【新プラン対応】ドコモ光のセット割を誰でも分かるように簡単に解説!

ドコモ光のセット割

ドコモ携帯・スマホを利用していれば、ドコモ光契約でセット割が適用されます。

しかし、ドコモ光のセット割はプランごとに金額が異なっており、実際にいくら割引されるかというのが分からなくなる人が非常に多いです。

そこでこのページでは、各プランごとの割引額からセット割のよくある疑問まで分かりやすく解説していきます。

「セット割が分からない!」という人は参考にしてみて下さい。

いくら割引される?ドコモ光セット割の割引料金一覧

ドコモ光セット割の金額は契約しているスマホ・携帯のプランによって変わってきます。

そこで、まずはどのプランを契約していればどの程度割引されるかを『家族でシェアしているタイプ・一人で契約しているタイプ・その他のタイプ(ガラケーなど)』の3つに分けてまとめました。

家族でシェアパックを利用している場合のセット割金額

まずはシェアパックを利用しているケースです。

家族でドコモ携帯・スマホを揃えているような場合は、このプランを契約している可能性が高いですので以下の表を参考に割引額をチェックしてみて下さい。

■ドコモ光のセット割引金額(シェアパック版)
契約プラン名
プランの月額料金
セット割の割引額
ウルトラシェアパック100
25,000円
-3,500円
ウルトラシェアパック50
16,000円
-2,900円
ウルトラシェアパック30
13,500円
-2,500円
ベーシックシェアパック
15GB~30GB
15,000円
-1,800円
10GB~15GB
12,000円
-1,800円
5GB~10GB
9,000円
-1,200円
0~5GB
6,500円
-800円

シェアパックの割引額は、800円~3,500円とかなり幅が広くなっています。

なお、シェアパックの割引が適用されるのは利用しているユーザー全員ではなく、シェアパックを契約している代表者の携帯・スマホのみです。

シェアされている携帯・スマホ(子回線)からは割引されませんので注意してください。

下の画像は簡単な一例です。

ドコモ光セット割

稀に「セット割を利用しているのにドコモ光の料金が安くならない…。」と言う人がいますが、安くなるのはネット回線ではなく代表者のスマホ・携帯です。

勘違いされる方もいますので、しっかりと確認しておきましょう。

一人でデータパックを利用している場合のセット割金額

続いては、個人でデータパックを利用している人向けです。

1人暮らしで携帯を揃えていない方や家族でもあまり容量を使わない人は、このプランを契約している可能性がありますのでチェックしてみて下さい。

■ドコモ光のセット割引金額(データパック版)
契約プラン名
プランの月額料金
セット割の割引額
ウルトラデータLLパック(30GB)
8,000円
-1,600円
ウルトラデータLパック(20GB)
6,000円
-1,400円
ギガホ(新プラン)
6,980円
-1,000円
ベーシックパック
5GB~20GB
7,000円
-800円
3GB~5GB
5,000円
-800円
1GB~30GB
4,000円
-200円
0~1GB
2,900円
-100円
ギガライト(新プラン)
5GB~7GB
5,980円
-1,000円
3GB~5GB
4,980円
-1,000円
1GB~30GB
3,980円
-500円
0~1GB
2,980円

データパックの割引金額は0円~1,600円と幅が広いです。

データパックのセット割はシェアパックと違って複雑ではなく、ドコモ光の契約者と同じ契約者のスマホ・携帯端末からセット割分の料金が割引されます

例えば家族全員がそれぞれドコモ光のデータパックを利用しているという状況で、父がドコモ光を契約したとすると、父のスマホ・携帯から金額が割引されるといった形です。

シェアパックと同じく、割引されるのは携帯・スマホからであることがポイントになります。

ギガホ・ギガライトのセット割
▲2019年6月1日から開始される
ギガホ・ギガライトにもセット割がある。

なお、6月1日よりスタートする『ギガホ・ギガライト』のセット割も発表されています。

新しいプランを契約しようと考えている人は、合わせて見ておくといいかもしれません。

その他のタイプ(旧プラン)を利用している場合のセット割金額(期間限定)

上で紹介したプラン以外でもセット割を受けることはできます。

残りで受けられるプランは、ガラケーを利用している人や旧プランを利用している人向けになりますので、そういったプランを利用している人は確認しておきましょう。

・Xi総合プラン
・Xiデータ通信専用プラン
・FOMA総合プラン
・FOMA従量データプラン/FOMA定額データプラン
・料金プラン(らくらくパック、データSパック、ケータイパック、パケットパックなし)

これらのプランを利用している場合のセット割金額は、統一して500円になっています。

また、旧プランのセット割は特殊な要素が2つあります。

『ドコモ光から割引されること』『セット割に最大12ヶ月の期間があること』です。

ここまで紹介した2つのセット割(家族でシェア・個人データプラン)はいずれも『携帯・スマホからの割引・契約している間永年適用』になっていますが、旧プランのセット割は違います。

旧プランは、『ドコモ光から500円割引される・契約から最大12ヶ月(解約したらその時点で終了)まで適用』になっていますので、利用する人は正確に覚えておきましょう。

ドコモ光のセット割はネット回線1つにつきスマホ・携帯が1つ対応

ドコモ光のセット割を受けるには、ペア回線を設定する必要があります。

ペア回線とは、ドコモ光と紐づけしたドコモ携帯・スマホのことです。

ドコモペア回線
▲ドコモ光に設定できるペア回線は
ドコモ光1回線に対して1つの携帯・スマホのみ。

ドコモ光を契約する際に、ドコモ携帯・スマホの電話番号・セキュリティコードなどを入力する手続きがあり、ここで入力した電話番号の携帯・スマホがペア回線の対象になります。

そして、セット割の割引が適用されるのがペア回線契約した携帯・スマホです。

家族でドコモ携帯・スマホを利用している人は、最大限お得にセット割を適用できるように最も割引金額が大きくなるプランを契約している携帯・スマホをペア回線にしましょう。

家族でシェアパックを利用している人は、代表回線に当たる人をペア回線に。
家族がそれぞれ個別のデータパックを利用している場合は、一番割引額が高くなる携帯・スマホをペア回線に。
すると、最大限お得にセット割を利用できます。

シェアパック子回線が2つ目のドコモ光を契約する時は『光★複数割』が適用

シェアパック子回線の人がドコモ光を契約した場合は、『光★複数割』が適用されます。

例えばこれに当てはまるケースは、シェアパックを利用している家族の子供が1人暮らしをしていて新しくドコモ光を開通するような場合です。

ドコモ光★複数割

この場合、代表回線の携帯・スマホから300円割引されます。

子回線に当たる人がドコモ光を契約したとしても、割引されるのは代表回線に当たる人の携帯・スマホになりますので、覚えておきましょう。

仮に子回線が3回線以上契約する場合も、同じく光★複数割が適用されます。
しかし、複数のドコモ光を契約する場合は、個別のデータプランでセット割を受けた方がお得になる可能性もありますので、その都度確認することをオススメします。

どのプロバイダでも割引額は同じだがドコモ光ミニは金額が低くなる

ドコモ光の契約には、いくつかのプラン(タイプ)があります。

契約するプランによって利用できるプロバイダなども変わってきますが、原則どのタイプ・プロバイダを契約したとしてもセット割の割引金額は変わりません

ただし、例外的にドコモ光ミニはセット割の金額が100円~500円と控えめになります。

ドコモ光ミニはほとんどインターネットを利用しない人向けのプランになるため、大勢の人にオススメのプランとは言えませんが、利用する人は覚えておきましょう。

各タイプごとの契約やプロバイダについては、別記事「ドコモ光のタイプ別料金とプロバイダについて」でも解説していますのでチェックしてみて下さい。

かなり分かりずらいドコモ光の月額料金やセット割についてを分かりやすくまとめました。ドコモ光の料金は多くのネット回線でもかなり分かりずらいです。「結局いくらかかるか知りたい!」という人でも分かるように実際の例などを挙げながらドコモ光の料金を解説していきます。

セット割と混合しがちな『ドコモ光ずっと割プラス』について

ドコモ光のセット割と混合しがちなのが、『ドコモ光ずっと割プラス』です。

多くのサイトでドコモ光セット割とドコモ光ずっと割プラスを混合しているため、同じようなものだと勘違いしてしまう人も多いですが、これらは全くの別物になります。

セット割は携帯・スマホとネット回線を合わせることで発生する割引ですが、ずっと割プラスは、ドコモ(携帯・ネットなどを問わず)を長期間利用している人向けの割引サービスです。

要するに『ドコモをずっと使ってくれてありがとう割引』です。

ちなみに、ドコモずっと割プラスは5つのステージから構成されています。

ドコモずっと割プラス

それぞれのステージは『ドコモを利用している期間』や『獲得したdポイント数』によって分けられ、ステージが高いほど割引の待遇も良くなっていきます。

※コラム
dポイントはドコモ料金の支払いや後述するdカードを利用することで貯められます。
dカードを利用することである程度効率よく貯めることは出来ますが、ステージ4やステージptまで行くにはかなりの費用が必要です。

ドコモずっと割プラスのステージ別割引金額

ドコモずっと割プラスの割引金額は以下の通りです。

ステージ別割引金額

ドコモずっと割プラスは、割引以外にもdポイントで受け取ることも可能です。

dポイントで特典を受ける場合は割引金額×1.2倍のポイント(ウルトラシェアパック100の2,500円割であれば3,000pt)を付与されるため、少しだけお得になっています。

また、2019年6月から開始される『ギガホ・ギガライト・ケータイプラン』を利用している人は、ドコモずっと割プラスではなく『ずっとドコモ特典』が適用されます。

ずっとドコモ特典の内容は、先ほど紹介したステージに応じたdポイントプレゼントです。

■ずっとドコモ特典の内容
所属ステージ ポイント数
プラチナステージ 3,000pt
4thステージ 2,000pt
3rdステージ 1,500pt
2ndステージ 1,000pt
1stステージ 500pt

それぞれのステージに応じたdポイントが、毎年の誕生日月にプレゼントされます。

ドコモずっと割プラスは毎月の割引(dポイントプレゼント)でしたが、ずっとドコモ特典は年に1度のポイントプレゼントになるため、お得度は少し低めと言えるでしょう。

また、ドコモ光のセット割と同じく、シェアパックを利用している場合の割引は代表回線の携帯・スマホからになります。

全員から割引されるわけではないという点に注意しましょう。

ドコモのdカードを利用すると支払いの10%が還元される

ドコモ携帯・スマホやドコモ光を利用する際にオススメしたいのが『dカード GOLD』です。

dカードは、同じくドコモが販売しているクレジットカードで、ドコモに関わる料金(携帯代やインターネット代)の支払いに対して10%の還元を得られるカードになります。

dカードは年会費として10,000円が必要ですが、毎月ドコモに10,000円以上支払っているような人であれば、年間12,000pt以上は貰えるためトータルに見るとお得です。

dカードGOLD
▲会員数500万人を超えるdカード。
ドコモユーザーなら価値はかなり高い。

それ以外にも、ドコモユーザーが携帯を紛失・故障した時に最大10万円の補填が出たり、電子決済にも対応していたりと、かなり有効活用することができます。

なお、期間限定で最大15,000ptのプレゼントキャンペーンも実施しています。

このキャンペーンを利用するだけでも1年間分の年会費を浮かすことも出来ますし、ドコモの料金を支払うこともできますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

ドコモ光セット割に関するFAQ

ここからは、ドコモ光でよくある疑問をいくつか紹介していきます。

ドコモ光セット割の適用条件と適用されなくなるタイミングはいつ?

ドコモ光セット割が適用される条件はペア回線になる携帯・スマホを設定することです。

ペア回線を設定することで、セット割が自動的に適用され割引が開始されます。

逆に、セット割が適用されなくなる条件としてはペア回線の携帯・スマホを解約するもしくはドコモ光を解約するのいずれかが行われた場合です。

ポイントは、ペア回線が無くなった時点でセット割が解消されることになります。

例えば、ペア回線になっている携帯・スマホは解約したが残りの家族はドコモを使っているといった場合は、再度ペア回線の設定を行わないとセット割は適用されません。

ペア回線の変更などは、ドコモショップもしくはドコモ光インフォメーションセンターで出来ますので、忘れずに手続きをするようにしましょう。

【ドコモ光のインフォメーションセンター】
受付時間:9:00~20:00(年中無休)
ドコモの携帯電話から繋げる場合:151
固定電話orその他の携帯電話から繋げる場合:0120-800-000

ドコモ光のセット割は格安SIM(MVNO)には対応している?

現在ドコモ光のセット割は格安SIMには対応していません

「ドコモ回線の格安SIMならセット割が使えるかも…!」と思う方もいるかもしれませんが、利用できませんので注意してください。

ドコモの携帯プランを変更したらセット割はどうなりますか?

ドコモの携帯プランを変更した場合、自動的にセット割の割引金額も変更されます。

別途申し込みなども必要なく、プランを変更した月からセット割の金額も安くなりますので、特に心配はいらないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする