NURO光ならラグが改善するってウソ?ホント?ネットの噂話を調査!

NURO光


「オンラインゲームをするならNURO光がおすすめ!」

Twitterやインターネットなどでオンラインゲームについて調べると、上のような意味のつぶやきやまとめが非常に多くみられます。

実際、NURO光は高速回線でオンラインゲーム向きの回線ではありますが、実際に今までラグで困っていた人がNURO光に切り替えることでラグから解消されることはあるのでしょうか。

今回は、NURO光に切り替えることで本当にラグが解消されるかまとめました。

ネット回線が問題で起きるラグの数々

そもそも、ネット回線が問題で起こるラグにはどういったものがあるのでしょうか。

ネット回線が問題で起きるラグは以下の2つが考えられます。

・PING値が遅いことによるラグの発生
・回線速度・回線が不安定で起きる回線落ち

ラグや回線落ちによって、『試合に負けてしまう』『回復が間に合わずに全滅してしまう』などはオンラインゲームでは結構頻繁に起きることです。

しかし、頻繁に起きるとはいえ、こういったことが積み重なってしまったり、連続で起きてしまうと、ゲームでストレスが溜まり、やる気がなくなってしまう原因になります。

そのため、こういったラグは避けれるなら避けるに越したことはないでしょう。

PING値が高いことによりひどいラグが発生

PING値は、相手サーバーとの応答速度のことで○○ms(ミリ秒=1/1000秒)と表します。
詳しくは別記事「オンラインゲームはPING値が命!回線速度は実はそこまで重要じゃない?」で解説していますが、簡単に言うとPING値はラグを数値化したものです。

例えば、PING値が200msであれば、ゲーム内でのあらゆる行動に0.2秒(200ミリ秒)のラグがかかってくるということになります。

PING値を決定する要因は複数ありますが、そのうちの1つがネット回線です。
『どこの回線を利用しているのか』『どこのISP(プロバイダ)を利用しているのか』によってPING値も大きく変わってきます。

SoftBank air
▲日常で使うには非常に便利なSoftBank Airだが
オンラインゲーム向けの回線と少し言いずらい。

注意が必要なのは回線が速いからPING値が低いわけではないということです。
いくら回線速度が速かったとしても、PING値が高く安定していなければラグが発生してしまい快適とはほど遠い状態でゲームをプレイすることになってしまいます。

また、無線接続がメインのものをPING値が安定しずらいです。
そのため、モバイルWi-FiやSoftBank AirなどはPINGが安定せずオンラインゲーム向きの回線とは言いずらいかもしれません。

回線速度・回線自体が不安定で回線落ちが多発

ラグよりも大変なのが回線落ちです。
回線落ちの原因も複数あるのですが、もちろんその1つにネット回線が含まれています。

回線落ちが起きるのは以下のような場合が多いです。

・ラグがひどすぎて処理がしきれなくなった
・回線が不安定で接続が切れてしまった

ラグが酷くて回線落ちしてしまう原因として考えられるのは、PING値です。
上にも記載した通り、PING値はオンラインゲームのラグに直結してくるものになりますので、直すにはPING値を低くするしかありません。

スプラトゥーン回線落ち
▲ゲームによっては連続で落ちることで
ペナルティが課せられることもある。

一方で、回線の不安定さが原因の回線落ちは、回線の混雑が原因で起きやすくなります。
平日の夜や休日に回線落ちが多発する場合は、ほぼ間違いなく回線の混雑が原因になりますのでネット回線を切り替えることがスムーズな対処策です。

なお、ルーター・モデムが古い場合はそれらに原因があることもあります。
5~10年以上前の古くスペックが低くルーター・モデムを使っている場合、新しく機器を買い換えることで回線落ちが解消されることがあるかもしれません。

回線落ちの原因として考えられるのは、このあたりでしょう。

NURO光に変えることでラグは解消される?

では、こういったラグや回線落ちはNURO光に変えることで緩和されることはあるのでしょうか。

結論から言うと、NURO光に切り替えることでラグが改善する可能性は高いと言えます。
NURO光は、他の回線とは違う独自の配線方式を採用しているため、回線速度が最高2Gbpsと速く、なおかつPING値も低く、回線混雑に巻き込まれることもなくなるからです。

ここからは、具体的な数値に合わせてNURO光の回線について解説します。

NURO光はPING値1桁を出すことも十分に可能

まず初めは、オンラインゲームでも特に重要なPING値についてです。

別記事「オンラインゲームで重要なPING値を誰でも分かるように詳しく解説!」でも解説していますが、各ジャンルごとの推奨PING値は以下の通りになります。

ゲームのジャンル 推奨PING値
FPS、TPS、MOBA、格闘などの対人戦がメインのゲーム 1~30ms
MMORPG、MORPGなど育成や対CPUがメインになるゲーム 30~50ms
将棋、囲碁、TCGなどラグがそこまで気にならないゲーム 50~100ms

一般的に1桁のPING値が出れば、かなり優れた回線と言われています。

NURO光は、その1桁のPING値を出すことが十分に可能です。
ちなみに、夜の11時に家で測定した結果ではNURO光のPING値は3msでした。

NURO光の実測値
▲家で測定したNURO光の回線速度とPING値。
回線速度もPING値も非常に安定している。

また、NURO光は独自の配線方法を採用しているため他の回線の影響を受けません
そのため、PING値に関してはネット回線の中でも非常に低くなおかつ安定しているネット回線と言えるでしょう。

回線速度が速く安定している

NURO光は世界最速を謳う最高速度2Gbpsを誇る超高速回線です。
しかし、回線速度もさることながら、回線の安定性も非常に優れているネット回線になります。

別記事「NURO光の平均速度はどれくらい出てるの?」でも解説していますが、auひかり、光コラボ(フレッツ光)の最低速度が0.5Mbpsを下回っているのに対してNURO光の最低速度は50Mbpsを上回っています

オンラインゲームを快適にプレイする目安の回線速度は30Mbpsと言われていますので、NURO光の場合どんなに遅くなっても快適にプレイできる可能性が高いということです。

また、既述した通りNURO光は他の回線の影響を受けませんので、ネット回線の混雑に巻き込まれて回線落ちするようなこともありません。

そのため、回線落ちに関する問題点はすべてクリアしていると言っても過言ではないでしょう。

NURO光はどんなゲームをしている人におすすめ?

LFS池袋

オンラインゲームをしている人には、NURO光をおすすめします。
理由としては、回線速度が安定しており、PING値も低い数値を出すことができ、なおかつ回線落ちすることも少ないからです。

実際、NURO光を導入してゲームをしている人からのNURO光の評判は非常に良く、ネット上で「快適すぎるから切り替えたほうがいい!」という言葉はかなり多くあります。

また、NURO光はeSports施設でも導入されている回線です。
有名なところでは、eSports種目ゲームであるPUBGやLeague of Legendの大会を開催している『LFS池袋(Looking for Squad) eSports Arena』で採用されています。

LFS池袋は設備にかなり力を入れている施設で、1席当たりの料金はPC、チェア等を含めると30万円を超える機材が揃えられている施設です。

そういったところで採用されているNURO光はそれ相応の価値があるということでしょう。

NURO光公式キャンペーン
▲NURO光はeSports施設でも採用されている回線。
契約だけで35,000円貰える公式キャンペーンも実施中。

ゲーム好きな方にはぜひNURO光で快適にゲームをプレイしてみてほしいです。

実際にNURO光に変えてラグが改善された人

最後にNURO光に切り替えてゲームが快適になったという人をまとめました。

ゲームが快適になることでゲームによるストレスも減り、なおかつゲーム内の撃ち合いや対戦に勝てるようになるということを考えると切り替えてみる価値はあるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする