PS4とIPv6、v6プラスを完全解説!ゲームができない時の対処法も紹介

PS4とIPv6とv6プラス

普通にネットを利用するだけであればかなり便利な機能なのですが、v6プラスでゲームをする場合はPS4で使えるIPv6接続(v6プラスサービスなど)についてまとめました。

PS4の回線について調べていると、「PS4はIPv6非対応だからゲームができなくなる。」や「v6プラスならゲームもできる。」といった話を頻繁に見かけると思います。

こういった話を見かけると、「結局ゲームはできるの?できないの?どっちなの?」と悩んでしまう人が多いです。

そこでこのページでは、そもそもIPv6やv6プラスがどういったモノなのか、またゲームはできるのかできないのかなどをまとめて解説していきます。

PS4のIPv6接続で悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

そもそもIPv6接続とかv6プラスってどういったモノなの?

PS4とIPv6とv6プラス

初めに「IPv6」や「v6プラス」がどういったモノなのかを紹介していきます。

少し取っつきにくい内容ではありますが、分かり易く解説していきますので、ぜひチェックしてみて下さい。

IPv6接続は近年主流になってきている新しい通信方式

IPv6接続は、ここ数年で主流になりつつある新しい通信方式です。

今まで使っていたIPv4接続が数的な限界を迎えてしまったため、新しく数に困らない通信方式としてIPv6接続が作られました。

またIPv6接続には、数的なメリット以外にも、IPv4接続で速度低下の原因になっていた「回線混雑」を避けて通信ができるというメリットもあります。

「IPv6接続にしたら回線が速くなる!」とよく聞くのは、この回線混雑を避けることができるからです。

IPv6(IPoE接続)

ここだけ聞くとメリットしかないように思えますが、デメリットもあります。

それが「新しい通信方式を利用しているがゆえに、古い機器やサイトが通信方式に対応しきれていない。」という点です。

この記事の本題でもあるPS4は、その対応していない機器の1つになります。

IPv6接続に未対応でも接続ができるのが「v6プラス」

新しい通信方式を作ったものの、対応していない機器やサイトが意外と多くあるため、IPv6接続は中々普及しませんでした。

そこをなんとかしようとして作られたのが、「IPv4 over IPv6(カプセル化)」という技術です。

この技術を利用することで、IPv6接続に対応していないサイト(IPv4接続にしか対応していないサイト)でも、IPv6接続ができるようになりました。

そして、「IPv4 over IPv6」という技術と「IPv6接続」を組み合わせたサービスが「v6プラス」です。

v6プラスの仕組み
▲v6プラスはIPv6接続を
改良して作ったサービスの名前。

v6プラスを利用すれば、IPv6接続に対応していない端末・機器でもIPv6接続できるようになるため、PS4もプレイできるようになります。


IPv6接続とv6プラスについて簡単に解説しましたが、結論としては「純粋なIPv6接続だとPS4はできないが、v6プラスならPS4ができる」ということになります。

厳密には少し違いますが、イメージとしては以上のような感じでOKです。

ちなみに、上の項目では「IPv4 over IPv6」+「IPv6接続」のサービス名を「v6プラス」として紹介しましたが、このサービス名は契約しているプロバイダによって異なります。

例えば、以下のような感じです。

【主要プロバイダの「IPv4 over IPv6」+「IPv6接続」サービス名】

  • v6プラス:So-net、@nifty、GMOとくとくBBなど
  • v6アルファ:OCN
  • IPv6高速ハイブリット:Yahoo!BB
  • v6エクスプレス:ぷらら
  • 独自IPv6オプション:BIGLOBE、BBexcite

どれも基本的には同じサービスと思ってもらってもらえるとOKですが、いくつか注意点もあります。

注意点については、後の項で解説しますのでそちらで目を通してみて下さい。なお、サービス名を都度変えるとややこしくなるため、このページではv6プラスで統一します。

v6プラスを利用するとPS4の通信環境が改善する可能性が高い

v6プラスのメリット

「そもそもなんでIPv6とかv6プラスにするの?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

IPv6やv6プラスを導入する理由は人それぞれあると思いますが、ほとんどの人は「PS4の回線環境を改善するため」に導入しています。

冒頭でも解説した通り、IPv6接続は速度低下の大きな原因になっている回線混雑を避けて通信することが可能です。

そのため、特に混雑の影響を受けやすい「平日の夕方から夜」や「休日の昼から夜」といった時間帯でも、速度低下することがほとんどありません。

実際の口コミを見てみても、v6プラスを導入したことで回線がかなり改善されたという人がかなり多いです。

ただし、v6プラスにもデメリットがあります。

それが2つ目の口コミで少し触れられている「一部のゲームのマッチングで不具合が生じる」という部分です。

次の項目ではこの点も踏まえつつ、PS4でv6プラスを利用する際の注意点について解説していきます。

PS4でv6プラスを利用する時の2つの注意点

v6プラスの注意点

PS4でv6プラスを利用するときの注意点は2つです。

  • サービス毎に対応しているルーターが異なる
  • 一部のゲームで不具合が生じてしまう

ゲームをする上で特に問題になってくるのは2つ目の注意点ですが、とりあえず1つ目の注意点から順に解説していきます。

注意点1:サービス毎に対応しているルーターが異なる

まず1つ目の注意点がルーターについてです。

「IPv6接続とv6プラスのまとめ」項目でも少し触れた通り、契約しているプロバイダによってv6プラス同等のサービス名称は異なります。

実は各サービスは名称以外にも、対応しているルーターに違いがあります

v6アルファ
▲契約しているプロバイダによって
対応しているルーターが異なっている。

各サービス毎の対応ルーターについては全て紹介しきることができないため、気になる人は「サービス名 対応ルーター」などで各自調べてもらえると助かります。

なお、「ルーターとかあんまり詳しくないから分からない…。」という人は、各プロバイダからレンタルできるルーターを利用しておくと間違いないです。

プロバイダにもよりますが、無料でレンタルしていることもあるため、まずはそこをチェックしてみると良いでしょう。

「オススメのルーターが知りたい!」という方は、契約しているネット回線とプロバイダ名をコメントで記入していただけると、対応しますのでよろしくお願いします。

注意点2:一部のゲームで何かしらの不具合が生じてしまう

そして注意点の本題になるのが、2つ目の不具合についてです。

改善法はあるのですが、v6プラスを利用することで一部のゲームに不具合が生じてしまうのは仕様上避けることができません。

発生する不具合の例をいくつか挙げてみます。

  • モンハン:マルチプレイができない
  • EDF5:マルチプレイができない
  • COD:NATタイプがストリクトになり参加できない
  • P2P方式全般:ホストになれない

直接的な問題になるのは、マルチプレイができないといった状態の方でしょう。原因は、v6プラスで利用できるポートが制限されているからです。

この制限がv6プラス最大のデメリットになります。

次の項目では、「ゲームによってマルチプレイができない。」という状態を改善するためにできることを2つ紹介していきます。

v6プラスでゲームができない時の2つの対処法

v6プラスでゲームができないときの対処法

v6プラスでゲームができない時の対処法は2つです。

  • ルーターのUPnPをオフにする
  • PS4の接続をIPv4接続に切り替える

それぞれの方法について解説していきます。

改善法1:ルーターのUPnPをオフにする

1つ目の方法は、ルーターの設定変更です。

ここ数年のルーターのほとんどには、「UPnP」という「通信に必要なポートを自動で開放してくれる機能」が備わっています。

普通にネットを利用するだけであれば便利な機能なのですが、v6プラスでゲームをする場合は邪魔な機能になることが珍しくありません。

なので、「特定のゲームができない…。」という人は、ルーターのUPnP機能をオフにしてみてください。

UPnPをオフにする
▲「ON」になっているUPnPを
「OFF」に切り替えて設定を完了する。

UPnP機能の設定方法は、ルーターのメーカーや機種などで異なります。

全てのルーターの設定方法を紹介することはできませんので、「ルーター名 UPnP設定」などで検索して各自確認してもらえると助かります。

なお、初めからv6プラスサービスを利用している場合は、初期値として無効(オフ)になっていることもあります。

その場合は、ルーターの設定項目の中に「UPnP機能がない」ということも珍しくありませんので、無かったとしても心配しなくて良いでしょう。

「どうしても分からない…。」という人は、コメント等で対応しますので、気軽に書き込んでみてください。

改善法2:IPv4接続でPS4を接続する

2つ目は、IPv4接続でPS4を接続する方法です。

この方法はIPv4接続で通信することになるため、IPv6通信ならではの回線混雑を避けるという恩恵は受けられなくなります

また、契約しているプロバイダによってはv6プラスサービスとIPv4接続を併用できないこともあります。

併用できない場合は、v6プラスサービスを一時的に停止してIPv4接続を行うという手順が必要になるため、念のため知っておくと良いでしょう。

本題ですが、PS4をIPv4で接続する方法は以下の通りです。

PS4のIPv4接続設定
  1. ルーターのPPPoE設定を「パススルー」もしくは「ブリッジ」に切り替える
  2. PS4の「ネットワーク接続を設定する」の中の「IPアドレス設定」を「PPPoE」で進める
  3. プロバイダの契約書類に書いてある「接続ID」と「パスワード」を入力する
  4. 上手く接続できれば完了

この設定は、有線・無線どちらでも可能です。

ただし、IPv4接続は混雑などで回線が不安定になることがあるため、できるだけ安定性が高い有線で接続できるようにすると良いでしょう。

まとめ:PS4とIPv6接続とv6プラスサービスについて

このページでは、IPv6とv6プラスについてや接続できない時の対処法などを紹介しました。

再度、ここで紹介した内容について簡単にまとめると以下の通りになります。

  • IPv6接続:混雑を無視して通信できる新しい通信方式(PS4非対応)
  • v6プラスサービス:IPv6接続を改良した通信(PS4にも対応)
  • v6プラスのメリット:通信速度・Ping値が改善する
  • v6プラスのデメリット1:対応ルーターが必須
  • v6プラスのデメリット2:一部ポートが開放できない
  • 繋がらない時の対処法1:ルーターのUPnP機能をオフにする
  • 繋がらない時の対処法2:PS4をIPv4接続する

PS4で利用できるv6プラスサービスは、回線の質を大きく改善できる可能性はあります。

しかし、一部のゲームでは「v6プラスのせいでゲームができない…。」となってしまう可能性もあるため、その点はしっかりと把握しておくと良いでしょう。

もしゲームができない場合は、ここで紹介した2つの方法を試すと改善はできます。

しかし、途中記載した通りIPv4接続で改善した場合は、v6プラスの速度恩恵が受けられなくなりますので注意してください。

このページが参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする