COM 0120-805633 9:00~20:00
excite 0120-800-000 9:00~19:00

詳しい問い合わせなどに関しては、別記事でまとめているためそちらも合わせてチェックしてみて下さい。

原因がわからないときはネット回線の切り替えも視野に入れる

ネット回線の切り替え

「機器も正しく接続できている」「回線やプロバイダの障害も起きていない」にもかかわらず通信が途絶えたり、不安定な場合、利用環境に問題がある可能性があります。

周辺エリアに同じネット回線を利用している人が多ければ、そういったことも考えられます。

また、繋がらない原因が特定できない場合にはネット回線の切り替えも検討しましょう。サービスを切り替えるとより良い環境でインターネットを利用できるかもしれません。

ドコモ光から別の固定回線へ乗り換えるのもいいですし、あまり使わない人はモバイルWi-Fiなどを視野に入れるといいでしょう。

ここではおすすめの乗り換え先を紹介していきます。

月額料金の安さが魅力の「auひかり(So-net)」

auひかり(So-net)

auひかりでプロバイダにSo-netを選んで加入するとお得な月額料金で利用できます。

戸建てなら月額3,500円(3年間)、マンション(V16プラン)なら2,100円(2年間)という非常に安い料金設定が魅力です。

ドコモ光の月額料金が戸建て5,200円(タイプA)、マンション4,000円(タイプA)なのと比較すると驚きの安さですね。

毎月の通信費を抑えたい人におすすめの固定回線です。

35,000円のキャッシュバックがある「NURO光」

NURO光公式サイト

下り最大2Gbpsの高速回線でお馴染みのNURO光ですが、魅力的なのは通信速度だけではありません。

NURO光では、WEB限定の新規加入特典で35,000円のキャッシュバックが受けられます。その上、工事費は実質無料、キャッシュバックを受けるためにオプションなどに加入する必要はありません。

35,000円のキャッシュバックがあれば月々の負担もかなり軽減できるのでお得ですね。

お得なキャッシュバック特典も目立ちますが、通信速度に優れたネット回線を求める人におすすめです。

家でも外でも使い放題!海外でも使える「どんなときもWi-Fi」

どんな時もWi-Fi

「どんなときもWi-Fi」は、月額3,480円という低料金で使い放題のモバイルWi-Fiです。

家でも外でもコンパクトな端末を持ち運べるのでどこでもネットを利用できます。

また、海外利用にも対応しており、海外旅行などで別途レンタルWi-Fiを利用する必要もありません。

屋外でも使えるという固定回線にはないメリットがあり、低料金かつ使い放題という魅力があります。

外でも使えるモバイルWi-Fiで通信費を抑えたい人におすすめです。

GMOとくとくBB×WiMAX

GMO(WiMAX)

モバイルWi-FIではお馴染みのWiMAXですが、プロバイダで「GMOとくとくBB」を選択すると最大31,000円キャッシュバックが貰えます。

新規加入で最新端末を選ぶだけでキャッシュバックが受けられますし、使える端末は下り最大1.2GbpsというモバイルWi-Fiの中では圧倒的なスペックを誇っており魅力的です。

家でも外でも使えるモバイルWi-Fiで通信速度も求める人におすすめです。

まとめ:ドコモ光が繋がらないときの原因と対処法を理解しておこう!

ドコモ光が繋がらないときの原因と対処法について解説していきました。

利用者側に原因がある場合には些細なことで簡単に解決できるので今回の内容を一通り頭に入れておくと便利です。また、回線やプロバイダの障害も考えられるため問い合わせ先もチェックしておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする