ドコモ光の家電量販店キャンペーンを徹底調査!契約はアリ?ナシ?

ドコモ光の家電量販店まとめ

ドコモ光を家電量販電申し込む際に「本当に家電量販店の申し込みはお得なのかな?」「このまま契約しても大丈夫かな?」と心配になる方は多いのではないでしょうか。

実は家電量販店でのドコモ光申し込みはメリットもある分デメリットもあり、一概にオススメできる申し込み方法とは言えません。

そこでこのページでは、家電量販店で申し込みを行うメリットとデメリット、実際に行われているキャンペーンや申し込む際の注意点などをまとめました。

ドコモ光の申し込みを検討している人は参考にしてみて下さい。

【結論】家電量販店での申し込みはあまりオススメできない

ドコモ光の家電量販はオススメできない"

先に結論から言うと、家電量販店での申し込みはあまりオススメできません

まず、ドコモ光には大きく2つの申し込み方法があります。

  • ネット上からドコモ光を申し込む方法
  • 店舗に訪れてドコモ光を申し込む方法

いずれの方法で申し込みを行っても利用するドコモ光のサービスに違いはありませんが、少しでもお得に契約するなら『ネットからの申し込み』がベストです。

それぞれの申し込み方法の大きな違いは、契約時のキャンペーンにあります。

例えば、家電量販店からの申し込みでは5,000円の商品券しか貰えないのに、ネットから申し込みをすると『15,000円のキャッシュバック+ルーターの無料レンタル+セキュリティソフトが無料で使える』などの特典が適用されるといった感じです。

ドコモ光申し込むならネット
▲ドコモ光の申し込みをするなら
家電量販店よりネットがオススメ。

それを考慮すると、お得に契約できるのはほぼ間違いなくネットからの申し込みになります。

とはいえ、もちろんネット家電量販店から申し込むメリットもありますし、逆にネットから申し込むデメリットもありますので、ここからはそれらの点について細かく見ていきましょう。

ヤマダ・ビック・エディオンなど!大手家電量販店のキャンペーンまとめ

家電量販店一覧

まずは、それぞれ大手の家電量販店がどのようなキャンペーンを実施しているかをチェックしていきます。

先に1つ言っておくと、家電量販店で行われているドコモ光のキャンペーンは店舗の場所や申し込みの時期によって内容が大きく変化していく傾向があります。

そのため、ここで紹介するキャンペーンが自分の近くのお店と一致するとは限りません。

もちろんキャンペーン内容が被っている可能性もありますので、気になる方は一度家の近くの家電量販店を訪れてみると良いでしょう。

ちなみに、ここで紹介するキャンペーンのほとんどは、内容が良いタイミングのモノです。

それでは具体的なキャンペーン内容を見ていきましょう。

ヤマダ電機のドコモ光キャンペーン

まずは、日本でも最も店舗数があるヤマダ電機(LABI)です。

ヤマダ電機で行われいるドコモ光のキャンペーンについては、以下のような実際の口コミを見つけることができました。

この口コミでは、ドコモ光+ひかりTVの契約で商品券4万円が貰えたそうです。

商品券以外のキャンペーン(工事費無料キャンペーンやdポイントプレゼントなど)が適用されているかどうかは分かりませんが、4万円の商品券はかなり豪華な内容になります。

もし仮に工事費無料キャンペーンなどが適用されつつ4万円のキャッシュバックが貰えているのであれば、ネットで申し込みをするよりもお得です。

ただし、現金ではなく商品券という使用用途が決められている形式で渡されるのは、少しイマイチな点と言えるでしょう。

また、テレビを見る人であれば問題ありませんが、ドコモ光だけでなく光TVの契約も必須であるというのは、少し手を出しずらい要因になるのではないでしょうか。

とはいえ、総合的には豪華なキャンペーンと言えるでしょう。

エディオンのドコモ光キャンペーン

続いては、ドコモ光のプロバイダでもあるエディオンです。

エディオンで行われているドコモ光のキャンペーンとしては、以下のような口コミを見つけることができました。

この口コミでは、合計21,000ptのエディオンポイントが貰えたそうです。

エディオンに関しては他にもいくつか口コミを見つけましたが、いずれの口コミも基本的に20,000pt前後のエディオンポイントを付与するというものでした。

ヤマダ電機と同じく、このポイント以外の特典が追加されているかどうかは分かりませんが、この口コミを見る限りキャンペーン内容はイマイチと言えます。

エディオンポイントで配布されるため利用手段が少ないという点、そして金額も高いとは言えない点(詳しくは後ほど紹介します)がデメリットです。

総合的には、よくある家電量販店のキャンペーンと言えるでしょう。

ケーズデンキのドコモ光キャンペーン

続いては、同じく大手のケーズデンキです。

ケーズデンキで行われているドコモ光のキャンペーンとしては、以下のような口コミを見つけることができました。

この口コミでは、ケーズデンキのキャッシュバックは1万円になっています。

dポイントについても触れているため、ドコモ光の公式が実施していた『ドコモ光契約で〇万ptプレゼント』というキャンペーンも適用されていると考えられます。

それを考えても、ケーズデンキのドコモ光キャンペーンは普通です。

ネットで申し込みをする場合、おおよそのキャッシュバック相場が15,000円になっていますので、10,000円というキャッシュバックは少し控えめと言えます。

総合的には、少しイマイチなキャンペーンと言えるでしょう。

ビックカメラのドコモ光キャンペーン

続いては、最大手でもあるビックカメラです。

ビックカメラで行われているドコモ光のキャンペーンとしては、公式アカウントで以下のような情報を見つけました。

ビックカメラでは、期間限定でキャンペーンが行われているそうです。

工事費無料はドコモ光の公式サイトに合わせて実施しているように思えますが、後半のビックカメラ商品券やdポイントなどは時期によって変わるらしく、合わせて2万円になっていることもありました。

2万円のタイミングであればイマイチですが、3万円のタイミングであれば他の家電量販店よりも多く、ネット申し込みと同程度の内容になっています。

ただし、『当社指定商品購入時』という文言が少し気になる点です。

決められた商品を購入しないと最大分の金額が貰えないのであれば、キャンペーンとしてはイマイチと言っても良いでしょう。

コジマ電気のドコモ光キャンペーン

最後に紹介するのは、コジマ電気です。

コジマ電気で行われているドコモ光のキャンペーンとしては、以下のような口コミを見つけることができました。

口コミによると、コジマ電気では現金1万円のキャッシュバックが貰えたそうです。

内容的にはケーズデンキと同じような仕組みになっていると思われますので、ドコモ光のキャンペーンとしてはイマイチと言えるでしょう。

各家電量販店のキャンペーンをまとめた人の口コミ

中には、各家電量販店のキャンペーン情報をまとめた人もいました。

以下実際の口コミです。

ここまで紹介してきたキャンペーン情報と内容が異なっているのは、冒頭でも紹介した通り、申し込む地域や時期によって実施されているキャンペーンが異なるからです。

とはいえ、家電量販店のキャンペーンはおおよそ5千円~2万円が相場と言えます。

家電量販店でドコモ光を申し込む際の注意点

ドコモ光を家電量販店で申し込むデメリット

時期や地域によっては、そこそこ豪華なキャンペーン内容になる家電量販店ですが、申し込みの際に気を付けなければならない点が3つあります。

  • 不必要な有料オプションに契約していないか
  • 契約内容をしっかりと確認しておく
  • 契約するためにそこそこの時間が必要になる

それぞれの注意点について、簡単に見ていきましょう。

注意点1:不必要な有料オプションに契約していないか

1つ目に注意したいのが、有料オプションについてです。

必ずそうなっているとは限りませんが、契約時に有料オプション加入数が多ければ多いほど、家電量販店へのインセンティブ(報酬)は多くなると言われています。

そのため、販売店によっては有料オプションの加入を無駄に多く勧めてくることがあります。

仮に有料オプションの加入を催促されたとしても、流れで不要なオプションを契約しないように気を付けましょう

特に「最初の月は無料で使えるので利用してみて下さい」といったニュアンスで勧められた場合でも、不要なオプションは断ることをオススメします。

解約忘れで数年後に気付いてしまうというケースも良くありますので、注意してください。

注意点2:契約内容をしっかりと確認しておく

基本的にどの家電量販店でもほとんどの店員さんがしっかりと説明してくれますが、中には必要な情報を全て話さない店員さんもいます

以下の口コミはまさにそういったケースです。

契約した後に「こんな話聞いてないから解約したい…。」と思っても、解約金などが必要になるため、無料で解約できるケースはほとんどありません。

そういったことを避けるためにも、契約時に見せて貰える契約内容(契約書)はしっかりと隅から隅まで確認してから申し込むようにしましょう。

注意点3:契約するためにそこそこの時間が必要になる

これは注意点というよりはデメリットになるかもしれませんが、店頭でネット回線の契約をしようと思うとそこそこの時間が必要になります。

特に休日や祝日は待ち時間も長くなりがちです。

そのため、スムーズに契約することはあまりできません

また、タブレットの契約や固定電話の契約など、ネット回線以外の営業をされることも少なくないため、中には鬱陶しく感じてしまう人もいます。

そういったことを考えると、インターネットで契約した方がよりスムーズに快適に契約することができると言えるでしょう。

家電量販店の申し込みは『直接説明が聞きたい人』にオススメ

ドコモ光を家電量販店で申し込むメリット

ここまで家電量販店でドコモ光を申し込む注意点(デメリット)を見てきましたが、逆に家電量販店で申し込みを行うメリットもあります。

それは、プロの人から直接説明が聞けるという点です。

「ネットに詳しくなくて全然分からない…」「電話よりも直接説明が聞きたい」といった人にとっては、現場の有識者から意見が聞けるのは大きなメリットと言えるでしょう。

もちろんこのメリットだけであればドコモショップでも構いませんが、別記事「ドコモ光をドコモショップで契約するのはNG!お得な申し込み先はどこ?」で紹介している通り、ドコモショップはキャンペーンの内容がイマイチなことが多いです。

そのため、ドコモショップよりは家電量販店をオススメします。

ドコモ光のアドバイス
▲家電量販店から申し込みをすることで
現場のプロからアドバイスを貰える。

ただし、家電量販店でも店員さんに当たりハズレがあります

1から10まで教えてくれる店員さんが対応してくれることもあれば、そもそもネット回線に詳しくなかったり、必要な情報を教えてくれない店員さんに当たってしまうこともあります。

心配な人は一度説明を受けて、その場で契約せず一度家に帰りましょう

家に帰ってから再検討することで、営業に流されることなく自分が納得できる契約ができるようになるでしょう。

お得に契約したい人はネットからプロバイダ経由で申し込むのがベスト

ドコモ光の申し込みポイント

家電量販店でドコモ光を申し込むのも良いですが、一番オススメの方法はネットからプロバイダ経由で申し込みを行う方法になります。

契約するプロバイダを前もって決めておく必要はありますが、申し込みの楽さやキャンペーンの豪華さを重視するのであれば、ネットから申し込みを行うのがベストでしょう。

なお、キャンペーンの豪華さは契約するプロバイダによって大きく異なります。

特に大きなキャンペーンをしていないプロバイダもあれば、キャッシュバックやルーターの無料レンタル、セキュリティソフトの無料提供などをしているプロバイダもあります。

そのため、ネットで申し込みをする場合プロバイダ選びが重要です。

プロバイダのキャンペーンや特徴については別記事「多くの人が損する?ドコモ光プロバイダ全25種の比較と選び方を解説!」で解説していますので、参考にしつつプロバイダを選択してみて下さい。

ドコモ光の人気プロバイダ『GMOとくとくBB』がオススメ

ドコモ光の中でもオススメのプロバイダがGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBでは以下のようなキャンペーンが行われています。

ドコモ光GMOとくとくBBキャンペーン
  • キャッシュバック5,500円~20,000円
  • 2,000dポイントプレゼント
  • 新規開通工事費最大18,000円無料
  • 高性能ルーターの無料レンタル(10,000円相当)
  • セキュリティソフトMcafeeが1年間無料
  • ドコモ光の訪問サポートが紹介無料

特に魅力的なのが、高性能ルーターの無料レンタルです。

GMOとくとくBBでレンタルできるルーターは他のプロバイダでレンタルできるルーターと比べてかなり性能が高く、それ故に速度が出やすくなっています。

それもあってか、GMOとくとくBBは速度にかなりの定評があるプロバイダとして有名です。

ドコモ光の訪問サポート
▲訪問サポートも無料でできるため
ネットに詳しくない人でも安心。

また、ドコモ光の訪問サポートを利用することで機器の初期設定や接続設定を無料でしてもらえるため、ネットに詳しくない人でも安心して契約することができます

キャンペーンの満足度も高く、万人にオススメできるプロバイダですので、気になる方は公式サイトや別記事「ドコモ光のGMOとくとくBBを徹底解説!特徴や口コミから分かる評判は?」をチェックしてみて下さい。

まとめ:家電量販店でのドコモ光申し込みについて

このページでは、家電量販店でドコモ光を申し込むメリットとデメリットや実際に行われているキャンペーンの内容について解説しました。

結論をまとめると以下の通りです。

【家電量販店で申し込むメリット】

  • ドコモ光に関して直接説明を受けられる

【家電量販店で申し込むデメリット】

  • 不必要なオプションを契約してしまうことがある
  • 店員さんのアタリハズレがある
  • 時間がかかる

【家電量販店で行われているキャンペーン】

  • 5,000円~20,000円のキャッシュバック

総合的に見ると、家電量販店での申し込みよりもネットからの申し込みの方がオススメです。

プロバイダから直接申し込みを行うことで、キャンペーンが豪華になったり、スムーズに申し込みが行えたりなど色々なメリットがあります。

プロバイダを選択する際は、別記事「【最新版】ドコモ光キャンペーン比較!」も参考にしてみて下さい。

家電量販店での申し込みとネットからのプロバイダを上手く使い分けて、満足ができるようにドコモ光を契約するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする