ネット開通工事で来るおじさんって何者?一人暮らしで安心して受けるには?

開通工事の作業員

インターネット回線をつなぐ際は、開通工事を行います。

この開通工事は、内容によっては住居者の立ち会いが必要です。
立ち会い工事が必要になると、一人暮らしの方は一時的にとはいえ作業員の方と部屋で2人きりになりますので女性の人の中には不安に思う人もいるかもしれません。

そういった不安を解消する方法や実際それにまつわる事件はあるのでしょうか?

実際にある?ネット開通工事にまつわる事件

不安に思う人もいるネット開通工事ですが実際に事件が起きたことはあるのでしょうか?

少し状況は違いますが、似たような事件が起きたことはあります。
その時の犯人は、『ネット開通工事に見せかけて一人暮らし女性の部屋に侵入』したので、実際はネット開通工事でもなんでもありませんでした。

しかし、一人暮らしの女性の家が狙われて起きた事件です。

実際のネット開通工事で起きた事件というのは聞いたことがありませんので、大丈夫だと思われますが、不安に思われる方も多いと思われます。

そのため、どういった会社が工事を行い、どういった人が来るのかなどをしっかりと把握しておくに越したことはないでしょう。

そもそも開通工事ってどういった会社が行っているの?

インターネットの開通工事は、それぞれのネット回線を提供しているNTTやKDDIやSo-net、その他プロバイダーなどから業務依頼を受けた専門の業者が行います。

工事の業務依頼を受ける業者には、ベテランの人が多いです。
そのため、工事を行う作業員は今どきの若い人というよりも場数を踏んできた熟練のおじさんが来る場合がほとんどになります。

また、作業員は様々な回線業者の依頼を受けているため、ネット回線の知識は非常に豊富です。
そのため、ネット回線やインターネットについて気になることや疑問がある人は、作業員のおじさんに聞いてみるとすごく丁寧に教えてくれるかもしれません。

作業員のおじさんの詳細データについて

作業にくるのは、ベテランのおじさんです。
しかし、いくら作業員と言えど、一人暮らしの女性からすると『知らないおじさんと部屋で二人きりになる』という状況が生まれてしまうということになります。

「知らないおじさんと二人きりはちょっと…」と思われる方も中にはいるでしょう。
不安な人は、おじさんが『どういう身なり』で『どういう状況』でくるかということ知っておくと少しは不安が解消されるかもしれません。

ここでは、作業員のおじさんについて詳しく解説します。

作業員のおじさんの身なりはどんな感じ?

普段からずっと作業を行っているような専門業者の人ですので、服装はもちろん作業着です。
街中を歩いているようなカジュアルな服装や、スーツ姿で来るわけではありません。

工事に来る作業員
▲工事にくる作業員はよく見かける
ような作業服を着ていることが多い。

以前は、タバコのニオイが強かったり、靴下が汚い、作業着が異様に汚いなどで『ちょっと…』となるような業者もいましたが、最近ではそういった身だしなみやニオイ等に気を遣う業者さんも増えていると言われています。

しかし、作業着は非常に暑いです。
暑い日が続く中での作業を繰り返していると、汗のニオイなどが染みついてしまうのは仕方のないことかもしれません。

そのため、夏場で暑い日などはニオイに関しては少し許容できるといいでしょう。

実はとても忙しい工事のおじさん

また、開通工事のおじさんは基本的に忙しいです。
人や時期によっては、非常にタイトにスケジュールが組まれており、多い日では1日に10軒以上の工事をこなすこともあると聞きます。

限られた時間内でバタバタ動いていることになりますので、特に夏場は汗だくになっても仕方がないように思えます。

工事のおじさんのためにも、事前に部屋を工事しやすいように片付けておいてあげたり、ちょっと空いた時間に飲み物等を出してあげると、喜んでもらえるかもしれません。

特に暑い時期は、冷房や扇風機などで部屋を涼しくしておくといいでしょう。
工事のおじさんに快適に工事をしてもらうためにも、できることをやってあげてもいいかもしれません。

一人暮らしの女性の方は誰かを呼んでおくとより安心できる

工事のおじさんは、基本的に忙しく早く確実に作業を終わらせることに集中しており、なおかつきちんと管理や研修等もしています。

そのため、『工事先の家で何か問題を起こす』ということは考えずらいです。

ネット開通工事-友達
▲一人暮らしの女性で不安な人は
友達や彼氏を呼んでおくと安心できる。

しかし、一人暮らしの女性が不安であることに変わりはありません。
そこでおすすめする方法が、立ち会い工事の日に友達や彼氏、親など誰かしらを呼んで2人以上で工事の立ち会いをするという方法です。

当然ですが、工事の立ち会いに人数制限はありませんので、一人が二人になっても工事に支障はなく、問題なく工事を続けることができます。

どうしても、不安な人はこの方法を取ることで安心して工事を終えることができるでしょう。

工事によって立ち会う必要がない場合やすぐ帰る事もある

開通工事も内容によっては、立ち会いが不要なことやすぐに帰ってしまうことがあります。
例えば、もともと回線が入っており部屋の中の工事を行う必要がない時や、NURO光などで工事に来た建物に導入できなかったなどです。

別記事「【NURO光のエリア判定方法】エリア内でも工事が出来ないことも?」でも紹介していますが、こういった『工事が行えない場合』もありますので、知っておくといいかもしれません。

きちんと対策を取ることでお互いが安心して工事を受けられる

お互いが安心して工事を終わらせるためにはきちんと対策を取ることが重要です。
今は、声を掛けるだけでも通報される可能性がある物騒な時代とも言われていますので、工事のおじさんとしても「きちんと対策してくれたほうが助かる」と考えている人はいます。

『工事の立ち会いの日がたまたまみんな忙しくて誰も来れない』という状況になってしまったのなら、玄関や窓を全開にして工事をしてもらうというというのも1つの方法です。

自分のためにもおじさんのためにも、対策を考えてみるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする