オンラインゲームが有線でも遅い…。3つの原因とその解決法まとめ!

オンラインゲームが有線でも重い

「オンラインゲームは無線より有線がいい!」というのは頻繁に耳にする話です。

しかし、有線でプレイしているにも関わらず、ゲーム中にラグが起きてしまったり、重くなってしまうことがあるという人もいるのではないでしょうか。

そこでこのページでは、オンラインゲームを有線でプレイしているのに重くなってしまう、ラグが起きてしまう原因と、その解決策について解説していきます。

ラグなどで困っている人は参考にしてみて下さい。

有線なのにオンラインゲームが重くなる3つの原因

有線でもゲームがラグい

「有線なのにゲームが重くなるのは何でなの?」と疑問に思っている方も多いと思いますが、主な原因は4つ考えられます。

【有線なのにゲームが重くなってしまう4つの原因】

  • 相手もしくは味方の回線に問題がある
  • 周辺機器(主にLANケーブル・ルーター)が良くない
  • 利用しているネット回線が良くない
  • 利用しているゲーム機器(主にパソコン)が良くない

全てのゲームではありませんが、一部のゲーム(P2Pゲームに多い)は相手もしくは味方が原因で全員が重くなってしまうことがあります。

この原因に関してはどうしようもないため、諦めるしかありません。

残りの3つの原因に関してはしっかりと対策をすることで、有線でもラグいという状況を改善することが可能です。

そこでここからは、自分で改善することが出来る3つの原因について詳しく見ていきます。

【※追記】
最近は、「回線の質が同程度の人をマッチングさせる」というゲームも増えてきています。
そのため、「絶対最初の原因のせいだわ!」という人でも、ラグの改善法をチェックしておくと良いです。

オンラインゲームが有線でもラグくなるを解決する4つの方法

先ほど紹介した原因に解決策としてチェックしたいのは以下の項目になります。

【有線でもラグい時にチェックしたい項目】

  • DNS設定をチェックする
  • LANケーブルのカテゴリをチェックする
  • ルーターの利用歴・スペックをチェックする(ルーターはなくてもOK)
  • ネット回線の品質をチェックする
  • ゲーム機器(主にパソコン)のスペックをチェックする

それぞれの項目について、詳しく見ていきましょう。

解決策1(おまけ):DNS設定をチェックする

解決法として、よく言われているのがDNS設定の変更です。

手軽に変更できるDNS設定ですが、これ1つでラグが改善されるというケースも珍しくもないため、要チェックの項目になります。

具体的な設定方法は以下の通りです。

【PS4での設定方法】

  1. ネットワーク>インターネット接続設定
  2. 『LAN設定』の有線を選択
  3. 『カスタム』を選択
  4. 『IPアドレス設定』を自動
  5. 『DHCPホスト名』を指定しない
  6. 『DNS設定』を手動で下記に設定
    →プライマリ『8.8.8.8』
     セカンダリ『8.8.4.4』
  7. 『MTU設定』を自動
  8. 『プロキシサーバー』を使わない
  9. インターネット診断をする

【Switchでの設定方法】

  1. 設定>インターネット設定
  2. 『有線』を選択
  3. 『設定の変更』を選択
  4. 『DNS設定』を選択し手動にする
  5. 『優先』を【008.008.008.008】
  6. 『代替』を【008.008.004.004】
  7. 保存するを選択して終了

このDNSはGoogleが提供しているPublicDNSで、誰でも無料で利用することが可能です。

また、現在はGoogleのPublicDNSに合わせて、CloudfareのPublicDNS「優先:1.1.1.1、代替:1.0.0.1」もゲーム向けとして注目を集めています。

どちらも簡単に試せますので、気になる方を試してみると良いでしょう。

【※追記】
この方法を試すことでラグが酷くなってしまうこともあります。
仮にラグが酷くなってしまった場合は、『DNS設定の変更』を『自動』にして再設定するとOKです。

解決策2:LANケーブルのカテゴリをチェックする

2つ目は、LANケーブルのカテゴリチェックです。

カテゴリはLANケーブルのスペックを表す数値で、LANケーブル本体に「cat○○」という数字や「EIA/TIA~」の英字列で記載されています。

LANケーブルカテゴリの見分け方
▲カテゴリはLANケーブル本体に
数字か英字のどちらかで記載されている。

そして、このカテゴリが低い(悪い)と、通信速度や周波数が制限されてしまうため、ラグが起きてしまう原因になります。

現在主流のカテゴリは以下の通りです。

■LANケーブルのカテゴリと特徴
最大速度
周波数
ゲーム向き
カテゴリ5(EIA-568-A)
100Mbps
100MHz
×
カテゴリ5e(EIA-568-B)
1Gbps
100MHz
カテゴリ6(EIA-568-B.2-1)
1Gbps
250MHz
カテゴリ6A(TIA-568-B.2-10)
10Gbps
500MHz
カテゴリ7(ISO/IEC 11801)
10Gbps
600Mhz

ゲームをするだけであれば、カテゴリ6以上で性能的には十分です。

万が一、手元に5e以下しかなく買い替えをしようと考えている人は、極端な金額差はないため「カテゴリ6a/7」のどちらかを購入することをオススメします。

カテゴリ7は長くなるとコスパが悪くなってしまうため、長いLANケーブルが必要な人はカテゴリ6aを購入すると良いでしょう。

iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル UTP Cat6a ストレート ノーマルタイプ 5m ブラック BSLS6ANU50BK

過去90日間の平均価格¥571
(時期によって値段が上下することがあります)

また、LANケーブルに関しては以下の記事で詳しく解説していますので、気になる人はそちらもチェックしてみて下さい。

オンラインゲームを快適にプレイするためには、しっかりとしたLANケーブルが必要です。しかし、「LANケーブルの見分け方分からない…。」という人も多いでしょう。そこで、オンラインゲーム向きのLANケーブルと、LANケーブルのスペックや特徴について分かり易くまとめました。

解決策3:ルーターの利用歴・スペックをチェックする

3つ目はルーターについてです。

ルーターについてチェックしたいのは、「5年以上同じルーターを利用していないか」「有線ポートは1Gbpsに対応しているか」の2点になります。

ルーターの寿命は、一般的に5年前後です。

利用方法によっては3年前後で寿命を迎えてしまうこともありますが、いずれにしろ長年利用していると処理能力が低下し、ラグの原因になってしまいます。

そのため、同じルーターを長年利用している人は買い替えを検討した方が良いでしょう。

ルーターのLANポート
▲ルーターのLANポートが
最大1Gbpsに対応していることが大事。

また、ルーターの有線LANポートが1Gbpsに対応しておらず最大100Mbpsになっている場合も、ルーターの買い替えをオススメします。

少なからず影響を与える可能性がありますので、有線LANポートが最大速度1Gbpsに対応しているルーターを購入しましょう。

なお、買い替えるにしてもUFOのようなゲーミングルーターを購入する必要はありません。

NEC 11ac対応 1300+600Mbps 無線LANルータ(親機単体)Aterm WG1900HP2 PA-WG1900HP2

過去90日間の平均価格¥7,559
(時期によって値段が上下する可能性があります)

バッファロー WXR-1750DHP2 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b

過去90日間の平均価格¥6,838
(時期によって値段が上下する可能性があります)

こういった普通のルーターで構いませんので、しっかりと最大1Gbpsに対応していることを確認して購入するようにしましょう。

なお、オススメルーターについては別記事で詳しく解説しているため、そちらをチェックしてみて下さい。

オンラインゲームをプレイする上で重要なのがルーターです。ルーターが原因でゲームにラグが起きたり、回線落ちが起きるようなことも多々あります。しかし、いざルーターを買い換えようと思っても数が多く選ぶのが難しいです。そこで、今回は3つに絞ってオススメのルーターを紹介します。

解決策4:ネット回線の品質をチェックする

4つ目は利用しているネット回線についてです。

周辺機器が良くても大元のネット回線が悪いとどうしようもないため、利用しているネット回線もしっかりとチェックしておく必要があります。

口コミや実測値を参考にしながら品質を確かめましょう。

ちなみに、オンラインゲームにおいて、特に評判が良いのは独自の配線ルートを持っている回線になります。

特にメジャーな回線は以下のNURO光とauひかりです。

■【管理人推奨】オススメのゲーム向け回線
サービス概要
NURO光 ・最大2Gbpsの超高速回線
・都内のeSports施設でも採用中
・現状一番オススメできる回線
auひかり ・最大1Gbpsの高速回線
・独自配線で他者回線より高品質
・NURO光に次いでオススメできる回線

これらの回線は独自の配線網を持っているため速度が出やすく、実際の利用者からの口コミも他社回線と比較して良いものが多いです。

また、NURO光もauひかりも、契約時のキャンペーンが非常に豪華で、普通の乗り換え先としても人気があります。

NURO光公式キャッシュバック
▲例えばNURO光は契約だけで
45,000円のキャッシュバックが貰える。

そのため、回線の切り替えが可能な方はこの2つを検討してみると良いでしょう。

なお、その他の回線(ドコモ光など)や具体的なキャンペーンについては、別記事で解説しているため、そちらもチェックしてみてください。

オンラインゲームにオススメのネット回線ベスト3をネトゲ廃人でもある管理人がまとめました。回線を選ぶ際に重要になる「通信速度・Ping値・回線落ち」についても解説しています。オンラインゲームの回線選びで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

解決策5:ゲーム機器のスペックをチェックする

最後の解決策はゲーム機器自体の買い替えです。

PS4(proは除く)やSwitchであれば気にする必要はありませんが、パソコンでゲームをしている人はパソコンのスペックを一度見直してみましょう。

最低限、ゲーム毎に決められている最低スペックはクリアしたいところです。

そして、万が一ゲームの最低スペックをクリアしていない場合は、 パソコンの買い替えを検討しましょう。

パソコンの買い替え
▲パソコンの買い替えは高いため
優先度は低めで良いかもしれません。

とは言え、パソコンの買い替えは10万~20万円単位でお金が必要になってきますので、誰でも簡単に買い替えることは難しいかもしれません。

そのため、優先度は低めでOKです。

なお、買い替えるのであれば、パソコンのBTOサイト「ドスパラ!」が販売している「GALLERIA XF」をオススメします。

GALLERIA
OS
Windows10
CPU
intel Core i7-9700K
メモリ
8GB
グラフィック
NVIDIA GeForce RTX2070 8GB
SSD/HDD
SSD500GB/HDD2TB
参考価格
179,980円
月々:4,000円(48回分割の場合)
公式ページ
パソコン通販ドスパラ GALLERIA XF

かなりコスパの良いパソコンで、数年間以上は十分に戦える性能になっています。

ただし、ゲーム配信や動画の投稿をするのであればメモリを16GBに増やさないと厳しい(オプションで出来ます)かもしれませんので、その点だけ注意するようにしましょう。

気になる人はチェックしてみてください。

オンラインゲームをプレイするならゲーム用のパソコンを準備しなくてはいけません。しかし、パソコンに詳しくない人はそれを探すのが大変です。そこで、初心者でも分かり易いようにパソコンの選び方と理想のパソコン、おすすめのパソコンを紹介していきます。パソコン選びで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

オンラインゲームでラグが起きる具体的な原因(Ping値・通信速度)

オンラインゲームのラグの原因

ここからはラグが起きる具体的な要因について簡単に解説しておきます。

ラグが起きる主な原因は「通信速度」「Ping値」の2つです。

それぞれについてそれぞれ見ていきましょう。

オンラインゲームでラグが起きる根本的な原因1:通信速度

まずは通信速度についてです。

「通信速度が遅いからラグが起きる!」と思っている人も多いかもしれませんが、実際のところ通信速度が原因になることはほとんどありません

というのも、オンラインゲームをプレイするだけなら5Mbpsでも十分だからです。

「5Mbpsも出ていない…」という人であれば、通信速度がラグの原因になる可能性はありますが、ほとんどの人は5Mbpsは出ているでしょう。

そのため、通信速度がラグの原因になることはほぼあり得ません。

日本の平均通信速度
▲日本の固定回線平均速度(SpeedTestより)。
5Mbpsのハードルはかなり低いと言える。

「なら通信速度はいらないの?」と言われるとそうではなく、通信速度はゲームソフトやDLCのダウンロードに直接的に関わってくることになります。

通信速度が速いとその分ダウンロードも速くなるため、サクサクダウンロードを進めるなら通信速度が速いに越したことはありません

より詳しい情報については、別記事で解説していますので気になる人はそちらをチェックしてみて下さい。

オンラインゲームをプレイする上でネット回線は非常に重要な意味を持っています。多くの人が通信速度(回線速度)を気に掛けるでしょう。では、実際快適にオンラインゲームをプレイするためには、どれくらいの通信速度が目安になるのでしょうか。また、回線速度を改善する方法は何なのでしょうか。今回は、ネトゲにおける通信速度について解説します。

オンラインゲームでラグが起きる根本的な原因2:Ping値

一方、ラグの原因の大半を占めるのが「Ping値」になります。

聞き慣れない人もいるかもしれませんが、Ping値とは「自分のゲーム機器とゲームサーバー間で行われるやり取りの時間を示した数値」です。

ゲーム内では「Ping ○○ms」と表される数値で、数値が小さければ小さいほどやり取りがスムーズに行えている、つまりラグが少ないということになります。

Ping値
▲ゲーム内で表示されているPing値。
数値が小さいほどラグが起きづらい。

「1,000ms=1秒」ですので、仮にゲーム内のPing値が100msになっているとすると、ボタン操作からその行動が画面に反映されるまでの時間は約0.1秒です。

個人差はあるかもしれませんが、FPSなどでの0.1秒はかなりラグを感じます。

Ping値の目安はプレイするゲームのジャンルにもよりますが、20msを切っていればとりあえずはOKです。

Ping値については、別記事でかなり詳しく解説しているため、より詳しく知りたい人はそちらをチェックしてみて下さい。

オンラインゲームで最も重要になるPing値についてまとめました。多くの人が悩んでいる「ラグ」などを改善するためには必須の項目になりますので、オンラインゲームが好きな人はチェック&改善してみてください。

まとめ:ゲームが有線でもラグいを解決する4つの方法

このページでは、有線でもゲームがラグい時の解決法を紹介しました。

具体的な解決策は(おまけを含め)5つあります。

【有線でもラグい時にチェックしたい項目】

  • DNS設定をチェックする
  • LANケーブルのカテゴリをチェックする
  • ルーターの利用歴・スペックをチェックする(ルーターはなくてもOK)
  • ネット回線の品質をチェックする
  • ゲーム機器(主にパソコン)のスペックをチェックする

有線でもラグが起きているということは、この中のどれかに必ず問題があります。

それぞれの解決法を試してみて、自分の環境のどこに問題があるかを見つけて、解決法を試して見てください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする