【完全版】オンラインゲームのラグ解消法4選!なぜラグは起きるの?

オンラインゲームのラグ

「ラグがあるとゲームが楽しめない…。」
「ラグのせいでゲームのモチベが続かない…!」

オンラインゲームで起きるラグは中々にウザいものです。

ラグがあると、楽しいゲームでもストレスが溜まってしまったり、自信があるゲームで格下に負けてしまったりと、モチベ低下の原因にもなってしまうでしょう。

では、そういったラグを改善するにはどうすればいいのでしょうか。

今回はラグが起きる原因と解消法を紹介していきます。

オンラインゲームで起きるラグの原因は2つ!

オンラインゲームで起きるラグの原因は大きく2つです。

・ゲームのサーバー(運営側)が問題で起きるラグ

・自分のゲーム環境に問題があって起きるラグ

簡単に言うと、『自分が原因で起きているか』『そもそものゲーム(運営側)が原因で起きているか』の2通りになります。

そして、当然と言えば当然かもしれませんが、ゲーム側で起きている原因に関しては、プレイヤーではどうしようもありませんので諦めるしかありません。

回線落ち
▲自分の環境が原因で起きるラグの
ほとんどは回線環境に問題がある。

一方で、自分のゲーム環境の問題の99%は『回線環境の問題』です。

そのため、「ラグで悩んでる…。」という人は、自分の回線環境を見直すことで改善される可能性がかなり高いでしょう。

オンラインゲームのラグが解消される4つの方法

回線環境を改善するために見なすべき点は、3つです。

そしてここでは、プラスアルファとしてゲーム機器のスペックに関しても紹介しますので、合わせて4つを確認することでラグは改善されます。

快適な環境でゲームをするためにも、ぜひチェックしてみて下さい。

解消法(1)ゲーム向きのネット回線を利用する

先に言ってしまうと、回線環境の問題の90%以上はネット回線にあります。

例えばJcomやADSL回線、一部の光回線のような『ゲーム向きではないネット回線』を利用していると、他の方法を試してもラグが改善されることはありません。

そのため、第一にネット回線の問題を解決するのがベストでしょう。

様々なネット回線を実際に試してきた管理人が、ゲーム向きとしてオススメするネット回線は以下の3つです。

■ネトゲ廃人が選ぶオススメネット回線ベスト3
サービス概要 詳細
NURO光 ・最大2Gbpsの超高速回線
・eSportsの試合で採用されている
・現状日本トップクラスの回線
詳細
auひかり ・最大1Gbpsの高速回線
・独自配線ルートで速度が出やすい
詳細
ドコモ光 ・最大1Gbpsの高速回線
・最低100Mbpsの速度保証制度
詳細
※詳細を押すと当記事内の解説ページに飛びます。

これらの回線であれば、ゲーム向き回線としてしっかり機能してくれます。

それぞれの回線の特徴は後ほど説明しますが、より詳しく知りたいという方は別記事「ネトゲ廃人が選ぶネット回線ベスト3!」も合わせてチェックしてみて下さい。

オンラインゲーム・ネトゲ向けのネット回線(プロバイダ)をまとめました。オンラインゲームをプレイするならネット回線はかなり重要です。「ラグ過ぎてつまらない…」「回線落ちがひどい…」のような現象が続くとモチベが落ちてしまいかねません。そういったことを避けるためにも、しっかりと回線選びをしてみて下さい。

解消法(2)有線化+LANケーブルのカテゴリチェック

普段使いでは便利な無線接続ですが、オンラインゲームをするには向きません。

そのため、現在無線を利用してオンラインゲームをしている人に関しては、無線から有線に切り替えることでラグが改善される可能性があります。

LANケーブルのカテゴリ
▲LANケーブルのカテゴリは
ケーブル本体に記載されている。

また、有線にする際はLANケーブルのスペックを表すカテゴリに注意しましょう。

オンラインゲームをするのであれば、『カテゴリ6/6a/7』以上をオススメします。

手元にカテゴリ5e以下(5eや5など)のLANケーブルしかなければ、1,000円未満で購入出来ますので、Amazonなどを利用してLANケーブルを購入するといいでしょう。

「LANケーブルについて詳しく知りたい!」という方は別記事「オンラインゲーム向きのLANケーブルは?」でも詳しく紹介していますので、合わせてチェックしてみて下さい。

オンラインゲームを快適にプレイするためには、しっかりとしたLANケーブルが必要です。しかし、「LANケーブルの見分け方分からない…。」という人も多いでしょう。そこで、オンラインゲーム向きのLANケーブルと、LANケーブルのスペックや特徴について分かり易くまとめました。

解消法(3)ルーターのスペックチェック

意外とラグの原因になりやすいのが、『ルーター』です。

ルーターにも寿命があり、一般的には5年前後と言われています。

5年前後で機械的な寿命を迎える他、長期間同じルーターを使い続けていると、処理能力や処理速度が低下してラグの原因になってしまいますので、買い替えを検討するといいでしょう。

なお、有線でゲームをするのであれば、高額なゲーミングルーターは必要ありません。

NEC 11ac対応 1300+600Mbps 無線LANルータ(親機単体)Aterm WG1900HP2 PA-WG1900HP2

過去90日間の平均価格¥8,703
(時期によって値段が上下する可能性があります)

上のようなミドルスペックで十分快適にオンラインゲームをプレイすることが出来ますので、買い替えをする際の参考にして頂ければ幸いです。

解消法(4)ゲーム機器(主にパソコン)のスペックをチェック

SwitchやPS4などのゲーム機はハード差があまりありませんが、パソコンは別です。

ここ数年は、特にパソコンのスペックを求められるゲームが増えているため、パソコンのスペックが足りない人は早めの買い替えを検討してもいいかもしれません。

パソコンの買い替え目安は、ルーターと同じくおおよそ5年前後と言われています。

パソコンの寿命
▲パソコンの寿命は約5年。
購入はBTOがオススメ。

昔は自作パソコンが安いと言われていましたが、BTO販売が流行ってきてからは、自作と大差ない(むしろ安い時もある)価格でパソコンを購入出来るようになっています。

BTO販売で人気のドスパラなどを利用して、パソコンをチェックしてみて下さい。

ちなみに、当サイトでオススメするのは、以下のGALLERIA(ドスパラ)です。

GALLERIA
OS
Windows10
CPU
intel Core i7-9700K
メモリ
8GB
グラフィック
NVIDIA GeForce RTX2070 8GB
SSD/HDD
SSD500GB/HDD2TB
参考価格
179,980円
月々:4,000円(48回分割の場合)
公式ページ
パソコン通販ドスパラ GALLERIA XF

決して安い金額とは言えませんが、自作パソコンと同程度の価格で購入でき、これから先数年間はかなり快適にオンラインゲームが出来るスペックですので、気になる方はチェックしてみるといいでしょう。

オンラインゲーム向きの回線を使うことが最重要

ここまで4つの方法を紹介してきましたが、中でも一番重要なのはネット回線です。

たとえルーターやLANケーブルがしっかりとしていたとしても、大元のネット回線が良くなければラグを改善することは不可能になります。

ネット回線
▲ネット環境で一番大事なのはネット回線。
大元が悪いと周辺機器を変えても意味がない。

そのため、まずはネット回線を切り替えることを第一に考えるのがベストでしょう。

そこでここでは、上で紹介したゲーム向きのネット回線をもう少し細かく紹介していきます。

それぞれ回線に特徴がありますので、自分に合ったネット回線を選んでみて下さい。

ゲーム向き回線として最強『NURO光』

NURO光

最大速度 最大2Gbps
月額料金 4,743円
(戸建てマンション共通)
キャンペーン 35,000円キャッシュバック
セット割 ソフトバンク携帯・スマホ
公式ページ NURO光公式ページ
【早分かり!NURO光の4つの特徴】

  • 次世代技術を用いた世界最速級2Gbpsの超高速回線
  • ゲーム内PING値で1桁を出せる圧倒的な応答速度
  • NURO光独自の配線方式を利用した抜群の安定性
  • 関東・東海・関西・九州に対応

ゲーム向け回線の中でも、現状最強と言えるのがNURO光です。

SONYグループのSo-netが運営する光回線で、最大2Gbpsの高速回線・ゲーム内PING値1桁のレスポンス・独自の配線方式ならではの安定性が魅力になっています。

少しオーバースペック気味ではありますが、ゲーム向き回線としてはかなり優秀です。

オンラインゲームとNURO光
▲NURO光はゲーム向きとして最強。
多くのゲーマーから熱い支持を得ている。

実際NURO光は、オンラインゲーマーから熱い支持を受けているネット回線で、「オンラインゲームをするならNURO光しかない!」というユーザーも少なくはありません。

プロの大会があるeSports施設でも採用されており、まさに折り紙つきの回線と言えます。

NURO光は、これ以上になく快適にオンラインゲームをプレイできるネット回線になりますので、ゲーム回線として検討する価値は大いにあるでしょう。

NURO光公式キャッシュバック

独自光ファイバーで人気『auひかり』

auひかり

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,100円
(マンション:3,800円)
キャンペーン 最大50,000円キャッシュバック
セット割 au携帯・スマホ
公式ページ auひかり(プロバイダSo-net)
【早分かり!auひかりの3つの特徴】

  • 独自光ファイバーを利用しており高速&安定
  • ネット回線の中でもトップクラスに高いキャッシュバック
  • 全国の約70%に対応している提供エリア

三太郎などの独特なCMで話題を集めるauですが、光回線も負けてはいません。

auひかりの運営元であるKDDIは、eSports協会にも協賛しており、KDDI独自の光ファイバーを利用したネット回線はかなり高いスペックを持ち合わせています。

独自の光ファイバーを利用していることから、他の光回線より高速でレスポンスも速く、回線混雑に巻き込まれることもないため、最大1Gbps回線の中ではトップクラスに質が高いです。

オンラインゲームとauひかり
▲auひかりもゲーム向きとして筆頭候補。
エリアも広くより多くのユーザーが使える。

また、auひかりはキャッシュバックも魅力の1つになっています。

auひかり公式サイトでの申し込みではあまりお得にならないものの、プロバイダであるSo-netを利用することで最大50,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。

スペックという面ではNURO光に及ばないものの、高い回線の質と広い提供エリア、高額なキャッシュバックがあり、ゲーム向け回線としてはチェックしたい回線と言えるでしょう。

プロバイダso-net

速度補填制度で人気『ドコモ光』

ドコモ光

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,200円
(戸建て:4,000円)
キャンペーン 最大15,000円キャッシュバック
セット割 ドコモ携帯・スマホ
公式ページ ドコモ光(GMOとくとくBB)
【早分かり!ドコモ光の3つの特徴】

  • 最低100Mbpsの速度保証サービスを実施している
  • GMOとくとくBBが公式で平均速度を公開している
  • 全国の約93%にサービスを提供している

最後に紹介するのが、NTTドコモが運営するドコモ光です。

NTTドコモが運営しているということもあり、知名度・シェア率がかなり高いドコモ光ですが、プロバイダGMOとくとくBBが行っている『速度補填制度』が魅力になっています。

ドコモ光(GMOとくとくBB)の注目ポイントは2つです。

1つは『100Mbpsを下回ってしまった時の補填制度』、そしてもう1つは『随時更新されているドコモ光ユーザーの全国平均速度』の2つになります。

オンラインゲームとドコモ光
▲ドコモ光は速度に自信あり。
補填制度と平均速度公開が魅力。

いずれも速度に関するデータですので、ドコモ光はかなり速度にこだわった回線と言えます。

実際、公式サイトで『速さに自信あり』と明言されていることからも、ドコモ光は速度にはかなりの自信を持っているはずです。

NTTドコモが運営している信頼感、公式サイトに記載されている速度情報から、ドコモ光をゲーム向け回線として候補に挙げる価値は大いにあると言えるでしょう。

ドコモ光(GMOとくとくBB)

オンラインゲームのラグの原因になる回線速度とPING値

このページで原因と言ってきた『回線環境』は、回線速度とPING値のことです。

これら2つが基準に満たない時、ゲーム内でラグが発生してしまいます

ここからは、回線速度とPING値という2点に絞って解説していきますので、まずは速度測定サイトを利用して現在の速度とPING値を確認してみて下さい。

SpeedTest』や『Fast.com』など、どれを利用しても構いません。

回線速度の目安はどんなに遅くても30Mbps

まず初めに回線速度をチェックしてください。

回線速度には、下り速度(ダウンロード)と上り速度(アップロード)の2つがありますが、オンラインゲームで重要になるのは『下り速度(ダウンロード)』です。

もちろん速いに越したことはありませんが、オンラインゲームをするのであれば、どんなに遅くても30Mbpsを確保するようにしましょう。

光回線の平均速度
▲当サイトで調査した平均速度。
NURO光auひかりは中でも速い。

また、通信速度は時間帯によっても異なります。

そのため、混雑が予想される『平日の夜8時~12時』や『休日の夕方から夜7時~12時』といった時間帯に測定して、十分に速度が出ているかの確認をするといいでしょう。

ちなみに、速度測定サイトを利用した当サイト独自のデータでは今回紹介した回線の平均速度は、『NURO光:501.9Mbps』『auひかり:236.6Mbps』といった感じになっていました。

PING値は速度測定サイト上で10ms以下が理想的

続いて、PING値(レイテンシ)についてです。

PING値は、自分自身とゲームサーバー間で行われる情報伝達の時間を表した数値になりますので、かなり重要な意味を持ちます。

そんなPING値の目安は、速度測定サイト上で10ms以下です。

ゲーム内PING値
▲測定サイトのPING値と
ゲーム内PING値は一致しない。

実を言うと、速度測定サイトで測れるPING値と実際のゲームのPING値は全く異なった数値になるため、測定サイトのデータはあまり参考になりません

とはいえ、測定サイト上で常に10ms以下をキープできるのであれば、ゲーム上でも極端にPING値が悪くなることはないはずです。

そのため、測定サイトの目安としては10msを目印にするといいでしょう。

ゲーム内PING値を測定する2つの方法

一般的に少ないですが、ゲーム内PING値を測定できる場合が2つあります。

1つ目は、ゲーム内で表示されるパターンです。

例えば、FORTNITEやOWなどのFPS(TPS)ゲーム、LoLのようなMOBA系のゲームに多いですが、設定をすることでゲーム内の画面にPING値が表示されるモノがあります。

FORTNITEのPING
▲ゲーム内でPING値を
表示させられるものもある。

そして2つ目が、PINGコマンドを利用して測定するパターンです。

2つ目のパターンは多くはありませんが、有名どころで言うとFF14などはサーバーIPを公開しているため、PINGコマンドで測定することが可能になります。

こういった具体的なデータに関しては、別記事「オンラインゲームのPING値って?」で詳しくまとめていますので、知りたい方は合わせてチェックしてみて下さい。

オンラインゲームにあるPING値とは何なのでしょうか。また、このPING値はどうしたら良い数値になるのでしょうか。今回は、PING値の正体や3つの改善方法、PING値に合わせて生じるパケットロスなどを、誰でも分かるように詳しく解説していきます。

いずれにせよ、PING値を良く保つにはしっかりとしたネット回線を利用することが最善の策になりますので、オンラインゲーム向きの回線を使うことが最重要で紹介したようなネット回線を利用するといいでしょう。

まとめ:オンラインゲームのラグの原因と解消法について

今回は、オンラインゲームのラグ解消法とその原因を紹介してきました。

オンラインゲームをする上で、ラグはかなりめんどくさいものになりますので、出来るだけ早めに解消するようにするといいでしょう。

今回紹介した方法は4つです。

・ゲーム向きのネット回線を利用する

・有線化+LANケーブルのカテゴリチェックする

・ルーターのスペックチェックする

・ゲーム機器(主にパソコン)のスペックをチェックする

特に問題解決の助けになるのが『ネット回線』です。

ネット回線が悪いままでは、何をしても回線が良くなることはありませんので、まずはネット回線を切り替えてみるといいかもしれません。

少しでも速くラグが改善されることを願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする