【ネトゲ廃人が選ぶ】オンラインゲームのおすすめネット回線ベスト3!

オンラインゲーム向け回線ベスト3

ゲーマーな管理人がオンラインゲーム向きの回線についてまとめました。

オンラインゲームをしていると「ラグで戦いにまともに参加できない」「ラグのせいで撃ち負けた」といった悩みを抱えてしまう人も多いのではないでしょうか。

こういった悩みを解決するには、しっかりとしたネット回線が必要です。

そこでこのページでは、オンラインゲームをプレイするのにオススメの回線とその選び方、そして筆者の環境も紹介していきます。

オンラインゲームの回線選びの参考にしてみて下さい。

【ネトゲ廃人が選ぶ】オンラインゲームにオススメの回線ベスト3!

ネトゲ廃人推奨のネット回線

それでは、早速ですがオンラインゲームにオススメの回線ベスト3を紹介していきます。

今回紹介する回線は、「オンラインゲームをいかに快適にプレイできるか」という点を最重要視しつつ、その他の選考基準も考慮して選びました。

【ランキングの基準】

  • いかにオンラインゲームの環境が快適になるか(最重要)
  • 対応している地域はどの程度あるか
  • 携帯・スマホとのセット割はどうなっているか
  • 契約時のキャンペーンはどれくらい豪華になっているか

そのため、より自分に合ったネット回線を選ぶことができると思います。

それでは、具体的な回線について見ていきましょう。

■ネトゲ廃人が選ぶオススメネット回線ベスト3
回線の特徴
詳細
NURO光
  • 最大2Gbpsの超高速回線
  • 都内のeSports施設でも採用
  • 現状日本トップクラスの回線
詳細
auひかり
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • 独自配線で速度が出やすい
  • キャンペーンがかなり豪華
詳細
ドコモ光
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • v6プラス通信で夜でも安定
  • 最低100Mbpsの速度保証制度
詳細
※詳細を押すと当記事内の解説ページに飛びます。

(1)NURO光(最大2Gbpsのゲーム向き最強回線)

NURO光

最大速度 最大2Gbps
月額料金 4,743円
(戸建てマンション共通)
キャンペーン 45,000円キャッシュバック
セット割 ソフトバンク、Y!mobile携帯・スマホ
公式ページ NURO光公式ページ
【早分かり!NURO光の4つの特徴】

  • 次世代技術を用いた最大2Gbpsの超高速回線
  • ゲーム内Ping値で1桁を出せる圧倒的応答速度
  • NURO光独自の配線方式で安定性が高い
  • 関東・東海・関西・九州・北海道に対応

現在、オンラインゲーム向きの回線として一番オススメなのがNURO光です。

So-net独自の配線技術が生み出すNURO光は、プロの大会が行われるeSports施設やゲーム配信者にも多く利用されており、多くのゲーマーから熱い支持を受けています。

NURO光はSONYが運営している
▲NURO光はSONYグループが運営する回線。
誰もが知っている大手企業で信頼性はかなり高い。

まず注目したいのが、NURO光の『通信速度』です。

速度測定サイトを利用した調査では、NURO光ユーザー100人の平均実測値は501.9Mbpsとなっており、これはSteam日本ユーザーの平均速度約60Mbpsの8倍以上にも及ぶ数値になります。

はっきり言うと、ゲームをするにはオーバースペック過ぎる通信速度ですが、ゲームのダウンロードやアップデートが一層快適になるため、無駄になることはないでしょう。

NURO光の平均実測値501.9Mbps
▲ユーザー100人の平均実測値は501.9Mbps。
かなりの爆速でダウンロードも快適になる。

そして、次に注目したいのがゲームで最も重要と言われる『Ping値』です。

【※Ping値について】
Ping値はラグの指標になる数値で、数値が低ければ低い程GOODです。
詳しは記事の後半で解説します。

『ゲームで起きるラグの大半はPing値に問題がある』と言っても過言ではないぐらい重要なPing値ですが、NURO光は他の光回線と比較しても低いことで知られています。

後ほど口コミでも紹介しますが、人によってはゲーム内のPing値で1桁を出すことも珍しくなく、格ゲーやFPSなどゲームのジャンルを問わず快適にプレイすることが可能です。

これらの要素から、現状最もオンラインゲーム向きな回線はNURO光と言えます。

口コミでも評判の良いNURO光ですが、実は工事が遅いことで有名な回線でもあります。

そのため、NURO光の契約を考えているようであれば、自分で思っている以上に早めに申し込むことをオススメします。

ちなみに、2月に実施されているNURO光のお得なキャンペーンは「WEB限定45,000円キャッシュバック」です。

現在の回線の解約金に利用することができる他、好きなゲームソフト・ゲーム機の購入にも使えるため、NURO光を検討しているならぜひチェックしてみて下さい。

NURO光公式キャッシュバック

(2)auひかり(独自配線網で安定性が高い)

auひかり

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,200円
(マンション:4,100円)
キャンペーン 最大3年間月額料金大幅割引
戸建て:5,200円⇒3,500円
マンション:4,100円⇒2,100円
セット割 au携帯・スマホ
公式ページ auひかり(So-net)
【早分かり!auひかりの3つの特徴】

  • 独自光ファイバーを利用しており高速&安定
  • 月額料金割引キャンペーンで毎月安く利用できる
  • 全国の約70%に対応している提供エリア

NURO光に並んでゲーム向きと言われるのが、同じく独自配線を持っているauひかりです。

ラップバトルや高杉君、三太郎シリーズなど、独特なCMが印象的なauひかりですが、実は回線の質にもかなり力を入れており、運営元であるKDDIはeSports連合にも協賛しています。

ゲーム向き回線auひかり
▲独特なCMが印象的なauひかりだが
eSports連合にも協賛しており回線はガチ。

auひかりもNURO光と同様に独自配線を持っており、回線の質がかなり高いです。

配線の技術が異なるため、最大2GbpsのNURO光と比較するとスペック的には落ちてしまいますが、それでも利用者100人の平均速度は236.6Mbpsと高い数値になっていました。

さらに、auひかりもPing値1桁を十分に狙える性能を持っていますので、格ゲーやFPSなどの繊細な動きが必要になるゲームも快適にプレイできるでしょう。

auひかりはNURO光に次ぐゲーム回線
▲auひかりはNURO光に並ぶゲーム向け回線。
独自光ファイバーの高品質な回線を使える。

また、auひかりのもう1つの魅力が契約時に適用されるキャンペーンです。

auひかりの公式サイトでは特に豪華なキャンペーンは行っていないものの、人気プロバイダSo-netから申し込みを行うことで、最大3年間月額料金が大幅に割引されます。

戸建てで最大76,300円の割引、マンションで最大70,800円の割引を受けられ、なおかつ他社回線の違約金がある場合は最大30,000円まで違約金を負担してくれます。

『ゲームが快適にできる回線+他社より安い月額料金』を兼ね備えた優秀なネット回線ですので、多くの人が満足して利用することができるでしょう。

また、auひかりを利用するなら、『5G/10G』を検討するのもアリです。

5G/10Gをフルで使いこなすには専用の機器が必要になりますが、そういった機器がなくても1Gのプランと比較すると速度はかなり出やすくなります。

5G/10Gはオプション制になっているため、契約時のキャンペーンは同じく適用され、なおかつ3年間月額料金500円割引も付いてきますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

auひかり×So-netキャンペーン

(3)ドコモ光(v6プラス通信で夜でも安定)

ドコモ光

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,200円
(戸建て:4,000円)
キャンペーン 最大20,000円キャッシュバック
セット割 ドコモ携帯・スマホ
公式ページ ドコモ光(GMOとくとくBB)
【早分かり!ドコモ光の3つの特徴】

  • 最低100Mbpsの速度保証サービスを実施している
  • v6プラス通信で夜でも安定して通信できる
  • 全国の約93%にサービスを提供している

最後に紹介するのが、新しい通信システム『v6プラス』を搭載したドコモ光です。

「NTT回線(フレッツ光や光コラボなど)はオワコン」といった話を聞いたことがあるかもしれませんが、v6プラスが導入されているプロバイダであればまだまだ勝負できます

ドコモはNTTが運営している
▲NTTドコモが運営しているドコモ光。
知名度も高く信頼性は抜群と言える。

ドコモ光のおすすめプロバイダは、速度に定評のある「GMOとくとくBB」です。

v6プラスについては後ほど詳しく解説しますので、ここではGMOとくとくBBならではの魅力『最低100Mbpsの速度補填制度』と『各地域毎の平均速度公開』について見ていきます。

多くの人が気掛かりに思う「契約した後に速度が出るか不安…」という点を考慮した制度が、GMOとくとくBBが採用している最低100Mbpsの速度補填制度です。

この制度は、契約後にドコモ光の通信速度が100Mbpsを切った際にGMOとくとくBBにメールを送ると、100円相当のポイントが付与されるというものになります。

GMOとくとくBBの速度平均
▲ドコモ光には速度保証制度があり
誰でも安心して申し込める。

こういった制度を導入することができるのは、余程速度に自信があるという表れでしょう。

2月現在、ドコモ光では『最大20,000円キャッシュバック+10,000dポイントプレゼント+高性能ルーター無料レンタル』といったキャンペーンが行われています。

また、GMOとくとくBBの公式サイトでは各地域毎(関東・四国など)に実際のユーザーの通信速度を公開しているため、それらを確認することも可能です。

ドコモ光の導入を検討している人は、キャンペーンの確認に合わせて速度に関しても公式サイトにてチェックしておくといいかもしれません。

ドコモ光GMOとくとくBB

その他のメジャーなネット回線についての解説・考察

ここからは、上で紹介した3つの回線以外でも候補に挙げられる可能性があるネット回線について、簡単に解説・考察をしていきます。

気になる回線があればこちらもチェックしてみると良いでしょう。

ゲーマー向けプロバイダ『Gaming+(ゲーミングプラス)』について

Gaming+

1つ目は、ゲーマー向けプロバイダとして知られる『Gaming+』です。

『全てのゲーマーのためのハイスペックプロバイダ』というコンセプトを元に運営しており、フレッツ光もしくはドコモ光と合わせて契約するプロバイダになります。

日本のプロチーム「DetonatioN Gaming」の公式スポンサーでもあり、気になる人が多いかもしれませんが、実はあまりオススメできるプロバイダではありません

オススメできない理由は大きく2つあります。

  • 月額3,000円という料金が高すぎる(フレッツ光と合わせて月々9,000円前後必要)
  • ゲーマー向けと言われる特別な制度を導入しているわけではない

簡単にまとめると、「値段が通常のプロバイダの数倍する割に、特にゲーマー向けと言える技術を導入していない」のです。

これだけの金額を支払うのであれば、NURO光やauひかりで5G/6G/10Gのいずれかを契約した方が確実に質の高い回線を手に入れられます。

そのため、基本的にはGaming+の契約はオススメしません。

あまりオススメはしませんが、Gaming+のサービスについて実際に電話で確認した内容をまとめた記事もありますので、気になる人はそちらもチェックしてみて下さい。

携帯3大キャリアの1つ『ソフトバンク光』について

ソフトバンク光

続いては、携帯の3大キャリアの1つとして高い知名度を持つ『ソフトバンク光』です。

「ソフトバンク光はクソ…」という口コミを見たことがある人も多いかもしれませんが、実はソフトバンク光の回線の質自体は決して低いものではありません

特にIPv6高速ハイブリット(v6プラスと同じ様なサービスです)を利用した時の回線の質は、ドコモ光やauひかりと同等レベルです。

そのため、「回線の質」という点だけで見るとソフトバンク光は十分な性能を持っています。

ただし、ソフトバンク光をそのレベルで利用するには「光BBユニットのレンタル」や「Wi-Fiオプションの申し込み」「自前でルーターを用意する」など他の回線と比べて手間と料金がかかります

ソフトバンク光
▲ソフトバンク光は手間と料金がかかる。
ソフトバンクユーザーならアリな選択肢。

さらに、ソフトバンク携帯・スマホのセット割もNURO光と被ってしまっています。

こういった2つのマイナス要素があったため、ソフトバンク光は今回のランキングからは外れる結果になりました。

しかし、「NURO光が未対応でソフトバンク携帯・スマホとのセット割を使いたい!」というような状況であれば契約の価値はあります。

と言うのも、ソフトバンクのセット割を適用することで、光BBユニットのレンタルやWi-Fiオプションの料金が安くなり、金額的なデメリットが少なくなるからです。

また、人気の代理店では、豪華なキャッシュバック等も実際されていますので、条件に当てはまるようであればチェックしてみると良いでしょう。

ソフトバンク光(エヌズカンパニー)

eo光・コミュファ光・メガエッグ光・BBIQ光・Pikara光について

電力系回線

ゲーム向けの回線として頻繁に選択肢に入ってくるのが「地域限定回線」です。

いずれの回線も各地域毎の大きな電力会社が運営しており、各地域毎に契約することができるネット回線もそれぞれ異なってきます。

■各地域毎の地域限定回線
地域
利用できる回線
関西エリア
eo光
中部エリア
コミュファ光
中国エリア
MEGA EGG光
四国エリア
Pikara光
九州エリア
BBIQ光

これらの回線はいずれも、NURO光やauひかりと同じく独自配線を持った光回線です。

そのため、回線の質はかなり高く、オンラインゲームを十分快適にプレイすることができる性能を持っています。

ただし、auひかりやNURO光と比べると契約時のキャンペーンがイマイチで、各回線ごとにエリアが大きく異なってしまいます。

その2つの理由で、ランキングから外しました。

とは言え、「ネット回線と電気代をまとめて支払うことができる」のような電力回線ならではのメリットもあります。

「公共料金は出来るだけまとめて支払いたい!」「近隣で地域限定回線の評判が良いから利用したい!」という人であれば、チェックしてみる価値は大いにあるでしょう。

ちなみに、全ての回線がau携帯・スマホとのセット割に対応しています。

【非推奨】モバイルWi-FiやCATVはやめた方が良い

WiMAXとCATV回線でオンラインゲーム

ここまで光回線の話だけをしてきましたが、光回線以外の選択肢として「CATV回線」や「モバイルWi-Fi」などもあります。

しかし、こういった回線でのゲームはあまりオススメしません

【オンラインゲームにオススメしない回線の一例】

  • Jcom(最大1Gbpsのjcom光は除く)
  • Softbank Air
  • WiMAX
  • モバイルWi-Fi

これらの回線でも、地域や環境によってはゲームができる場合はありますが、安定感が無く、回線落ちやラグで自分もしくは他人が被害を受けることになります。

そのため、出来るだけやめた方が良いでしょう。

ネット上で「WiMAXでもスマブラ出来た!」「Softbank Airでもゲーム余裕」のような口コミを見ることがあるかもしれませんが、基本的にあり得ません。

特に設置型のWi-Fiが光回線と同程度の質になることは今のところあり得ませんので、しっかりと光回線と契約するようにしましょう。

オンラインゲーム向けのネット回線選びで重要な3つのポイント

それではここからは、ネット回線選びで重要な点を解説していきます。

オンラインゲーム向きの回線を選ぶ際のポイントは3つです。

  • 通信速度が30Mbpsを下回らないか
  • ゲームのジャンルに合ったPing値が出ているか
  • 回線落ちや通信切断が頻繁に起きることがないか

快適にオンラインゲームをプレイするのであれば、上の3つの要素のうち1つも欠けることがないネット回線を利用するのがベストです。

逆に言うと、1つでも満たせなくなるとゲーム向けの回線とは言えません

ここからはこれら3つの要素について解説していきます。

通信速度は速いのがベスト、最低でも30Mbpsは必要

一般的に言われる、オンラインゲームの通信速度目安は30Mbpsです。

本来ゲームをするだけであれば10Mbpsもあれば十分なのですが、スマホなどその他の通信端末を考慮すると最低でも30Mbpsは確保した方がいいだろうという目安になります。

そのため、最低でも30Mbpsはクリアするようにしましょう。

しかし、最近はゲームのダウンロードやアップデートが一般的になってきました。

数十GBレベルのゲームのダウンロードや数GB単位の端末機器のアップデートが頻繁に行われることを考えると、30Mbpsでは物足りなさを感じるはずです。

ダウンロードが遅い
▲ダウンロードが一般的になった現在では
30Mbpsの回線では物足りなく感じる…。

「ゲームのダウンロードが遅過ぎて話にならない…。」といった事態を避けるためにも、出来る限り速度が出るネット回線を利用するのが、ベストな選択と言えます。

例えば、この記事内で登場した回線の平均実測値は以下の通りです。

■ベスト3回線の平均速度
回線名
平均実測値
NURO光
501.9Mbps
auひかり
233.6Mbps
ドコモ光
180.0Mbps

最低でも100Mbps以上の実測値が出ていれば、ゲームのダウンロードやアップデートも、ストレスが溜まることなく行えるでしょう。

また、オンラインゲームの通信速度に関しては、以下別記事でも解説していますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

オンラインゲームをプレイする上でネット回線は非常に重要な意味を持っています。多くの人が通信速度(回線速度)を気に掛けるでしょう。では、実際快適にオンラインゲームをプレイするためには、どれくらいの通信速度が目安になるのでしょうか。また、回線速度を改善する方法は何なのでしょうか。今回は、ネトゲにおける通信速度について解説します。

Ping値は低いほどグッド、最低でもゲームに合った数値

オンラインゲームのラグを語る上で重要なのがPing値です。

Ping値を分かり易く一言で表すと『ラグを数値化したモノ』で、オンラインゲームにおけるラグの原因の大部分を担っている数値でもあります。

Ping値の目安となる数値は、以下の表の通りです。

●Ping値の目安表(ジャンル別)
ゲームのジャンル
Ping値
FPS/TPS/格闘など繊細な対人戦
(PUBG、スプラ、ストファなど)
~15ms
MOBA/軽めのTPSなどの対人戦
(LOL、DOTA、GTAなど)
~30ms
MMORPGなど対CPUや育成系
(PSO2、FF14、MHWなど)
~50ms
将棋/囲碁/TCGなど
(Hearthstone、Shadowverseなど)
~100ms

目安は上の通りですが、実はほとんどのゲームにおいてPing値を確認することは出来ません

FPS(TPS)、MOBAやMMORPGの一部のゲームでは、ゲーム内の設定をいじることで確認することが出来る場合もありますが、確認することが出来るゲームは多くはないです。

そういったPing値を確認することができないゲームの場合は『SpeedTest』を利用します。一度測定して以下の基準と照らし合わせてみて下さい。

●Ping値の目安表(測定サイト版)
ゲームジャンル
Ping値
格ゲー、FPS(TPS)などのリアルタイム通信
~10ms
MOBAやシューティングの中でも緩いゲーム
~20ms
MMORPGやMORPGなどのゲーム
~30ms
その他の回線が重要じゃないゲーム
~100ms

この基準は少し緩めに設定していますので、これを下回ると厳しめです。

先ほど口コミで紹介したNURO光の測定結果ではPing値が3msになっていましたので、ジャンル問わずどんなゲームでも快適にプレイすることができます。

そして、ここではauひかりのデータも紹介しておきます。

auひかりの測定結果
auひかりの測定結果。
Ping値6msでどんなゲームもプレイできる。

Ping値が10ms以下のネット回線であればどんなゲームでも快適にプレイすることが出来ますので、一番の目安としてPing値10msを基準にするといいでしょう。

※住んでいる地域によってはPing値10ms以下にならないことがあります。
サーバーとの物理的な距離が離れてしまうとPing値も高くなってしまいますので、知っておくと良いかもしれません。

なお、Ping値に関してのより詳しい情報は別記事で解説していますので、気になる人はそちらもチェックしてみて下さい。

オンラインゲームにあるPING値とは何なのでしょうか。また、このPING値はどうしたら良い数値になるのでしょうか。今回は、PING値の正体や3つの改善方法、PING値に合わせて生じるパケットロスなどを、誰でも分かるように詳しく解説していきます。

回線落ちや通信切断が頻繁に起きることがないか

最後が回線の安定性についてになります。

ネット回線において重要なのは、一時的に速い速度が出ることではなく、しっかりと速い速度を保つことが出来るかどうかです。

例えば、「夜になると回線が遅くなる…」「休日の昼間はまともにゲームができない…」といった回線はゲームに向いているとは言えません。

また、不安定な回線を利用しているとゲーム中の『回線落ち』が頻発します。

ゲーム中の回線落ちは、自分のゲームのモチベを下げるだけではなく、味方に迷惑をかける原因にもなってしまいますので、注意が必要です。

独自の配線
▲独自の配線を持っている回線は
利用者が少なく回線の安定性が高くなる。

回線の安定性を求めるなら、評判を頼りにするしかありません。

例えば、独自の配線網を利用しているNURO光auひかりなどは、回線の安定性が高い回線として有名ですので、安心して利用できるでしょう。

また、v6プラスを利用した光コラボも安定性が高いため、ドコモ光も安心して利用できます。

結局、オンラインゲーム向きの最強回線はどれなの?

ここまでの要素を含めると、快適なネトゲ環境を作るのに必要な条件は3つです。

  • 通信速度が常に30Mbpsを下回らないこと
  • Ping値が出来るだけ低いこと
  • 回線落ちが起きず安定していること

今回紹介した3つのネット回線はいずれもこれらの条件をしっかりと満たしています。

しかし、回線の質という1点だけで見ると、やはり元のスペックが一番優れているNURO光が最強回線と言えるでしょう。

ゲーム向き最強回線はNURO光
▲スペックでみるとNURO光が最強。
契約出来るのであれば第一候補間違いなし。

とはいえ、auひかりやドコモ光もしっかりと速度が出ることに定評があり、Ping値もオンラインゲームをする上では十分な数値が期待できます。

そのため、どの回線を選んでも満足のいくネット環境を作ることが可能です。

後は、「とにかく回線の質が高いのが良い」「キャンペーンが豪華な回線が良い」など、自分の基準に従ってどのインターネットを利用するか決めるといいでしょう。

管理人のオンラインゲーム環境とネット回線を簡単に紹介

現在の管理人の環境は以下のような感じです。

■管理人のゲーム環境
使用回線
NURO光/フレッツ光
使用ルーター
Ater PA-WG1900HP2
LANケーブル
カテゴリ7
ゲーム機器
PC/Switch
通信速度/Ping値
約500Mbps/約10ms

現在は、NURO光とフレッツ光の2回線を契約しています。Switchは家でしかプレイをしないため、持ち運び系のWi-Fiは契約していません。

「SpeedTest」の速度測定結果と現在メインにプレイしているMOBA(League of Legend)のゲーム内Ping値は以下の通りです。

LoLのPing値

ゲーム内と測定サイトではやはり数値が異なります。どちらにせよ12msであれば、どんなゲームも快適にプレイすることが可能です。

また、通信速度もかなり出ているため、ゲームのダウンロードやアップデートが遅くてイライラすることもほとんどありません。

1つのサンプルとして見てみると良いでしょう。

コラム:IPv4 over IPv6通信(v6プラス)について

ここではコラムとして、何度か登場したv6プラス通信について簡単に解説しておきます。

v6プラスは本来「IPoE+IPv4 over IPv6通信」のことで、フレッツ光や光コラボ(ドコモ光やソフトバンク光など)で主流になりつつある通信方式の1つです。

この通信方式は、v6プラスやv6アルファ、IPv6ハイブリッドなど様々な名称がつけられていますが、いずれも同じサービスという認識で構いません。(厳密には違いますが…)

押さえておきたいポイントは、このv6プラス通信を使うことで従来回線混雑が原因で速度が低下していたNTT回線の速度を、大幅に改善することができるという点です。

IPv4 PPPoE通信

v6プラス

このページでメインで紹介した3つの回線の中でこの恩恵を受けるのは、NTT回線を利用したドコモ光です。

逆に言うと、この通信方式を利用しないNTT回線(ドコモ光含め)ではゲームがまともにできない可能性もあるため、ドコモ光やソフトバンク光などのNTT回線を利用する時はしっかりと利用するようにしましょう。

v6プラスについては別記事「オンラインゲームを(IP)v6プラスで快適に!出来ないゲームの対処法は?」で解説していますので、より詳しく知りたい人はそちらをチェックしてみてください。

v6プラスでオンラインゲームをプレイするメリット・デメリットをまとめました。また、v6プラスでオンラインゲームをプレイするときに起きがちな問題とその対処法も解説しています。v6プラス導入を検討している人は参考にしてみて下さい。

まとめ:オンラインゲーム向きのおすすめネット回線ベスト3!

今回は、オンラインゲーム向きのおすすめネット回線を紹介しました。

ネトゲをプレイする上でネット回線はかなり重要で、ちゃんとしたものを選ぶかどうかでゲームのモチベーションも大きく変わってきます。

「ラグ過ぎてゲームをやりたくない…」「ちゃんとしたネット回線を契約したい!」という方は、今回紹介した回線を利用してみて下さい。

それだけで、オンラインゲームの環境は大きく変化するはずです。

LFS池袋
▲しっかりとしたネット回線を利用して
快適なオンラインゲーム環境を手に入れよう。

快適なオンラインゲームの環境作りの一環として、まずは『しっかりと快適なネット環境作り』から始めてみるといいでしょう。

満足できるオンラインゲーム環境をぜひ実現してください。

この記事が何かしらで参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする