【永久保存版】PS4オンラインのラグ解消法6選!ラグが起きる原因は?

PS4ラグ解消法6選

PS4のオンラインで発生するラグの改善法についてまとめました。

「ラグ過ぎてゲームにならない…。」「PS4のラグを改善したい!」など、PS4のオンラインで起きるラグで悩んでいるひとも多いと思います。

そこでこのページでは、PS4のラグが起きる原因とその改善法、そしてPS4のラグに関するよくある疑問を解説していきます。

ラグで悩んでいる人は参考にしてみてください。

PS4のオンラインでラグが起きる原因は通信速度とPing値

PS4のラグの原因

まずは、PS4でラグが起きる原因をみていきます。PS4でラグが起きる原因は主に2つです。

  • 通信速度が足りていない(目安は30Mbps以下)
  • Ping値が高く安定していない(目安は30ms以下)

「通信速度とPing値が分からない!」という人は、「Speedtest」で両方とも測定できます。

なので、2つの数値が分からない人は測定してみてください。

まず1点目の通信速度についてですが、通信速度の目安は30Mbpsです。

30Mbpsは少し高めに見ていますので、実際は安定して10Mbps以上を確保できていれば、通信速度が原因でラグが発生することはほとんどありません。

一方で、安定して10Mbpsが出ていないような場合は通信速度不足になるため、改善が必要になるでしょう。

「PS4の通信速度ってどれくらい必要なの?」という人向けに、通信速度の測定方法から目安になる数値、そして通信速度が遅いときの改善法を紹介していきます。また、それに合わせて重要になるPing値についてもまとめました。

そして、2つ目はPing値についてですが、Ping値の目安はおおよそ30ms以下です。

30ms以下が目安にはなりますが、格ゲーやFPSをメインにプレイする人は30msだと人によってはラグを感じてしまうかもしれませんので、20ms以下を目指すことをオススメします。

通信速度同様に数値が不足している人は、改善する必要がありますのでチェックしましょう。

「PS4ってPing値測定できるの?どれくらいが目安?」という人向けに、Ping値の測定方法と目安の数値(理想と最低限)についてまとめました。また、それに合わせてPing値が悪い時の改善法を紹介していきます。
【上記以外のラグ原因について】
上に記載した通信速度・Ping値以外のラグの原因として、ゲーム側(主にサーバー)に問題があることもあります。
この場合は、ユーザー側ではどうしようもありませんので、改善するのを待ちましょう。
サーバー側の問題はTwitterなどでも見つけられますので、チェックしてみてください。

【完全版】PS4オンラインのラグを改善する6つの方法

PS4のラグ改善法6つ

それではここからは、PS4で発生するラグの改善法についてみていきます。

ここまで解説した通り、ラグが起きるのは「通信速度・Ping値」の2つに原因がある事がほとんどなので、この2点を良くすることが重要です。

通信速度・Ping値を改善する方法は主に6つあります。

  • PS4のDNS設定を変更する
  • 契約している回線に合わせてMTU値を設定する
  • 有線化&LANケーブルのカテゴリを確認する
  • 無線LANルーターのスペックを確認する
  • プロバイダを切り替える
  • ネット回線自体を切り替える

それぞれの方法について解説していきます。

改善法(1)Google Public DNSを利用する

1つ目は、PS4のDNS設定を変更する方法です。

今ではよく知られた方法ではありますが、PS4のDNS設定を変更することで通信速度とPing値が改善され、ラグがマシになることがあります。

PS4でDNSの設定を変更する方法は以下の通りです。

PS4のDNS設定
【DNSの設定変更方法】

  1. ネットワーク>インターネット接続設定
  2. 『LAN設定』の『LANケーブルを使う(有線)もしくはWi-Fiを使う(無線)』を選択
  3. 『カスタム』を選択
  4. 『IPアドレス設定』を自動
  5. 『DHCPホスト名』を指定しない
  6. 『DNS設定』を手動で下記に設定
        →プライマリ『8.8.8.8』or『1.1.1.1』
         セカンダリ『8.8.4.4』or『1.0.0.1』
  7. 『MTU設定』を自動
  8. 『プロキシサーバー』を使わない
  9. インターネット診断をする

以上の流れで設定し、通信速度・Ping値が改善されていればOKです。

ただし、確実に改善される方法ではありませんので、設定前と比較して明らかに数値が悪くなっている場合は、再度「自動」に戻して再設定し直しておきましょう。

ちなみに、紹介しているDNSは「Google:8.8.8.8/8.8.4.4」「Cloudflare:1.1.1.1/1.0.0.1」の2つです。

2つとも試してみるのがベストですが、現在はCloudflareがゲーム向きと言われていますので、まずはコチラの方を試してみると良いでしょう。

改善法(2)契約している回線に合わせてMTU値を設定する

2つ目の方法は利用している回線に合わせてMTU値を設定する方法です。

設定手順は「改善法(1)」とほとんど変わらないのですが、再度記載しておきます。

PS4のMTU設定

【MTUの設定変更方法】

1、 ネットワーク>インターネット接続設定
2、『LAN設定』の『LANケーブルを使うもしくはWi-Fiを使う』を選択
3、『カスタム』を選択
4、『IPアドレス設定』を自動
5、『DHCPホスト名』を指定しない
6、『DNS設定』を自動(もしくは手動)
7、『MTU設定』を手動で設定する(以下の表に記載)
8、『プロキシサーバー』を使わない
9、 インターネット診断をする

各回線ごとの設定するMTU値は以下の通りです。

主要回線におけるMTU値
回線名
MTU値
フレッツ光
1454
光コラボ(ドコモやソフトバンク)
1454
v6プラス通信
1460
auひかり
1492
NURO光
1500

記載されていない回線に関しては、「回線名 MTU値」などで検索すると調べられます。

DNS設定時と同じく、設定して必ず速くなるようなものではありませんので、遅くなったり変化がない場合は、「自動」に再設定しておくと良いでしょう。

【※MTU値とは?】
MTU値とは「Maximum Transmission Unit」のことで、簡単に言うと送受信できるデータパケット量の最大値を表します。
MTU値については、eo光(MTUとは?)にて詳しく紹介されているため、そちらを引用させて頂きます。

まずMTU値が規定の数値より小さい場合、パケットの分割回数が増えるため処理が遅くなってしまいます。
MTU値が小さい場合の問題
逆に、MTU値が規定の数値よい大きい場合、ネットワークの途中で分割しなくてはならないため、速度が低下します。
MTU値が大きい場合の問題点
そして、MTUが規定の数値になっている場合、いずれの問題も起きなくなり速度が改善されます。
MTU値が規定値の場合

少し専門的な話になるため、そういった話があるのか程度で知っておくと良いかもしれません。

改善法(3)有線化&LANケーブルのカテゴリを確認する

3つ目の方法は、ネットの接続を有線化する方法です。

オーソドックスな対策法ではありますが、有線と無線では通信速度や安定性などに大きな差がありますので、出来る限り有線で接続するようにしましょう。

また、この際に重要になるのがLANケーブルの「カテゴリ」です。

LANケーブルのカテゴリチェック
▲LANケーブルのカテゴリは本体に
数字もしくは文字列で記載されている。

カテゴリはLANケーブルのスペックを表す数値で、LANケーブルの本体に「cat ○○」「TIA/EIA~」のような形で記載されています。

LANケーブルを利用する場合は、この数値が「cat 6/6a/7」あるいは「EIA/TIA 568-B.2-1/568-B.2-10/IEC 11801」であればスペック的に十分です。

もう1つ下のカテゴリ「5e」でも悪くはないのですが、ある程度余裕をもって6以上のLANケーブルにすることをオススメします。

なお、6/6a/7のLANケーブルでも1,000円以内で購入可能です。今使っているLANケーブルのカテゴリが低い人や有線接続に切り替える人はチェックしてみてください。

iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル UTP Cat6a ストレート ノーマルタイプ 5m ブラック BSLS6ANU50BK

過去90日間の平均価格¥571
(時期によって値段が上下することがあります)

オンラインゲームを快適にプレイするためには、しっかりとしたLANケーブルが必要です。しかし、「LANケーブルの見分け方分からない…。」という人も多いでしょう。そこで、オンラインゲーム向きのLANケーブルと、LANケーブルのスペックや特徴について分かり易くまとめました。

改善法(4)無線LANルーターのスペックを確認する

4つ目の方法は、無線LANルーターに関してです。

有線でネット接続をする場合に重要になるのは、「ルーターのスペック」と「ルーターを利用している期間」の2つになります。

  • ルーターのスペック:ポートが1Gbpsに対応しているか
  • ルーターを利用している期間:おおよそ3~5年が交換目安

近年のルーターは、基本的に最大1Gbpsのポートが備え付けられているため、スペックについてはあまり気にする必要はありません。

一方で、ルーターの利用期間はしっかりと気にした方が良いです。

ルーターも消耗品になりますので、長期間同じものを利用し続けていると、処理速度や処理能力が劣化してしまい、ラグの原因になってしまうことがあります。

おおよその交換目安期間は3~5年前後です。

もちろん使用する頻度や使用時間、ルーターの質にもよりますが、3~5年利用したルーターは買い替えるようにすると良いでしょう。

ゲーミングルーター
▲予算に余裕がある人は
ゲーミングルーターもアリ。

なお、基本的には普通のルーターで十分ですが、予算に余裕がある人はゲーミングルーターを購入するのもアリです。

購入する機種に関しては、以下の記事も参考にしつつ予算に合わせて決めてみて下さい。

オンラインゲームをプレイする上で重要なのがルーターです。ルーターが原因でゲームにラグが起きたり、回線落ちが起きるようなことも多々あります。しかし、いざルーターを買い換えようと思っても数が多く選ぶのが難しいです。そこで、今回は3つに絞ってオススメのルーターを紹介します。

改善法(5)ネット回線のプロバイダを変更する

ここまで紹介した4つの方法を試しても改善しない場合は、プロバイダもしくは回線事業者に問題があります

回線事業所の乗り換えは少なからず手間がかかりますので、プロバイダが変更できる場合は、まずプロバイダの変更を検討しましょう。

プロバイダが変更できるネット回線と各回線のおすすめプロバイダは以下の通りです。

■主要光回線のオススメプロバイダ
回線名
おすすめプロバイダ
フレッツ光
Gaming+
ドコモ光
GMOとくとくBB
コミュファ光
コミュファ

いくつかある回線事業所のうち、プロバイダが簡単に変更できるのは以上の3回線のみです。

これら以外の回線にもプロバイダ変更できる回線はありますが、いずれもある程度の手間が掛かってしまうため、簡単に切り替えることはできません。

そのため、上記3つの回線を利用している人はプロバイダ変更を検討すると良いでしょう。プロバイダによって速度が大きく変化することもありますので、ぜひ試してみて下さい。

改善法(6)ネット回線(回線事業者)を切り替える

最後の方法が、ネット回線(回線事業者)の切り替えです。

ネット回線の切り替えは多少の手間がかかってしまうものの、ラグを改善するという点では最も効果的な解決法の1つになります。

特に、現在光回線以外の回線を利用している人や光回線だけどイマイチな人は検討してみる価値があるでしょう。

ここでは「ゲーム界隈でも人気のあるオススメの回線」を3つ紹介します。

■PS4におすすめのネット回線
サービス概要
詳細
NURO光
  • 最大2Gbpsの超高速回線
  • 都内のSports施設でも採用
  • 現状ゲームに一番オススメ
詳細
auひかり
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • 独自配線のため速く安定性がある
  • NURO光と並んで好評
詳細
ドコモ光
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • v6プラス通信で夜も安定
  • NURO/auに次いでオススメ
詳細
※詳細を押すと記事内の解説ページに移動します。

ゲーム界隈で特に人気があるのは「NURO光」と「auひかり」です。

この2つの回線は独自の配線網を持っているため、速度が出やすく、なおかつ回線の安定性も高くなっています。

なので、ゲーム向きの回線を選ぶならNURO光とauひかりは筆頭候補になるでしょう。

一方でドコモ光の場合は、ここ数年で主流になりつつある「v6プラス通信」が必須オプションになります(無料で使えます)。

これらに関しては次の項目で解説していきますので、その点をチェックしてみてください。

根本的に解決するならネット回線の切り替えがベスト

PS4ラグ解消法のオススメは回線入れ替え

ここまで6つのラグ改善法を紹介してきましたが、根本が悪い場合はネット回線の切り替えが必須です。

例えば、『DNS・MTUの設定』と『LANケーブル・ルーターの買い替え』を行っても、大元のネット回線が悪いとラグが改善されることはほぼありません。

そのため、困った際はネット回線の切り替えをオススメします。

工事や解約の手続きなど少しの手間は必要になりますが、キャッシュバックや違約金負担などがあるため、金額的に損することはほとんどありません。

回線が切り替えられる方はトライしてみると良いでしょう。

それではここからは、紹介した3つのネット回線の詳細を紹介していきます。

PS4でオンラインをする際のおすすめ回線をまとめました。オンラインをする上でネット回線は非常に重要で、時には勝敗を分けてしまうようなケースもあります。どういった回線がオンライン向けのゲーム回線なのでしょうか。また、どの回線が向いていないのでしょうか。ここではPS4のおすすめのネット回線を紹介します。

(1)NURO光

NURO光

最大速度 最大2Gbps
月額料金 4,743円
(戸建てマンション共通)
キャンペーン 45,000円キャッシュバック
セット割 ソフトバンク携帯・スマホ
公式ページ NURO光公式ページ
【早分かり!NURO光の4つの特徴】

  • 次世代技術を用いた世界最速級2Gbpsの超高速回線
  • ゲーム内Ping値で1桁を出せる圧倒的な応答速度
  • NURO光独自の配線方式を利用した抜群の安定性
  • 関東・東海・関西・九州・北海道に対応

NURO光は、次世代技術を用いた最大2Gbpsの超高速回線です。

大会が頻繁に開かれるようなeSports施設でも採用されている回線で、「ゲームといえばNURO光!」という人もいるほど、ゲーマーから圧倒的な支持を受けているネット回線になります。

PS4
▲NURO光を運営しているのはPS4を
販売しているSONYグループで信頼性も抜群。

最大速度が2GbpsのNURO光の速度は伊達ではありません。

速度測定サイトを利用した当サイト独自の調査では、NURO光利用者100人の平均速度は501.9Mbpsという驚異の実測値でした。

ゲームダウンロードサイトとして知られる『Steam』利用者(日本人)の平均速度が約60Mbpsですので、平均速度として500Mbpsを超えるのはかなり速いと言えるでしょう。

また、先述した通りNURO光はPing値が特に低いと言われるネット回線で、ゲームによってはPing値1桁を出すことも可能です。

さらに、NTT網の中でもNURO光専用の光ファイバーを利用しており、フレッツ光や光コラボと違い回線混雑に巻きこまれることもないため、安定性は抜群になります。

NURO光を利用することで、回線落ちやラグなどとは無縁の環境になるでしょう。

NURO光速い
▲NURO光は爆速&超安定のネット回線。
あまりの速さに叫んでしまう人続出!?

NURO光は、現状日本トップクラスのゲーム向け回線と言っても過言ではありません。

数あるネット回線の中でも、これ以上にないレベルで快適にゲームが出来るネット回線ですので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

NURO光キャッシュバック

「NURO光ってゲーム向きって言われてるけど実際どうなの?」という方向けに、NURO光が本当にゲームに向いているのかを実測値や口コミ、デメリットなども踏まえながら解説しました。NURO光を検討している人には必見の内容です。

(2)auひかり

auひかり

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,200円
(マンション:4,100円)
キャンペーン 最大3年間月額料金大幅割引
戸建て:5,200円⇒3,480円
マンション:4,100円⇒1,980円
セット割 au携帯・スマホ
公式ページ auひかり(プロバイダSo-net)
【早分かり!auひかりの3つの特徴】

  • 独自光ファイバーを利用しており高速&安定
  • キャンペーンで月額料金を安く利用できる
  • 全国の約70%に対応している提供エリア

auひかりは、独特なCMで度々話題になる高速の光回線です。

三太郎やラップバトルなど特徴的なCMが人気のauひかりですが、運営元のKDDIはeSports連合にも協賛しており、回線にもかなり力を入れているネット回線になります。

auひかりとPS4
▲auひかりの回線は話題のCMに
負けないくらい魅力的になっている。

auひかりは、最大1Gbpsの中では珍しい独自の光ファイバーを持ったネット回線です。

その独自の光ファイバーを利用しているため、回線混雑に巻き込まれることがなく、比較的速い回線速度と安定性を持った回線を提供できています。

最大速度も違うため、スペック的にNURO光を勝ることは出来ませんが、提供エリアも広くPS4のオンラインでは十分すぎる性能を持った回線と言えるでしょう。

auひかりの回線速度
▲主要光回線の速度比較表。
auひかりは他の光回線に比べて速度が出ている。

そして、auひかりはお得なキャンペーンも魅力的です。

auひかり公式サイトで申し込むとあまりお得に契約することは出来ませんが、プロバイダのSo-netを利用して申し込みを行うことで月額料金を安くすることができます。

戸建てで最大77,020円、マンションで最大73,680円割引されるため、かなりお得です。

「料金を抑えつつ、良いネット回線が欲しい」という人は、NURO光に次ぐゲーム向け回線としてオススメ出来るauひかりをチェックしてみて下さい。

auひかり(so-net)
「auひかりはゲームに向いてる!」と良く言われますが、実際のところどうなのでしょうか。このページでは、auひかりを利用している人の実際の口コミ・特徴、auひかりの回線スペック・特徴といった情報からゲームが快適にできるかを解説しました。

(3)ドコモ光

ドコモ光

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,200円
(戸建て:4,000円)
キャンペーン 最大15,000円キャッシュバック
セット割 ドコモ携帯・スマホ
公式ページ ドコモ光(GMOとくとくBB)
【早分かり!auひかりの3つの特徴】

  • 最低100Mbpsの速度保証サービスを実施している
  • GMOとくとくBBが公式で平均速度を公開している
  • v6プラスで夜間通信も安定して速度がでる
  • 全国の約93%にサービスを提供している

ドコモ光は、圧倒的な知名度とシェア率を持つネット回線です。

誰でも一度は聞いたことがあるであろうNTTドコモが運営しており、ネット回線の中では稀な『速度保証』を実施しているネット回線になります。

ドコモ光とPS4
▲NTTドコモが運営しているドコモ光。
回線の中でも知名度・信頼性はトップクラス。

ドコモ光(GMOとくとくBB)の最大の特徴と言えるのが、『速度保証制度』です。

一般的なネット回線は、最大1Gbpsの回線を契約しても実際はどれくらい速度が出るか分かりませんという方式でネット回線を契約しています。

しかし、ドコモ光では実際の速度として最低100Mbpsを保証しており、万が一100Mbpsを下回ってしまった場合は、補填が行われます。

さらにドコモ光は、各地域毎の実際の利用者の平均速度も公式サイトで公開済みです。

これらの事から速度に対するかなりの自信を伺えますので、「実際に速度が出るか不安…」という方でも安心して契約することが出来るでしょう。

GMOとくとくBBの速度平均
▲ドコモ光には速度保証制度があり
誰でも安心して申し込める。

なお、ドコモ光(GMOとくとくBB)を契約する人は、v6プラス通信サービスが必須になってきます。

無料で契約することができ、なおかつNTT回線で起きがちな回線混雑を避けることができるようになりますので、必ず契約するようにしましょう。

ドコモ光(GMOとくとくBB)
ドコモ光で快適にオンラインゲームをするための条件と注意点について解説しました。ドコモ光ではどんなゲームも快適にプレイすることが出来ますが、そのためには一定の条件が必要になります。ドコモ光でオンラインゲームをしている人・これからしたい人はチェックしてみて下さい。

PS4オンラインのラグ解消に関するQ&A

PS4のよくある質問

PS4オンラインのラグ解消について、Q&A方式で情報をまとめました。

PS4を無線でプレイするのはアリ?ナシ?

プレイするジャンルにもよりますが、基本的に無線でのオンラインはオススメしません

特にFPSや格ゲー、MOBAといったゲームでは有線と無線でPing値に大きな差が出てしまうため、ラグによって勝敗が決まってしまうようなケースも少なくありません。

逆に、MMORPG(MORPG)や対CPUのアクション系ゲームなどは無線でプレイしても極端に大きな差はないでしょう。

また、環境的にどうしても無線でしかプレイできない場合は、ゲーミングルーターをオススメします。

ゲーミングルーターは無線環境でありながら有線に近い環境を作ることができるため、無線環境でプレイしたい人には役に立つでしょう。

ASUS ゲーミング WiFi 無線LAN ルーター RT-AC88U 11ac 2167 1000Mbps 最大21台 4LDK 3階建向け 【 PS4 / Wii U/iPhone 対応 】

過去90日間の平均価格¥24,767
(時期によって値段が上下する可能性があります)

「ゲーミングルーターって何が違うの?必要なの?」と思っている人も多いのではないでしょうか。このページでは、ゲーミングルーターと普通のルーターの違い、またゲーミングルーターの必要性についてなども解説しました。ゲーミングルーターを検討している人はチェックしてみて下さい。

PS4のリモートプレイのラグは回線に関係がある?

少なからずネット回線も影響はありますが、リモートプレイは仕様上一定のラグを避けることはできません。

そのため、ある程度のラグは許容するしかないです。

PS4のリモートプレイ
▲PS4でリモートプレイをすると
一定のラグは必ず起きてしまう。

とはいえ、もちろん「回線や周辺機器が悪い+リモートプレイ」よりは「回線や周辺機器が良い+リモートプレイ」の方がラグは少なくなります。

それを考えると、ここで紹介した最低限の環境は確保しておくと良いでしょう。

PS4におすすめのネット回線3つのうちどれを選べば良いですか?

ネット回線を選ぶ基準は人それぞれありますが、オススメは「スマホとのセット割が適用できる回線を選ぶ方法」です。

このページで紹介した3つの回線であれば、基本的にどの回線でもゲームを快適にプレイすることができます

そのため、速度がどうこうというよりも「値段がどれくらい抑えられるか」や「導入することができるかどうか」を重視するのがおすすめです。

再度簡単にまとめておくと、対応した携帯・スマホは以下の通りになります。

■オススメの光回線とセット割
回線名
対応キャリア
NURO光
ソフトバンク携帯・スマホ
auひかり
au携帯・スマホ
ドコモ光
docomo携帯・スマホ

それぞれ自分が契約している携帯・スマホに合わせて契約すると良いでしょう。

v6プラスではPS4が出来ないと聞いたのですが本当でしょうか?

「v6プラスを利用するとオンラインができない」といったことを聞いたことがある人もいるかもしれませんが、基本的にv6プラスでも通常通りオンラインは可能です。

ただし、v6プラスを利用すると任意のポートが解放できなくなります。

仮にポートが解放できなくなったとしてもゲーム自体に大きな問題はありませんが、ゲームによっては何かしらの影響が出てしまうことがあります。

マインクラフトのサーバー公開
▲v6プラスを利用すると
一部ゲームで使えなくなる機能がある。

例えば、マインクラフトでサーバー公開が出来なくなったり、P2P方式のゲームでホストになれなくなったりするのがその一例です。

とは言っても、ゲームが出来なくなるようなことはありません。

IPv6(v6プラス)を利用してPS4のオンラインをする場合に関しては、別記事で詳しく解説しているため、そちらをチェックしてみて下さい。

v6プラスでオンラインゲームをプレイするメリット・デメリットをまとめました。また、v6プラスでオンラインゲームをプレイするときに起きがちな問題とその対処法も解説しています。v6プラス導入を検討している人は参考にしてみて下さい。

PS4のダウンロード速度はラグなどに関係がありますか?

PS4のダウンロード速度は、ほとんど通信速度依存です。

そのため、ラグとはあまり関係がなく、通信速度が速ければ速いほどダウンロード速度も速くなり、逆に遅ければダウンロード速度も遅くなります。

ダウンロード速度を上げたい人は、とにかく速いネット回線を利用するのがベストです。

PS4のダウンロード速度
▲PS4のダウンロードを早くするなら
通信速度が速い回線を利用した方が良い。

当サイトが調べたデータでは、今回紹介した3回線の利用者100人の平均速度はそれぞれ以下のようになっていました。

■オススメ3回線の平均速度(100人のデータ)
回線名
平均速度
NURO光
501.9Mbps
auひかり
236.6Mbps
ドコモ光
152.7Mbps
※ドコモ光の速度はドコモ単体ではなく光コラボ全体の速度になっています。

速度を求めるなら、やはりNURO光やauひかりが速いです。

独自の配線網を持っているため安定した高速回線を利用することができ、ダウンロード速度も大きく向上する可能性が高くなります。

もちろんドコモ光でも十分な速度は出せますので、自分が気になる回線を確認すると良いでしょう。

まとめ:PS4のラグを解消して快適にオンラインをプレイしよう

このページでは、PS4オンラインのラグ解消法を紹介しました。

PS4でラグが起きている時の解決法は大きく6つです。

  1. Google Public DNSを利用する
  2. 使用している回線に合わせてMTU値を設定する
  3. 有線化&LANケーブルのカテゴリを確認する
  4. 無線LANルーターのスペックを確認する
  5. プロバイダを切り替える
  6. ネット回線自体を切り替える

最終的な原因はネット回線になりますが、6つの順を追って試していくことでラグは確実に解消されます。

そのため、とりあえず簡単に試せるものから試してみると良いでしょう。

やはりオンラインをするのであれば、ラグが無いに越したことはありません。

このページを参考に、快適な環境をぜひ手に入れてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする