ドコモ光への転用はお得?メリットや料金、手続き方法などを完全解説!

ドコモ光への転用方法を解説

ドコモ光への乗り換えを検討している人は「転用」がおすすめです。「転用」は新規契約とは異なり、初期工事費が無料になるといったのメリットがあり、元々あるドコモ光のメリットに加えて大変お得になります。

ただ、全ての人が「転用」でドコモ光に加入できるわけではなく、手続きが行えるのは条件を満たした人だけです。
今回は「転用」とは何かという部分から解説し、ドコモ光に「転用」で乗り換えるメリットを詳しくまとめていきます。

ドコモ光の3つの加入方法「新規」「事業者変更」「転用」

ドコモ光の3つの加入方法

ドコモ光の加入方法には「新規」「事業者変更」「転用」という3つの形式があります。

それぞれの違いについては下記の通りです。

  • 新規:他社回線からの乗り換え
  • 事業者変更:光コラボからドコモ光へ乗り換え
  • 転用:フレッツ光からドコモ光への乗り換え

「フレッツ光→ドコモ光」を「転用」、「別の光コラボ→ドコモ光」を「事業者変更」、その他の乗り換えや新規加入を「新規」といった感じで覚えるといいでしょう。

ただ、ここで聞き慣れない言葉が出てきました。
「転用」について正しく理解するために、まずは「光コラボ」について解説していきます。

『光コラボ』はNTTの光ファイバーを利用したサービス!

「光コラボ(光コラボレーション)」は、NTT東日本/西日本が実施するネット回線「フレッツ光」の回線設備を各ネット事業者が借り受け、独自のサービスを提供するという形です。

「ドコモ光」や「ソフトバンク光」はそれぞれ別の事業者が提供するネットサービスではありますが、回線設備は同じ「フレッツ光」から借り受けたものを使用しています。

光コラボの仕組み画像
▲光コラボの簡単な仕組み。

光コラボの仕組みとしては、設備の提供を「フレッツ光」が行い、サービスの販売を「別の事業者」が行うというサービスです。事業者ごとに料金やキャンペーンなどで差別化を図っており、さまざまな種類からネット回線を選ぶことができます。

ちなみに、光コラボ以外の回線としては独自回線のNURO光やauひかり、電力会社が提供するネット回線(eo光やコミュファ光)などがあります。

これらの回線は、「事業者変更」や「転用」といった回線の切り替えが出来ませんので、頭の片隅に置いておくと良いかもしれません。

『転用』ではネット回線の開通工事費が0円になる!

「フレッツ光」から「光コラボ」への乗り換えを「転用」と呼びましたが、光コラボではフレッツ光の回線設備を借り受けているため、新しく乗り換えたネット回線でもフレッツ光の設備をそのまま使い回すことになります。

そのため、新たに開通工事を行う必要がなく、初期工事費が無料になることが多いです。

一般的な新規契約だと回線設備を設置するために工事が必要となり、サービスによって20,000円~30,000円の初期費用がかかってしまいます。

転用の場合は開通工事が無料
▲転用をする場合はほとんどのケースで
開通初期工事費が無料になる。

「転用」であれば、これらの初期工事費が0円になるので大変お得に新しいネット回線に乗り換えることができるのです。

ただし転用の場合でも、品目変更(最大速度の変更)を行う際には7,000円前後の工事費が別途発生することがありますので、覚えておくと良いでしょう。

フレッツ光からドコモ光へ「転用」する手続き方法を解説

ドコモ光への転用

では、フレッツ光から光コラボの「ドコモ光」へ「転用」で加入する方法を詳しく解説していきましょう。

事前に用意するものから、手続き方法、発生する初期費用、利用開始までの流れまで詳しく見ていきます。

ドコモ光転用の前にやるべき3つの事前準備

転用の手続きを行う前に3つの事前準備が必要となります。

  1. 転用承諾番号の取得:NTT東日本はこちら/NTT西日本はこちらから取得できます。
  2. プロバイダの確認:フレッツ光で使用していたプロバイダをそのままドコモ光で使うor別のプロバイダに切り替える
  3. オプションサービスの確認:フレッツ光で利用中のオプションサービスの確認

3つありますが、実際転用をするために必要な情報は「転用承諾番号」のみです。

プロバイダの情報やオプションサービス加入の確認は、乗り換え時に役に立つ情報になるため、しておいて損はありません。

そのため、余裕がある人はしておくと良いでしょう。

必要な費用は契約手数料3,000円のみ

ドコモ光への転用には「契約事務手数料:3,000円(税抜)」が必要となります。
こちらは新規でも事業者変更でも同額です。

また、初期工事費に関しては転用なので0円です。

ただし先述した通り、転用で品目変更を行う場合は別途工事費が必要になりますので、その点だけ注意しておくようにしましょう。

ドコモ光利用開始までの4つのステップ

ドコモ光への申し込みから利用開始までの流れをまとめていきます。

  1. ドコモ光への申し込み:オンラインからはこちらから申し込みができます。
  2. 必要書類の受け取り:「開通のご案内」などの必要書類を受け取る
  3. ドコモ光への切り替え:プロバイダを切り替える場合は、ルーターやパソコン、プロバイダの再設定を行う
  4. 利用開始

新規契約のように開通工事などの手間が必要ない分、申し込みからより短い期間で利用開始できます。

申し込みから利用開始までに要する期間は概ね2週間程度です。

ドコモ光の転用は工事が速い
▲転用は通常の新規開通よりも
早く利用できるようになる。

各自で行う切り替えの作業も難しいものではありませんので、恐らくサクッとドコモ光に乗り換えることが可能でしょう。

なお、申し込みに関しては後ほど紹介する「プロバイダ経由の申し込み」の方がお得になりますので、申し込みをする際はそちらからすることをオススメします。

ドコモ光へ「転用」する4つメリット

ドコモ光へ転用するメリット

「転用」のメリットの1つに「工事費が無料になる」というのが挙げられますが、それに加えてドコモ光への転用にはさまざまなメリットがあります。

ドコモ光のメリットを理解して、どこまでお得になるか把握していきましょう。

メリット1:ドコモのスマホでセットでお得な割引が受けられる

ドコモ光ではドコモのスマホとセットで利用すると受けられる「セット割」が用意されています。
月々の通信費がさらにお得になるので見逃すわけにはいきません。

ドコモ光のセット割の対象プランや割引額は以下の通りです。

■ドコモ光のセット割引金額
契約プラン名
セット割の割引額
ウルトラシェアパック100
3,500円
ウルトラシェアパック50
2,900円
ウルトラシェアパック30
2,500円
ベーシックシェアパック
15GB~30GB
1,800円
10GB~15GB
1,800円
5GB~10GB
1,200円
0~5GB
800円
ウルトラデータLLパック(30GB)
1,600円
ウルトラデータLパック(20GB)
1,400円
ギガホ(新プラン)
1,000円
ベーシックパック
5GB~20GB
800円
3GB~5GB
800円
1GB~30GB
200円
0~1GB
100円
ギガライト(新プラン)
5GB~7GB
1,000円
3GB~5GB
1,000円
1GB~30GB
500円
0~1GB

割引額は契約プランによって異なりますが、長期的に考えると大きな差になってきます。

そのため、ドコモ携帯・スマホを利用している人は、ドコモ光へ転用することで金額的な大きなメリットを受けられると言えるでしょう。

メリット2:ドコモ光の方がフレッツ光より月額料金が安い

月額料金でも安いのはフレッツ光よりもドコモ光です。毎月の通信費を抑えたいと思っている人はぜひドコモ光へ転用してみましょう。

各サービスの月額料金は以下のようになっています。

●ドコモ光とフレッツ光の月額料金
ドコモ光 フレッツ光ネクスト
月額料金(戸建て) 5,200円 5,400円
月額料金(マンション) 4,000円 3,050円〜4,050円
別途プロバイダサービス月額利用料がかかります
通信速度 最大1Gbps 最大1Gbps

マンションの月額料金ではフレッツ光の方が安いように見えますが、実はフレッツ光ではプロバイダの利用料金が回線と別になっており、表記されている料金に加えて+800円程度の月額料金が必要となります。

ドコモ光は回線とプロバイダ料金がセットになっているので、そう考えると料金的に安いのは「ドコモ光」です。

携帯・スマホのセット割と合わせて月額料金でも安くなるため、ネットの料金を抑えたいなら転用を検討すると良いでしょう。

メリット3:通信速度が速くなることがある

続いては、通信速度に関してです。

まずは、ドコモ光とフレッツ光の実測値を通信速度計測サイト「みんなのネット回線速度」から比較していきます。

●ドコモ光とフレッツ光の実測値
ドコモ光 フレッツ光ネクスト
下り平均速度 154.35Mbps 152.78Mbps
上り平均速度 139.27Mbps 123.89Mbps

※2019年10月31日時点

平均的な通信速度に関しては、共に同じぐらいです。

ただ、ドコモ光に関してはプロバイダ「GMOとくとくBB」を選んだ場合、下り平均速度が208.16Mbps(みん速より:2019年10月31日時点)まで上がります。

それを考えると、速度が出るプロバイダを選んだ場合は、ドコモ光の方がより速い速度を期待できるでしょう。

メリット4:プロバイダから申し込むことでキャッシュバックが貰える

ドコモ光への加入でプロバイダを「GMOとくとくBB」にすると最大20,000円のキャッシュバックが受けられます。

20,000円のキャッシュバックを受け取るには「ドコモ光」に加えて「ひかりTV for docomo」「DAZN for docomo」への加入が必須となるのですが、ドコモ光単体でも5,500円のキャッシュバックがゲット可能です。

その他にも魅力的なキャンペーンが盛り沢山となっています。

  • 5,500円〜20,000円キャッシュバックキャンペーン(プロバイダ限定)
  • ドコモ光専用無料訪問サポート(プロバイダ限定)
  • 高性能Wi-Fiルーター(1万円相当)無料レンタル(プロバイダ限定)
  • セキュリティソフトMcAfeeが12ヶ月無料(プロバイダ限定)

プロバイダが異なるだけでお得さが段違いになるので公式サイトだけではなくプロバイダ独自のキャンペーンも必ず確認しておきましょう。

ドコモ光GMOとくとくBB

ドコモ光へ「転用」する2つのデメリット

ドコモ光デメリット

ドコモ光への転用に関するデメリットも見ておきましょう。
メリット・デメリット両方を理解して後悔のないネット回線選びを行うのが重要です。

デメリット1:プロバイダの再設定が必要

フレッツ光からドコモ光への転用の際、加入していたプロバイダを変更する場合、ルーターやパソコンなどの設定変更を行う必要があります。

分かりやすい手順が記載された書類が送られてきますが、「機械に全然詳しくない…」という人は再設定の手順に少し手こずってしまうかもしれません。

どうしても不安な人は、先ほど紹介したGMOとくとくBBの特典「ドコモ光専用無料訪問サポート」などを活用して対処すると良いでしょう。

プロバイダのメールアドレス
▲プロバイダのメールアドレスが
使えなくなる点にも注意!

また、フレッツ光で利用していたプロバイダのメールアドレスなども利用できなくなります

プロバイダによっては月額300円前後で継続利用できることもありますが、出来れば別のメールアドレスへの転送手続きなどを行っておくと良いです。

デメリット2:必ずしも通信速度が上がるわけではない

実測値でも大きな差は見られませんでしたが、転用することで通信速度がアップするわけではありません。

もちろん上がる可能性はあるのですが、基本的に回線設備はフレッツ光が持っているものを使い回しているため、技術的に優れているといったことはないからです。

ドコモ光の通信速度
▲ドコモ光に切り替えても
通信速度が速くなるとは限らない。

また、同じマンション内や建物の立地、近隣住民が同じプロバイダを利用しているなど、ネット回線の種類に関わらず通信速度が上がらない要因も考えられます。

ただ先述した通り、プロバイダによっては速度が速くなる可能性も高いため、しっかりとしたプロバイダを選ぶと良いでしょう。

ドコモ光の「転用」は契約から8日以内のキャンセルが可能!

ドコモ光のクーリングオフ

確認事項に漏れがあった場合や加入後イメージと違っていたなどという場合には、「初期契約解除制度」を利用したキャンセルが可能です。

ドコモ光では「転用」で申し込みを行い「ドコモ光契約申込書」を受領した日から数えて8日以内であれば、書面によって契約を解除することができます。

この制度を利用すると違約金などを支払うことなくドコモ光の解約をすることが可能です。

ただし、フレッツ光導入時の残債工事や次のネット回線の保証がないことなどの注意点もありますので、しっかりと確認した上で利用するようにしましょう。

ドコモ光の転用をするならGMOとくとくBBがオススメ!

ドコモ光GMOとくとくBB

フレッツ光からドコモ光へ転用するときに忘れてはいけないのが「プロバイダにGMOとくとくBBを選ぶ」ことです。

繰り返しになりますがGMOとくとくBBから加入するだけでこれほどのキャンペーン特典が受け取れます。

  • 5,500円〜20,000円キャッシュバックキャンペーン(プロバイダ限定)
  • ドコモ光専用無料訪問サポート(プロバイダ限定)
  • 高性能Wi-Fiルーター(1万円相当)無料レンタル(プロバイダ限定)
  • セキュリティソフトMcAfeeが12ヶ月無料(プロバイダ限定)

これらはプロバイダ限定のキャンペーンなので必ず覚えておくようにしましょう!

まとめ:フレッツ光からの「転用」でお得にドコモ光を始めよう!

フレッツ光からドコモ光への乗り換え「転用」について詳しく解説していきました。

転用によってドコモ光に加入すると初期工事費が無料になるというメリットがあり、その他月額料金やキャンペーンなどでもお得になります。フレッツ光から他社への乗り換えを検討している人はぜひ転用でドコモ光へ加入してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする