【最新版】ドコモ光キャンペーン比較!損しないための窓口選びとは?!

ドコモ光キャンペーン比較

インターネット契約で外せないのが申し込みキャンペーンです。

特に人気のドコモ光は、申し込み窓口がかなりの数あるため、気付かぬ間に損をしている(最大級お得に契約出来ていない)人が多い回線とも言われています。

このページでは、ドコモ光を最大級お得に契約できる申し込み先とキャンペーンの選び方・受け取り方などを詳しく解説していきます。

【2019年6月】ドコモ光のオススメ窓口は『GMOとくとくBB』

「早く結論を知りたい!!」という人向けに、まず結論を記載しておきます。

2019年6月現在、ドコモ光の申し込み窓口として最もオススメなのが、プロバイダ『GMOとくとくBB』です。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBからの申し込みで適用される特典は以下の5つです。

【GMOとくとくBBで適用される5つの特典】

  • 最大20,000円のキャッシュバック
  • 最大10,000ptのdポイントプレゼント
  • 10,000円相当の高性能ルーターを無料レンタル
  • 最大18,000円の新規工事費が無料(2019年6月1日~)
  • 月額500円のマカフィーセキュリティソフトが1年間無料

後ほど詳しく紹介しますが、現時点ではこのGMOとくとくBBのキャンペーン内容がドコモ光の申し込み窓口の中で、金額的に最もお得になっています。

自由に使い道を選べるキャッシュバック、ネットショッピング・ドコモ光の支払いに使えるdポイント、Wi-Fiやゲームが快適に利用できるルーターなど、かなり豪華な内容ですので「とにかくお得に契約したい!」という人はGMOとくとくBBを利用するのがベストです。

また、GMOとくとくBBは速度にも定評があるプロバイダです。

「契約した後にちゃんとしたと速度が出るか不安…」「契約した後も満足して利用したい!」といった不安がある方でも、十分に満足して利用できるプロバイダになっていると言えるでしょう。

ドコモ光のキャンペーンはどのように選ぶのがベスト?

ドコモ光を申し込む方法は大きく4つに分かれます。

【ドコモ光を申し込む4つの方法】

1、家電量販店(ヨドバシカメラやヤマダ電機など)から申し込みを行う
2、ドコモショップで申し込みを行う
3、インターネットから申し込みを行う
4、訪問や電話の勧誘から申し込みを行う

いずれの方法で申し込みを行っても利用する回線はドコモ光で変わりがないのですが、月々の料金や申し込み時に適用されるキャンペーン内容などで金額面に大きな差が出てきます。

絶対に使ってはいけないドコモ光の申し込み窓口はどこ?

例えば、申し込み時に契約される有料オプション(毎月費用が掛かるオプション)の料金や、契約するプロバイダなどが料金に違いが生まれる一例です。

※ドコモ光のプロバイダについて
ドコモ光は契約するプロバイダによって月額料金が異なります。
基本的には自分でどのプロバイダが良いかを選択できるのですが、申し込み方法によっては相手側に決められてしまうことがあります。
しっかりとしていて安いプロバイダであれば問題ないのですが、そうではない場合もあるため申し込み時には注意が必要です。

そこで初めに、上で紹介した4つの申し込み方法で違いが出る点を表にまとめてみました。

■4つの申し込み方法の違い
申し込み窓口
料金(プロバイダ選択)
有料オプション
キャンペーン総額
家電量販店
選択可能
準強制
5,000円相当
ドコモショップ
選択可能
任意
30,000円相当
ネット申し込み
選択可能
任意
最大50,000円相当
(低い申し込み先もあり)
訪問・電話営業
選択不可
強制
5,000円相当

表の通りではありますが、訪問・電話営業からの申し込みは絶対にNGです。

キャンペーンの金額が低いだけではなく、有料オプションに強制加入、プロバイダも選択できないなど、他の申し込み方法と比較してもかなり損をしています。

電話・訪問営業はNG
▲電話・訪問営業は悪質な場合が多く
最終的に損をしてしまう可能性が高い。

ドコモショップや家電量販店での申し込み方法はメリットもありますが、あまりオススメは出来ません

店員さんから直接アドバイスを貰えるというのは大きなメリットですが、金額的な面で見たときにネット申し込みと大きな差があるためです。

結論として、ドコモ光を申し込むなら『ネット申し込み』がベストな選択肢と言えます。

※ネット回線の訪問・電話営業には注意!
近年、ネット回線の悪質な営業による被害がかなり増えています。
特に2019年の7月以降は、光コラボの転用手続きがかなり簡単になるため、より一層営業電話などが増えることが予想されます。
「料金が安くなります」「近隣の方皆さん変えられています」など、ついつい聞いてしまいそうになる営業電話には十分に気を付けて、流されないように注意してください。

ドコモ光を申し込むならプロバイダ経由がベストな選択肢

実を言うと、ドコモ光をネットから申し込む場合も3つの申し込み方法があります。

【ドコモ光をネットから申し込む時の3つの方法】

1、ドコモ光公式サイトからの申し込み
2、ドコモ光の代理店を利用した申し込み
3、ドコモ光のプロバイダからの申し込み

この中でもおすすめの方法は、プロバイダ経由の申し込みです。

そもそも、3つのキャンペーン方式は以下のようになっています。

■ドコモ光をネットから申し込むときの3つの方法
申し込み方法
キャンペーン方式
公式サイト
ドコモ光公式キャンペーン
代理店
ドコモ光公式キャンペーン + 代理店独自のキャンペーン
プロバイダ
ドコモ光公式キャンペーン + プロバイダ独自のキャンペーン

表を見ると分かる通り、申し込みをするなら代理店かプロバイダからがお得になります。

そして、代理店かプロバイダかを選択するときに重要になるのが『安心感』です。

代理店とプロバイダでは大きなキャンペーン差はありませんが、申し込み時にだけやり取りをする代理店と利用中ずっとやり取りをするプロバイダを比較すると、安心感が強いのは間違いなくプロバイダでしょう。

代理店がダメというわけではありませんが、より安心感があるという意味でプロバイダから申し込みを行うのがベストな選択肢と言えます。

「どうしてネットからの申し込みはキャンペーンが豪華なの?」
同じドコモ光でキャンペーンに差が出るのは、人件費の問題が大きいです。
ネットからの申し込みを処理するだけの窓口と、店頭で1人1人と相手をしなくてはいけない窓口では必要になる人件費やその他の費用が大きく異なります。
そういった費用が削減できるネット窓口では、その分だけキャンペーンが豪華です。
もちろん他にも色々な理由はあるかもしれませんが、大きな違いとしてはこういった問題が挙げられるでしょう。

【プロバイダ全25種比較】ドコモ光の高額キャンペーンはどこ?

ここまで解説した通り、ドコモ光を申し込むならプロバイダから申し込むのがベストです。

しかし、プロバイダと一言で言ってもドコモ光には合計25種のプロバイダがあり、それぞれのプロバイダで実施しているキャンペーンが異なります。

そこで、全25種のプロバイダ独自のキャンペーンをまとめてみました。

全25種をまとめていますが、中でもお得なものに関して(上5つ)は色を付けていますので、それら4つのプロバイダをとりあえずチェックするといいでしょう。

■ドコモ光プロバイダ別キャンペーン比較
タイプ
プロバイダ名
キャンペーン
セキュリティソフト
無線LAN(ルーター)レンタル
タイプA
plala
最大15,000円キャッシュバック
24ヶ月無料
無料
GMOとくとくBB
最大20,000円キャッシュバック
12ヶ月無料
無料
So-net
最大15,000円キャッシュバック
12ヶ月無料
無料
DTI
最大15,000円キャッシュバック
12ヶ月無料
無料
@nifty
15,000円
契約期間中無料
無料
ドコモnet
なし
12ヶ月無料
有料
ic-net
なし
36ヶ月無料
無料
tigers-net.com
なし
契約期間中無料
なし
andline
なし
12ヶ月無料
有料
Biglobe
なし
12ヶ月無料
無料
エディオンネット
なし
有料
なし
SIS
なし
契約期間中無料
なし
SYNAPSE
なし
12ヶ月無料
なし
excite
なし
36ヶ月無料
なし
hi-ho
なし
12ヶ月無料
無料
Rakutenブロードバンド
なし
12ヶ月無料
なし
TikiTiki
なし
有料
なし
@ネスク
なし
有料
なし
01光COARA
なし
なし
なし
タイプB
OCN
最大15,000円キャッシュバック
12ヶ月無料
なし
@TCOM
なし
12ヶ月無料
なし
TNC
なし
12ヶ月無料
なし
WAKWAK
なし
有料
なし
AsahiNet
なし
12ヶ月無料
なし
@ちゃんぷるネット
なし
有料
有料
※タイプAとタイプBでは月額料金が異なります。
タイプA:月額5,200円~、タイプB:月額5,400円~

この表では、『独自キャンペーン』『セキュリティソフト』『無線LANルーターのレンタル』という3つの項目で区別していますが、それぞれ3つの項目を十分に満たしているプロバイダは5つしかありません。

つまり、金額的なお得さで選ぶのであればこの5つの中から選ぶのベストになります。

では、これら5つのプロバイダが実施しているキャンペーンをもう少し細かくチェックしてみます。

■お得な4つのプロバイダの詳細比較
プロバイダ名 キャンペーン詳細
plala
・最大15,000円のキャッシュバック
・月額399円のMcAfeeが24ヶ月間無料
・無線LANルーター無料(5,000円~6,000円相当のI-O DATA製)
GMOとくとくBB
・最大20,000円キャッシュバック
・月額500円のMcAfeeが12ヶ月間無料
・無線LANルーター無料(8,000円~12,000円相当のbuffalo/NEC/ELECOM製)
So-net
・15,000円のキャッシュバック
・月額500円のカスペルスキーが12ヶ月間無料
・無線LANルーター無料(5,000円相当のNEC製)
DTI
・15,000円キャッシュバック
・月額500円のMcAfeeが12ヶ月間無料
・無線LANルーター無料(6,000円相当のELECOM製)
@nifty
・15,000円キャッシュバック
・月額500円の常時安全セキュリティ24が契約中無料
・無線LANルーター無料(6,000円相当のELECOM製)

これら5つのプロバイダのキャンペーンを詳細で比較すると、違いは『ルーター』にあります。

そして、ルーターのスペックを考慮した時に、最もオススメと言えるのはGMOとくとくBBです。

プロバイダの中で最もオススメなのはGMOとくとくBB

「GMOとくとくBBって聞いたことないけど、本当に大丈夫なの?」と思う方もいるかもしれませんが、GMOはプロバイダ歴20連を超える大手企業で東証一部上場企業でもあります。

また、2019年3月の時点でGMO会員は100万人を超えており、プロバイダ業界でもかなりの規模を持っている企業です。

そのため、安心して契約出来るだけの信頼感は間違いなくあるでしょう。

GMOとくとくBB実績
▲100万人以上のユーザーを持つGMOとくとくBBは
超大手のプロバイダ企業で信頼性もかなり高い。

GMOとくとくBBのキャンペーン詳細は以下の通りになります。

【GMOとくとくBBで適用される5つの特典】

  • 15,000円のキャッシュバック
  • 最大10,000ptのdポイントプレゼント
  • 10,000円相当の高性能ルーターを無料レンタル
  • 最大18,000円の新規工事費が無料(2019年6月1日~)
  • 月額500円のマカフィーセキュリティソフトが1年間無料

ここまでまとめてきた通り、GMOとくとくBBはドコモ光の申し込み窓口として最もお得と言えます。

「一番お得な契約をしたい!」と考えている人は、GMOとくとくBBを契約すると良いでしょう。

好みがある場合は、GMOとくとくBB以外のプロバイダもアリ!

一番オススメの窓口としてGMOとくとくBBを紹介しましたが、他のプロバイダを契約するのもアリです。

客観的に見たときにGMOとくとくBBがお得になることは変わりがありませんが、上で取り上げた他の4つのプロバイダであれば、極端に大きな差があるわけではありません。

そのため、「So-netが好きだからSo-netを使いたい」「plalaを使いたい」など好きなプロバイダがある人はそれらを選択しても良いでしょう。

ドコモ光のプロバイダ
▲『plalaSo-netDTI@nifty』の中でも
好きなプロバイダがあれば契約はアリ。

ただし、残りの20種に関しては月額料金やキャンペーンで大きな差があります

キャンペーン内容よりもプロバイダにこだわりを持っている人であれば、もちろん好きなプロバイダを契約してもいいかもしれませんが、一概にはオススメ出来ません。

困った時は、上で紹介した5つの中から1つを選択することをオススメします。


それぞれの公式サイトはコチラ↓

Plala(ぷらら)⇒plala公式サイトをチェックしてみる
So-net ⇒ So-net公式サイトをチェックしてみる
DTI ⇒ DTI公式サイトをチェックしてみる
@nifty ⇒ @nifty公式サイトをチェックしてみる

キャンペーンだけはNG!しっかりとした速度も期待できる?

いくらキャンペーンが良くても、通信速度がダメダメだと満足のいくプロバイダとは言えません。

速度に関して絶対に確認しなくてはいけないのが、『v6プラス(IPv4 over IPv6 IPoE通信)』に対応しているかどうかです。

ドコモ光に限らず、光コラボ回線(フレッツ光を利用した回線)を利用するにあたってv6プラスに対応していないプロバイダを利用してしまうと、回線混雑に巻き込まれ速度がかなり遅くなってしまいます。

※v6プラス通信について
v6プラス通信は従来まで使われていたIPv4(PPPoE)通信の問題点であった『回線混雑・IP枯渇問題』を改善するために作られた通信方式のことです。

IPv4(PPPoE)通信
▲IPv4(PPPoE)通信では基地局に着く前の地点で混雑してしまう。
IPv6(IPoE)通信
▲混雑する点を避けてVNEというネットワーク経由で接続する。

IPv6(IPoE)通信では、IPv4(PPPoE)通信で混雑する部分(網終端装置)を避けて『VNE』というサーバーを経由して基地局にデータを送受信します。
イメージ的には、『高速道路の料金所(IPv4の混雑ポイント)で混雑が起きるからETC(VNEサーバー)を設置してスムーズに流れるようにしよう』といった感じです。
フレッツ光回線は利用者が特に多いため、この通信方式が必須になります。

そんなv6プラスですが、上で取り上げた5つのプロバイダは全て対応しています。

■4つのプロバイダのv6プラスオプション名
プロバイダ名
v6プラスサービス名
申し込みの有無
Plala
ぷららv6エクスプレス
申し込みの必要ナシ
GMOとくとくBB
v6プラス
申し込みの必要ナシ
So-net
v6プラス
申し込みの必要ナシ
DTI
IPv6(IPoE)接続サービス
別途申し込みの必要アリ
@nifty
v6プラス
申し込みの必要ナシ

申し込みの手間を考えると、『Plala・GMOとくとくBB・So-net・@nifty』が楽でしょう。

しかし、ここでもオススメしたいのはやはりGMOとくとくBBです。

通信速度でGMOとくとくBBをオススメする3つの理由

速度面でGMOとくとくBBをオススメする理由は3つあります。

【GMOとくとくBBの速度に関する3つのオススメポイント】

  • 各地域ごとの実際のユーザー平均速度を公開している
  • ルーターの性能が一番高いため速度に期待できる
  • 最低100Mbpsの速度補填制度(100円程度)を導入している

まず、GMOとくとくBBの速度面の魅力の1つが実際のユーザー平均速度を公開している点です。

GMOとくとくBB平均速度
▲GMOとくとくBB公式サイトにて
地域毎の実際のユーザー平均速度を公開している。

地域毎に若干の偏りはあるものの、ここまでしっかりと速度を公開しているプロバイダはないでしょう。

「契約後に本当に速度が出るか不安…」という人でも、契約前に自分の地域の速度を確認しておくことで、安心感を得られることが出来ます。

そして、2つ目としてルーターの性能が高いことです。

キャンペーンの項でも解説した通り、GMOとくとくBBでレンタルすることが出来るルーターは市販で10,000円前後するような高性能なルーターになります。

GMOとくとくBBルーター
▲GMOとくとくBBでレンタルできるルーターは
10,000円相当する高性能なモノになっている。

もちろん高性能なルーターだから速度が速くなるとは言い切れませんが、少なからずスペックが低いよりは高い方が速度が出る期待度は高いでしょう。

最後は、GMOとくとくBB特有と言える最低100Mbpsの速度補填制度です。

GMOとくとくBBの速度補填
▲インターネット界では滅多に見ない
最低100Mbpsという補填制度を設けている。

「たかが100円程度でしょ?」と思う方もいるかもしれませんが、仮にGMO会員の10分の1(10万人)が速度補填をしたとすると1,000万円もかかってしまうリスクのある制度です。

他の回線で導入されていないということは、かなりリスクを背負った制度と言えます。

それを導入しているGMOとくとくBBであれば、速度面に関しては安心して契約することが出来るでしょう。

GMOとくとくBBを利用している人の実際の口コミ

ネット上に挙がっている口コミでも、GMOとくとくBBの速度に満足しているユーザーはかなり多いです。

一般的に、高画質な動画の視聴やオンラインゲームをプレイするのにも、30Mbpsあれば十分と言われています。

GMOとくとくBBの口コミを見てみると多くの人が100Mbps以上でており、日常的なインターネットには困らないような環境になっているようです。

最低100Mbpsの速度補填通り、十分な速度が出ると言えるでしょう。

まとめ:ドコモ光を契約する時に利用するべきキャンペーン

このページでは、ドコモ光のキャンペーンを徹底的に比較しました。

簡単なまとめとして、以下の4つ

【ドコモ光を申し込む時のチェック項目】

  • プロバイダを経由して申し込みを行うのが最もお得になる
  • 『Plala・GMOとくとくBB・So-net・DTI・@nifty』が特にお得
  • キャンペーンの金額的な豪華さで選ぶなら『GMOとくとくBB』がオススメ
  • 回線の通信速度面で選んでも『GMOとくとくBB』がオススメ

当サイトでは、キャンペーンの豪華さ・速度への信頼性という点でGMOとくとくBBをオススメしていますが、もちろんプロバイダに好みがある方は、そのプロバイダを利用するのもアリです。

しっかりと申し込み窓口を選択して、満足の出来る契約をするようにしましょう。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする