オンラインゲームを(IP)v6プラスで快適に!出来ないゲームの対処法は?

IPv6でオンラインゲーム

ここ数年で、今まで主流だったIPv4から新しいIPv6に変わりつつあります。

オンラインゲーム界隈でも、「v6プラスにして回線がめっちゃ良くなった!」という声が多く、実際に導入しようと思っている人も多くいるはずです。

しかし、v6プラスを利用するのはリスクも付いてきます。

このページでは、v6プラスとオンラインゲームについて解説していきます。

IPv4?IPv6?v6プラス?それぞれ何が違うの?

「IPv4とかIPv6とか何が違うの?」という方も多いと思われます。

それぞれをかなり簡単に説明すると以下の通りです。

【IPv4について】

従来のIPアドレス。今までは良かったが量的な限界が見えてきたため衰退中。

【IPv6について】

次世代のIPアドレス。IPv4の量的問題は解決できたが、IPv6に対応しているものが少なくあまり使えない。
(IPv4とIPv6には互換性がなく、IPv4で見れるサイトがIPv6で見れるとは限らない)

【v6プラスについて】

IPv4とIPv6の問題を解決するために作られたサービス。

注意点は、IPv4とIPv6は『IPアドレス』でv6プラスは『サービス』ということです。

例えばフレッツ光を契約したとして、最初の状態は『IPv4接続』を利用していて、IPv6接続オプションを契約することで『IPv6接続』を利用、v6プラスを契約することで『v6プラス接続』を利用といった風になります。

この話は少し難しいため、v6プラスは良い所取りのサービスと覚えておくといいでしょう。

ただし、良い所取りのv6プラスにもデメリットはあります。

※IPv4・IPv6・v6プラスについて

上の説明は、厳密に言うと正確ではありません。
PPPoEやIPoE、IPv4 over IPv6、トンネリング、カプセル化といった単語を利用して解説する方が的確ですが、ここでは簡単に分かるように省略させていただきました。

オンラインゲームをプレイする上では、v6プラスを利用することでIPv6に対応していないゲーム機(SwitchやPS4など)もプレイできるようになるということを覚えておくと問題ないでしょう。

v6プラスでは一部のオンラインゲームが不安定になる

オンラインゲームにおけるv6プラスのデメリットは、特定のポートを開放できない点です。

これにより一部のオンラインゲーム(特にPS4やSwitchなどのゲーム機)で接続が不安定になってしまう可能性があります。

特にP2P系のゲーム(格闘ゲームやスプラトゥーンなど)に対する影響が大きいと言われていますが、v6プラスで普通にプレイ出来ている人は多いです。

プレイできるゲームに関してまとめている「【特別企画】「v6プラス」でのNintendo Switchオンラインプレイを検証」によると、ほとんどのゲームはプレイできています。

そのため、深刻なデメリットに可能性は低いでしょう。

スプラトゥーン
▲ゲームによっては少しの影響がある。
スプラではホストになることは出来ない。

ただし、P2Pゲームでのホストになることは出来ません

SwitchのNATタイプがAになることはありませんし、PS4のNATタイプが1になることもありませんので、そこだけは注意しておくといいでしょう。

オンラインゲームでv6プラスを利用するメリット

ここまで解説した通り、v6プラスはIPv4とIPv6の良い所取りサービスです。

そんなv6プラスを利用することで、オンラインゲームにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット(1)通信速度の大幅改善が期待できる

現在、v6プラスを検討している人は「IPv4が遅いから少しでも速くしたい…」「ネット回線を契約するなら少しでも速いものが良い!」などを考えているはずです。

実際、v6プラスを利用すると通信速度の大幅改善が見込めます。

v6プラスでは、IPv4で起きていた混雑を回避してネットを利用できます。

光配線方式以外のVDSL方式でも上限値(最大100Mbps)に近い90Mbps程出るという口コミも多くあったため、かなりの速度上昇効果に期待できるでしょう。

メリット(2)Ping値も安定して低くなる

v6プラスを利用することで、Ping値の改善も期待できます。

オンラインゲームで起きるラグや回線落ちといった現象はPing値が原因で起きることが多いため、Ping値は要チェック項目と言えるでしょう。

以下は実際の口コミになります。

実際にv6プラスを利用することで、Ping値が改善された人は多くいました。

測定サイト上で10ms前後のPing値を出せるのであれば、ある程度どのオンラインゲームも快適にプレイすることが出来るでしょう。

メリット(3)夜でも速度が安定して速い

v6プラスを利用することで、夜に起きがちな回線混雑も避けることが出来ます。

これは『メリット1』でも触れた部分と少し被ってしまいますが、夜をメインにゲームをするユーザーにとってはかなり魅力的でしょう。

一番下の口コミは、上で紹介したデメリットの部分に当たります。

v6プラスの性質上スプラトゥーンでホストになることは出来ず、それによりマッチングに時間がかかってしまう場合があるそうです。

とはいえ、P2Pを利用する格闘ゲームは快適にプレイ出来ているようなのであまり問題はないと言えるのではないでしょうか。

v6プラスを導入する際の注意点

v6プラスを導入することで、多くの人のゲーム環境は改善されます。

しかし中には「ゲームが繋がらなくなってしまった…」「v6プラスというプランがない…」「ルーターの設定が分からない…」などあると思いますので、ここではそういったことに関する注意点をまとめました。

プロバイダによってv6プラスのサービス名は違う

このページでは総じてv6プラスと表現していますが、実はこれ以外の呼び方も多くあります。

例えば、OCN光ではv6アルファというサービス名で提供されており、IIJmioではIPoEオプションというサービス名で提供されたりといった感じです。

OCN光v6アルファ
▲OCN光ではv6アルファというサービス名。
IPv6接続とv6プラスは全く別物という点に注意。

とはいえ、多くのプロバイダではv6プラスという名前で提供されています。

また、今では大手プロバイダだけではなく様々なプロバイダでv6プラスが採用されているため、今契約している会社にもある可能性は高いです。

気になる方はプロバイダに問い合わせ等で聞いてみるといいかもしれません。

なお、現在はIPv6だけのオプションを提供しているサービスは少ないですが、そちらを契約してしまうとPS4やSwitchをするのに不便が出るためv6プラスとの違いに注意してください。

v6プラスで安定しない時はルーターの設定をチェックする

「v6プラスに変えたけど接続が切れる…」という人は、ルーターの設定をいじりましょう。

メーカーに合わせて以下の『接続IP』をブラウザのアドレス欄(http://~と記載されているところ)に入力すると設定画面が開けます。

●ルーターのIPアドレス一覧
メーカー 接続IP
Buffalo 192.168.11.1
NEC(aterm) 192.168.0.1
IO data 192.168.0.1
Logitec 192.168.2.1
PLANEX 192.168.1.1
corega 192.168.1.1

認証は『ユーザー名:admin、パスワード:password』になっていることが多いです。

これ以外のパターンもありますが、これで開けることが多いため、この2つを覚えておくと恐らく問題なく開くことが出来るでしょう。

ここでは例としてBuffaloルーターの設定方法を紹介します。


Buffaloルーターの設定

【IPv6で不安定な時のルーター設定変更(Buffalo編)】

1、ルーターの設定変更画面を開く(上で紹介した手順)

2、『詳細設定』⇒『Internet』⇒『IPアドレス取得方法』⇒『v6プラス接続を使用する』をチェック

3、『詳細設定』⇒『Internet』⇒『IPv6』⇒『NDプロキシを使用する』をチェック

4、『詳細設定』⇒『セキュリティ』⇒『UPnP』⇒『UPnP機能を使用する』のチェックを外す

不安定な時にチェックしたい項目は以上の3点です。

特にオンラインゲームで接続不良が起きる人は、これらのうちどれかが原因になっている可能性が高いため、必ずチェックしましょう。

なお、Buffalo以外のメーカーでも設定項目は変わりません。

「違うメーカーで分からない…」という人は、ルーターの設定画面から同じような項目をチェックすることで解決しますので探してみて下さい。

PS4で出来ない時はPPPoE設定を利用する

v6プラスで特定のゲームが出来ない場合は、PPPoE接続を利用します。

PPPoE接続設定は、PS4内の『インターネット接続を設定する』項目から設定することが可能です。

PS4のPPPoE設定

【PPPoE接続設定の手順】

1、『ネットワーク』⇒『インターネット接続を設定する』項目へ

2、『かんたんorカスタム』の『カスタム』を選択

3、『IPアドレス設定』で『PPPoE』を選択

4、残りの設定は一番上(使わない、自動など)を選択

「これだけでは分からない!」という人は、『PlayStation®4 PPPoE設定方法』にて画像付きで解説されているためチェックしてみて下さい。

また、PS4でPPPoE接続をするためにはルーター側の設定も必要になります。

先ほど解説したルーターの設定画面から、『PPPoEパススルーを利用する(メーカーによって表記が変わります)』にチェックを入れておきましょう。

これでPPPoE接続を利用できるようになります。

※PS4のIPv4接続について

PS4でIPv4を利用する場合は、もう1つ『IPv4 PPPoE』接続用のルーターを用意する方法があります。

この方法では、IPv4用のルーター設定で『IPv4パススルーを利用する』をチェックしてオンにしなくてはいけません。

難しい手順等はありませんが、不明点等があればコメントしていただければ幸いです。

IPv6を利用することでオンラインゲームを快適にしよう!

快適なゲーム環境

v6プラスを利用するだけで環境が改善されるゲームは多くあります。

そのため、「回線がクソでオンラインゲームに困っている…」という人は、とりあえずv6プラスを導入してみる価値はあると言えるでしょう。

ただし、ここでも紹介した通り、ゲームによってはルーターの設定等が必要な場合もあります。

手順通りに設定することで難しく感じることはないと思われますが、「どうしても無理…」という方はv6プラス以外の回線を利用するのも1つの手です。

そういった方には、NURO光auひかりといった回線をオススメします。

これらの回線については、別記事「ネトゲ廃人が選ぶネット回線ベスト3!」で詳しく紹介していますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

オンラインゲーム・ネトゲ向けのネット回線(プロバイダ)をまとめました。オンラインゲームをプレイするならネット回線はかなり重要です。「ラグ過ぎてつまらない…」「回線落ちがひどい…」のような現象が続くとモチベが落ちてしまいかねません。そういったことを避けるためにも、しっかりと回線選びをしてみて下さい。

また、v6プラスについて分からないことや困ったことがあれば、気軽にコメント等で質問をして頂いて構いません。

この記事がv6プラスについて参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする