オンラインゲームをv6プラス(IPv6)で快適に!出来ない時の対策も紹介!

IPv6でオンラインゲーム

オンラインゲームとv6プラス、IPv6の関係をまとめました。

ゲームをしていると「v6プラス」や「IPv6」といった言葉を耳にしたことがある人も多いと思います。

最近よく使われる言葉ではありますが、実際どういった意味で、ゲームと何の関係があるのかを知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オンラインゲームとv6プラス、IPv6の関係とメリットやデメリットについてを解説していきます。

v6プラスやIPv6などについて参考にしてみてください。

IPv4?IPv6?v6プラス?それぞれ何が違うの?

通信プロトコル一覧

それではまず始めに、「IPv4」「IPv6」「v6プラス」について、それぞれどういったモノなのかを簡単にまとめていきます。

従来のIPアドレス・接続方式を持つIPv4

最初に紹介するのが、現在最も普及しているIPアドレスであるIPv4です。

IPv4は「192.168.0.100」のような形(桁数や数字は異なります)で表され、「PPPoE方式」という接続方式に対応しています。

細かく解説すると複雑になるので、ここでは分かりやすく「IPv4(PPPoE通信)」という風にまとめて記載していきます。

そんなIPv4(PPPoE通信)のメリット・デメリットは以下の通りです。

  • 対応しているサイトが多く接続しやすい
  • 全世界で43億個しか作れず数が足りない
  • 混雑の影響を受けるため速度が遅くなりやすい

IPv4(PPPoE通信)の致命的なデメリットは、数が足りない点です。

現在の世界人口が70億人で、なおかつスマホやIoTなどが盛んになっているため、43億個という個数ではあまりにも不足し過ぎています。

またそれに付随し、利用者が増えてしまったことで回線混雑の影響が大きくなり、通信速度が大幅に低下してしまいました

そのため、IPv4(PPPoE通信)を利用したネット回線はここ数年で速度がかなり遅くなっています。

PPPoE通信の簡略図
▲PPPoE通信の簡略図。

これもIPv4(PPPoE通信)ならではのデメリットになります。

結果として、現在IPv4は衰退しており、新しいIPアドレスであるIPv6へ移行されつつあります。

次世代のIPアドレス・通信方式を持つIPv6

そして、IPv4の様々な問題を解決するために作られたのが「IPv6」です。

IPv6は「2001:0db8:1234:5678:90ab:cdef:0000:0000」のような形(省略形の場合もあります)で表され、新しい接続方式である「IPoE通信」に対応しています。

そしてこちらでも分かりやすくなるようにIPv6(IPoE通信)という風に記載します。

IPv6(IPoE通信)のメリット・デメリットは以下の通りです。

  • 全世界で約340澗個(ほぼ無制限)作れる
  • 混雑の影響を受けず速度が低下しづらい
  • 対応しているサイトが少なく接続しづらい

IPv6(IPoE通信)のメリットは、IPv4(PPPoE通信)のデメリットを克服した形になっています。

個数が足りないこともなくなり、なおかつ回線混雑で速度低下することもなくなるため、IPv4(PPPoE通信)と比較してかなり優秀な通信方式になりました。

IPoE通信の簡略図
▲IPoE通信の簡略図。

ただし新しい通信方式になるため、IPv6(IPoE通信)に対応しているサイトが少なく、接続できない場合が意外と多くあります

なので、IPv4ならではのデメリットこそ克服できたものの、IPv6(IPoE通信)ならではのデメリットを背負うことになりました。

そして、これを改善するために作られたのが、v6プラスです。

IPv6未対応サイトでも接続できるようになるv6プラス

そんなIPv6の欠点をなくすために作られたのが、「IPoE+IPv4 over IPv6」という通信方式です。そして、この通信方式サービスのことを「v6プラス」と言います。

v6プラスを利用することで、IPv6(IPoE通信)のデメリットであった「対応していないサイトに接続できない」という点を克服できるようになりました。

つまり、v6プラスはIPv4とIPv6のそれぞれの欠点を取り除いたサービスということです。

なお、この「IPoE+IPv4 over IPv6」という通信方式はv6プラスという呼び方以外にも、v6アルファやIPv6高速ハイブリットなど様々な名称で呼ばれています。

v6アルファ
▲提供している会社によってv6プラスの
サービス名が異なる。(OCNはv6アルファなど)

厳密にはサービスも少し異なるのですが、利用者視点ではあまり差がないため、同じようなサービスという認識で問題ありません。

そして、ここからの解説については分かりやすくなるようにv6プラスで統一して話を進めていきます。

【※参考】
v6プラスには「カプセル化」という仕組みが使われています。
この辺りの仕組みを説明すると複雑になるため省略しますが、ちょっと変わった仕組みが使われているという点だけ知っておくと良いかもしれません。

v6プラスが導入されているのはフレッツ光と光コラボ回線のみ

v6プラスの回線

ここまで3つの通信方式について説明してきましたが、この中で「IPoE + IPv4 over IPv6(v6プラス)」だけは使える回線が限られています。

現在v6プラスが利用できるのは、「フレッツ光」と「光コラボ回線」のみです。

【v6プラスが利用できるネット回線】

  • フレッツ光
  • 光コラボ回線(ソフトバンク光、ドコモ光、OCN光など)
【v6プラスを利用できない主なネット回線】

  • NURO光
  • auひかり
  • 地域電力回線(eo光、コミュファ光など)

v6プラスが利用できないネット回線では、ほとんどの場合「IPv4とIPv6のデュアルスタック方式(IPv6が繋がらないサイトはIPv4で接続する方式)」が採用されています。

と言うのも、NURO光やauひかりなどは独自の配線網を利用しているため、そもそも回線混雑が起きづらく、IPv4(PPPoE通信)でも遅延などの影響をほとんど受けないからです。

なので、v6プラスに対応していない回線については、v6プラスを利用しなくても通信速度で困ることがあまりありません。

独自の配線
▲NURO光やauひかりはNTT回線と
比べて利用者が少なく回線が混まない。

まとめると、フレッツ光や光コラボは回線混雑の影響が大きいためv6プラスを利用し、その他の回線は回線混雑の影響が小さいためデュアルスタックを利用すると言った風になります。

ただし、一部の光コラボ回線はv6プラスに対応していませんので、対応していない回線を契約している人は注意するようにしましょう。

オンラインゲームでv6プラスを利用する3つのメリット

v6プラスのメリット

それでは本題のオンラインゲームとv6プラスの話を見ていきます。

オンラインゲームをv6プラス回線でプレイするメリットは大きく3つです。

    【オンラインゲームでv6プラスを利用するメリット】

  • 通信速度の大幅改善が期待できる
  • Ping値が低くなり安定性が増す
  • 夜でも安定して速度を出すことができる

それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

メリット(1)通信速度の大幅改善が期待できる

1つ目のメリットは、やはり通信速度に関するものです。IPv4などからv6プラスに切り替えることで、通信速度の大幅改善を期待できます。

実際の口コミは以下の通りです。

先述した通り、v6プラスでは今まで巻き込まれていた回線混雑を避けて通信が行えます

VDSL方式でも「上限値(最大100Mbps)に近い90Mbps程出るようになった」という口コミも多くあったため、かなりの速度上昇効果に期待できるでしょう。

オンラインゲームをプレイする上でネット回線は非常に重要な意味を持っています。多くの人が通信速度(回線速度)を気に掛けるでしょう。では、実際快適にオンラインゲームをプレイするためには、どれくらいの通信速度が目安になるのでしょうか。また、回線速度を改善する方法は何なのでしょうか。今回は、ネトゲにおける通信速度について解説します。

メリット(2)Ping値も安定して低くなる

2つ目のメリットは、Ping値に関するものです。

オンラインゲームにおいて最も重要な数値と言っても過言ではないPing値ですが、v6プラスを利用することで大幅に改善する可能性があります。

以下は実際の口コミになります。

実際にv6プラスを利用することで、Ping値が改善された人は多くいました。

測定サイト上で10ms前後のPing値を出せるのであれば、ある程度どのオンラインゲームも快適にプレイすることが出来るでしょう。

オンラインゲームで最も重要になるPing値についてまとめました。多くの人が悩んでいる「ラグ」などを改善するためには必須の項目になりますので、オンラインゲームが好きな人はチェック&改善してみてください。

メリット(3)夜でも速度が安定して速い

3つ目のメリットは、夜間や混雑時の安定性についてです。

回線の悩みとして良くあるのが、「夜になると回線が安定しない」「休日は回線が悪くなる」といった回線混雑が原因で起きる速度低下です。

メリット1と少し被りますが、v6プラスを利用することでそういった点も改善されます。

以下実際の口コミです。

やはり全体的に良くなったという口コミが多く見られます。

しかし気になるのが、最後の口コミで言われている「機能制限などが少し気になる感じ」というマイナス部分に当たる部分でしょう。

この点について、この先解説していきます。

夜になると回線が重くなるというのは、ゲーム好きな人からすると『あるある』でしょう。中には、「仕方ないか…」と諦めている人もいるかもしれません。しかし、夜になると起きるラグや回線落ちは、しっかりと対策することで改善することが可能です。今回は、夜にラグくなる原因とその対処法について解説しました。

オンラインゲームでv6プラスを利用する際のデメリット・注意点

v6プラスのデメリット

ここまで紹介してきた通り、v6プラスを導入することでゲーム環境が改善されることは多いです。

しかしそんなv6プラスにもデメリットや導入の際の注意点があります。

ここからは、デメリット・注意点について見ていきましょう。

デメリット:v6プラスでは特定のポートを開放できない

1つ目のデメリットは、ポート開放についてです。

v6プラスでは、あらかじめ利用できるポートが決められているため、その特定のポート以外を利用することができません。

なので、ポート開放が必須になるようなゲームはプレイできません

とは言え、現状v6プラスにすることで利用できなくなるゲームはほとんど聞いたことがないため、基本的にはOKだと思います。

例えば、プレイできるゲームに関してまとめている「【特別企画】「v6プラス」でのNintendo Switchオンラインプレイを検証」でも、全てのゲームがプレイ出来ています。

そのため、深刻なデメリットになる可能性は低いでしょう。

ただし、口コミにある通り「特定のゲームでホストになれない」という現象は起きます。

スプラトゥーン
▲ゲームによっては少しの影響がある。
スプラではホストになることはできない。

それに合わせて「SwitchのNATタイプがAにならない」という点と「PS4のNATタイプが1にならない」という2点も覚えておくと良いでしょう。

いずれにしろ、極端にプレイに影響を与えることはありませんので、安心して大丈夫です。

【※PPPoE通信にすることでNATタイプを上げることはできる】
「どうしてもNATタイプを上げたい」という人は、v6プラスからIPv4(PPPoE通信)に切り替えることでNATタイプを上げることは可能です。
しかし、NATタイプがBもしくは2であれば、ゲーム的なデメリットはありませんし、仮に設定するためにしても手順が簡単ではありません。
そのため、その辺について詳しい方だけ設定したので良いでしょう。

デメリット:v6プラスに対応したルーターを準備する必要がある

2つ目のデメリットは、利用するルーターに関してです。

v6プラスを利用するには、v6プラスの通信方式(IPoE+IPv4 over IPv6)に対応したルーターを購入もしくはレンタルしなくてはいけません。

そして、ここが少しややこしい点なのですが、契約しているサービスによって用意するルーターが異なってきます

例えば、v6プラスが利用できるルーターとv6アルファが利用できるルーター、IPv6高速ハイブリットが利用できるルーターはそれぞれ違う製品になるといった感じです。

ルーター
▲v6プラスやv6アルファなど
各サービスに合わせたルーターの用意が必要。

それぞれ契約しているサービス名さえ分かっていれば、「サービス名 対応ルーター」で対応ルーターを確認出来ます。

それ以外の人には関しては、各プロバイダからレンタルすることができるルーターを利用するのが最も簡単な方法です。

いずれかの方法で対応すると良いでしょう。

どうしても分からない場合はコメント等をいただければオススメのルーター等を教えますので、コメントいただければと思います。

注意点:一部のゲームはルーターの設定をしないとプレイできない

続いては注意点になるのですが、一部のゲームタイトルは各自でルーターの設定をしないとプレイできない場合があります。

利用しているルーターにもよるのですが、有名なゲームで言うと「MHW(モンスターハンターワールド)」でそういった症状が起こり得るそうです。

上のタイトルに限らず、ゲームが出来ない時は以下の設定をしてみて下さい。

まず、メーカーに合わせて以下の『接続IP』をブラウザのアドレス欄(http://~と記載されているところ)に入力すると設定画面が開けます。

●ルーターのIPアドレス一覧
メーカー 接続IP
Buffalo 192.168.11.1
NEC(aterm) 192.168.0.1
IO data 192.168.0.1
Logitec 192.168.2.1
PLANEX 192.168.1.1
corega 192.168.1.1

認証は『ユーザー名:admin、パスワード:password』になっていることが多いです。

これ以外のパターンもありますが、これで開けることが多いため、この2つを覚えておくと恐らく問題なく開くことが出来るでしょう。

ここでは例としてBuffaloルーターの設定方法を紹介します。


Buffaloルーターの設定

【v6プラスで不安定な時のルーター設定変更(Buffalo編)】

  1. ルーターの設定変更画面を開く(上で紹介した手順)
  2. 『詳細設定』⇒『Internet』⇒『IPアドレス取得方法』⇒『v6プラス接続を使用する』をチェック
  3. 『詳細設定』⇒『Internet』⇒『IPv6』⇒『NDプロキシを使用する』をチェック
  4. 『詳細設定』⇒『セキュリティ』⇒『UPnP』⇒『UPnP機能を使用する』のチェックを外す

不安定な時にチェックしたい項目は以上の3点です。

特にオンラインゲームで接続不良が起きる人は、これらのうちどれかが原因になっている可能性が高いため、必ずチェックしましょう。

なお、Buffalo以外のメーカーでも設定項目は変わりません。

「違うメーカーで分からない…」という人は、ルーターの設定画面から同じような項目をチェックすることで解決しますので探してみて下さい。

PS4やSwitchをプレイするならv6プラス回線はオススメ

v6プラスはオススメ

v6プラスのメリットとデメリットを解説してきましたが、結論的にPS4やSwitchをメインにプレイするのであればv6プラス回線はオススメできます。

理由はシンプルに、PS4やSwitchがIPv6に対応していないからです。

IPv6に対応していれば、独自回線を持ったNURO光やauひかりなどがかなり優位になりやすいのですが、対応していないのであればv6プラスも同等の性能を発揮できます。

場合によっては、v6プラスが性能を上回ることも可能です。

オンランゲームにオススメのネット回線については、別記事でも記載しているため、そちらも合わせてチェックしてみて下さい。

オンラインゲームにオススメのネット回線ベスト3をネトゲ廃人でもある管理人がまとめました。回線を選ぶ際に重要になる「通信速度・Ping値・回線落ち」についても解説しています。オンラインゲームの回線選びで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

v6プラスを利用することでオンラインゲームを快適にしよう!

快適なゲーム環境

このページでは、v6プラスとオンラインゲームについて解説しました。

少し専門的な話もあるため難しい内容にはなりましたが、結論的にはv6プラスにすることでゲーム環境は快適になることが多いです。

そのため、フレッツ光や光コラボ回線を利用している人に関しては、積極的に採用してみると良いでしょう。

また、v6プラスについて分からないことや困ったことがあれば、気軽にコメント等で質問をして頂いて構いません。

この記事がv6プラスについて参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. いのり より:

    自分はソフトバンク光を使っているのですが、光BBユニットとPS4を繋げるだけでiPv6につながるのでしょうか?
    それともiPv6に対応したルーターが必要なのでしょうか?

    • NURO光キャンペーン比較ナビ より:

      いのり様コメントありがとうございます。

      質問についてですが、ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリットを申し込んでいるのであれば、「光BBユニット⇒PS4」でIPv6接続ができます。
      なので、別でルーターを購入する必要はありません。

      ついでに、IPv6接続が出来ているかどうかは、IPv6の確認にアクセスすると確認できます。
      IPv4接続の場合は、「お客様はIPv4インターネットで接続しています。」と出るのでチェックしてみてください。