オンラインゲームのパケットロスとは?発生する原因や改善法を紹介!

パケットロスの意味と改善法

オンラインゲームで見かけるパケットロスについてまとめました。

最近人気のApexやFORTNITEなどのTPS(FPS)系のゲームでは、Ping値(○○ms)と一緒にパケットロス値(○○%)が表示されるようになってきています。

「パケットロスが高いとダメ。」というのは何となく分かると思いますが、具体的な原因や改善法で悩んでいるという人も多いでしょう。

そこでこのページでは、パケットロスとはそもそも何なのか、どういったことが原因で起きるのか、改善する方法はあるのかなどをまとめて解説していきます。

ゲームで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

そもそもパケットロスってどういった現象?

パケットロスとは

まず初めに「そもそもパケットロスって何なの?」という点から見ていきます。

【※パケットロスとは】
コンピュータネットワーク上を移動する1つ以上のデータパケットが宛先に到達できない現象のこと。
(参照:パケットロス(Wikipedia))

簡単に言うと、「送る、もしくは送られてきた情報の一部が欠損した状態」のことです。

ゲームで例えると、「弾を撃ったのに、その情報がサーバーに届く前になくなってしまったため、反映されなかった。」というような感じになります。

パケットロスとは
▲データ交換が完了する前に
何かしらの要因でなくなってしまう。

通常このような場合は、失ったパケット(情報・データ)の再送信が行われるのですが、オンラインゲームで使われる通信方式ではこの再送信の手順が行われないことがほとんどです。

なので、反映されなかった動作はそのままなくなってしまいます

パケットロスは何かしら問題があれば数十%になりますが、何も問題がなければほぼ0%に近い数値になることがほとんどです。

FPSやTPS、格ゲーなどのゲームでは数%のパケットロスが勝敗を分けることもあるため、できるだけ0%に近い数値を目指すようにすると良いでしょう。

それでは次から具体的な原因や改善法などを紹介していきます。

パケットロスはどうして起きるの?考えられる3つの原因

パケットロスが起きる原因

まずはパケットロスが起きる原因についてです。原因を分けると大きく3つあります。

【パケットロスが起きる原因】

  • 自分のネット関連機器に問題がある
  • 相手サーバーに届く過程に問題がある
  • 相手サーバーの処理に問題がある

言ってしまえば当たり前かもしれませんが、原因は自分の機器、経路、相手サーバーのいずれかです。

この中で一番困るのが、相手サーバーに問題がある場合になります。

相手サーバーに問題がある場合は、ユーザーとしてはどうしようもないため、サーバーの強化を待つしかありません。最近のゲームで言うと、Apexはサーバーが弱いと言われています。(筆者は快適にできていますが…。)

サーバーが弱いゲームをしている人は、運営の対応を待つようにしましょう。

残りの2つの原因に関しては、次から紹介する方法で対応することができますので、チェックしてみてください。

パケットロスを解消する4つの方法

パケットロスの改善法

それでは具体的な改善法について見ていきます。

各周辺機器や利用しているネット回線についてそれぞれ見ていきますので、思い当たるポイントをチェックしてみて下さい。

改善法1:LANケーブルをチェックする

1つ目はLANケーブルです。LANケーブルでチェックするのは、「ケーブルの断線/故障/カテゴリ」の3つになります。

LANケーブルは、使用している頻度に関わらず、内部が故障していたり、断線していたりと、通信に何かしらの影響を与えていることが意外と多いです。

なので、「あまりにもパケットロスが多い…。」という人は、予備のLANケーブルや新品のLANケーブルに交換してみるというのが1つ目の方法になります。

また、この時に同時にチェックしたいのがLANケーブルのカテゴリです。

LANケーブルのカテゴリ
▲LANケーブルのカテゴリは
ケーブル本体に記載されている。

カテゴリはLANケーブルのスペックを表す数値で、現行で販売されているモノには「Cat5/5e/6/6a/7」の5種類があります。

■LANケーブルのカテゴリと特徴
最大速度
周波数
ゲーム向き
カテゴリ5(EIA-568-A)
100Mbps
100MHz
×
カテゴリ5e(EIA-568-B)
1Gbps
100MHz
カテゴリ6(EIA-568-B.2-1)
1Gbps
250MHz
カテゴリ6A(TIA-568-B.2-10)
10Gbps
500MHz
カテゴリ7(ISO/IEC 11801)
10Gbps
600Mhz

予備のLANケーブルがなく新しいモノを購入する場合は、カテゴリ5e以上がオススメです。値段差がない場合は、カテゴリ6aを購入しておくと良いでしょう。

iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル UTP Cat6a ストレート ノーマルタイプ 5m ブラック BSLS6ANU50BK

過去90日間の平均価格¥571
(時期によって値段が上下することがあります)

オンラインゲームを快適にプレイするためには、しっかりとしたLANケーブルが必要です。しかし、「LANケーブルの見分け方分からない…。」という人も多いでしょう。そこで、オンラインゲーム向きのLANケーブルと、LANケーブルのスペックや特徴について分かり易くまとめました。

改善法2:ルーター(ハブも含む)をチェックする

2つ目にチェックするのがルーターです。ルーターで特にありがちなのが、「LANポートの不具合・故障」になります。

特にルーターのLANポートに少し不具合がある場合は、「接続は安定するものの定期的にパケットロスが発生してしまう」という気付きづらい現象が起きてしまうことがあります。

なので、このような現象が起きた時は、ルーターの買い替えもしくは使用するLANポートの切り替えを試してみて下さい。

基本的にはLANポートの切り替えで改善するケースが多いですが、5年以上ルーターを利用しているような場合は、ルーター内部に問題がある可能性が高いです。

ルーターの問題
▲ルーター内部の故障は
他の機器も接続がおかしくなる。

内部に問題がある場合は、ルーターの買い替えをしましょう。

ここでは全てルーターで解説していますが、ハブやその他の中継機などLANケーブルで接続している端末は全てこの原因・改善法が有効になります。

なので、ゲーム機器から複数の端末で壁まで繋いでいる場合は、各機器でチェックするようにしてください。

なお、オンラインゲームでオススメのルーターに関しては、別記事で解説していますので、気になる人は合わせてチェックしてみて下さい。

オンラインゲームをプレイする上で重要なのがルーターです。ルーターが原因でゲームにラグが起きたり、回線落ちが起きるようなことも多々あります。しかし、いざルーターを買い換えようと思っても数が多く選ぶのが難しいです。そこで、今回は3つに絞ってオススメのルーターを紹介します。

改善法3:ゲーム機器のLANポートをチェックする

3つ目にチェックするのは、ゲーム機器側のLANポートです。ゲーム機側のLANポートにも不具合や故障があることがあります。

実際にあるパターンとしては、LANポートにほこりが溜まっていたり、何かの拍子にポートが壊れてしまったりといった感じです。

この状態の可能性がある場合は、ゲーム機器側の接続端末を切り替えて接続してみてください。(パソコンやその他のゲーム機器などに切り替える)

切り替えて接続が上手くいく場合は、ゲーム機側のLANポート故障になります。

PS4のLANポート故障
▲稀に初期不良として
ポートが故障していることもある。

LANポートが故障している場合は、パソコンならLANポートの増設、ゲーム機なら修理をして対処しましょう。

修理の費用はゲーム機器によって異なりますが、Switchなら5,000円前後、PS4なら15,000円前後になります。どちらもオンライン上で申し込みができますので、壊れてしまった人はチェックしてみてください。

【※Switch・PS4の修理受付】
・Switch ⇒ Switchオンライン修理受付
・PS4 ⇒ PS4オンライン修理受付

改善法4:通信方式を切り替える

4つ目は、通信方式に関してです。一部の回線でIPv4(PPPoE通信)を利用している場合、回線の混雑でパケットロスが発生する可能性があります。

対象の回線になるのは、フレッツ光と光コラボ(ソフトバンク光やドコモ光などの○○光系)がメインです。

これらの回線をIPv4(PPPoE通信)で利用している人は、回線混雑の影響でパケットロスが発生してしまうことがあります。

特に「昼間は問題ないけど、夜のゴールデンタイムだけパケットロスが発生する…。」という人は、この通信方式がネックになっている可能性が高いのでチェックする必要があるでしょう。

改善法は、IPv4(PPPoE通信)を新しい通信方式であるIPv6(IPoE通信)に切り替えることです。

フレッツ光や光コラボの場合は、「IPv6(IPoE) + IPv4 over IPv6通信(v6プラスやv6アルファなどプロバイダによって名称が異なります)」に切り替えましょう。

【IPv6(IPoE) + IPv4 over IPv6のサービス名称例】

  • v6プラス:So-net、@nifty、GMOとくとくBBなど
  • v6アルファ:OCN
  • IPv6高速ハイブリット:Yahoo!BB(ソフトバンク光)
  • v6エクスプレス:ぷらら
  • 独自IPv6オプション:BIGLOBE、BBexcite

ほとんどのプロバイダで無料切り替えできますので、問い合わせ等で確認してみて下さい。

ただし、この通信方式には2つの注意点があります。1つは「特定のポートが開放できない」という点で、もう1つは「対応しているルーターが必要」という2点です。

ダメな場合はIPv4(PPPoE通信)に戻すこともできるため、そこまで気にする必要はないと思いますが、気になる方は以下記事をチェックしてみて下さい。

v6プラスでオンラインゲームをプレイするメリット・デメリットをまとめました。また、v6プラスでオンラインゲームをプレイするときに起きがちな問題とその対処法も解説しています。v6プラス導入を検討している人は参考にしてみて下さい。

改善法でもダメな場合は大元の回線が悪い可能性が高い

ゲームに向かない回線

上で紹介した4つの方法で改善しない場合は、大元の回線が悪い可能性があります。ゲームをするのにイマイチな回線として挙げられるのは、以下のような回線です。

【ゲームにオススメしない回線】

  • CATV回線:Jcom、イッツコム、ベイコムなど
  • マンション回線:d.u-NET、レオネットなど
  • ホームルーター:WiMAX、Softbank airなど
  • モバイルWi-FI:WiMAX、○○Wi-Fiシリーズ(どんなときもWi-Fiなど)
  • ADSL回線:フレッツ、Yahoo!BB

これらの回線が絶対ダメというわけではありませんが、悪い影響を与えている可能性があるため、切り替えることができる人は切り替えましょう。

ゲームをするなら、ネット上や実際の利用者からの評判が良い光回線がオススメです。当サイト管理人としては、以下3つの回線をオススメします。

■オンラインゲームにオススメの回線
回線の特徴
NURO光
  • 最大2Gbpsの超高速回線
  • 都内のeSports施設でも採用
  • 現状日本トップクラスの回線
auひかり
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • 独自配線網で高速&安定
  • NURO光に並んでオススメ
ドコモ光
  • 最大1Gbpsの高速回線
  • v6プラスで混雑時も安定
  • NURO、auに次いでオススメ

特にオススメなのは、独自の回線網を持つ「NURO光」と「auひかり」です。

これら2回線は他社と比較しても通信速度が速く、なおかつキャンペーンも豪華になっているため、金額的にもお得に契約することができます。

この2回線に次いでオススメなのがドコモ光(GMOとくとくBB)です。

ドコモ光はドコモ携帯・スマホのセット割を適用できる唯一の回線になりますので、ドコモで合わせたいという人は検討してみると良いでしょう。

なお、これら以外の回線については以下記事で考察・解説していますので、「回線切り替えようかな…。」という人は合わせてチェックしてみて下さい。

オンラインゲームにオススメのネット回線5選をネトゲ廃人でもある管理人がまとめました。回線を選ぶ際に重要になる「通信速度・Ping値・安定性」についても解説しています。オンラインゲームの回線選びで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

まとめ:ゲームでパケットロスが発生する時の対処法

このページでは、オンラインゲームでパケットロスが起きる原因と改善法についてまとめました。

改善法をいくつか紹介しましたが、特に多いのは、LANポートの故障、通信方式がIPv4(PPPoE通信)になっているという2つが原因になっている場合です。

なので、まずはこの2つをチェックして、その後にルーターやゲーム機器をチェックしてみると良いでしょう。

ルーターやゲーム機に関しては、LANポートの故障以外にも、本体そのものが悪くなっている場合もあるので、その点もチェックしておくと良いかもしれません。

このページを参考にパケットロスが減ると幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする