PS4でPing値は測定できる?目安の数値と良くする方法をまとめて解説!

PS4のPing値

ゲームのオンラインで重要になるPing値とPS4についてまとめました。

「PS4でPing値って測定できるの?」「PS4ならどれくらいの数値が目安なの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこでこのページでは、PS4でPing値を測定する方法から目安の数値、悪い場合の改善する方法をまとめて紹介していきます。

PS4でオンラインをしている人は参考にしてみてください。

【サクッと結論】PS4のPing値はどれくらいが理想?

PS4で必要なPing値は30ms以下

まずは簡単な結論からですが、PS4のオンラインで必要になるPing値は30ms以下です。

目安としては30ms以下ですが、実際のところはプレイするゲームのジャンルによって必要になるPing値が異なってきます。

なので、基本的にはプレイするゲームジャンルに合わせたPing値を目指すのがベストです。

特にFPSや格ゲーなどの回線にシビアなゲームは15ms以下が理想と言われることもありますので、しっかりと確認する必要があるでしょう。

それでは、Ping値の測定方法やジャンルごとの目安についてみていきます。

なお、「そもそもPing値って何なの?」という方は、以下ページで詳しく解説していますので、そちらをまずはチェックしてみて下さい。

オンラインゲームで最も重要になるPing値についてまとめました。多くの人が悩んでいる「ラグ」などを改善するためには必須の項目になりますので、オンラインゲームが好きな人はチェック&改善してみてください。

PS4のPing値は「Speedtest」を利用して測定する

Ping値はspeedtestで測定

まずはPS4でPingを測定する方法についてです。

PS4は本体のネットワーク診断でPing値を測定することができませんので、基本的にはブラウザ検索の測定サイトを利用してPing値を測ります

オススメの測定サイトは「Speedtest」です。

「GO」だけでサクッと測定できますので、気軽に測定してみてください。

なお、測定する時は接続するサーバーを「tokyo」の中のどこかに設定するようにしましょう。

Speedtestのサーバー設定
▲ページ内の「Change Server」から
「Tokyo」のいずれかを選ぶとOK。

全部が全部というわけではありませんが、ゲームのサーバーは東京にある事が多いので、一番実測値になる可能性が高いからです。

そのため、測定前にしっかりと設定しておきましょう。

ゲーム内でPing値が表示される場合はそっちが優先

基本的にはPS4でPing値を測る時は、上で紹介した測定サイトを利用するのですが、一部例外もあります。

それがゲーム内でPing値が分かる場合です。

一部のゲーム(FPSやTPS、MOBA系のゲームに多い)ではゲーム内の画面でPing値が表示されることがあり、その場合はゲーム内での表示を優先します。

Ping値が表示されるゲーム
▲FPSやTPS系のゲームは
Ping値表示されることが多い。

そして、1つのゲームでPing値が良いと他のゲームでも良いことが多いです。なので、1つでも良い数値が出ていれば、速度測定などで別途する必要はないでしょう。

それでは具体的な数値についてみていきます。

PS4で必要になるPing値の目安と理想の数値について

Ping値の理想と最低限の数値

PS4でオンラインをするにあたって、必要になるPing値は測定サイトでの結果とゲーム内で表示される結果では異なります。

なので、それぞれの場合の結果についてまとめていきます。

また、それに合わせて理想的な数値と最低これだけあればOKという2つの基準で紹介していきますので、参考にしてみてください。

基本的には30ms以下であれば極端なラグはない

まずは、測定サイト上での結果についてです。測定サイトに関しては、30ms出ていればどのゲームも極端にラグくなることはないと思います。

■Ping値の目安表(測定サイト版)
評価
Ping値
かなり速い
0~15ms
速い
16~30ms
普通
31~50ms
遅い
51~100ms
ヤバい
101ms~

「普通」として30ms~50msを記載していますが、測定サイト上で30msを超えるのはかなり遅めです。

なので、最低ラインとしては30msを目指すと良いでしょう。

理想としては、速度測定サイト上で10ms以下です。

測定サイト上で10ms以下の数値が出れば、どのゲームもジャンル問わず快適にプレイすることができます。

固定の光回線で有線接続をすると、10ms以下も十分に目指せますので、目標としてはここを目指すと良いでしょう。

【※PS4のSpeedtestだけ極端にPing値が遅くなる場合】

PS4のブラウザでPing値を計測すると、他の端末(スマホやPCなど)と比較して、かなり数値が悪くなるという人が稀にいます。
原因が分かりませんが、一定数いるそうです。
そういった人は、PS4ではなくスマホやパソコンの安定したPing値を参考にするのも選択肢の1つになります。
例えばPS4を有線で接続しているなら「全く同じ接続にしてPCでPing値を測定する」、無線ならスマホやPCのWi-Fiを利用して測定するなどです。
PS4とその他の端末で極端にPing値の差がある人は、この方法も参考にしてみて下さい。

ゲーム内で表示される場合は15ms以下がベスト

続いてゲーム内で表示される場合のPing値についてです。

ゲーム内で表示される場合は、測定サイト上で出る数値よりも悪くても大丈夫になります。

■PS4のPing値目安表
ゲームのジャンル・タイトル
Ping値
FPS、TPS、格闘などの繊細な対人戦がメインのゲーム
(PUBG、FORTNITE、スプラ、APEX、ストファ、スマブラなど)
15ms以下
MOBA、少し緩めなシューティングなどの対人戦がメインのゲーム
(LOL、DOTA、GTAなど)
30ms以下
MMORPG、MORPGなど育成や対CPUがメインになるゲーム
(PSO2、FF14、黒い砂漠、ラグナロクオンライン、MHWなど)
50ms以下
将棋、囲碁、TCGなどそこまでラグが気にならないゲーム
(Hearthstone、Shadowverseなど)
100ms以下
※関東エリアの目安です。

ゲーム内でPing値が出る場合は、基本的には50ms以下を目指すとOKです。

とは言え、FPSや格ゲーをメインでプレイする人は50msだと遅めなので、できれば20ms以下(理想は15ms以下)を目指すことをおすすめします。

ただし、関東から離れたエリアにいる人の場合、Ping値が悪くなる傾向があります。

なので九州や北海道など、Ping値が悪くなるエリアに住んでいる人は、25ms~30ms(理想は20ms以下)を目安にすると良いでしょう。


Ping値の目安についてまとめると、以下の通りです。

■Ping値の目安
測定サイト
ゲーム内
理想のPing値
10ms以下
15ms以下
最低限のPing値
30ms以下
50ms以下
※関東エリアの目安。

特に回線が重要になるFPSや格ゲーをプレイしている人は、理想のPing値を目指すようにすると良いでしょう。

なお、関東エリアから離れている人についてはこの数値に+5ms~10ms前後で考えると良いかと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

Ping値が悪い時の改善方法4選

4つの方法

それはここからは、「Ping値が悪かった…。」「Ping値を良くしたい!」という人向けにPing値の改善法を紹介していきます。

紹介する方法は4つです。

  1. DNSの設定を変更する
  2. 有線接続する&LANケーブルをチェック
  3. 無線LANルーターを買い替える
  4. ネット回線を切り替える

それぞれの方法について解説していきます。

改善法1:DNSの設定を変更する

1つ目は、DNSの設定を変更する方法です。

DNSの設定変更で変わらないという話もありますが、試してみる価値はありますので、とりあえずやってみると良いでしょう。

設定の変更方法は以下の通りです。

PS4のDNS設定
【DNSの設定変更方法】

1、 ネットワーク>インターネット接続設定
2、『LAN設定』の『LANケーブルを使う』を選択
3、『インターネットの接続を設定』の『カスタム』を選択
4、『IPアドレス設定』を『自動』
5、『DHCPホスト名』を『指定しない』
6、『DNS設定』を『手動』で下記に設定
       →プライマリ『8.8.8.8』or『1.1.1.1』
        セカンダリ『8.8.4.4』or『1.0.0.1』
7、『MTU設定』を『自動』
8、『プロキシサーバー』を『使わない』
9、 インターネット診断をする

設定するDNSは、「Google:8.8.8.8/8.8.4.4」もしくは「Cloudflare:1.1.1.1/1.0.0.1」のどちらかです。

現在はCloudflareの方がゲーム向きと言われていますが、どちらも簡単に設定できるため、両方とも試してみることをオススメします。

なお、確実に良くなるという方法ではありませんので、Ping値が変わらない場合は『DNS設定』を自動に戻しておきましょう。

改善法2:有線接続する&LANケーブルをチェックする

2つ目は、有線接続する方法です。無線接続(Wi-Fi)でゲームをしている人は、有線接続に切り替えることでPing値が改善します。

なので、無線でプレイしている人は有線に切り替えるようにしましょう。

また、有線でプレイする際にはLANケーブルのスペックを表す「カテゴリ」という数値をチェックします。

LANケーブルのカテゴリ
▲LANケーブルのカテゴリは
ケーブル本体に記載されている。

現在販売されているLANケーブルは「カテゴリ5/5e/6/6a/7」という5種類なのですが、この中でPS4に向いているのは「カテゴリ6/6a/7」のいずれかです。

5eでも悪くはないのですが、スペックがギリギリになってしまうので、あまりオススメはしません。

なので、現在持っているLANケーブルが古いもしくは新しいLANケーブルを購入するという人は、カテゴリ6/6a/7のいずれかを購入するようにしましょう。

iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル UTP Cat6a ストレート ノーマルタイプ 5m ブラック BSLS6ANU50BK

過去90日間の平均価格¥571
(時期によって値段が上下することがあります)

オンラインゲームを快適にプレイするためには、しっかりとしたLANケーブルが必要です。しかし、「LANケーブルの見分け方分からない…。」という人も多いでしょう。そこで、オンラインゲーム向きのLANケーブルと、LANケーブルのスペックや特徴について分かり易くまとめました。

改善法3:無線LANルーターを買い替える

続いて3つ目は、無線LANルーターに関してです。利用するルーターによっても、Ping値が異なることがあります。

なので、現在使っているルーターのスペックが低いもしくは長期間同じルーターを利用しているという人はルーターの買い替えを検討しましょう。

まずスペックについてですが、有線で接続する場合は有線のポートが最大1Gbpsに対応しているかどうかだけをチェックすればOKです。

そして、期間については約5年前後がルーターの寿命と言われています。

ルーターの寿命は5年
▲ルーターの寿命は約5年。
5年使うと買い替えを検討する。

もちろん機種によってはさらに長い期間持つこともありますが、基本的には5年を目途に買い替えを検討するのが良いでしょう。

なお、買い替えに際してゲーミングルーター等を購入する必要はありません。

余裕があればゲーミングルーターも良いですが、PS4でゲームをするだけであれば5,000円~10,000円ルーターで十分です。

詳しくは以下の記事で解説していますので、ルーターの買い替えを検討している人は参考にしてみてください。

オンラインゲームをプレイする上で重要なのがルーターです。ルーターが原因でゲームにラグが起きたり、回線落ちが起きるようなことも多々あります。しかし、いざルーターを買い換えようと思っても数が多く選ぶのが難しいです。そこで、今回は3つに絞ってオススメのルーターを紹介します。

改善法4:ネット回線を切り替える

最後に紹介するのが、ネット回線の切り替えです。

Ping値に最も影響を与えるのは利用しているネット回線で、利用しているネット回線が悪いとPing値を改善することはできません

なので、例えばモバイルWi-FiやCATV回線、その他のイマイチな回線を利用している人は回線の切り替えを検討した方が良いでしょう。

切り替え先の回線でオススメなのは、「ゲーム界隈で評判が良い回線」です。ここではその中でも管理人がオススメできる回線を3つ紹介します。

■PS4にオススメのネット回線3選!
サービス概要
NURO光
  • 最大2Gbpsの超高速回線
  • 都内のeSports施設でも採用
  • 現状ゲームに最も向いている
auひかり
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • 独自配線網で速度が出やすい
  • 全国の約70%に対応している
ドコモ光
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • v6プラス対応で超安定
  • 全国の約93%に対応している

これらの回線は評判も良く、快適にゲームをプレイすることができます。

特にNURO光やauひかりは契約時のキャンペーンもかなり豪華になっており、金額的にもお得に契約することが可能です。

以下記事で各回線について詳しく解説していますので、気になる回線をチェックしてみてください。

PS4でオンラインをする際のおすすめ回線をまとめました。オンラインをする上でネット回線は非常に重要で、時には勝敗を分けてしまうようなケースもあります。どういった回線がオンライン向けのゲーム回線なのでしょうか。また、どの回線が向いていないのでしょうか。ここではPS4のおすすめのネット回線を紹介します。

ここではPing値の改善法として、4つの方法を紹介しました。

簡単にできるのは「DNSの変更」ですが、根本を解決するには「ネット回線の切り替え」がベストになります。

ネット回線切り替えの項目でも紹介した通り、モバイルWi-FiやCATV回線などを使っている人は特に切り替えるようにしましょう。

まとめ:PS4のPing値測定方法と目安について

このページでは、PS4のPing値について解説しました。再度内容をまとめると、以下の通りです。

  • Ping値の測定は「Speedtest」もしくは「ゲーム内で表示」
  • 理想のPing値はサイト上で10ms以下、ゲーム内で15ms以下
  • 最低限のPing値はサイト上で30ms以下、ゲーム内で50ms以下
  • Ping値の改善するには4つの方法がある

「どんなゲームも快適にプレイしたい!」という人であれば、サイト上で10ms、ゲーム内で15msを目指すと良いでしょう。

また、PS4はある程度通信速度も必要になります。

通信速度については以下記事で詳しくまとめていますので、気になる人は、そちらも合わせてチェックしてみて下さい。

「PS4の通信速度ってどれくらい必要なの?」という人向けに、通信速度の測定方法から目安になる数値、そして通信速度が遅いときの改善法を紹介していきます。また、それに合わせて重要になるPing値についてもまとめました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする