他の端末は速いのにPS4だけが遅い!考えられる原因と対処法のまとめ

PS4だけが遅い原因と対処法

「パソコンとかスマホは速いのに、PS4だけ通信速度がめちゃくちゃ遅い!!」

このページでは、この現象で困っている人向けに、PS4の速度だけが遅くなってしまう原因と対処法を考えられる範囲でまとめてみました。

PS4の通信速度で困っている人は参考にしてみてください。

他の端末は速いのにPS4だけが遅い!考えられる3つの原因

PS4だけが遅くなる原因

まずは、「PS4だけが遅くなってしまう」原因についてです。考えられる原因は大きく分けると3つです。

【PS4の通信速度だけが遅くなる3つの原因】

  • PSN側に問題がある
  • 自分が使用している機器に問題がある
  • 他の端末と通信の仕方が異なっている

それぞれの原因について簡単に解説していきます。

原因1:PSN側が原因でPS4だけ遅くなっている

1つ目はPSN側に問題があるパターンです。

例えばパソコンやスマホで速度測定をする場合、速度測定の対象になるサーバーは自分が住んでいるエリアの近くにあるサーバー(関西なら大阪など)が割り当てられることが多いです。

一方PS4の場合は、速度測定の対象であるPSNサーバーが確定で海外になっているため、かなりの物理的な距離ができてしまっています。

そのため、良い環境で測定できる他の端末と比較すると、通信速度が悪くなることが多いです。

PSNサーバー
▲PSNサーバーは海外にある説が濃厚。
物理的な距離があるとその分悪くなる。

また、PSNサーバーはかなりのアクセス数を持っていると予想されるため、その混雑による速度低下ということも考えられます。

つまり、PSNサーバーに問題がある可能性は十分にあり得るということです。

とは言っても、PSNが原因の場合はユーザーがどうこうできるものでもないため、「そういうことがあるんだな。」というくらいの認識を持っておくと良いでしょう。

原因2:自分が使用している機器が原因で遅くなっている

2つ目は自分が使用している機器などに問題があるパターンです。機器と言ってもPS4の速度が遅くなる原因として挙げられるのは、以下の2つだけになります。

【通信速度が遅くなる可能性がある機器】

  • PS4本体(1,000番台)
  • LANケーブル

詳しくは後半の対処法で解説していきますが、無線で接続している人は「PS4の型番」を、有線で接続している人は「LANケーブル」をチェックするようにしましょう。

原因3:他の端末と通信の仕方が異なるから遅くなっている

3つ目は、他の端末と通信の仕方が異なるパターンです。具体的には以下のような例が挙げられます。

【PS4の通信方式が異なるパターン】

  • 他の端末はIPv6(IPoE通信)で接続している
  • PS4の前にルーターや中継器を挟んでいる

特に多いのが、IPv4(PPPoE通信)とIPv6(IPoE通信)がごちゃ混ぜになっているケースです。

PS4はIPv6通信に対応していないため、IPv6通信に対応している機器と比較すると、住んでいる地域や環境によって遅くなる可能性は十分に考えられます。

こういった話についても対処法の方で具体的に見ていきます。

PS4だけが遅い!を対処するためにチェックしたい5つの項目

PS4だけが遅い時のチェック項目

それではここからは、「PS4だけ遅い。」という環境を改善するためにチェックしたい項目を5つ紹介していきます。

ここで紹介するどこかに問題がある可能性が高いので、ぜひ確認してみて下さい。

チェック項目1:PS4のWEBブラウザで速度を測定する

1つ目はPS4のWEBブラウザを利用して、他の測定データを手に入れることです。

先述した通り、PS4の本体機能で速度測定をするとPSNサーバーを経由してしまいますが、WEBブラウザ上の速度測定サイトを利用するとPSNサーバーを避けることができます。

測定するサイトはどこでも良いですが、母数の多さで見ると「Speedtest by Ookla」がオススメです。

アクセス後「GO!」を押すだけなので、誰でも簡単に利用できます。

PS4の速度測定Speedtest
▲Speedtestの測定開始画面。
「GO」を押すだけで測定ができる。

測定した結果、他の端末とある程度近い速度が出ていれば、PSNサーバー側に問題があるということになります。

仮にPSNサーバー側に問題がある場合は、個人ではどうしようもありませんので、一旦気にせず放っておくと良いでしょう。

【PS4でのWEBブラウジングについて】
PS4のWEBで速度測定をしても、思った結果にならないことが多いです。
そのため、他の端末と比較して速いかどうかよりも、日常的に使う上で困るかどうかという目線で速度をチェックすることをオススメします。

チェック項目2:PS4の型番を確認する(特に1000番台)

2つ目は使っているPS4の型番についてです。

2016年9月に発売された「PS4 CUH2000」よりも前のPS4(CUH1000番台)は、無線の規格が「IEEE 802.11 b/g/n」にしか対応していないため、速度がかなり制限されます。

具体的な数値を挙げると、PS4の無線規格11nで出せる理論値は最大150Mbpsです。

PS4のCUH1000シリーズ
▲このデザインが1000シリーズ。
無線の規格が11nまでしか対応していない。

理論値で150Mbpsなので、実際に家庭で行う速度測定などでは、理論値の半分~3分の1程度出せれば頑張ってるかなというくらいの感覚になります。

そう考えると、PS4の型番のせいでPS4だけが遅くなっている可能性は十分にあるでしょう。

ただし、これが適用されるのはPS4を無線(Wi-Fi)で接続している人だけです。有線で接続している場合に関しては、型番による差はないため気にする必要はないと思います。

チェック項目3:PS4のLANケーブルを確認する

3つ目は、PS4を接続しているLANケーブルについてです。

LANケーブルにもスペックがあり、スペックが低いものを利用していると通信速度や周波数帯域の制限を受けてしまいます。

チェックするのは、LANケーブルの「カテゴリ」です。

LANケーブルのカテゴリ
▲LANケーブルのカテゴリをチェック。
基本的にはケーブル本体に記載されている。

現在主流なLANケーブルのカテゴリは「5/5e/6/6A/7」の5種類ですが、PS4で利用するのであれば「6/6A/7」のいずれかがオススメです。

■LANケーブルのカテゴリ早見表
最大速度
周波数
ゲーム向き
カテゴリ5(EIA-568-A)
100Mbps
100MHz
×
カテゴリ5e(EIA-568-B)
1Gbps
100MHz
カテゴリ6(EIA-568-B.2-1)
1Gbps
250MHz
カテゴリ6A(TIA-568-B.2-10)
10Gbps
500MHz
カテゴリ7(ISO/IEC 11801)
10Gbps
600Mhz

特に昔から同じLANケーブルを使い続けている人は、「カテゴリ5」を利用している可能性があるため、しっかりと確認するようにしましょう。

iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル UTP Cat6a ストレート ノーマルタイプ 5m ブラック BSLS6ANU50BK

過去90日間の平均価格¥571
(時期によって値段が上下することがあります)

オンラインゲームを快適にプレイするためには、しっかりとしたLANケーブルが必要です。しかし、「LANケーブルの見分け方分からない…。」という人も多いでしょう。そこで、オンラインゲーム向きのLANケーブルと、LANケーブルのスペックや特徴について分かり易くまとめました。

チェック項目4:PS4とその他の端末の通信方式を確認する

4つ目は、PS4の通信方式についてです。

PS4は現在主流になりつつある「IPv6(IPoE通信)」に対応していないため、対応している機器(パソコンやスマホ)と比較した時に速度が遅くなる傾向があります。

特にこの現象になり易いのが以下の回線を利用している人です。

【通信方式の注意が必要な回線】

  • NURO光(NURO光 for マンションも含む)
  • auひかり(j:com NET 光も含む)
  • 電力回線(eo/コミュファ/ピカラ/メガエッグ)
  • 一部マイナーな光回線(スターキャット光、BLAST光など)

これらの回線は近年話題になっている「IPoE IPv4 over IPv6(v6プラスなど)」の通信方式を採用しておらず、IPv4・IPv6デュアルスタック式の通信方式を採用しています。

デュアルスタック式の場合、PS4はIPv4(PPPoE通信)での接続になるため、回線混雑の影響をもろに受けてしまいます

その結果、PS4だけが遅くなってしまうという状態になるわけです。

そして、仮にこの状態になってしまうと、改善できる可能性は低く、できることは「DNSの設定/MTUの設定/周辺機器の確認」くらいしかありません。

改善法に関しては、以下記事でまとめて紹介していますので、もしこの状態になっているのであればチェックしてみて下さい。

「PS4の通信速度ってどれくらい必要なの?」という人向けに、通信速度の測定方法から目安になる数値、そして通信速度が遅いときの改善法を紹介していきます。また、それに合わせて重要になるPing値についてもまとめました。

▼IPv4やIPv6、v6プラスなどについて知りたい人は以下記事も見てみて下さい。

「結局、IPv6?v6プラスでPS4のゲームはできるの?」という疑問を持っている人向けに、PS4とIPv6接続、v6プラスでの接続について解説しました。また、v6プラスでゲームができない時の対処法も紹介していますので、参考にしてみてください。

チェック項目5:PS4の前に中継器やルーターがあるか確認する

最後が、ルーターや中継機についてです。

例えば下の画像で言うと、ルーターから直接接続しているスマホ・パソコンに対して、PS4はルーターから中継器を挟んだ接続になっています。

PS4のブリッジ接続
▲PS4と他の端末の接続方法が
同じになっていないとダメ。

この状態でPS4だけ遅いのであれば、利用している中継機に問題がある可能性が高いです。

中継機に問題があるかどうかを確かめるために、一度中継器を取り除いて接続して、通信速度に変化があるかをチェックしてみて下さい。

変化があれば中継機に問題があることになり、変化がなければ回線そのものが悪い可能性が高くなります。

どちらに問題があるかを発見して、必要であれば買い替えやネット回線の切り替え等を検討していくと良いでしょう。

PS4だけが遅い原因が何かを見極めることが一番重要

PS4だけ遅い時のポイント

ここまで原因と対処法の両方を紹介してきましたが、最終的に重要になるのは「なぜ遅くなっているか。」を見つけることです。

原因が分からないと対処法も分かりませんので、しっかりと原因を見極めていきましょう。

中でもよく見落とされるのが「LANケーブル」と「通信方式の違い」です。

特に通信方式の違いについては、独自配線系の回線で起きる可能性が高いため、「自分の回線は大丈夫!」と思っている人が意外と当てはまったりしています。

一般的にゲームでオススメされるNURO光やauひかりでも起き得るので、しっかりと注意しましょう。

また、これが原因でPS4が遅くなってしまった場合は、新しいネット回線の検討をしなくてはいけません。

NURO光やauひかりもエリアによってはこういったことになりますので、運が悪かったと割り切って次の回線を考えるようにしましょう。

オンラインゲームにオススメのネット回線5選をネトゲ廃人でもある管理人がまとめました。回線を選ぶ際に重要になる「通信速度・Ping値・安定性」についても解説しています。オンラインゲームの回線選びで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

まとめ:PS4だけが遅くなる原因と対処法について

このページでは、PS4だけが遅くなってしまう原因と対処法について紹介しました。

再度まとめると以下のような感じです。

【PS4だけ遅くなってしまう原因】

  • PSN側に問題がある
  • 自分が使用している機器に問題がある
  • 他の端末と通信の仕方が異なっている

【PS4だけ遅くなってしまった時のチェック項目】

  • PS4のWEBブラウザで速度を測定する
  • PS4の型番を確認する(特に1000番台)
  • PS4のLANケーブルを確認する
  • PS4とその他の端末の通信方式を確認する
  • PS4の前に中継器やルーターがあるか確認する

最悪どれも当てはまらないという場合は、PS4や機器の端子部の故障を疑ってみて下さい。

それでもダメなときは、契約している回線事業者もしくはプロバイダに連絡して、何が原因かを特定してみると良いでしょう。

このページが参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする