PS4が夜だけ遅くてラグくなってしまう3つの原因と6つの解決法を紹介!

PS4が夜だけ遅い!

「PS4が夜だけ遅くなる!」という人向けに、原因と解決法をまとめました。

PS4をプレイしていると「昼間は快適にできるのに、夜になるとラグが頻発してしまう…。」という現象に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこでこのページでは、PS4が夜だけ遅くなってしまうのがナゼなのか、また具体的な解決法を紹介していきます。

ラグで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

ナゼ?PS4が夜だけ遅くなってしまう3つの原因

PS4が遅くなる原因 

まずはPS4が夜だけ遅くなってしまう原因についてです。考えられる原因はいくつかありますが、基本的には以下の3つが主な原因になります。

  • インターネット利用者が増えて回線が混雑する
  • 通信する相手もしくはサーバーが良くない
  • 電波干渉を受けて回線が安定していない

それぞれの原因について見ていきます。

原因1:インターネット利用者が増えて回線が混雑する

1つ目の原因は、利用者増加による回線混雑です。

特にマンションに住んでいる人に起こりがちですが、一軒家に住んでいる場合でも近隣住人の回線混雑の影響を受けてしまいます。

回線の混雑が起きているのは、NGN網とプロバイダを繋げる作業を行う「網終端装置」という部分です。

網終端装置の混雑
▲NTT系の回線を使っている場合
網終端装置で回線が混雑してしまう。

この回線混雑が起きやすいのは、NTT系の回線を利用している人です。

「NTT系の回線ってどれのこと?」と分からない人もいるかと思いますが、基本的に以下の回線に当てはまらない人はNTT系の回線を利用している可能性が高くなります。

【NTT系に当てはまらない回線の例】

  • 独自の光回線:NURO光、auひかり、スターキャット光など
  • 地域の電力光回線:eo光、コミュファ光、メガエッグ光、ピカラ光、BBIQ光
  • CATV回線:Jcom、iTSCOM、ベイコムなど

これらの回線に当てはまらない人は、NTT系の回線を利用している可能性が高くなりますので、回線混雑の影響を受けやすいと思っておくと良いでしょう。

なお、マンションなどの集合住宅に住んでいる人は、網終端装置の混雑以外に各マンション内での回線混雑による影響も受けてしまいます。

なので、マンション+NTT系の回線を利用している人は特に回線混雑の影響が大きいです。とは言え、しっかりと対処法はありますので、後ほど詳しく見ていきます。

【マンション備え付けの回線を利用している場合】
マンション備え付けの回線を利用している人は、そもそもの回線がイマイチなことがあります。
詳しくは以下のページで解説していますので、備え付け回線を利用している人はチェックしてみて下さい。

「マンションでオンラインゲームが出来ない!」「NAT越えに失敗してしまう…」という人向けの解決策をまとめました。マンションの無料ネット回線は日常使いでは便利なものの、状況によっては問題が生じてしまいます。その問題点やv6プラスでの問題点にも触れて解説していきます。

原因2:通信する相手もしくはサーバーが良くない

2つ目の原因は、自分ではなく相手に原因がある場合です。

仮に自分が回線混雑の影響を受けてなかったとしても、通信している相手が混雑の影響を受けていたり、ゲームサーバー側に高い負荷がかかっていたりすると、ラグなどが起きてしまいます。

この場合は、自分ではどうしようもありません。

サーバー負荷が高い
▲サーバー負荷の高さが原因で
ユーザーがラグってしまう場合もある。

例えば友達がその状態になっているなら、友達に改善してもらうか、サーバーの負荷が高い場合はゲーム運営側でサーバーの強化がない限り、ラグをなくすことは難しいです。

とは言え、自分に原因はありませんので、この問題はスルーしても良いでしょう。

原因3:電波干渉を受けて回線が安定していない

3つ目は、電波干渉などを受けて安定しないというモノです。

有線接続している人はそこまで影響があるわけではありませんが、無線で接続している人はこの影響を大きく受けてしまいます。

特に、複数の端末を無線で接続している人は速度の低下が著しいです。

これについてもしっかりと対策をすることで改善することは可能ですので、次の項目で詳しく見ていきましょう。

「夜だけPS4がラグくなる…。」を改善する6つの方法

PS4が夜だけ遅い改善法

それでは本題でもある、夜だけラグくなる場合の改善法を見ていきます。

対処法として簡単にできる方法から紹介していきますので、試せるものから試してみて下さい。

解決法1:無線(Wi-Fi)の2.4GHzと5.0GHzを使い分ける

まずは無線(Wi-Fi)で接続している人向けです。

無線で接続している人は、現在主流の通信規格11ac(5.0GHz)とひとつ前の規格11n(2.4GHz)の回線を使い分けることで改善することがあります。

どちらの規格を使っているかは、接続するSSID(接続先の名前)で確認します。

  • 11ac規格(5.0GHz):SSIDに「-a」がある(例:aterm-abcdef-a)
  • 11n規格(2.4GHz):SSIDに「-g」がある(例:aterm-abcdef-g)

なお、SSIDを初期設定から変更している場合は、末尾で判断することができませんので、変更した人に確認してみてください。

そして、この2つの規格の特徴は以下の通りです。

  • 11ac(5.0GHz):安定性や質は高いが障害物(壁など)に弱い
  • 11n(2.4GHz):電波干渉を受けやすいが、障害物に強い

それぞれ以上のような特徴になっているため、「無線LAN機器との間に壁があるか」「他に電波を使うモノ(レンジなど)を使っているか」を基準に使い分けるのがベストです。

無線の周波数帯
学校とICTより。
2.4GHzと5.0GHzの特徴。

一人暮らしで極端に広い部屋でなければ11ac(5.0GHz)が安定で、家族と住んでいて機器とPS4の階数が異なる場合などは2.4GHzの方が安定と言った感じになります。

注意点として、CUH-1000番台のPS4は5.0GHz帯に対応していません。この場合は、PS4を買い換えるもしくは有線にするなどの方法しかありませんので、注意して下さい。

解決法2:無線LAN機器との距離が遠い人は中継機を買う

無線LAN機器とPS4の距離が遠くで、なおかつ有線接続できない人は、中継機の購入がオススメです。

中継機から無線で接続するのも良いですが、少しでも安定性を高めるのであれば、中継機からPS4までは有線で接続するようにしましょう。

中継機の接続
▲無線LAN機器が遠い場合は
中継機を置くと安定する可能性が高い。

オススメの中継器は以下の2つです。

TP-Link WiFi 無線LAN 中継器 RE450 11ac 1300 450Mbps ハイパワー コンセント直挿し ブリッジ APモード付き 3年保証

過去90日間の平均価格¥5,893
(時期によって値段が上下する可能性があります)

なお、中継機は置く場所によっても通信環境が異なります。

無線LAN機器から近すぎず遠すぎずの場所に置くのがベストと言われていますので、色々試して安定する場所を見つけてみて下さい。

解決法3:有線で接続する&カテゴリをチェックする

ここまで無線接続時の改善法を2つ紹介しましたが、できる人は有線にするのがベストです。

有線にすれば、家の広さや電波干渉などに依存することなく、常に安定した通信をすることができるようになります。

今は10m以上のLANケーブルやLANケーブル用の延長コードなどが市販で販売されていますので、そういったものを利用してできるだけ有線接続にしましょう。

そして、有線接続にする際に合わせて注意したいのが、LANケーブルのカテゴリです。

LANケーブルのカテゴリ
▲LANケーブル本体の一部に
英字もしくは数字で記載されている。

カテゴリはLANケーブルのスペックを表している数字で、現在一般的にはカテゴリ5~カテゴリ7のモノが販売されています。

■LANケーブルのカテゴリと特徴
最大速度
周波数
ゲーム向き
カテゴリ5(EIA-568-A)
100Mbps
100MHz
×
カテゴリ5e(EIA-568-B)
1Gbps
100MHz
カテゴリ6(EIA-568-B.2-1)
1Gbps
250MHz
カテゴリ6A(TIA-568-B.2-10)
10Gbps
500MHz
カテゴリ7(ISO/IEC 11801)
10Gbps
600Mhz
※カテゴリ8もありますが、ここでは省略しています。

ゲームをするのであれば、カテゴリ6/6A/7のいずれかがオススメです。

いずれも市販で売られているLANけーぶるになりますので、自分に必要な長さや予算を考えつつ選択してみてください。

iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル UTP Cat6a ストレート ノーマルタイプ 5m ブラック BSLS6ANU50BK

過去90日間の平均価格¥571
(時期によって値段が上下することがあります)

なお、LANケーブルについてより詳しく知りたい人は以下の記事も合わせてチェックしてみてください。

オンラインゲームを快適にプレイするためには、しっかりとしたLANケーブルが必要です。しかし、「LANケーブルの見分け方分からない…。」という人も多いでしょう。そこで、オンラインゲーム向きのLANケーブルと、LANケーブルのスペックや特徴について分かり易くまとめました。

解決法4:ルーターが古い人は買い換える

4つ目は利用しているルーターについてです。

ルーターが特に古い人(購入してから5年以上利用しているなど)は、新しいルーターを購入することで改善する可能性があります。

とは言え、「昼間は普通で夜だけ遅くなる…。」という状態であれば、ルーターに問題がない可能性も高いです。

なので、「昼間も少し遅めで夜はさらに遅い!」という状態と「古いルーターをずっと使っている(目安は3年以上)」という状態が重なっている人だけ買い替えを検討しましょう。

買い替えるルーターに関しては、有線・無線に応じて以下のように選ぶとOKです。

【有線の人におすすめのルーターの条件】

  • LANポートが最大1Gbpsに対応している
  • 発売から長い期間が経っていない(3年目安)

【無線の人におすすめのルーターの条件】

  • IEEE802.11ac規格に対応している
  • 発売から長い期間が経っていない(3年目安)
  • CPUスペックが高ければ高いほど良い

有線の人であれば、ルーターのスペックをこだわる必要はほとんどないです。

「LANポートが最大1Gbpsに対応していること」と「極端に古いルーターでないこと」の2点だけを確認して購入すると良いと思います。

無線の人については、スペックが高ければ高いほど良いです。

とは言え、それだと3万、4万の世界になってしまいますので、おおよそ以下のミドルスペック程度のルーターを購入しておくことをオススメします。

TP-Link Wi-Fi 無線LAN ルーター 11ac AC2600 1733 800 Mbps MU-MIMO IPv6 デュアルバンド ギガビット Archer A10 3年保証

過去90日間の平均価格¥7,569
(時期によって値段が上下する可能性があります)

ASUS ゲーミングWi-Fi無線ルーターRT-AC86U 11ac デュアルバンド AC2900 2,167 750Mbps 接続18台/3階建・4LDK 【 PS4 / Wii U 対応 】

過去90日間の平均価格¥18,670
(時期によって値段が上下する可能性があります)

これらについても別記事で詳しく解説していますので、ルーターの買い替えを検討している人はチェックしてみて下さい。

オンラインゲームをプレイする上で重要なのがルーターです。ルーターが原因でゲームにラグが起きたり、回線落ちが起きるようなことも多々あります。しかし、いざルーターを買い換えようと思っても数が多く選ぶのが難しいです。そこで、今回は3つに絞ってオススメのルーターを紹介します。

解決法5:ネット回線自体を切り替える

5つ目の解決法は、ネット回線自体の切り替えです。

特にマンションに住んでいる人やCATV回線を利用している人、モバイル(もしくはホーム系)のWi-Fiを利用している人は、切り替えをオススメします。

【切り替えで改善する可能性が高い回線】

  • マンション備えつけ回線:D.U-net、レオネット、ギガプライズなど
  • CATV回線:Jcom、ベイコム、イッツコムなど
  • モバイルWi-Fi:どんなときもWi-Fi、WiMAXなど
  • ホームルーター:Softbank Air、WiMAX HOMEなど

これらの回線は混雑問題以外でも、元の性能がイマイチであることが多いので、現在使っていて困っている人は切り替えを検討すると良いでしょう。

切り替え先としてオススメなのは以下の3回線です。

■ゲーム界隈で人気の回線
回線の特徴
NURO光
  • 最大2Gbpsの超高速回線
  • 都内のeSports施設でも採用
  • 集合住宅でも戸建て回線が引ける
auひかり
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • 独自配線で速度が出やすい
  • 月額料金が安く使える
ドコモ光
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • v6プラス通信で混雑に強い
  • 提供エリアがかなり広め

特にオススメの回線は、「NURO光」と「auひかり」です。

この2回線はゲーム界隈では人気がかなり高く、「ゲームをするならNURO光かauひかりのどっちかにしとけばOK!」という人も多くいます。

なので、契約できる人はこの2回線のどちらかにすると良いでしょう。

そして、この2回線に次いでオススメなのがドコモ光(GMOとくとくBB)です。GMOとくとくBBはv6プラスを採用しているプロバイダで、実測値データではドコモ光の中で圧倒的に速くなっています。

回線の評判自体もかなり良いものになっていますので、NURO光やauひかりと合わせて検討してみる良いかもしれません。

なお、ゲームに向いた回線については以下記事で詳しく解説していますので、気になる人はそちらも合わせてチェックしてみて下さい。

オンラインゲームにオススメのネット回線ベスト3をネトゲ廃人でもある管理人がまとめました。回線を選ぶ際に重要になる「通信速度・Ping値・回線落ち」についても解説しています。オンラインゲームの回線選びで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

(フレッツ光・光コラボ利用者のみ)IPv4 over IPv6通信を利用する

原因1:インターネット利用者が増えて回線が混雑する」で触れましたが、NTT系の回線を使っている人は、回線混雑の影響を特に受けやすくなっています。

これを解消するために使われているのが、「IPoE IPv4 over IPv6」という通信です。

この通信サービスの名称はプロバイダによって異なりますので、例として契約者数が多いプロバイダのサービス名を紹介します。

【主要プロバイダの「IPv4 over IPv6通信」サービス名】

  • v6プラス:So-net、@nifty、GMOとくとくBBなど
  • v6アルファ:OCN
  • IPv6高速ハイブリット:Yahoo!BB
  • v6エクスプレス:ぷらら
  • 独自IPv6オプション:BIGLOBE、BBexcite

名称こそ違うものの、基本的には同じサービスと思ってもらって構いません。

この通信方式を利用することで、回線混雑の原因になっている「網終端装置」を通過しなくてもネットに接続できるようになるため、混雑の影響を受けなくなります。

IPoE接続の説明
▲IPoE IPv4 over IPv6通信で
混雑地帯を避けて通信ができる。

なので、「夜だけ遅くなって困る…。」という人には必見のサービスと言えます。

「このサービス契約していないかも…。」という人は、以下記事でこのサービスならではの注意点なども解説していますので、それをチェックしつつ導入を検討しましょう。

v6プラスでオンラインゲームをプレイするメリット・デメリットをまとめました。また、v6プラスでオンラインゲームをプレイするときに起きがちな問題とその対処法も解説しています。v6プラス導入を検討している人は参考にしてみて下さい。

自分のゲーム環境に合わせて解決法を試していくのがベスト

PS4が夜だけ遅いを解決する方法

上の項目では合計6つの解決法を紹介しましたが、基本的には自分の環境に合わせて試していくのがベストです。

無線で接続している人は有線で接続したみたり、IPv4 over IPv6通信を使っていない人は追加で契約したりなど、試せるモノから試していきましょう。

とは言え、現在夜だけ遅くなって困るという人は、大元の回線が悪い可能性が高いです。その場合は、ここで紹介した回線をチェックしつつ、回線の切り替えを検討すると良いでしょう。

NURO光のキャンペーン
▲NURO光の特設サイトでは
45,000円のキャッシュバックを実施中。

なお、ここで紹介した回線は、どの回線も契約時のキャンペーンを実施しています。

NURO光で45,000円のキャッシュバック、auひかりは最大77,020円分の月額料金割引など、かなり豪華になっていますので、基本的には損せず契約することが可能です。

気になる人は、その辺りもチェックしつつ回線を考えてみて下さい。

まとめ:PS4が夜だけ遅い時の原因と解決法

このページでは、PS4が夜だけ遅くなる場合の原因と解決法を紹介しました。

再度、解決法について記載しておくと、以下のような感じです。

  1. 無線(Wi-Fi)の2.4GHzと5.0GHzを使い分ける
  2. 無線LAN機器との距離が遠い人は中継機を買う
  3. 有線で接続する&カテゴリをチェックする
  4. ルーターが古い人は買い換える
  5. ネット回線自体を切り替える
  6. (フレッツ光・光コラボ利用者のみ)IPv4 over IPv6通信を利用する

これら全てを試すことで確実に改善することができますので、それぞれ自分に合った方法を試して改善してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする