【ガチ厳選】PS4にオススメのネット回線3選!回線選びのポイントも解説

PS4向けオススメ回線

「PS4でオススメのネット回線が知りたい!」という人向けにPS4のオススメ回線をまとめました。

「ラグ過ぎてゲームのやる気が起きない…。」「回線負けでイライラする…。」など、ゲームをやっていると回線の悩みは尽きないモノです。

そこでこのページでは、PS4をするのにオススメのネット回線とその選び方、またPS4の回線に関するFAQを解説していきます。

PS4のネット回線契約を検討している人は参考にしてみてください。

【ガチ厳選】PS4のオンラインにオススメのネット回線3選!

PS4のオススメ回線

それではさっそくですが、PS4のオンラインにオススメのネット回線を3つ紹介していきます。

基本的には「どれくらいオンラインが快適になるか」に焦点をあてていますが、それ以外の要素も考慮した上で3つの回線に絞りました。

各要素は以下のような感じです。

  • PS4のオンラインを快適にプレイできるか←最重要
  • 携帯・スマホのセット割は対応しているか
  • 申し込み時のキャンペーンは充実しているか
  • 料金は相場と比べて高くないか

4つのバランスが取れるように厳選していますので、「セット割があるからこれにしたい」「キャンペーンが良いからこれにしたい」など自分に合う回線を選んでみてください。

それでは、具体的にみていきましょう。

■PS4にオススメのネット回線3選!
サービス概要 詳細
NURO光
  • 最大2Gbpsの超高速回線
  • 都内のeSports施設でも採用
  • 現状ゲームに最も向いている
詳細
auひかり
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • 独自配線網で速度が出やすい
  • 全国の約70%に対応している
詳細
ドコモ光
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • v6プラス対応で超安定
  • 全国の約93%に対応している
詳細
※詳細を押すと当記事内の解説ページに飛びます。

(1)NURO光

NURO光

最大速度 最大2Gbps
月額料金 4,743円
(戸建てマンション共通)
キャンペーン 45,000円キャッシュバック
セット割 ソフトバンク、Y!mobile携帯・スマホ
公式ページ NURO光公式ページ
【早分かり!NURO光の4つの特徴】

  • 日本初の設備を用いた最大2Gbpsの超高速回線
  • ゲーム内Ping値で1桁を目指せる応答速度
  • NURO光独自の配線網で安定性も抜群
  • 北海道・関東・東海・関西・九州に対応

最初に紹介するのは、ゲーム界隈で一番注目されているであろうNURO光です。

今まで日本で利用されていなかった配線技術を導入したNURO光は回線の質が非常に高く、プロの大会が行われる都内のeSports施設でも採用されているネット回線になります。

NURO光はSONYグループが運営
▲NURO光はSONYグループ運営のネット回線。
PS4の販売元でもあるため信頼性はかなり高い。

NURO光の注目ポイントは、光回線トップクラスに優秀な通信速度とPing値です。

まず通信速度についてですが、『RadishSpeedTest』のデータを利用して、計100人のデータの平均速度をチェックしてみるとその数値は501.9Mbpsになっていました。

また、多くの人が利用している速度測定サイト『みんなのネット回線速度』でも、常にトップ2を争う平均通信速度になっています。

実測値のデータを見ると光回線最強クラスの通信速度と言って過言ではないでしょう。

NURO光は光回線トップクラスに速い
▲NURO光は爆速&超安定のネット回線。
あまりの速さに叫んでしまう人続出!?

そして、通信速度だけではなく、NURO光はPing値が低いことでも有名です。

【※Ping値って何?】
Ping値は相手サーバーとの情報交換にかかる時間のことです。
具体的には後半で解説しますので、ここでは「ラグさを示す数値(小さい方が優秀)」というくらいに見てもらえるとOKです。

先ほど紹介した『みんなのネット回線速度』のデータを見てみると、NURO光のPing値は主要光回線の中で頭1つ抜けて数値が小さくなっています。

実際のゲーム内でも1桁Ping値を狙えるだけの性能を持っているため、Ping値においても光回線の中でトップクラスと言って過言ではありません

以下はNURO光を既に利用している人の口コミをまとめてみました。

回線の質に関してはかなり評価が高いNURO光ですが、実は開通工事が遅いというデメリットも抱えています。

そのため、もしNURO光を検討しているのであれば、自分が予定しているよりも早めに申し込むことをオススメします。

なお、10月現在のNURO光申し込みキャンペーンは45,000円キャッシュバックです。

好きなゲーム機を購入できる他、ソフトや周辺機器などを自由に購入することができますので、気になる方はチェックしてみてください。

NURO光公式キャッシュバック
「NURO光ってゲーム向きって言われてるけど実際どうなの?」という方向けに、NURO光が本当にゲームに向いているのかを実測値や口コミ、デメリットなども踏まえながら解説しました。NURO光を検討している人には必見の内容です。

(2)auひかり

auひかり

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:3,480円
(マンション:2,080円)
キャンペーン 月額料金大幅割引
セット割 au携帯・スマホ
公式ページ auひかり(So-net)
【早分かり!auひかりの3つの特徴】

  • 独自配線網を利用しており高速&安定
  • 月額割引キャンペーンでかなり安く使える
  • 全国の約70%に対応している提供エリア

2つ目に紹介するのは、NURO光と並んで2台巨頭と言われるauひかりです。

auひかりと言えば、三太郎シリーズや高杉くんなどの独特なCMが頭に残っている人が多いかもしれませんが、実はauひかりは独自の配線網を持っており回線の質はかなりガチです。

auひかりはゲーム向きガチ回線
▲独特なCMが印象的なauひかりだが
独自配線持ちのゲーム向きガチ回線。

auひかりの注目ポイントは、安定した回線のスペックと豪華なキャンペーンです。

auひかりは、ずば抜けて回線の質が高いわけではありませんが、通信速度・Ping値ともに光回線の中で上位をキープしています。

NURO光同様に集めたRadishユーザー100人のデータでは平均速度236.6Mbps、みんなのネット回線速度ではプロバイダをSo-netに絞ると常に5位以内です。

また、みんなのネット回線速度のPing値データに関しても主要光回線の中ではNURO光に次いで低くなっており、これも光回線トップクラスになっています。

スペックとしてはNURO光に劣ってしまいますが、筆頭候補に入る回線と言えるでしょう。

auひかりは通信速度・Ping値も優秀
▲auひかりはNURO光に並ぶゲーム向き回線。
独自光ファイバーの安定した高速回線が使える。

そして、2つ目の魅力がネット界隈でもかなり豪華なキャンペーンです。

auひかりを公式サイトから申し込んでしまうと1~2万円前後のキャンペーンしか受けられませんが、プロバイダSo-netから申し込みを行うことで、戸建てで77,020円、マンションで73,680円の月額料金大幅割引を受けることができます。

また、乗り換え時の違約金3万円負担も付いているおり、費用を気にすることなくネット回線の乗り換えが可能なのも魅力の1つでしょう。

以下実際にauひかりを利用している人の口コミです。

「ゲームと言えばNURO光!」と言う人も多いですが、それと同じくらい「ゲームならauひかり!」という人もいます。

それくらいには人気の回線で、提供エリアも全国70%以上とかなり広くなっているため、NURO光と比べて契約しやすいです。

また、au携帯・スマホとのセット割を利用すると最大5Gbpsの回線も通常通りの値段で契約できるため、より速度を求めている人には持って来いでしょう。

So-netからの申し込みでかなりお得に契約できますので、気になる人はチェックしてみてください。

auひかり×So-netキャンペーン
「auひかりはゲームに向いてる!」と良く言われますが、実際のところどうなのでしょうか。このページでは、auひかりを利用している人の実際の口コミ・特徴、auひかりの回線スペック・特徴といった情報からゲームが快適にできるかを解説しました。

(3)ドコモ光

ドコモ光

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,200円
(戸建て:4,000円)
キャンペーン 最大15,000円キャッシュバック
セット割 ドコモ携帯・スマホ
公式ページ ドコモ光(GMOとくとくBB)
【早分かり!ドコモ光の3つの特徴】

  • 最低100Mbpsの速度補填サービスを実施している
  • v6プラス通信で夜でも安定した速度が期待できる
  • 全国の約93%にサービスを提供している

最後に紹介するのが、NTT回線を利用したドコモ光です。

ネット上「NTT回線(ソフトバンク光やドコモ光など)はオワコン…。」といった内容をよく見るかもしれませんが、新しい通信技術v6プラス(または同等のサービス)を利用することで十分活用できます。

ドコモ光ポインコ
▲NTTドコモが運営しているドコモ光。
v6プラス通信を利用することでゲームも可能。

v6プラス通信については後ほど紹介するため、ここではドコモ光の中でもオススメのプロバイダ『GMOとくとくBB』の魅力である速度補填制度と平均速度公開について見ていきます。

まず初めは、GMOとくとくBBならではの最低100Mbps速度補填制度です。

これは、開通後に通信速度が100Mbpsを切ることがあれば補填するという制度で、「回線を契約した後に速度が出るか不安…。」というよくある悩みを解消してくれるサービスになります。

GMOの速度補填制度
▲ドコモ光には速度保証制度があり
誰でも安心して申し込める。

補填額は100円相当と高額ではありませんが、ドコモ光の中でもシェア率が高い大手会社でこういったサービスを提供するには、通信速度に対するかなりの自信が必要です。

単純計算で、毎月1万人の人が補填申請を出したとすると、それだけで毎月100万円相当、年間1,200万円の損害になってしまいます。

それにも関わらず、このサービス実施しているのは間違いなく速度に自信がある証と言えるでしょう。

以下実際にドコモ光GMOとくとくBBを利用している人の口コミになります。

ドコモ光を契約するのであれば、v6プラスオプション(無料です)は必須になります。

v6プラスに対応したルーターがなかったり、v6プラスに対応していないプロバイダを契約してしまうと、地域差はありますがNTT回線はほぼ使い物になりません

ドコモ光×GMOの平均速度
▲GMOは公式サイトで速度を公開中。
契約前に自分の地域を確認しておくと吉。

GMOとくとくBBでは、対応ルーターを無料でレンタルしていたり、平均速度公開などもしていますので、気になる方は一度公式サイトを覗いてみると良いでしょう。

ドコモ光(GMOとくとくBB)
ドコモ光で快適にオンラインゲームをするための条件と注意点について解説しました。ドコモ光ではどんなゲームも快適にプレイすることが出来ますが、そのためには一定の条件が必要になります。ドコモ光でオンラインゲームをしている人・これからしたい人はチェックしてみて下さい。

ランキングから外れた主要回線(ソフトバンク光など)について

主要な光回線

ここまで3つの回線を紹介しましたが、これら以外にも質が高い回線はいくつかあります。

例えば、ソフトバンク光やフレッツ光(一部プロバイダのみ)、その他地域毎の電力回線(eo光やコミュファ光など)などを候補に考える人も多いと思います。

ここからはその他の回線として、こういった回線を簡単に見ていきます。

速度は速いが料金システムが微妙な「ソフトバンク光」

ソフトバンク光

番外編1つ目は、携帯3大キャリアの1つ「ソフトバンク光」になります。

「ソフトバンク光はクソだからやめた方が良い…。」という声をよく耳にするかもしれませんが、実際のところソフトバンク光の回線は悪くないです。

特にソフトバンク独自のIPv6高速ハイブリット(v6プラス同等のサービス)を利用すると、回線の質は高くなります。

ただし、ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリットを利用するためには、「光BBユニット」という少し性能面がイマイチなルーターの有料レンタルが必須です。

また、無線接続をするなら、別途ルーターを用意するか、あるいは無線接続するためのオプションが必須だったりと、光BBユニット以外にも費用や手間が必要になってきます。

BBユニットのレンタル
▲ソフトバンク光は速度を出すために
手間と費用が普通以上に必要になる。

そういった点も考慮すると、一概にオススメできる回線とは言えません。

ただし、ソフトバンク携帯・スマホを利用している人であれば、セット割を利用することで光BBユニットのレンタル代などの費用を抑えることができます。

そのため、NURO光に対応エリア外でソフトバンク携帯・スマホを利用している人であれば、契約する価値は十分にあるでしょう。

他社ネット回線の違約金負担+キャッシュバックという豪華なキャンペーンも行っていますので、気になる人はチェックしてみるといいかもしれません。

ソフトバンク光(エヌズカンパニー)
ソフトバンク光でプレイするオンラインゲームについてまとめました。オンラインゲームユーザーの中でソフトバンク光の評判は決して良いとは言えません。しかし、本当にソフトバンク光でのゲームは難しいのでしょうか。このページでは実際の数値などから解説していきます。

回線の質は高いけど料金も高いGaming+(ゲーミングプラス)

Gamingプラス

続いて番外編2つ目は、ゲーマー向けプロバイダ「Gaming+」です。

ゲーマー向けプロバイダとして聞いたことがある人も多いかもしませんが、一般向けというよりは少しマニアックな層向けになっていると思います。

具体的には以下のような人にオススメできるプロバイダです。

【Gaming+がオススメな人】

  • v6プラスでIPv4の固定IPが欲しい人
  • サーバー運用やポート開放をガッツリしたい人
  • 1ヶ月のネット料金で10,000円以上かけられる人
  • P2P規制がかかるような大容量データを扱う人

これら4つの項目に当てはまらない人に関しては、あまり契約するメリットがありません

何よりも一般的な利用方法(ゲームやネットサーフィンなど)をするだけであれば、先に紹介したNURO光やauひかり、ドコモ光の方が圧倒的にコスパが良くなっています。

そのため、基本的には契約しなくても良いと思います。また、Gaming+と同じ会社(ネットフォレスト)が運営している以下のプロバイダも同じような感じです。

【※ネットフォレストが運営するプロバイダ一覧】

  • かもめインターネット
  • 府中インターネット
  • ちょっパヤ!ネット
  • Gaming+
  • 極(KIWAMI)

この辺りのプロバイダは全て質は高いのですが、その分料金が高くなっているため、金額を気にする人にはあまりオススメできません。

逆に「料金はいくらでも良いから高い質が欲しい!」という人であれば、契約する価値はありますので、気になる人はチェックしてみると良いでしょう。

eSportsの発展に伴いゲーム向けプロバイダとして注目を集めているGaming+(ゲーミングプラス)。ネットでの評判はまずまずですが、果たして契約する価値はあるのでしょうか。また、『ゲーマー向き』と呼べる特別な仕組みは何か導入しているのでしょうか。今回はGaming+のサービスについて解説しました。

質が高い地域限定の回線(eo/コミュファ/ピカラ/メガエッグ/BBIQ)

電力回線

番外編最後に紹介するのが、各地域毎にサービスを提供している電力回線です。

電力回線は全部で5つあり、各地域毎の大きな電力会社が独自の光ファイバーを利用してサービスを提供しています。

■各地域毎の地域限定回線
地域
利用できる回線
関西エリア
eo光
中部エリア
コミュファ光
中国エリア
MEGA EGG光
四国エリア
Pikara光
九州エリア
BBIQ光

これらの地域回線は、NURO光やauひかりと同じく独自配線網の光ファイバーを利用しています。

そのため、5つの回線とも質はかなり高く、ゲーム向けの回線として十分候補に入る性能になっています。

デメリットは、契約時のキャンペーンがイマイチな点です。

例えば、光回線の中でも豪華なキャンペーンを実施しているNURO光やauひかりと比較すると、契約時だけで数万円分程損してしまいます。

キャンペーン以外に関しては大きなデメリットもないため、気になる人はチェックしてみると良いでしょう。

なお、電力会社の回線は全てau携帯・スマホとのセット割が適用できます。

「auスマホでセット割使いたかったけど、auひかりが対応していなかった…。」という人にはオススメの回線なので、そういった人もぜひチェックしてみて下さい。

WiMAX(モバイルWi-Fi)やCATV回線は回線重視のゲームではナシ

WiMAXは基本的にゲームに向かない

「うちは固定回線が引けない…。」という人の中に、WiMAX(モバイルWi-Fi)やCATV回線を検討する人もいると思われます。

例えば、以下のような回線たちです。

  • WiMAXシリーズ
  • ○○Wi-Fiシリーズ(どんなときもWi-Fi、無限Wi-Fiなど)
  • HOME WiFiシリーズ(Softbank Airなど)
  • J:com、iTSCOMなどのケーブルテレビ(最大1Gbpsは除く)

これらの回線は、回線があまり重要でないゲームはいけますが、回線が重要なゲームはかなり厳しいです。

特に回線の安定性に欠けておいるためPing値や通信速度の乱れが酷く、FPSやTPS、格ゲー、MOBAなどを快適にプレイするのは難しいでしょう。

Jcomもゲームは厳しい
▲特に回線が重要なゲームは
WiMAXやCATV回線だと厳しい。

逆にRPG系のゲームなどに関しては、これらの回線でもできなくはないです。

ただ、やはり光回線と比べると安定性に欠けるため、急な回線落ちやラグが起きてしまう可能性は高いということを覚えておくと良いでしょう。

あまりオススメはしませんが、「どうしても固定回線が引けない…。」という人には「Speed Wi-Fi NEXT W06」あるいは「Speed Wi-Fi HOME L02」をオススメします。

地域にもよりますが、モバイルWi-Fi・ホームルーターの中では安定性が高い機種になりますので、利用したい人はチェックしてみてください。

WiMAX×GMOとくとくBB

PS4のオンラインに必要な通信速度とPing値について

通信速度とPing値

ここからは、PS4でオンラインをするために必要なネット環境について解説していきます。知っている人も多いと思われますが、重要になってくるのは「通信速度」「Ping値」です。

それぞれの項目について見ていきましょう。

通信速度は最低30Mbps、DLCなどを考慮すると100Mbps以上が理想

通信速度の測定方法ですが、基本的にPS4に付いている「インターネット接続を診断する」のダウンロード速度を見てもらえればOKです。(アップロードについては後述します。)

目安の数値は、ゲームをするだけなら30Mbps以上、DLCのダウンロードなども快適に進めたいなら100Mbps以上といった感じになります。

時代的にゲームのダウンロードをする人もかなり増えていますので、できれば30Mbpsではなく100Mbps以上を目標に回線環境を作ると良いでしょう。

PS4のダウンロード
▲ゲームのダウンロードを考えると
100Mbps以上の速度を確保できるとOK。

これは余談ですが、そもそもゲームをするのに通信速度はほとんど必要ありません。

ここでは最低30Mbps以上必要と記載していますが、実際は10Mbps程出ていれば十分快適にPS4をすることができます

ただし、現在はスマホやパソコン、タブレットなど複数の端末でインターネットを利用する人も多いと思われますので、多少のズレを考えて30Mbpsにしました。

なお、ゲームと通信速度については、別記事でかなり詳しく解説しているので、より詳しく知りたい人はそちらをチェックしてみてください。

オンラインゲームをプレイする上でネット回線は非常に重要な意味を持っています。多くの人が通信速度(回線速度)を気に掛けるでしょう。では、実際快適にオンラインゲームをプレイするためには、どれくらいの通信速度が目安になるのでしょうか。また、回線速度を改善する方法は何なのでしょうか。今回は、ネトゲにおける通信速度について解説します。

Ping値は最低30ms、回線が重要なゲームは10ms前後(測定サイト上で)

続いては、Ping値についてです。「Ping値ってなんぞや?」という方向けに簡単にPing値についておさらいしておきます。

【※Ping値とは】
Ping値はサーバー間の応答速度を示した数値です。

簡単に言い換えると、自分のPS4とゲーム側のサーバーとのやり取りに掛かる時間を表したものになります。

この数値が重要になる理由は、実際の現場を考えると分かり易いです。

例えば、「回復薬と使う」という入力をした場合、その信号が自分のPS4からゲームサーバーに送られ、サーバーが確認した後、入力に合わせた動作が返事として返ってきます。

Ping値はPS4とゲームサーバーのやり取りにかかる時間なので、上の一連の流れに必要な時間がそのままPing値に当てはめられます。

つまり、Ping値が悪い(数値が大きい)とラグが酷くなり、Ping値が良い(数値が小さい)とラグが少なくという結論になります。

オンラインゲームで最も重要になるPing値についてまとめました。多くの人が悩んでいる「ラグ」などを改善するためには必須の項目になりますので、オンラインゲームが好きな人はチェック&改善してみてください。

さて、そんな感じで重要になるPing値ですが、ゲーム内でPing値が表示される場合以外では、正確な数値を測定することはできません。

とは言え、速度測定サイト「SpeedTest」などを利用することで、ある程度参考になる数値を見ることはできます。

なので、PS4のWEBブラウザを使ってPing値を測定してみましょう。測定したら、SpeedTestの結果で表示される「Ping(ms)」の項目をチェックして、以下の基準と照らし合わせてみてください。

■Ping値の目安
ゲームジャンル
Ping値
格ゲー、FPS(TPS)などのリアルタイム通信
~15ms
MOBAやシューティングの中でも緩いゲーム
~20ms
MMORPGやMORPGなどのゲーム
~30ms
その他の回線が重要じゃないゲーム
~100ms
※実際のゲーム上の目安ではなくSpeedTest上の目安になります。

Ping値は小さいに越したことはありませんが、最低限自分がプレイするゲームに合った数値が出ていればOKです。

欲を言えば、SpeedTestで10ms以下だとなお良しといった感じになります。

1つ注意しなくてはいけない点は、SpeedTest上のPing値と実際のゲーム内のPing値は大きく異なる可能性があるという点です。

詳しくは別記事に書いているため省略しますが、いずれにしてもSpeedTest上で10ms前後の数値を出せればどのゲームも快適に遊べますので、そこを目安にすると良いでしょう。

「PS4ってPing値測定できるの?どれくらいが目安?」という人向けに、Ping値の測定方法と目安の数値(理想と最低限)についてまとめました。また、それに合わせてPing値が悪い時の改善法を紹介していきます。
【※PS4のSpeedtestだけ極端にPing値が遅くなる場合】
「パソコンやスマホのPing値は良いのに、PS4だけPing値がめっちゃ悪い。」という人がたまにいます。
その場合、PS4と同じ接続方法をしている端末の数値を信用すればOKです。
例えば、PS4を有線で接続しているなら、パソコンを有線接続して測定した結果と重ねるといった感じです。

IPv6(v6プラス)でPS4オンラインをする時の注意点について

PS4とIPv6

ここからは、ドコモ光の項目で登場したv6プラスについて解説していきます。ただ、具体的な話をしてしまうとかなり長くなるので、ここではポイントをピックアップしてまとめました。

少し難しい話かもしれませんので、「よく分からない…。」という人はスルーしてもらえると助かります。

v6プラスの詳しい解説やIPv6との違いなど、より詳しく知りたい人は別記事を合わせてチェックしていただけると幸いです。

「結局、IPv6?v6プラスでPS4のゲームはできるの?」という疑問を持っている人向けに、PS4とIPv6接続、v6プラスでの接続について解説しました。また、v6プラスでゲームができない時の対処法も紹介していますので、参考にしてみてください。
※v6プラス通信を利用しているのはNTT回線だけです。
NURO光・auひかり・地域の電力回線は関係ありませんので、NTT回線を利用する方だけチェックしてもらえると良いと思います。

ポイント1:PS4はIPv6に対応していないのに使えるの?

まずは、ネット上で稀に言われている「PS4でIPv6は使えないから注意して!」という内容についてですが、これは正しいです。

確かに、PS4はIPv6(IPoE通信)に対応していませんので、純粋なIPv6(IPoE通信)でゲームをすることはできません

しかし、v6プラスはまた別物です。

IPv6とv6プラスの違い
▲IPv6とv6プラスは別物。
v6プラスであればPS4もいける。

そもそもv6プラスは、IPv6(IPoE通信)に対応していない機器・サイトのためにある「IPv4 over IPv6(IPoE通信)」といった通信方式を利用しています。

なので、v6プラスであればゲームをすることは可能です。

ただし、v6プラスを利用することによる弊害も少なからず(ほとんどの人は気にならないレベルですが…。)ありますので、知りたい人は上の記事を一見しておくと良いかもしれません。

ポイント2:v6プラスを利用するとPS4の一部のゲームができない?

続いて2つ目のポイントは、v6プラス通信を利用することで一部のゲームができないという情報についてです。MHWなどが、この話題でよく取り挙げられます。

これについては、ルーターの設定を変更することで解決可能です。具体的には以下3つの項目を変更します。

  • v6プラス接続を「使用する」
  • NDプロキシ(ND proxy)を「使用する」
  • UPnP機能を「使用しない」

最近は、初期の段階でUPnP機能以外設定されていることが多いです。

そのため、ほとんどのルーターは追加でUPnP機能のオフ設定をするだけで、ゲームができるようになります。

現状、どのゲームができなくなるかという点は網羅できていませんので、「特定のゲームだけできないなぁ…。」という人はこの項目をチェックしてみると良いでしょう。

具体的な設定方法については、「注意点:一部のゲームはルーターの設定をしないとプレイできない」を確認してみてください。

PS4とネット回線に関するよくある質問について

PS4でよくある疑問

それではここからは番外編として、PS4とネット回線に関するよくある質問を紹介していきます。

「アップロードってどういう意味があるの?」「PS4のダウンロード速度はどうやって決まるの?」など、頻繁に耳にするものをまとめましたので、ぜひチェックしてみて下さい。

PS4のオンラインに上り速度(アップロード)はどれくらい必要なの?

1つ目は、通信速度の項目で触れなかった「アップロード」についてです。

「アップロードってどれくらい必要なの?」と気になる方も多いと思われますが、基本的にアップロードは5Mbps程あれば十分と言われています。

なぜかと言うと、ゲームの仕組み上、ダウンロードするデータはそこそこ多いのですが、アップロードするデータはかなり小さいからです。

データ量については、以下の画像を見てもらえると分かり易いかもしれません。

ダウンロードとアップロード
▲各速度の一例。
アップロードは情報が少ない。

こういう仕組みのため、基本的にゲームをするだけであればアップロード速度はほとんど気にする必要はないです。

ただし、ゲームの配信をしたい人やゲームの動画やリプレイを動画サイトに上げたい人は、一定以上のアップロード速度が必要になります。

その場合は、ダウンロードと同じく30Mbpsを1つの目安に考えてみると良いでしょう。

PS4のアップロードだけ遅い!解決策はある?

PS4で良くあるのが、「アップロードだけ遅い」という現象です。

これについてははっきりとした原因は分からないのですが、恐らくPSNのサーバー側に問題があるのではと思います。

先ほど紹介した「SpeedTest」で測定して、アップロードが遅くなっていないのであれば、あまり気にする必要はないです。

「どうしても気になる…。」という人は、PS4のDNS設定を変更することで改善する可能性があるので試してみて下さい。

具体的な設定手順は以下の通りです。

【DNSの設定方法】
DNS設定の変更

1、 ネットワーク>インターネット接続設定
2、『LAN設定』のいずれかを選択
3、『カスタム』を選択
4、『IPアドレス設定』を自動
5、『DHCPホスト名』を指定しない
6、『DNS設定』を手動で下記に設定
       →プライマリ『8.8.8.8』or『1.1.1.1』
        セカンダリ『8.8.4.4』or『1.0.0.1』
7、『MTU設定』を自動
8、『プロキシサーバー』を使わない
9、 インターネット診断をする

DNS設定の変更は有効な方法ではありますが、確実に改善する方法ではありません

そのため、万が一この手順で遅くなってしまった場合は、再度DNS設定を自動にして設定を戻すことを忘れないようにしましょう。

PS4のゲームのダウンロードにかなり時間が掛かる…。改善策はないの?

「ゲームは普通にできるのに、ソフトのダウンロードが遅い!」という人も多いと思います。

これを改善するには、通信速度(主にダウンロード)を上げるしかありません

ソフトのダウンロード速度の大部分はPS4の通信速度に関わっていますので、通信速度を上げることでダウンロード速度も速くなります。

PS4のダウンロード時間
▲しっかりとした回線を利用することで
ダウンロード速度も劇的に速くなる。

通信速度の上げ方は様々ありますが、一番効果的なのは回線の切り替えです。

このページで紹介した回線であれば、どれも快適にダウンロードできますので、検討してみると良いでしょう。

また、その他のPS4のダウンロード速度向上については別記事で解説していますので、そちらを合わせてチェックしてみてください。

PS4で陥りがちなゲームのダウンロード速度が遅い…という場合の対処法をまとめました。ゲームを購入しにいかなくてもダウンロードできるというのは非常に魅力的です。しかし、ダウンロードに時間がかかりすぎると少しイライラしてしまいます。そこで今回は少しでも速くダウンロードできる方法を紹介します。

PS4とプロバイダに相性のようなものはある?

稀に『PS4とプロバイダに相性がある』という話を聞きます。

これについて『ゲーマー・光回線営業マン』という2つの視点から考えてみたのですが、恐らくないだろうという結論になりました。

PS4を運営しているのがSONYである事を考えると、So-netが優位になる可能性はゼロではありませんが、あったとしても誤差程度だと思います。

そのため、プロバイダとの相性は考えなくても大丈夫です。

どのプロバイダと契約するかよりも、どのインターネット回線を契約するかを考えた方が、最終的な満足度は高くなるでしょう。

まとめ:PS4のオンラインにオススメのネット回線3選

このページでは、PS4にオススメのネット回線を紹介しました。

PS4でラグなく快適にオンラインをするなら、やはりある程度しっかりとした光回線は必要になってきます。

今回紹介した回線であれば、どれでも快適にゲームができると思いますので、気になる回線をチェックしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする