オンラインゲームにオススメの光コラボは?独自回線との違いも解説!

光コラボとオンラインゲームについて

オンラインゲームの回線として光コラボを選択する人もいるでしょう。

しかし、現在では様々な光コラボ回線があるため、「どの光コラボ回線を選べばいいかが分からない…」という人も少なくはないでしょう。

このページでは、オンラインゲームをプレイする上でオススメの光コラボ回線と良く言われる独自回線との違い、光コラボ回線の弱み等を解説しました。

 

そもそも光コラボと独自配線ってどこが違うの?

まずは簡単に光コラボ回線と独自回線の違いをおさらいしておきます。

例えば、携帯3大キャリアの中で独自回線と言われるネット回線は『auひかり』、一方で光コラボ回線として提供されているのが『ドコモ光・ソフトバンク光』です。

では、これらの回線は一体何が違うのでしょうか。

光コラボ回線はフレッツ光をレンタルして提供している回線

光コラボ回線とは、事業所(プロバイダなど)がフレッツ光からレンタルした回線に独自のサービスを盛り込んで顧客に提供するネット回線のことです。

例えばソフトバンク光は、ソフトバンクがフレッツ(NTT)から回線をレンタルし、携帯とのセット割などの独自サービスを付けて提供している光コラボ回線になります。

別の言い方をすると、『フレッツ光を提供している事業所が異なるだけ』とも言えるでしょう。

光コラボ回線
▲NTTより。
光コラボ回線の解説図。

「そんなことして意味あるの?」という疑問が出てきますが、フレッツ側は運営をしなくてもレンタル代が入ってくる、事業所としては回線という重要な商材を自社サービスと一緒に売ることが出来るというお互いメリットがあるようになっています。

ちなみに、光コラボ回線は基本的にプロバイダの選択は出来ません。

例外的にドコモ光は選択できますので、「自分で好きなプロバイダを選びたい」という人はそのプロバイダの光コラボを利用するか、ドコモ光を契約した方がいいでしょう

独自回線は自社で回線を整備して提供している回線

一方で、独自回線は自社で整備した回線を利用してサービスを提供する回線です。

例えば、NURO光やauひかり、その他各種電力系のネット回線(eo光、コミュファ光、plala光、BBIQ光など)は、自社で回線を整備してサービスを提供している独自回線になります。

一般的にオンラインゲームをプレイする時にオススメされるのは独自配線です。

「オンラインゲームやるならNURO光かauひかりが良いよ!」というのは良く言われる言葉ですが、これはNURO光やauひかりが独自回線であるからこそになります。

詳しくは次の項で触れますが、独自回線の強みは回線混雑に巻き込まれにくいことです。

光コラボ回線を選ぶ際の注意点と独自回線との違いについて

光コラボ回線と独自回線の最大の違いは回線混雑です。

独自の回線しか利用していないNURO光やauひかりに対して、光コラボ回線は全ての回線がフレッツ回線を利用しているため、どうしても回線混雑が起きてしまいます。

光コラボ回線は混雑
▲光コラボ回線は1つの光ファイバーを
共有しているため混雑が起きやすくなる。

光コラボ利用者の中に「夜になると回線が遅くなる…」という人が多いのはこのためです。

しかし現在は、光コラボ回線でも回線混雑を避けることが可能になりました。

回線混雑を避けるv6プラス通信(IPv4 over IPv6)を利用する

回線混雑を避けるために必要になるのが、v6プラス通信と呼ばれるものです。

この通信方式は、従来混雑の原因になっていたIPv4(PPPoE)通信を利用せずに、新しいIPv6(IPoE)通信を利用することで回線の流れをスムーズにしたものになります。

v6のイメージ
▲IPv4とIPv6通信の違いについて。
v6通信だと混雑を避けて通信することが可能。

光コラボを利用するのであれば、このv6プラスオプションは必須です。

利用するネット回線にもよりますが、プロバイダによってはこのシステムを導入していないこともありますので、しっかりとチェックする必要があります。


合わせて読みたいオススメ記事

v6プラスでオンラインゲームをプレイするメリット・デメリットをまとめました。また、v6プラスでオンラインゲームをプレイするときに起きがちな問題とその対処法も解説しています。v6プラス導入を検討している人は参考にしてみて下さい。

バックボーンが大きなネット回線を選択する

2つ目に注意したいのが、選択するネット回線のバックボーンの大きさです。

もう少し簡単に言うと、プロバイダとしての設備にどれくらいのお金を投資出来る会社かどうか(言うなれば大手会社かどうか)という点になります。

設備投資出来るかどうかで回線の質も変わってくるため、重要な項目と言えるでしょう。

「聞いたことがあるプロバイダかどうか」「親会社はどこなのか」などで判断が出来ますが、簡単ではありませんので、先の項でオススメの光コラボ回線を紹介します。

実際の口コミを参考に導入する回線を検討する

そして回線選びの段階として、口コミは重要です。

もちろん全部が全部参考になるというわけではありませんが、参考になるレビューも多いためチェックしてみるといいでしょう。

Twitterの口コミ
▲TwitterなどのSNSを利用して
情報を集めるのも1つの手。

また、近隣の回線状況から判断するのも効果的なようです。

「近所の人がこの回線を使っていて、それが良かった」というようなモノがあれば、その回線が自分にも良い可能性が高いですので、そういった風に選ぶのも悪くないでしょう。

いずれにしろ、実際の口コミを参考にするのはかなり良い選び方と言えます。

オンラインゲームをプレイするのにオススメの光コラボ回線

v6プラスやバックボーンを考慮した時にオススメ出来る回線は2つあります。

■オンラインゲームにオススメの光コラボ回線
サービス概要
ドコモ光 ・バックボーンが大きい
・複数のプロバイダから選択できる
・v6プラス通信を採用している
ソフトバンク光 ・バックボーンが大きい
・v6プラス通信を採用している
・光BBユニットのレンタルが必須

ここからはこれらの回線について簡単に解説していきます。

オススメ光コラボ回線①ドコモ光

ドコモ光は、NTTドコモが運営している光コラボ回線です。

フレッツ光を運用していたNTTコミュニケーションズと同グループの会社になるためバックボーンも大きく、プロバイダを選択することが出来る少し変わった回線になります。

ドコモ光を利用するのであれば、プロバイダはGMOとくとくBBがオススメです。

【GMOとくとくBBがオススメの理由】

・v6プラス通信オプションが最初から導入されている
・高性能ルーターを無料でレンタルすることが出来る
・最低100Mbpsの速度補填制度の導入&ユーザーの平均速度を公開している
・キャッシュバックも15,000円とかなり豪華

これらの理由から、ドコモ光を契約するのであればGMOとくとくBBがオススメと言えます。

GMO平均速度
▲GMOとくとくBBでは最低100Mbpsの速度補填や
ユーザーの実際の平均速度データを公開している。

また、GMOとくとくBBはネット上での口コミでも高評価です。

良いレビュー以外もありますが、しっかりとv6プラスに対応させてネット回線を利用することで快適になる人が多いようです。

なお、GMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンも実施しています。

GMOとくとくBBの公式サイトから申し込みを行うことで、15,000円のキャッシュバック・高性能ルーター無料レンタル・最大10,000円分のdポイントプレゼントの3つの特典が受けられます。

契約時に損をしないためにも、一度公式サイトをチェックしてみて下さい。


合わせて読みたいオススメ記事

ドコモ光で快適にオンラインゲームをするための条件と注意点について解説しました。ドコモ光ではどんなゲームも快適にプレイすることが出来ますが、そのためには一定の条件が必要になります。ドコモ光でオンラインゲームをしている人・これからしたい人はチェックしてみて下さい。

オススメ光コラボ回線②ソフトバンク光

2つ目にオススメするのがソフトバンク光です。

ソフトバンクは言わずもがなバックボーンが大きく、なおかつソフトバンク特有の『IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4 』というオプションを導入しています。

ソフトバンク光のプロバイダは、Yahoo!BBで固定です。

これ以外のプロバイダを選択することが出来ないため、「自分でプロバイダを選びたい!」という人は違うネット回線を契約した方が良いでしょう。

また、ソフトバンク光を利用するのであれば、有料オプション『光BBユニットレンタル』が必須級に重要になります。

光BBユニット
▲ソフトバンク光を利用するなら
光BBユニットは必須アイテム。

「自分でルーターを持っているから光BBユニット(ルーター)はレンタルしなくていい」と思う方もいるかもしれませんが、ソフトバンク光のハイブリット通信を利用するには光BBユニットが無ければなりません

はっきり言うと、ハイブリット通信が無いソフトバンク光でオンラインゲームは難しいです。

そのため、ソフトバンク光を契約するのであれば、しっかりと光BBユニットをレンタルして、ハイブリットを利用できる環境を作るようにしましょう。

なお、ソフトバンク光は代理店からの申し込みがオススメです。

35,000円のキャッシュバックの他、最大10万円の違約金負担とうが付いているため、「今の回線の解約金を払いたくない…」という人でも無料で切り替えることが出来るようになります。

気になる方は、人気の代理店アウンカンパニーをチェックしてみて下さい。


合わせて読みたいオススメ記事

ソフトバンク光でプレイするオンラインゲームについてまとめました。オンラインゲームユーザーの中で、ソフトバンク光はあまり良い評判がありませんが、実際しっかりと対策をすることで快適にゲームをプレイすることは可能です。この記事では、快適にするための条件と問題点を解説しています。

光コラボ以外に独自配線を利用したネット回線を契約するのもアリ

オンラインゲームをプレイするなら、光コラボ回線よりも独自配線を持った回線がベストです。

特にNURO光やauひかりと言った回線は、インターネット上でも口コミが良く、より快適にオンラインゲームが出来るようになる可能性がかなり高くなります。

ただし、独自配線の回線は提供エリアが制限されているモノばかりです。

そのため、対応エリアに入っていないケースも多く見られますが、対応エリアに入っているのであれば、十分に契約する価値があると言えるでしょう。

こういった回線に関しては、別記事「ネトゲ廃人が選ぶネット回線ベスト3!」でまとめていますので、そちらも合わせてチェックしてみて下さい。

オンラインゲーム・ネトゲ向けのネット回線(プロバイダ)をまとめました。オンラインゲームをプレイするならネット回線はかなり重要です。「ラグ過ぎてつまらない…」「回線落ちがひどい…」のような現象が続くとモチベが落ちてしまいかねません。そういったことを避けるためにも、しっかりと回線選びをしてみて下さい。

まとめ:オンラインゲームにオススメの光コラボ回線

今回は、光コラボ回線とオンラインゲームについてを解説しました。

v6プラス通信が導入されたことで、光コラボ回線でも十分快適にオンラインゲームが出来るようになったため、光コラボ回線の導入を考える人も増えてきています。

独自配線も魅力的ですが、光コラボを契約したいという人は、この記事で紹介したようなドコモ光やソフトバンク光を契約してみるといいかもしれません。

光コラボ回線選びの参考にしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする