レオネットが遅くてPS4とかができない!接続方法や改善策を解説!

レオネットが遅い

「レオネット契約しようと思ってるけどどうなの?」「レオネット遅くて使えない…。」という人向けにレオネットについてまとめました。

レオネットはレオパレス限定で利用できるネット回線ですが、色々工夫しないと速度が安定しないことが多いです。

そこでこのページでは、レオネットが遅くなりがちな理由と速度を改善するための接続方法、そしてレオネットの代替え案を紹介していきます。

レオネットを検討している人、契約して困っている人は参考にしてみてください。

レオネットが遅い2つの理由!LAN配線方式とLife Stick

ネットが遅い2つの原因

まず初めに、「そもそもなんでレオネットって遅いの?」という点ですが、原因として考えられるのは2つの要素です。

  • 配線方式に「LAN配線」を採用している
  • レオネットで使える「Life Stick」のスペックが低い

それぞれの要素について詳しく解説していきます。

原因1:LAN配線方式を採用している

1つ目の原因は、レオネットで採用している配線方式です。

現在主流になっているネット回線は「光回線」ですが、実はマンションやアパートなどの集合住宅においては、この光回線にも3つの種類があります。

「光配線方式/VDSL方式/LAN配線方式」という3種類になるのですが、これら3つの方式は電柱から部屋までの配線方法に違いがあります。

各方式ごとの配線方法は以下の通りです。

  • 光配線方式(最大1Gbps):各部屋まで光ファイバー
  • VDSL方式(最大100Mbps):マンションまで光ファイバー+各部屋までは電話線
  • LAN配線方式(最大100Mbps):マンションまで光ファイバー+各部屋まではLANケーブル

それぞれ以上の仕組みになっており、光ファイバーを最後まで利用していないVDSL方式とLAN配線方式は、光配線方式と比べて回線の質が低くなっています。

そして今回の本題であるレオネットが採用しているのは、質が低いLAN配線方式です。

LAN配線方式のイメージとしては、マンションで大きな1つのルーターを管理していて、そこから各部屋にLANケーブルを接続しているという感じになります。

LAN配線方式のイメージ
▲マンションのルーターから
各部屋に接続している。

そんなLAN配線方式のデメリットは2つです。

  • 同建物内で複数人が同時に接続すると遅くなりやすい
  • 各部屋にはプライベートIPしか配布されない

1つ目のデメリットは回線混雑です。特にレオネットは、ネット+テレビで利用している人も多いため、夜の混雑で速度低下の影響を受ける可能性がかなり高いです。

その他の住居者の状況にもよりますが、レオネットが遅いと言われる原因の1つになっているのは間違いないでしょう。

そして2つ目のデメリットについては、プレイするゲームによってはかなり致命的です。

具体的な内容については別記事で紹介しているため省略しますが、プライベートIPしか配布されていないと一部のP2P通信(対戦ゲーに多い)ができなくなってしまいます

「マンションでオンラインゲームが出来ない!」「NAT越えに失敗してしまう…」という人向けの解決策をまとめました。マンションの無料ネット回線は日常使いでは便利なものの、状況によっては問題が生じてしまいます。その問題点やv6プラスでの問題点にも触れて解説していきます。

直接的な速度に関わるものではありませんが、レオネットの契約を検討している、あるいは既に契約している人は上記記事を確認しておくことをオススメします。

【※LAN配線方式について】
ここではLAN配線方式の最大速度を100Mbpsで紹介していますが、住居によっては100Mbps以上の場合もあります。

原因2:Life Stickは無線LANとしてのスペックが低い

2つ目は、レオネットでレンタルできるLife Stickについてです。

レオネットでは、「快適なネットライフを!」という言葉でLife Stickのレンタルを行っていますが、Life Stickの無線LAN(Wi-Fi)としてのスペックはかなり低くなっています。

そもそもLife StickはAndroid TV用のリモコンであって、無線LAN用の端末ではありません。

Life Stickは遅い
▲Life Stickのメインはリモコン。
無線LAN(Wi-Fi)の性能はイマイチ。

なので無線LAN(Wi-Fi)としての機能は普通のルーターに比べて、かなり低くなります。

そのため、時間帯や住居の混雑状況によっては快適に使える可能性もありますが、基本的にLife Stickで快適なネット環境を作るのは難しいです。

これからレオネットを契約する人は、その点を知っておくと良いでしょう。

ただし、Life Stickのスペックの低さについては、しっかりと解決策がありますので、その方法についてこの先で紹介していきます。

レオネットが遅い時の速度改善法3選

レオネットの速度改善法

それではここからは、レオネットが遅い時の改善法を紹介していきます。

紹介していく前に一点注意したいのが、レオネットを利用している以上LAN配線方式を避けることはできないということです。

LAN配線方式を避けられない以上、回線の最大速度は100Mbps(もしくは200Mbps)で、住居者の回線混雑の影響はどうしても受けてしまいます。

その点は把握した上で、これから紹介する速度の改善法を試してみてください。

それでは、ここでは3つの改善法を紹介していきます。

  • 1つの機器だけを接続したい場合は「有線接続」を利用する
  • 自分で無線LANルーターを用意して接続する
  • レオネット以外のネット回線を別で引き込む

人によってはできない項目もあると思われますが、気になるモノをチェックしてみてください。

改善法1:1つの機器だけなら有線接続を利用する

1つ目は、有線接続を利用する方法です。

レオネットを契約しているほとんどの人は、壁から出ているLANケーブルをLife Stick用のACアダプターに接続して利用していると思います。

この接続方法にしていると、無線(Wi-Fi)でしかネットが利用できません。

レオネットの有線
▲アダプターに挿さっている
LANケーブルを挿しかえる。

しかし、ACアダプターに挿さっているLANケーブルを引っこ抜いて、接続させたい機器(PCやPS4など)にそのまま挿すことで有線利用できるようになります。

そして、有線接続にすることで、接続している端末の回線は良くなるはずです。

この方法を利用することで、1つの端末だけであれば回線を良くすることができます

なので、例えば「PS4でゲームをしたい!」「パソコンでゲームをしたい!」というような人は、一時的にこの方法を利用するのはアリでしょう。

ただし、この方法には2つのデメリットがあります。

1つ目は、有線接続している時に無線接続が利用できなくなる点で、もう1つは、有線接続している1つの端末以外ネット回線が利用できなくなる点です。

デメリットを考えると一時的な解決にしかなりませんが、1つの機器の接続で間に合う人は試してみると良いでしょう。

改善法2:自分で無線LANルーターを用意して接続する

続いて2つ目の方法は、自分で無線LANルーターを用意して接続する方法です。

「レオネットでレンタルできるLife Stickのスペックが低いなら、自分で無線LANルーターを用意して接続したら良いじゃん!」というのがこの方法になります。

LAN配線方式である以上、かなり改善されると断言はできませんが、実際に試した人の声を見る限り改善される可能性は高いです。

ルーターを接続する場合も、有線時と同様にLife Stickのアダプターに挿してあるLANケーブルを抜いてルーターに挿し込むだけです。

そして、この方法を利用することで複数の端末に有線で接続できるようにもなります。

もちろんLife Stickに比べて無線の性能も高くなりますので、スマホやタブレットなどのWi-Fi利用も快適になるでしょう。

恐らくこの「無線LANルーターを自分で用意する」という方法が、レオネットの回線を改善するには最も現実的でそこそこの効果のある方法になると思います。

なお、この方法を利用する場合はルーターの設定・接続方法について以下3点に注意してください。

  • 無線LANルーターはブリッジモード・アクセスポイントモードで利用する
  • ルーターのNTP設定をしておくとGOOD
  • (古いルーターを利用している場合)壁のケーブルをルーターのLAN側に挿す

1つ目は、マンションに設置されてあるルーターとの二重ルーターを避けるためです。

二重ルーターになってしまうと、接続が不安定になってしまったり、状況によっては接続すらできなくなることもありますので、しっかりとモード設定するようにしましょう。

ルーターのモード設定
▲ルーターの裏側にあるスイッチで
ブリッジ・APモードに設定することができる。

そして2つ目を飛ばして3つ目は、壁のLANケーブルをどこに挿すかという点です。

基本的に壁のLANケーブルを接続する時はWAN(一番下もしくは上)を利用するのですが、古いルーターの場合はLAN(端以外)に挿さなくてはいけないことがあります

恐らくほとんどの人はWAN接続で問題ないと思いますが、もしWAN側で接続が上手くいかない人はLAN側に切り替えることで改善する可能性がありますので、試してみて下さい。

2つ目の注意点:ルーターのNTP設定について

各自で用意したルーターを利用してレオネットを使う場合、接続のたびにパスワード・IDの認証が必要になります。

この認証を手間に感じる人も多いと思うので、ルーターのNTPという設定を変更して、認証が出る頻度を調整しておくと快適に利用できるでしょう。

例えば、BUFFALOのルーターの場合は以下のように設定できます。

BUFFALOのNTP設定
  1. プラウザで「192.168.11.1」を入力してルーターの設定画面へ
  2. 設定画面から「詳細設定」を選択
  3. 「管理」から「システム設定]を開く
  4. 「NTP機能」の「使用する」にチェックを入れ、時間を24時間にする

ルーターによって設定画面が異なることもありますが、違う画面でも「管理設定」項目から設定できます。

このNTP設定については、BUFFALOルーターしか対応していないそうなので、ルーターを購入する人はBUFFALOがオススメです。

一度設定しておくとかなり手間が省けますので、利用する人は設定しておくと良いでしょう。

改善法3:レオネット以外のネット回線を各自で引き込む

そして最後は、レオネット以外のネット回線を各自で引き込む方法です。

この方法は、3つの中で一番効果的な方法ではあるのですが、管理会社(もしくはオーナー)から引き込みの許可が下りるかどうかが問題になります。

一応、レオパレス公式サイトにはネット回線の引き込みについて、以下のように記載されています。

引き込みに関するお願い

①工事の際は、建物に傷・穴等を開けないようお願い致します。

②宅内装置などの機器は、退室時に各サービス提供会社に返却頂きお部屋に残置しないようにお願いします。

③建物や共用部等の美観を損ねたり、他のお部屋のご迷惑になるような引き込み工事はお断りする場合があります。

ご不明な点につきましては、『お問い合わせフォーム』よりお知らせください。

許可が下りるかどうかについてですが、実際のネット上などの口コミを見ている限り、許可が下りやすいという状態ではなさそうです。

ただし、人によっては「普通に許可が下りた!」という人もいるため、やはり建物のオーナー次第だと思われます。

もし許可が下りるのであれば、個別で引いて貰える光回線がベストです。ここでは、特にオンラインゲームにオススメの回線をまとめました。

■ゲームにオススメの回線
回線の特徴
NURO光
  • 最大2Gbpsの超高速回線
  • 都内のeSports施設でも採用
  • 現状日本トップクラスの回線
auひかり
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • 独自配線で速度が出やすい
  • キャンペーンがかなり豪華
ドコモ光
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • v6プラス通信で夜でも安定
  • 最低100Mbpsの速度保証制度

対応しているのであれば、独自の回線網を持ったNURO光やauひかりがオススメです。

それらに次いで、IPv4 over IPv6(v6プラス)が利用できるNTT回線(中でもドコモ光)が候補になってきます。

オススメの回線については、別記事で詳しく解説していますので、各自で回線を引き込めそうな人は一度チェックしてみると良いでしょう。

オンラインゲームにオススメのネット回線5選をネトゲ廃人でもある管理人がまとめました。回線を選ぶ際に重要になる「通信速度・Ping値・安定性」についても解説しています。オンラインゲームの回線選びで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

なお、「光回線の引き込みってどんな感じでお願いしたら良いか分からない…。」という人は、以下の記事もチェックしてみてください。

NURO光の工事で大家さんや管理会社から許可を取るテクニックをまとめました。NURO光は開通工事の際に壁に穴を開ける場合があります。そのため、工事を行う前に大家さんや管理会社に許可を取らなくてはなりません。一見難しそうに見えますが、コツをしっているとすんなり話をすすめることができます。

固定回線が引き込めない人はモバイルWi-Fi・WiMAXを利用するのもアリ

「工事の許可が下りなかった…。」という人はモバイルWi-FiやWiMAXを契約するのもアリです。

固定の光回線と比べると回線の質は落ちてしまいますが、日常で使う分にはある程度安定して利用することができます。

モバイルWi-Fi・WiMAXを契約するなら「GMOとくとくBBのWiMAX」がオススメです。

GMO(WiMAX)
GMOとくとくBB×WiMAXでは
毎月キャンペーンを実施している。

GMOとくとくBBでは毎月キャンペーンを行っており、おおよそ30,000円~40,000円のキャッシュバックを受けることができます。

WiMAXとしては破格の金額になっていますので、契約を検討している人は一度チェックしてみると良いでしょう。

ちなみに端末については、持ち運んで使いたい人は「Speed Wi-Fi NEXT WX06(クレードルセット)」、家だけで使う人は「Speed Wi-Fi HOME L02」がオススメです。

口コミ・スペックともに現状トップクラスに良いものになっていますので、検討している人は参考にしてみてください。

基本的にはルーターで対処、できれば光回線を導入する

レオネットオススメの対処法

ここまで3つの改善法を紹介してきましたが、基本的には無線LANルーターを用意して接続するのが現実的だと思います。

ルーターを用意して接続するだけでも改善される可能性はありますので、まずはその方法を試してみるのが良いでしょう。

用意するルーターは何でも良いのですが、各値段毎にオススメのBUFFALOルーターを3つ紹介します。

■少し安めなルーター
BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-1166DHP3/MBK 11ac ac1200 866 300Mbps デュアルバンド 3LDK 2階建向け 【iPhone8/iPhoneX/iPhoneXS/Amazon Echo メーカー動作確認済み】

過去90日間の平均価格¥3,370
(時期によって値段が上下する可能性があります)

■普通もしくは少し高めなルーター
BUFFALO 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b 1733 800Mbps WSR-2533DHPL-C

過去90日間の平均価格¥7,245
(時期によって値段が上下する可能性があります)

■かなり高いルーター(基本不要)
BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WXR-5950AX12 Wi-Fi6 11ax/11ac AX6000 4803 1147Mbps【iPhone11/iPhone11 Pro/iPhone11 ProMax メーカー動作確認済み】

過去90日間の平均価格¥38,138
(時期によって値段が上下する可能性があります)

上の3つから選ばないといけないわけではありませんので、予算と相談しつつ自分に合ったルーターを見つけてみて下さい。

そして、もし各自で回線を引き込める場合は、できるだけ光回線を引き込むことをオススメします。

特にNURO光やauひかりなどの独自配線を持った回線を契約できれば恩恵は大きいので、一度管理人に確認してみると良いでしょう。

まとめ:レオネットが遅い時の接続方法と改善法

このページでは、レオネットが遅い時やゲームができない時などの対処法について紹介しました。

基本的にレオネットが遅い原因は、「LAN配線方式を採用しているから」そして「Life Stickの無線LANとしてのスペックが低いから」の2つです。

解消するためには、

  • 1つの機器だけを接続したい場合は「有線接続」を利用する
  • 自分で無線LANルーターを用意して接続する
  • レオネット以外のネット回線を別で引き込む

といった方法が有効になります。

基本的にはルーターを設置して対処する、できれば別途固定回線を引けるとベストです。

今回紹介した方法で、少しでも回線が良くなれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする