【ドコモ光】開通まで無料でモバイルWi-Fiをレンタルできる窓口を紹介!

ドコモ光モバイルWi-Fiのレンタル

ドコモ光が開通するまでのネット回線のつなぎについてまとめました。

「ドコモ光開通するまでネットがない…」「モバイルWi-Fiのレンタルとかしてるの?」と気になる人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、ドコモ光が開通するまでの間にレンタルできるモバイルWi-Fiや、その料金について調査した内容を解説していきます。

ドコモ光開通前に参考にしてみてください。

ドコモ光は代理店からの申し込みでモバイルWi-Fiがレンタルできる

代理店からレンタルできる

実は、ドコモ光でモバイルWi-Fiが利用できるかどうかは、申し込みを行う窓口次第です。

例えば、ドコモ光の公式ページや電話で申し込みを行った場合レンタルできませんが、一部の代理店から申し込みを行うことでモバイルWi-Fiがレンタルできます。

もちろん自分でモバイルWi-Fiを新しく契約するという方法もありますが、費用面を考えるとあまり良い選択肢とは言えません。

そのため、開通までにモバイルWi-Fiを利用したい人は代理店からの申し込みがオススメです。

それでは具体的に、モバイルWi-Fiのレンタルについて見ていきましょう。

【コラム】既にドコモ光を申し込んでしまった人

既にドコモ光を申し込んでしまった人でモバイルWi-Fiを利用したい人は、自分でレンタルする必要があります。

そんな時におすすめなのが、縛りなしWi-Fiです。

縛りなしWi-Fiの詳細は以下の通りです。

縛りナシWi-Fi

月額料金
3,300円
初期費用
1,000円
契約期間
なし
通信制限
1日最大2GB
(超過後は速度低下)
公式ページ
縛りなしWi-Fi

1日最大2GBという速度低下の制限はあるものの、1ヶ月3,300円でレンタルすることができます。

また、契約期間もないため、好きなタイミングで解約することができ、なおかつ解約金が発生することもありません。

オンラインゲームなどをする人には物足りないかもしれませんが、ネット回線開通までの繋ぎとしては十分でしょう。

既にドコモ光を契約してしまった人はチェックしてみて下さい。

ドコモ光は申し込みからどれくらいで使えるようになる?

ドコモ光開通までの期間

まずモバイルWI-Fiについて見ていく前に、「ドコモ光が開通するまでにどれくらいかかるのか」という点について見ていきましょう。

ここでは、

  • ドコモ光を新規契約の場合
  • 光コラボ回線以外からの乗り換えの場合
  • 転用もしくは事業者変更の場合

の3つのケースに分けて、開通までの期間を解説していきます。

ケース1:ドコモ光を新規契約の場合は開通まで約1ヶ月

新築の家やマンションの場合、ドコモ光の新規契約になります。

新規契約の場合、光ファイバーの引き込み作業等が必要になるため、業者の派遣工事が行われます。

派遣工事は1ヶ月前後
▲新規契約で派遣工事をする場合
開通までおおよそ1ヶ月の期間が必要になる。

業者の混み具合にもよりますが、派遣工事を行う場合の開通期間はおおよそ1ヶ月です。

ただし、3月~5月や10月~12月といったネット回線の契約が混み合う時期に関しては、2ヶ月前後かかることも稀にあります。

基本的には1ヶ月前後で開通できますが、混んでいる時は2ヶ月前後かかるという認識で良いでしょう。

ケース2:光コラボ回線以外からの乗り換えは2週間~1ヶ月

続いては、光コラボ回線以外からの乗り換えの場合です。

例えば、NURO光やauひかり、eo光など、フレッツ光の回線を利用せずに接続している事業者がケース2に当てはまります。

光コラボ回線以外からの乗り換えは、派遣工事がある場合もあればない場合もあるため、開通までにかかる期間は状況次第です。

他社からの乗り換え
▲フレッツ光回線以外からの乗り換えは
導入されている設備の状況次第で期間が変わる。

工事がある場合はケース1と同じく約1ヶ月、工事がない場合は約2週間で開通することができます。

どちらのタイプになるかはNTTが把握してるため、申し込み前に一度電話で確認してみると良いでしょう。

また、簡単な見分け方については別記事で紹介しているため、そちらも合わせて確認してみてください。

「ドコモ光の開通工事ってどういった感じなんだろう…」と工事の前は少し心配になってしまいます。このページでは、ドコモ光の工事内容や工事の流れから、工事にまつわるよくある疑問などを細かくまとめて解説しています。ドコモ光の工事について知りたい方は必見です。

ケース3:転用もしくは事業者変更の場合は2週間

続いては、転用もしくは事業者変更の場合です。

フレッツ光やソフトバンク光、Biglobe光、OCN光など、フレッツ光の回線を利用して接続している事業者がケース3に当てはまります。

こういった光コラボ回線からの乗り換えは、開通工事が不要なことが多いです。

転用・事業者変更は約2週間
▲転用・事業者変更の場合は約2週間。
ネットが使えない期間もなくスムーズ。

開通工事が不要な場合、日程の調整等が必要ないため、開通までの期間も2週間前後とかなり短くなります。

また、転用・事業者変更の場合、ネット回線が利用できない空白期間が生じません。

そのため、モバイルWi-Fiをレンタルする必要もないため、気楽に乗り換えができるでしょう。

「ドコモ光の転用ってお得なの?」と疑問を持っている方も多いと思います。このページでは、フレッツ光からドコモ光へ転用するメリットやデメリット、手続きの方法などを完全解説しました。フレッツ光からドコモ光への転用を検討している人には必見の内容です。

モバイルWi-Fiをレンタルするなら代理店Wizがオススメ

モバイルWi-Fiは代理店Wiz

ドコモ光を新規契約する場合と光コラボ回線以外から乗り換える場合、ネット回線が利用できない空白期間ができてしまいます。

その空白期間を埋めるなら、モバイルWi-Fiのレンタルがベストです。

ただし、ドコモ光の公式サイトなどではモバイルWi-Fiのレンタルを行っていないため、レンタルのサービスを行っている代理店を利用する必要があります。

「代理店って大丈夫なの?」と心配される方もいるかもしれませんが、しっかりとした代理店を選べば公式以上にお得に契約することが可能です。

モバイルWi-Fiのレンタルを行っている代理店から選ぶのあれば、「ドコモ光正規代理店Wiz(ワイズ)」をオススメします。

ドコモ光代理店Wiz(ワイズ)のモバイルWi-Fiレンタルサービス

代理店WizはモバイルWi-Fiレンタルを実施している数少ない代理店の1つです。

ドコモ光が開通するまでのネット回線が利用できない間、無料でモバイルWi-Fi(WiMAX)のレンタルをすることができます。

レンタルするための条件等もないため、誰でも簡単にレンタルすることが可能です。

Wizは無料でモバイルWi-Fiをレンタル
▲代理店Wizでは開通までの間
無料でモバイルWi-Fiをレンタルできる。

ただし、レンタルに当たって以下の点には注意しましょう。

  • 利用中の破損や水濡れによる機器の故障
  • 利用中の機器の紛失
  • 返却忘れや間違い返却

いずれかが起きてしまうと、機器端末代金として「WiMAX:20,000円、LTE対応機器:42,480円」が請求されます。

頻繁に起きるものではないと思いますが、念のため注意しておきましょう。

代理店Wizで実施されているその他のサービスについて

代理店Wizでは、モバイルWi-Fiの無料レンタルに合わせて多くのキャンペーンが実施されています。

  • キャッシュバック最大20,000円
  • 最大10,000dポイントプレゼント
  • 新規申し込みで工事費が無料

これらのキャンペーンも同時に受け取ることができます。

中でも、代理店Wizならではのキャンペーンがキャッシュバックです。キャッシュバック金額は契約する内容によって異なります。

■代理店Wizのキャッシュバック金額
契約内容
キャッシュバック金額
  • ドコモ光
6,000円
  • ドコモ光
  • DAZN for docomo
15,000円
  • ドコモ光
  • ひかりTV for docomo
18,000円
  • ドコモ光
  • ひかりTV for docomo
  • DAZN for docomo
20,000円

最高額の20,000円を貰うためには、ひかりTVやDAZNといった映像サービスの契約が必須になります。

映像サービスが必要な人は合わせて契約してみると良いでしょう。

ドコモ光ワイズ

なお、代理店Wizで実施されているキャンペーンについては、別記事で詳しく解説しているため、そちらをチェックしてみてください。

「ドコモ光のWiz(ワイズ)ってどうなんだろ?」と思っている方向けに、ドコモ光Wizで実施されているキャンペーン内容やメリットとデメリット、プロバイダと比較した時どうなのかを解説しました。Wizから申し込みを検討している人には必見の内容です。

モバイルWi-Fiが必要ない人はプロバイダの申し込みがオススメ

ドコモ光のプロバイダ

「モバイルWi-Fiなくても良いかな…。」という人は、代理店ではなくプロバイダからの契約をオススメします。

代理店もプロバイダも、ドコモ光に申し込む窓口になっている点や、利用するとキャッシュバックなどの特典が貰える点は同じです。

しかし、代理店がユーザーからの申し込みを中継するだけなのに対して、プロバイダは契約から解約までの全サービスを担当してくれます。

それを考えると、より安心して契約を任せられるのはプロバイダでしょう。

全24種あるドコモ光のプロバイダのサービスを比較し、どのように選ぶのがベストかをまとめました。ドコモ光はプロバイダが多く選択が難しいため、気付かぬ間に損してしまう契約をしている人が多いです。このページでは、損しないためのプロバイダ選びを解説していきます。

プロバイダなら顧客満足度1位の「GMOとくとくBB」

プロバイダから申し込むなら、GMOとくとくBBがオススメです。実施されているキャンペーンは以下の通りになります。

  • キャッシュバック最大20,000円
  • 新規開通工事が無料
  • 最大10,000dポイントプレゼント
  • 無線LANルーターの無料レンタル(1万円相当)
  • ドコモ光専用無料訪問サポート
  • セキュリティサービスが1年間無料

中でも人気の特典が、「無線LANルーターの無料レンタル」です。

GMOとくとくBBがレンタルしているルーターは、ドコモ光のプロバイダの中でも最もスペックが高く、その分速度にも期待できます。

実際、速度まとめサイト「みんなの速度」のデータでは、GMOとくとくBBは速度が速いプロバイダとして1位もしくは2位になっていることがほとんどです。

オリコン顧客満足度
▲2019年のオリコン顧客満足度調査で
GMOとくとくBBは1位を獲得している。

また、最低100Mbpsの速度補填など独自の制度なども人気の要因になっており、オリコン顧客満足度調査で1位を獲得しています。

プロバイダからの申し込みを検討している人は、GMOとくとくBBを利用してみてください。

ドコモ光(GMOとくとくBB)

まとめ:ドコモ光のモバイルWi-Fiレンタルについて

今回の記事では、ドコモ光の開通までにレンタルできるモバイルWi-Fiについてまとめました。

約2週間~1ヶ月の期間ですが、「モバイルWi-Fiをレンタルしたい!」という人は代理店Wizの利用を検討してみると良いでしょう。

  • モバイルWi-Fiの無料レンタル
  • キャッシュバック最大20,000円
  • 最大10,000dポイントプレゼント
  • 新規申し込みで工事費が無料

逆に、「モバイルWi-Fiなくても大丈夫かな」という人は、プロバイダからの申し込みがオススメです。

キャンペーンのお得度は代理店と大きな差はありませんが、契約の一部始終を担当してもらえるため、安心して任せることができます。

自分に合った申し込み方法を見つけてみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする