【厳選】PS4におすすめのネット回線3選!最強の環境を作る回線はどれ!?

PS4向けオススメ回線

2020年にPS5が販売されることが決まりましたが、ここではPS4の回線をまとめました。

ここ数年で、ゲームのクオリティが大きく上がり、なおかつゲームのアップデートやダウンロードが主流になったことで、今まで以上にネット回線が重要になっています。

そこでこのページでは、PS4に向いているネット回線情報からネット回線選びで重要になる点などを、年間2,500時間以上をゲームに費やすゲーマーな管理人が解説していきます。

PS4のネット回線選びに参考にしてみて下さい。

【管理人が厳選】PS4のオンライン向けおすすめネット回線3選

さっそくですが、PS4のオンラインに向いているネット回線を3つ紹介します。

それぞれの回線を選んだ理由は後ほど詳しく解説していきますが、数あるネット回線の中から3つの回線を選んだ簡単な基準は以下の通りです。

  • PS4のオンラインを快適にプレイできるか←最重要
  • ネット回線の相場と比較して料金がどうか
  • 申し込み時のキャンペーンは充実しているか
  • 携帯とのセット割を適用することができるか

また、ここで紹介する回線はいずれも管理人が実際に利用したことのある回線です。

FPSやMOBA、格ゲーなどの特に回線が重要になるゲームをメインにプレイしていますので、MMORPG(MORPG)やその他のジャンル問わず快適にプレイすることができると思われます。

それでは回線の話に入っていきましょう。

■管理人が厳選したPS4向きのおすすめネット回線
サービス概要 詳細
NURO光 ・最大2Gbpsの超高速回線
・都内のeSports施設でも採用
・現状日本トップクラスの回線
詳細
auひかり ・最大1Gbpsの高速回線
・独自配線ルートで速度が出やすい
・全国の約70%に対応している
詳細
ドコモ光 ・最大1Gbpsの高速回線
・最低100Mbpsの速度補填制度アリ
・全国の約93%に対応している
詳細
※詳細を押すと当記事内の解説ページに飛びます。

(1)NURO光

NURO光

最大速度 最大2Gbps
月額料金 4,743円
(戸建てマンション共通)
キャンペーン 35,000円キャッシュバック
セット割 ソフトバンク携帯・スマホ
公式ページ NURO光公式ページ
【早分かり!NURO光の4つの特徴】

  • 次世代技術を用いた最大2Gbpsの超高速回線
  • ゲーム内PING値で1桁を出せる応答速度
  • NURO光独自の配線方式を利用した抜群の安定性
  • 関東・東海・関西・九州に対応

最初に紹介するのは、恐らく現状最もゲーマーに愛されているNURO光です。

今まで日本で利用されていなかった配線技術を導入したNURO光は回線の質も非常に高く、プロの大会が行われる都内のeSports施設でも採用されているネット回線になります。

PS4
▲NURO光はSONYグループ運営のネット回線。
PS4の販売元でもあるため信頼性はかなり高い。

NURO光の最大の魅力は、安定した通信速度とPing値です。

まず通信速度についてですが、『RadishSpeedTest』のデータを利用して統計を出したところ、ランダムに選出したNURO光利用者100人の平均速度は501.9Mbpsになっていました。

また、多くの人が利用している速度測定サイト『みん速』のデータでは、21種の光回線の中でNURO光の平均速度は231.52Mbpsで2位になっています。

独自の配線技術から生み出される最大2Gbpsの通信速度は伊達ではないと言えるでしょう。

NURO光速い
▲NURO光は爆速&超安定のネット回線。
あまりの速さに叫んでしまう人続出!?

そして、通信速度だけではなく、NURO光はPing値が低いことでも有名です。

後ほど口コミでも紹介しますが、ゲームや地域によってはゲーム上で1桁のPing値を出すことも可能で、先ほど紹介した『みん速』のデータを見ても大手回線の中でNURO光のPing値は最も低くなっています。

この2つの要素だけでも、現状NURO光は最もゲーム向きの回線と言えるでしょう。

以下は実際にNURO光を利用している人の口コミです。

回線に関しては高評価なNURO光ですが、実は開通工事が遅いことで有名な回線でもあります。

そのため、自分で思っているよりも早くに申し込みを行わないと、開通する時期が予定より遅くなってしまう可能性がありますので、計画性を持って申し込みをすると良いかもしれません。

なお、7月現在のNURO光申し込みキャンペーンは35,000円キャッシュバックです。

好きなゲーム機を購入できる他、ソフトや周辺機器などを購入することもできますので、気になる方は下記公式サイトをチェックしてみて下さい。

NURO光公式キャッシュバック

(2)auひかり

auひかり

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,100円
(マンション:3,800円)
キャンペーン 最大50,000円キャッシュバック
セット割 au携帯・スマホ
公式ページ auひかり(代理店NNコミュニケーションズ)
【早分かり!auひかりの3つの特徴】

  • 独自光ファイバーを利用しており高速&安定
  • ネット回線の中でもトップクラスに高いキャッシュバック
  • 全国の約70%に対応している提供エリア

続いて紹介するのは、NURO光と同じく独自回線を持っているauひかりです。

auひかりと言えば、三太郎シリーズや高杉くんなどの独特なCMが頭に残っている人が多いかもしれませんが、実はauひかりは独自の配線を持っており回線の質はかなりガチです。

auひかりの三太郎
▲独特なCMが印象的なauひかりだが
独自配線持ちのゲーム向きガチ回線。

auひかりの魅力は、安定した回線のスペックと超高額なキャッシュバックです。

まずは回線の質についてNURO光と同じ様に測定したデータでは、『RadishSpeedTest』で平均速度236.6Mbps、『みん速』で平均速度172.25Mbps(全体の5位)にそれぞれなっていました。

また、みん速によるPing値データでは、NURO光に続いて2位を獲得していますので、特に回線が重要になるようなオンラインゲームでも十分以上の性能を期待することができます。

全体的にスペックとしてはNURO光に劣ってしまいますが、十分安定した高速回線と言えるでしょう。

▲auひかりはNURO光に並ぶゲーム向き回線。
独自光ファイバーの安定した高速回線が使える。

そして、2つ目の魅力がネット界隈でもトップレベルに高いキャンペーンです。

auひかりを公式サイトから申し込んでしまうと1~2万円前後のキャンペーンしか受けられませんが、特定の代理店を利用することで最大50,000円のキャッシュバック+現在の回線の解約金負担最大30,000円のキャンペーンを受けることができます。

費用を気にすることなくネット回線の乗り換えができますので、少しでも出費を抑えたいという人には強くオススメできるネット回線がauひかりと言えるでしょう。

以下実際にauひかりを利用している人の口コミです。

「オンラインゲームと言えばNURO光!」と言う人も多いですが、「オンラインゲームはauひかりが神!」と言う人も同じくらいいる程度には、auひかりは人気な回線です。

対応エリアも全国の約70%とNURO光と比較してかなり範囲が広くなるため、より多くの人が契約することができる良回線と言えます。

なお、現在auひかりでは『5G/10G』といったさらに高速な回線も提供中です。

ゲームをするだけであれば少しオーバースペックな性能になりますが、5G回線は1G回線と同じ料金で契約することができますので、気になる方はチェックしてみると良いかもしれません。

NNコミュニケーションズ

(3)ドコモ光

ドコモ光

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,200円
(戸建て:4,000円)
キャンペーン 最大15,000円キャッシュバック
セット割 ドコモ携帯・スマホ
公式ページ ドコモ光(GMOとくとくBB)
【早分かり!ドコモ光の3つの特徴】

  • 最低100Mbpsの速度補填サービスを実施している
  • v6プラス通信で夜でも安定した速度が期待できる
  • 全国の約93%にサービスを提供している

3つ目に紹介するのが、NTT回線を利用したドコモ光です。

ネット上では「NTT回線(ソフトバンク光やドコモ光など)はオワコン…」といった意見がよく見られますが、新しい通信技術v6プラス(または同等のサービス)を利用することで十分活用できます。

ドコモ光ポインコ
▲NTTドコモが運営しているドコモ光。
v6プラス通信を利用することでゲームも可能。

v6プラス通信については後ほど紹介するため、ここではドコモ光の中でもオススメのプロバイダ『GMOとくとくBB』の速度補填制度と平均速度公開について見ていきます。

まず初めは、GMOとくとくBBならではの最低100Mbps速度補填制度です。

これは、開通後に通信速度が100Mbpsを切ることがあれば補填するという制度で、「回線を契約した後に速度が出るか不安…」というよくある悩みを解消してくれるサービスになります。

GMOとくとくBBの速度平均
▲ドコモ光には速度保証制度があり
誰でも安心して申し込める。

補填額は100円相当と高額ではありませんが、100万回線以上を持っている大手会社でこういったサービスを提供するには、通信速度に対するかなりの自信が必要です。

実際、GMOとくとくBBで公開されている平均速度も『みん速』での平均速度も175Mbps前後とかなり好調になっているため、補填を使う必要はほとんどないでしょう。

これだけの速度が出ていれば、NURO光やauひかりに劣らずゲーム向きの回線と言えます。

以下実際にドコモ光GMOとくとくBBを利用している人の口コミになります。

GMOとくとくBBはv6プラスを利用することで、大幅に速度が改善されます。

逆に言うと、v6プラスに対応したルーターがなかったり、v6プラスに対応していないプロバイダを契約してしまうと、NTT回線はほぼ使い物にならなくなってしまいます

GMOとくとくBBでは、対応ルーターを無料でレンタルしていたり、平均速度公開などもしていますので、気になる方は一度公式サイトを覗いてみると良いでしょう。

ドコモ光(GMOとくとくBB)

ランキングから外れた主要回線(ソフトバンク光など)について

ここでは3つの回線を紹介しましたが、主要な光回線は他にもあります。

例えばソフトバンク光やフレッツ光、その他地域毎の電力回線(eo光やコミュファ光など)がそういった回線に当たります。

ここからは、これらの主要光回線について解説していきます。

ソフトバンク光

ソフトバンク光

1つ目の回線は、ソフトバンク光です。

ネット上では「ソフトバンク光はクソだからやめた方が良い…」という声をよく耳にするかもしれませんが、実際のところソフトバンク光の回線は強いです。

ソフトバンク光は独自の通信方式(IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4)を利用しているため、他のNTT回線と比較した時に速度が出やすい傾向にあります。

しかし、ソフトバンク光の回線をフルで活用するためには、『光BBユニットレンタル』や『自前でルーターを用意する』などの費用と手間がどうしても必要です。

BBユニットのレンタル
▲ソフトバンク光は速度を出すために
手間と費用が普通以上に必要になる。

さらには、セット割の対象であるソフトバンク携帯・スマホもよりゲーム向きと言えるNURO光と被ってしまっています。

回線こそ速いものの、これらの理由からランキング外になりました。

とはいえ、NURO光のエリア対象外でソフトバンク携帯・スマホを利用している人であれば、ソフトバンク光は十分候補に入るネット回線と言えます。

他社ネット回線の違約金負担+キャッシュバックキャンペーンも行っていますので、気になる人はチェックしてみるといいかもしれません。

ソフトバンク光

Gaming+(ゲーミングプラス)

Gamingプラス

ゲーマー向けのプロバイダとして一時期注目を集めたのがGaming+です。

Gaming+はプロチーム『Detonation Gaming』の公式スポンサーでもありますが、結論から言うとあまりオススメできるプロバイダではありません

Gaming+がオススメできない理由は大きく2つあります。

  • 一般的なプロバイダと比較して6倍程料金が高い(月額3,000円)
  • ゲーマー向けと言える特別な仕組みを導入していない

Gaming+のコンセプトは『全てのゲーマーのためのハイスペックプロバイダ』なのですが、これといってゲーマー向きと呼べる特別な仕組みや技術は導入していません

高い月額料金を設備投資に回せるのであれば回線の質自体は上がるかもしれませんが、それにしても他社プロバイダと比較した時に極端に高すぎます。

それならば、ここで紹介したネット回線を契約した方がお得になる可能性は高いでしょう。

Gaming+を契約することはオススメしませんが、「どんなプロバイダか気になる…」という人は、別記事「Gaming+(ゲーミングプラス)の評判は?ゲーマー向けは意味なし?!」で解説していますのでそちらをチェックしてみて下さい。

地域毎の電力回線(eo/コミュファ/ピカラ/メガエッグ/BBIQ)

電力回線

地域毎の電力回線は、それぞれの地域で一定の人気を持っている回線です。

具体的には、以下の5つが地域限定の電力回線になります。

■各地域毎の地域限定回線
地域
利用できる回線
関西エリア
eo光
中部エリア
コミュファ光
中国エリア
MEGA EGG光
四国エリア
Pikara光
九州エリア
BBIQ光

これらの地域回線は、NURO光やauひかりと同じく独自の配線を利用しています

独自配線である程度快適な環境が期待できるかもしれませんが、実際の口コミなどを見てみると、速度が出る人と出ない人の差がかなりあり少し安定感に欠けるイメージです。

また、契約時に適用されるキャンペーンもイマイチなものが多いです。

そのため、今回はランキングから外れる結果になりました。

回線の質という点では劣りがちですが、「電気やガスなどの公共料金とネット回線をセットで払いたい!」という人であれば、こういった地域限定の電力回線を検討するのはアリです。

ちなみに、電力系の回線は全てau携帯・スマホとのセット割になります

「au携帯だけどネット回線は提供エリア外だった…」「au携帯で公共料金と合わせて支払いたい!」といった状態に当てはまる人は、一度チェックしてみるといいかもしれません。

固定回線が引けない人はWiMAXを検討するのもアリ

「うちは固定回線が引けないから…」という人は、WiMAXを検討するのもアリです。

しかし先に言っておくと、格ゲーやMOBAやFPSなどの回線が重要になるゲームでは使い物にならないことの方が多いので、そういったジャンルをプレイしたい人にはあまりオススメはしません。

その他のジャンル(RPGなど)をメインにプレイする人には、『Speed Wi-Fi NEXT W06』もしくは『Speed Wi-Fi HOME L02』のいずれかの機器をオススメします。

WiMAX

いずれの機器も極端な性能差があるわけではありませんが、家でしかゲームをしない人は『HOME』を、外でもゲームをしたい人は『NEXT』を契約すると良いでしょう。

注意点として、どちらの機器にも3日で10GBの通信制限があることを覚えておいてください。

ゲームによっては、ダウンロードやアップデートだけで10GBを悠々と超えてしまうこともありますので、使用する容量には十分注意するようにしましょう。

GMOとくとくBB

PS4でオンラインをするのに必要なネット環境は?

PS4でオンラインをするのに必要なネット環境は以下の通りです。

・下り回線速度30Mbpsをキープ出来る

・PING値50ms以下をキープ出来る

数値だけで見ると、条件を満たすのは難しくありません。

「この数値はどれくらいなの?」という方向けに説明すると、スマホの回線スペックのおおよそ半分くらいのレベルになります。

ゲームに必要な回線速度
▲PS4のオンラインだけであれば
回線速度はあまり重要ではない。

中でも重要なのは、回線速度ではなく『PING値』です。

「オンラインは回線速度が重要!」という人がたまにいますが、どちらかと言うと重要なのはPING値になりますので注意してください。

PING値がゲームに与える影響とラグについて

「そもそもPING値って何なの?」という方もいるかもしれません。

PING値を一言で表すと『ラグを数値化したモノ』で、数値が高ければ高いほどラグが発生し、数値が低ければラグが発生しずらくなります。

ゲームのジャンルにもよりますが、ベストな数値は0~20msです。

●PING値の目安表(ジャンル別)
ゲームのジャンル 推奨PING値
FPS、TPS、格闘などの繊細な対人戦がメインのゲーム
(PUBG、FORTNITE、スプラ、R6S、ストファなど)
15ms以下
MOBA、少し緩めなシューティングなどの対人戦がメインのゲーム
(LOL、DOTA、GTAなど)
30ms以下
MMORPG、MORPGなど育成や対CPUがメインになるゲーム
(PSO2、FF14、黒い砂漠、ラグナロクオンライン、MHWなど)
50ms以下
将棋、囲碁、TCGなどそこまでラグが気にならないゲーム
(Hearthstone、Shadowverseなど)
100ms以下

PING値を低くするには、『もともとPING値が低いネット回線を利用する』という手段が最も効果的になります。

そういった点では今回紹介した光回線は、いずれも低いPING値を出すことが出来ますので、安心して契約することができるでしょう。

なお、PING値については別記事「オンラインゲームのPING値って?目安の数値と3つの改善方法を紹介!」で詳しく紹介していますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

オンラインゲームにあるPING値とは何なのでしょうか。また、このPING値はどうしたら良い数値になるのでしょうか。今回は、PING値の正体や3つの改善方法、PING値に合わせて生じるパケットロスなどを、誰でも分かるように詳しく解説していきます。

▼オンラインゲームとラグについてのオススメ関連記事

オンラインゲームで起きるラグの原因とその解消法に関してまとめました。オンラインゲームをプレイする上で『ラグ』は非常に鬱陶しいものです。出来ることならラグがない快適なゲーム環境が欲しいと思う人も多いでしょう。ここでは、そういった環境のために出来ることとその原因について解説します。

NTT回線で採用されるIPv4 over IPv6通信(v6プラス)について

ドコモ光で登場しましたが、現在NTT回線を支えているのが『v6プラス通信』です。

『IPoE IPv4 over IPv6通信』といった風に書くのがより正確ですが、この通信方式を利用することで従来NTT回線の問題になっていた『回線混雑』を避けることができるようになりました。

イメージ的には以下のようなモノです。

IPv4(PPPoE通信)
IPv6(IPoE通信)

利用者が多いことにより速度が大幅に低下していたNTT回線でしたが、この通信システムを利用することで速度低下が起きずらくなり、実際の通信速度も大幅に改善されました。

そのため現在のNTT回線は、この制度が導入されているプロバイダであれば、他の独自回線に見劣りしないレベルの速度を出せるようになっています。

なお、このページでは『v6プラス』という名前で統一して紹介していますが、他にもv6アルファやv6エクスプレス、transixなどプロバイダによって異なる名前でサービスが提供されています。

それぞれ名前が異なるサービスの中身は別物になりますが、利用者視点として大きな違いはないため、ほとんど同じサービスという認識で問題ないでしょう。

v6プラスについては、別記事「オンラインゲームを(IP)v6プラスで快適に!出来ないゲームの対処法は?」で細かく解説していますので、気になる人はそちらも合わせてチェックしてみて下さい。

v6プラスでオンラインゲームをプレイするメリット・デメリットをまとめました。また、v6プラスでオンラインゲームをプレイするときに起きがちな問題とその対処法も解説しています。v6プラス導入を検討している人は参考にしてみて下さい。

PS4とネット回線に関するQ&A

ここからは、PS4とネット回線に関するQ&Aを紹介していきます。

「アップロードってどういう意味があるの?」「PS4のダウンロード速度はどうやって決まるの?」など、頻繁に耳にするものをまとめましたので、ぜひチェックしてみて下さい。

PS4のオンラインに上り速度(アップロード)は必要なの?

知っている方も多いかもしれませんが、回線速度には2種類あります。

一般的に回線速度として扱われるのは『下り速度(ダウンロード)』で、もうひとつは『上り速度(アップロード)』と呼ばれるものです。

PS4をプレイするだけであれば、上り速度はほぼ必要としません

上り速度いらない
▲アップロード速度は通常のゲーム
プレイで必要とされることは少ない。

ただし、ゲームの配信をしたい人やゲームの動画やリプレイを動画サイトに上げたい人は、一定以上のアップロード速度が必要になります。

とはいえ、しっかりとした光回線を契約していれば問題なく出来るため、回線速度が足りているかどうかの心配をする必要はないでしょう。

PS4のダウンロード速度はどうやって決まるの?

PS4で意外と気になるのが、ゲームのダウンロード速度です。

例えば、20GBのゲームをダウンロードするのに10分前後で終わるのと、数時間かかるのではストレスも大きく変わってくるでしょう。

このダウンロード速度を決めているのは、回線速度です。

PS4のダウンロード時間
▲しっかりとした回線を利用することで
ダウンロード速度も劇的に速くなる。

つまり、回線速度を上げることで、ダウンロード速度が向上され待ち時間も大幅に短縮されるということなります。

PS4のラグが起きないような回線を利用することで、「ゲームのダウンロードが遅い…」という悩みもしっかりと解決してくれるでしょう。

PS4のダウンロードに関するより詳しい情報を知りたい方は、別記事「PS4のダウンロード速度を速くする3つの方法!」も合わせてご覧ください。

PS4で陥りがちなゲームのダウンロード速度が遅い…という場合の対処法をまとめました。ゲームを購入しにいかなくてもダウンロードできるというのは非常に魅力的です。しかし、ダウンロードに時間がかかりすぎると少しイライラしてしまいます。そこで今回は少しでも速くダウンロードできる方法を紹介します。

PS4とプロバイダに相性のようなものはある?

稀に『PS4とプロバイダに相性がある』という話を聞きます。

これについて『ゲーマー・光回線営業マン』という2つの視点から考えてみたのですが、恐らくないだろうという結論になりました。

もしPSNをSo-netが運営しているのであれば、So-netが優位になる可能性はありますが、あったとしても誤差程度でしょう。

そのため、プロバイダとの相性は考えなくても大丈夫です。

どのプロバイダと契約するかよりも、どのインターネット回線を契約するかを考えた方が、最終的な満足度は高くなるでしょう。

PS4のDNS設定をすることで回線速度は速くなる?

PS4のDNSを設定することで速くなることがあります。

よくある方法は、Googleが一般向けに公開している『Public DNS』を利用して、信号変換速度を速める方法です。

【DNSの設定方法】

1、 ネットワーク>インターネット接続設定
2、『LAN設定』のいずれかを選択
3、『カスタム』を選択
4、『IPアドレス設定』を自動
5、『DHCPホスト名』を指定しない
6、『DNS設定』を手動で下記に設定
       →プライマリ『8.8.8.8』
        セカンダリ『8.8.4.4』
7、『MTU設定』を自動
8、『プロキシサーバー』を使わない
9、 インターネット診断をする

回線速度が上がっていない場合は、手順3の『カスタム』を『かんたん』に設定して元の状態に戻しておくといいでしょう。

まとめ:PS4のオススメネット回線3選まとめ

今回は、PS4向けのオススメ回線を紹介してきました。

管理人オススメの回線は、以下の3つです。

回線名
月額料金
キャッシュバック
ドコモ光
戸建て:5,200円
マンション:4,000円
15,000円
詳細
auひかり
戸建て:5,100円
マンション:3,800円
50,000円
詳細
NURO光
4,743円
(戸建て・マンション共通)
35,000円
詳細

PS4でオンラインをするのであれば、ネット回線は非常に重要です。

ラグなくゲームをプレイするためにも、しっかりと速度が出るネット回線を契約して、快適なゲーム環境を作っていきましょう。

☞ 世界最速回線NURO光の公式サイト

☞ 高額なキャッシュバックと速度が魅力のauひかり(So-net)

☞ NTT回線を利用した圧倒的シェアを持つドコモ光(GMOとくとくBB)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする