PS4で使えるLANケーブルのオススメと選び方、設定方法をまとめて紹介

PS4のLANケーブルの選び方

「PS4で使うならどんなLANケーブルが良いの?」という人向けに選び方やオススメをまとめました。

PS4で有線接続をするためにはLANケーブルが必須です。

そこでこのページでは、LANケーブルの正しい選び方とオススメの商品、有線接続のメリットや接続方法などをまとめて紹介していきます。

「PS4の有線接続をしたい!」という人は参考にしてみて下さい。

PS4には有線接続と無線接続の2つの接続方法がある

PS4の接続方法

まずは、基本的な内容から見ていきます。PS4をインターネットに接続してオンラインをするには2つの接続方法があります。

【PS4の接続方法】

  • 有線接続(LANケーブルを利用)
  • 無線接続(Wi-Fiを利用)

それぞれの接続方法のメリット・デメリットを見ていきましょう。

なお、「その辺は知ってるからLANケーブルについて教えて!」という人は、「PS4で有線接続するために必要なLANケーブルの選び方」まで飛ばして貰えると助かります。

LANケーブルを利用して接続するメリット・デメリット

LANケーブルを利用して接続する、いわゆる有線接続のメリット・デメリットは以下の通りです。

  • 通信速度やPing値が低くなりやすい
  • 電波の影響を受けないため安定しやすい
  • PS4の型番の影響を受けない
  • LANケーブル分の費用が少し掛かる
  • コードが邪魔になることがある

有線接続する最大のメリットは「回線の質を上げられる」という点です。

特に回線が重要な格ゲーやFPS系のゲームでは、「無線に人権がない。」と言う人も一定数いるくらいなので、それぐらいの回線の差は生まれます。

一方デメリットとして挙げられやすいのは、「コードが邪魔になる」という点です。

よくあるのが、「家族で戸建てに住んでいて、1階にルーター、2階にPS4があるからコードが邪魔になってしまう…。」というパターンです。

壁の中を通したり、天井を這わせたりなど方法はいくつかあありますが、無線と比較して邪魔になる確率が高いのは間違いないでしょう。

Wi-Fi(無線電波)を利用して接続するメリット・デメリット

続いてWi-Fi(無線電波)を利用して接続する、無線接続についてです。メリット・デメリットは以下の通りになります。

  • コードが邪魔にならない
  • ルーターさえあれば導入コストが掛からない
  • 電波干渉を受ける(通信が安定しない)
  • PS4 CUH1000シリーズは規格が古い
  • 通信速度・Ping値が悪くなりやすい

無線接続のメリット・デメリットは、有線接続のそれを正反対にしたような形になっています。

「コードレスで接続できる」という点に関しては確かに魅力的ではありますが、問題になってくるのは他の家電や接続端末の電波干渉による安定性の低さです。

特に電子レンジなどは、お隣さん家が利用していても影響があると言われていますので、自分だけがどうこうして良くなるモノでもありません。

プレイするゲームによっては無線でも問題ありませんが、回線にシビアになってくるゲームをプレイするのは少し難しくなるでしょう。

回線が重要なゲームをするなら有線、それ以外は無線でOK

PS4接続方法の使い分け

簡単に有線接続と無線接続について解説しましたが、どちらの接続方法を利用すれば良いかはプレイするゲームのジャンルによって異なります

各接続ごとの個人的オススメは以下の通りです。

  • 有線接続:格闘ゲーム、FPS、TPS、MOBAなど
  • 無線接続:MORPG、MMORPG、シミュレーション、アクションなど

格ゲー、FPSなどは多少のラグが勝敗を分ける可能性が高いため、有線推奨です。

一方で、RPG系のゲームやアクション系のゲームは、ラグが深刻な影響を及ぼすことはそこまで多くないため、無線でも問題ないと思います。

とは言っても、結局ラグは起きない方がプレイしている人も楽しめると思いますので、できるのであれば有線接続でオンラインをすると良いでしょう。


参考記事

「PS4ってPing値測定できるの?どれくらいが目安?」という人向けに、Ping値の測定方法と目安の数値(理想と最低限)についてまとめました。また、それに合わせてPing値が悪い時の改善法を紹介していきます。
「PS4の通信速度ってどれくらい必要なの?」という人向けに、通信速度の測定方法から目安になる数値、そして通信速度が遅いときの改善法を紹介していきます。また、それに合わせて重要になるPing値についてもまとめました。

PS4で有線接続するために必要なLANケーブルの選び方

PS4で使うLANケーブルの選び方

それでは本題でもあるLANケーブルの解説に入っていきます。まずはLANケーブルを選ぶ際のポイントからです。

ポイントは3つあります。

  • LANケーブルのカテゴリ(スペック)をチェック
  • LANケーブルの形状をチェック
  • LANケーブルの長さをチェック

それぞれの項目について見ていきましょう。

ポイント1:LANケーブルのカテゴリをチェック

LANケーブルを選ぶ際に一番重要になるのが、スペックを表す「カテゴリ」です。

現在よく見かけるカテゴリとしては「5/5e/6/6A/7」の5種類があり、数値が大きくなる程スペックが高くなっていきます。(8もありますが気にしなくてOKです)

各スペックごとの特徴は以下の通りです。

■LANケーブルのカテゴリと特徴
最大速度
周波数
ゲーム向き
カテゴリ5(EIA-568-A)
100Mbps
100MHz
×
カテゴリ5e(EIA-568-B)
1Gbps
100MHz
カテゴリ6(EIA-568-B.2-1)
1Gbps
250MHz
カテゴリ6A(TIA-568-B.2-10)
10Gbps
500MHz
カテゴリ7(ISO/IEC 11801)
10Gbps
600Mhz

PS4でオンラインをするのであれば、「5e/6/6A」のいずれかがオススメです。

カテゴリ5eでも問題なくプレイすることは可能ですが、余程の長さではない限り金額差がそこまで大きくないため、購入する価値は低いかなと思います。

基本的には6/6Aを購入しておくとOKです。

iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル UTP Cat6a ストレート ノーマルタイプ 5m ブラック BSLS6ANU50BK

過去90日間の平均価格¥571
(時期によって値段が上下することがあります)

【※カテゴリ7の一般家庭運用について】
カテゴリ7の一般家庭運用について一応記載しておきます。
「カテゴリ7のLANケーブルは普通の家庭で使うものではない。」という意見がありますが、これについては実際その通りです。
とは言っても、CAT6/6Aなどと比較して体感できるほどの速度差が出るわけでもないので、基本的にはどちらでも良いと思います。
自分の予算と相談しつつ気になる方を購入してみることをオススメします。

ポイント2:LANケーブルの形状をチェック

続いてカテゴリの次に気を付けたいのがLANケーブルの「形状」です。

LANケーブルの形状は3種類あり、それぞれの形状の特徴・メリット・デメリットは以下の通りになります。

■LANケーブルの形状と特徴
スタンダードタイプ
スタンダード
スリムタイプ
スリム
フレットタイプ
フラット
太さ
5.6mm
3.8mm
1.4mm
メリット
電気特性に優れる
(安定性&ノイズに優れる)
細くて配置しやすい
何かの下に引きやすい
デメリット
配置がしづらい
ノイズが出やすい
ノイズが出やすい

回線の質を重視して選ぶのであれば、スタンダード一択です。他の形状と比較してノイズ耐性に優れているため安定性が高く、ゲームをするのには一番向いています

一方、配置のしやすさや配置の汎用性を取るのであれば、フラットやスリムも選択肢に入ってきます。

ただしこの2つのタイプに関しては、スタンダードタイプと比較してノイズ耐性や安定性が劣ってしまうという点は知っておくようにしましょう。

基本的に困った時は「スタンダード」がオススメです。

ポイント3:LANケーブルの長さをチェック

最後に確認するのがLANケーブルの「長さ」です。LANケーブルの長さは最小15cm前後から最大100m以上のものがあります。

長すぎて速度が遅くなるというケースはほとんどないと思いますが、基本的には自分が必要な長さのケーブルを購入するようにしましょう。

家がかなり大きくて100m以上のLANケーブルが必要な場合は、LANケーブルの延長コードを利用することをオススメします。

エレコム CAT6ALANエケーブル中継コネクタ LD-RJ45JJ6AY2

過去90日間の平均価格¥767
(時期によって値段が上下することがあります)

なお、延長コードにもカテゴリの振り分けがあります。

使用しているLANケーブルよりカテゴリが低いものを購入してしまうと、速度制限等にかかる可能性もあるので注意しましょう。

PS4で使用するのにオススメのLANケーブル2選

PS4にオススメのLANケーブル

それでは以上の内容を踏まえてオススメのLANケーブルを紹介します。

紹介するのですが、基本的にはどれを購入しても問題ないので、好きなメーカーや長さなどの要因で選んでみてください。

オススメしたcat6Aの会社から選ぶのであれば、「エレコム」「BUFFALO」がオススメです。

どちらも同じ機種で様々な長さのLANケーブルが販売されていますので、気になる人はチェックしてみて下さい。

iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル UTP Cat6a ストレート ノーマルタイプ 5m ブラック BSLS6ANU50BK

過去90日間の平均価格¥571
(時期によって値段が上下することがあります)

エレコム LANケーブル CAT6A 10m ツメが折れない ブルー LD-GPAT/BU100

過去90日間の平均価格¥840
(時期によって値段が上下することがあります)

なお、既に記載した通りこれら以外のメーカーでも特別問題があるわけではありません。

エレコムやBUFFALO以外で好きなメーカーがある人は、Amazonや楽天などでチェックしてみると良いでしょう。

PS4を有線で接続する時の接続方法

PS4の接続設定

紹介した3つのポイントを押さえた上でLANケーブルの準備ができたら、最後にPS4の設定です。

まず購入したLANケーブルをPS4の背面にあるLANポートに挿し、本体の「ネットワーク」設定から有線の設定をおこなっていきましょう。

【PS4の有線接続設定】

1、 設定>ネットワーク>インターネット接続設定
2、『LAN設定』の『LANケーブルを使う』を選択
3、『かんたん』を選択
4、 インターネット診断をする

LANケーブルさえあれば、設定自体はかなり簡単にできると思います。

DNSやMTU、IPアドレスの固定など、追加の設定が行いたい人は「かんたん」を「カスタム」に切り替えることで様々な設定が可能です。

DNSなどの追加設定などがしたい人は以下の記事をチェックしてみて下さい。

PS4の「DNS設定ってどうするの?」「どこがオススメなの?」という人向けに、オススメのDNSを3つと、DNSの設定方法などを解説しました。また、それに合わせてDNS設定の仕組みや一緒に設定したいMTU値についても紹介しています。
「PS4の通信速度を速くしたい!」「PS4のMTU値を設定したい!」と言う人向けに、PS4でMTU値を設定する方法と契約している回線ごとのMTU値についてまとめました。PS4の通信速度で困っている人は参考にしてみてください。

まとめ:PS4で使うLANケーブルについて

このページではPS4を利用するのにオススメのLANケーブルを解説しました。再度選び方のポイントをまとめると、

  • LANケーブルのカテゴリ(スペック):cat6/6Aがおすすめ
  • LANケーブルの形状をチェック:スタンダードがおすすめ
  • LANケーブルの長さをチェック:必要な長さでOK

LANケーブルはそれぞれに大きなスペック差があるわけではないため、余程古いものでなければどれを購入してもあまり問題ありません。

この記事を参考にPS4の有線接続を始めてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする