ゲーム配信&生放送にオススメのネット回線まとめ!快適な速度も解説

配信向きの回線

ゲーム配信&ライブ放送が快適にできるネット回線をまとめました。

既に配信をしている人、あるいはこれから配信を始めようとしている人でも、快適な配信をするにはしっかりとしたネット回線が必要になります。

イマイチなネット回線を使っていると、「配信が頻繁に切断されてしまう…。」「画面がカクカクして見てる方がしんどい!」といった現象に悩まされる可能性が高いです。

そこでこのページでは、配信&生放送にオススメのネット回線をまとめて紹介し、プラスして配信にはどんなネット環境が必要かも解説していきます。

配信をしている人、これから始めようとしている人は参考にしてみてください。

ゲーム配信&ライブ放送にはどれくらいの通信速度が必要?

通信速度の目安

まず初めにどれくらいの通信速度があれば、配信が快適にできるかを見ていきます。

現在の環境を把握するために、「SpeedTest」を利用して今の速度を確認してみてください。

測定結果の3つの項目のうち、重要になるのは「UPLOAD」と「Ping」です。

Pingが30ms以内で、なおかつUPLOAD(上り速度)が30Mbpsを安定して超えているようであれば、配信媒体を問わず快適に配信することができると思います。

これをクリアしている人はネット回線には問題がないので、乗り換え等をする必要はないでしょう。

一方で数値が足りていない人やこれから配信のために回線を契約しようとしている人は、次に紹介するネット回線を検討してみてください。

ゲーム配信&生放送にオススメのネット回線を3つ紹介!

オススメのネット回線

ここからは、ゲーム配信&生放送にオススメのネット回線を紹介していきます。

3つの回線を紹介しますが、どれでも快適に配信はできますので、「携帯・スマホとのセット割」や「対応している地域」、「キャンペーンの豪華さ」など好みの要素で選んでもらえると良いです。

なお、3つの回線以外の有名回線についても最後に少し触れますので、必要であればそれらも候補に加えてみてください。

それでは、具体的な回線について見ていきましょう。

NURO光
  • 全ての配信媒体にオススメ
  • 通信速度・安定性は日本トップクラス
  • 北海道・関東・東海・関西・九州に対応
詳細
auひかり
  • 全ての配信媒体にオススメ
  • 最大1Gbps回線の中ではトップクラスに高品質
  • 全国の約70%の地域に対応
詳細
ドコモ光
  • IPv6非対応媒体(TwitchやMixerなど)はイマイチ(?)
  • v6プラスが使えるため通信速度の安定性はかなり高め
  • 全国の約93%の地域に対応
詳細
※詳細を押すと各解説見出しに移動します。

おすすめ回線1:NURO光

NURO光

最大速度 最大2Gbps
月額料金 4,743円
(戸建てマンション共通)
キャンペーン 45,000円キャッシュバック
セット割 ソフトバンク携帯・スマホ
公式ページ NURO光公式サイト

ここ数年至るところで話題に挙がるNURO光ですが、配信やライブ放送にもオススメしたい回線です。

So-net独自の技術を利用した最大2Gbpsの高速回線と、独自配線網ならではの回線の安定性は、日本の中でもトップクラスになっています。

配信&ライブ放送をするなら、契約して損はしない回線と言えるでしょう。

NURO光モンスター
▲色々なCMで話題のNURO光。
配信でも安定の人気を誇る。

NURO光の速度の目安として、ここでは2つのデータをまとめましたので、契約時の参考にしてみてください。

■NURO光の平均速度データ
Studio Radish
(100人の平均データ)
みんなの速度
下り速度
501.9Mbps
332.78Mbps
上り速度
396.0Mbps
331.05Mbps
※「Studio Radish」「みんなのネット回線速度」から引用。

サイトによって振れ幅はありますが、それを考慮しても配信をする上で十分以上の速度を期待できます。

実際の利用者も満足している人が多いです。

満足度は高めのNURO光ですが、欠点が2つ程あります。

1つ目は光回線の中で開通工事がトップクラスに遅い点で、もう1つは海外IPアドレスになってしまうリスクがあるという点です。

開通工事については約1~2ヶ月程度、海外IPアドレスについてはイマイチつかめない程度の確率でなってしまう可能性があります。

これらについては別記事で詳しく解説していますので、「デメリットがちょっと気になる…。」という人はチェックしておくと良いかもしれません。

「NURO光ってゲーム向きって言われてるけど実際どうなの?」という方向けに、NURO光が本当にゲームに向いているのかを実測値や口コミ、デメリットなども踏まえながら解説しました。NURO光を検討している人には必見の内容です。

そして2020年4月時点でのNURO光のキャンペーンは45,000円のキャッシュバックです。

特別なオプションなどは一切必要なく、NURO光を契約するだけで受け取ることができますので、NURO光を検討している人は公式サイトからチェックしてみてください。

NURO特設キャッシュバック

おすすめ回線2:auひかり

auひかり

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,200円
(マンション:4,100円)
キャンペーン 最大3年間月額料金大幅割引
戸建て:5,200円⇒3,480円
マンション:4,100円⇒1,980円
セット割 au携帯・スマホ
公式ページ auひかり(So-net)

続いて紹介するのは独特なCMが多いauひかりです。

使用している設備の都合上、最大速度が1Gbpsになっているauひかりですが、NURO光同様に独自の配線網を持っており、回線の質自体はかなり高くなっています

そのため、配信やライブ放送もサクサクこなすことが可能です。

auひかりも配信向きの回線
▲auひかりも独自の配線網を持つ光回線。
最大1Gbps回線の中では安定性抜群。

auひかりに関しても、参考として実際の速度データを記載しておきます。

■auひかりの平均速度データ
Studio Radish
(100人の平均データ)
みんなの速度
下り速度
504.7Mbps
265.71Mbps
上り速度
723.9Mbps
221.65Mbps
※「Studio Radish」は10G/5Gが多く含まれるため数値が大きくなっています。

サイトによって振れ幅があり過ぎますが、どちらでも十分以上に速度が出るようになっています。

ただし、auひかりに関して言えばプロバイダ毎にある程度の速度差がありますので、契約する際は速度にある程度定評があるプロバイダを選ぶようにしましょう。

実際の口コミもまとめてみました。

auひかりも満足度は高いですが、割と大きな欠点が1つあります。

auひかりの欠点は、「1週間の間に3日以上、30GB以上のデータをアップロードした際に最大速度が3Mbpsに制限されてしまう」という点です。

数値だけだと分かりずらいかもしれませんが、「6,000Kbpsのビットレートで11時間配信」をするとアップロードのデータ量は30GBに達します。

auひかりの制限
▲毎日ガッツリ配信がしたい人は
auひかりを避けた方が良いかも。

つまり、毎日10時間以上の配信をするような人にはauひかりは向きません。

配信者としては致命打になりかねませんので、長時間配信を頻繁に行うような人は違う回線を契約するようにしましょう。

そして、現在のauひかりのキャンペーンは月額料金の大幅割引です。

戸建住宅で3年間トータル77,020円の割引、集合住宅で2年間トータル73,680円の割引が適用されますので、検討している人はチェックしてみてください。

auひかり×So-net

おすすめ回線3:ドコモ光

ドコモ光

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,200円
(戸建て:4,000円)
キャンペーン 最大15,000円キャッシュバック
セット割 ドコモ携帯・スマホ
公式ページ ドコモ光(GMOとくとくBB)

最後3つ目に紹介するのが、NTT回線の1つであるドコモ光です。

IPoE+IPv4 over IPv6(v6プラスなど)が主流になってからはNTT回線も調子が良いですが、中でもオススメなのがドコモ光(GMOとくとくBB)になります。

v6プラスを利用することで、かなり安定した通信環境を実現可能です。

ドコモ光のv6プラス
▲ドコモ光もv6プラスを使うことで
安定した環境を作り出すことができる。

ドコモ光の参考データは以下の通りです。

■ドコモ光の平均速度データ
GMO公式サイト
みんなの速度
下り速度
319.33Mbps
253.83Mbps
上り速度
281.75Mbps
203.29Mbps

上の表はドコモ光×GMOとくとくBBのデータですが、独自配線網を持つNURO光やauひかりに負けず劣らずの速度をキープしています。

v6プラスを利用すること前提ではありますが、NTT回線でも十分快適に配信することはできるでしょう。

そして、ドコモ光×GMOとくとくBBについての口コミも紹介したかったのですが、ちょうど良さそうなモノが見つかりませんでした。

なので、ドコモ光×GMOとくとくBBの口コミはスキップして、ドコモ光の欠点について紹介していきます。

ドコモ光の欠点は、一部の配信サイトで安定性に欠ける可能性がある点です。

ドコモ光とTwitch
▲v6プラス通信を利用すると
一部の配信サイトが安定しなくなる。

具体的には、v6プラスを利用してIPv6に対応していないサイト(TwitchやMixer)で配信をすると、配信が安定しづらいことがあります。

原因はイマイチ分からないため何とも言えませんが、そういった可能性があるということは知っておいた方が良いでしょう。

そして、ドコモ光×GMOとくとくBBの現在のキャンペーンは最大20,000円のキャッシュバックです。

NURO光やauひかりと比べると少し控えめではありますが、ドコモとのセット割が唯一使える回線なので、気になる人はチェックしてみると良いでしょう。

ドコモ光×GMOとくとくBB

番外編:ソフトバンク光と地域電力回線

3つのおすすめ回線には入りませんでしたが、ソフトバンク光・地域電力回線も割とアリな選択肢です。

少し長くなりますが、これらの選択肢について簡単にまとめてみます。

■ソフトバンク光と地域限定回線
回線
特徴
ソフトバンク光
  • IPv6高速ハイブリットで時間帯を問わず高速&安定
  • 利用量に応じての帯域制限は原則ナシ
  • ソフトバンクのセット割を使わないと料金面がイマイチ
  • IPv6に対応していない一部サイトは不安定になるリスクがある
eo光
  • 関西地方で利用できる地域限定回線
  • 独自配線網で回線の質はかなり高め(NURO光・auひかり同等)
  • 1ヶ月間で5TB以上使う月が3ヶ月続くと帯域制限
  • 帯域制限が問題なければオススメできる回線
コミュファ光
  • 東海地方で利用できる地域限定回線
  • 独自配線網で回線の質はかなり高め(NURO光・auひかり同等)
  • 帯域制限もなく東海地方の人にはかなりオススメ
  • 「コミュファ」以外のプロバイダはイマイチ
メガエッグ光
  • 中国地方で利用できる地域限定回線
  • 独自配線網で回線の質はかなり高め(NURO光・auひかり同等)
  • 1日30GB以上のアップロード利用で帯域制限の可能性アリ
  • 帯域制限が問題なければオススメできる回線
ピカラ光
  • 四国地方で利用できる地域限定回線
  • 独自配線網で回線の質はかなり高め(NURO光・auひかり同等)
  • 1日30GB以上のアップロード利用で帯域制限の可能性アリ
  • 帯域制限が問題なければオススメできる回線
BBIQ光
  • 九州地方で利用できる地域限定回線
  • 独自配線網で回線の質はかなり高め(NURO光・auひかり同等)
  • 1日30GB以上のアップロード利用で帯域制限の可能性アリ
  • 帯域制限が問題なければオススメできる回線

地域限定回線については、どれもauひかりと同じ様な仕組みになっています。

地域限定回線の中でコミュファ光(プロバイダもコミュファ)だけが帯域制限がなく、NURO光同様自分の好きな量だけ利用可能です。

そして、ソフトバンク光に関してはドコモ光と同じ感じです。

基本的にはどこの媒体でも快適に配信できますが、一部のIPv6に対応していない配信サイトでは不安定になることがあります。

どこの回線も悪いわけではありませんので、気になる回線をチェックしてみると良いでしょう。

ゲーム配信&生放送をするなら周辺機器も整えるとベスト

ゲーム配信の周辺環境

ここまでネット回線について解説してきましたが、配信をするなら回線以外の環境もある程度気を遣っておくと良いです。

すぐに手を付けられる周辺環境として、以下3つの機器をチェックしておくことをオススメします。

  • 有線化&LANケーブルのカテゴリ確認
  • ルーターの経年劣化確認
  • 配信機器(特にPC)のスペック確認

それぞれ3つについて、簡単に見ていきます。

周辺機器1:有線化とLANケーブルのカテゴリ

まずは、有線か無線(Wi-Fi)かという点ですが、基本的には有線での接続をオススメします。

有線と無線では、回線の安定性・速度・応答速度などが全く別物ですので、視聴者が快適に見れるためにも有線での接続がベストです。

もちろん、スマホでライブ配信をするような場合は無線でも良いですが、ゲーム機器やパソコンを利用するなら出来る限り有線で配信するようにしましょう。

そしてさらにプラスして、LANケーブルのカテゴリもチェックしておきましょう。

LANケーブルカテゴリの見分け方idth=
▲LANケーブルのカテゴリは
ケーブルに記載されている。

カテゴリはLANケーブルのスペックを表す数値で、ここ最近は「CAT 5/5e/6/6a/7」などが一般的になりつつあります。

優先で接続していて配信をするのであれば、「CAT 6/6a/7」のいずれかを利用するとOKです。

「そんなLANケーブル持ってない!」という人は、別記事で詳しく解説していますので、そちらもチェックしつつ合ったものを購入してみると良いでしょう。

オンラインゲームを快適にプレイするためには、しっかりとしたLANケーブルが必要です。しかし、「LANケーブルの見分け方分からない…。」という人も多いでしょう。そこで、オンラインゲーム向きのLANケーブルと、LANケーブルのスペックや特徴について分かり易くまとめました。

周辺機器2:ルーターの経年劣化

続いて2つ目は、ルーターについてです。

ルーターに関しては、無線で配信をしているか、あるいは有線で配信をしているかによって注目ポイントが変わってきます。

まず、無線で配信をしている人は以下の3つの項目をチェックしてみてください。

  • 無線規格は11ac(Wi-Fi5)以上に対応しているか
  • 環境によって2.5GHzと5GHzを使い分けているか
  • 購入時に比べて明らかな速度低下がみられないか

1つ目の11ac規格については、ルーターの裏に貼られているシールを見れば確認できます。

そして2つ目の周波数の使い分けについては、壁を挟む場合はSSID末尾gの2.4GHz、壁を挟まない場合はSSID末尾aの5.0GHzを利用するとOKです。

最後3つ目の速度低下については、昔に比べて明らかに遅くなっていれば、ルーター買い替えの合図になりますので、買い替えを検討しましょう。

ルーターの裏
▲自分のルーターの情報は
裏のシールにほとんど書いている。

続いて、有線で配信をしている人は以下の2つの項目に注意してください。

  • 有線ポートが最大1Gbpsに対応しているかどうか
  • 購入時に比べて明らかな速度低下がみられないか

基本的に有線でプレイする時に気を付けるのはLANポートが最大1Gbpsに対応しているかどうかだけです。

それにプラスして、無線と同じく明らかな速度低下が見られるかどうかでルーターの買い替えを検討すると良いと思います。

買い替え先のルーターとしては、ゲーム+無線ならゲーミングルーター、その他の場合は通常のルーターで問題ありません。

「ゲーム向け」というタイトルにはなっていますが、以下記事が参考になると思いますので、買い替えを検討している人はチェックしてみてください。

オンラインゲームをプレイする上で重要なのがルーターです。ルーターが原因でゲームにラグが起きたり、回線落ちが起きるようなことも多々あります。しかし、いざルーターを買い換えようと思っても数が多く選ぶのが難しいです。そこで、今回は3つに絞ってオススメのルーターを紹介します。

周辺機器3:配信機器(特にゲーム配信する人)のスペック

そして最後3つ目に確認したいのが、配信機器のスペックです。

配信する内容や配信する機器にもよりますが、PCを使ってゲームの配信をする人はある程度スペックにこだわる方が良いと思います。

ノートパソコンでプレイしている人や5年~10年前のデスクトップパソコンでプレイしている人は、パソコンを買い換えた方が良いでしょう。

ただ、パソコンの買い替えは10万以上かかりますので優先度は低めです。

ネット回線の切り替えやLANケーブル・ルーターの買い替えなどで手が打てない時に、パソコンを探し始めるくらいで問題ありません。

ゲームにオススメのパソコンについては別記事でまとめていますが、中でもオススメなのはパソコン通販サイトドスパラが販売している「GALLERIA XF」です。

GALLERIA
OS
Windows10
CPU
intel Core i7-9700K
メモリ
8GB
グラフィック
NVIDIA GeForce RTX2070 8GB
SSD/HDD
SSD500GB/HDD2TB
参考価格
169,980円
月々:3,900円(48回分割の場合)
公式ページ
パソコン通販ドスパラ GALLERIA XF

20万円以内で購入できるパソコンの中ではかなりコスパが良く、どのゲームも快適にプレイ&配信することができます。

パソコン自体の優先度は低めですが、気になる人はチェックしてみてください。

オンラインゲームをプレイするならゲーム用のパソコンを準備しなくてはいけません。しかし、パソコンに詳しくない人はそれを探すのが大変です。そこで、初心者でも分かり易いようにパソコンの選び方と理想のパソコン、おすすめのパソコンを紹介していきます。パソコン選びで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

【最後に】ゲーム配信に理想のネット環境(筆者の独断)を紹介

理想の配信環境

それでは最後に「こんなネット環境だと理想だよ!(管理人の独断です)」というのも紹介しておきます。

管理人自身もTwitchでMOBA系のゲームを配信したことがあるので、ひとつの参考になれば幸いです。

※あくまでゲーム配信向けなので、普通にライブ配信をするだけであれば、ここまでこだわらなくても大丈夫です。
■ゲーム配信に理想の環境(管理人版)
通信速度
上り下り100Mbps以上
Ping
測定サイト上で10ms以下
(ゲーム内で15ms以下)
パケットロス
0%
パソコン
  • CPU:第8世代のi7相当以上
  • GPU:RTX2070相当以上
  • デュアルモニター

この辺が全部あると、かなり快適に配信ができると思います。

パソコンに関してはある程度の費用が掛かってしまいますが、「快適な環境で配信がしたい!」という人は参考にしてみてください。

オンラインゲームにオススメのネット回線ベスト3をネトゲ廃人でもある管理人がまとめました。回線を選ぶ際に重要になる「通信速度・Ping値・回線落ち」についても解説しています。オンラインゲームの回線選びで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

まとめ:ゲーム配信&生放送におすすめの回線まとめ

このページでは、ゲーム配信&生放送にオススメの回線について紹介しました。

サクサク快適に配信をしようと思うと、ある程度しっかりとした回線や環境がどうしても必要になってきます。

回線の乗り換えや周辺機器を整えるのは最初は大変かもしれませんが、必ず効果がありますので、ぜひためしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする