オンラインゲームのゴールデンタイムはいつ?混雑具合をまとめました!

オンラインゲームのゴールデンタイム

eSportsの発展に伴いオンラインゲームユーザーも増えてきました。

最近では、人気のバトルロワイヤルゲームFORTNITEが同時接続数850万人を超えて、世界最大同時接続記録を塗り替えています。

非常に多くのゲームがありますが、そんなオンラインゲームのゴールデンタイムはいつなのでしょうか。

今回は、オンラインゲームのゴールデンタイムについて解説していきます。

そもそもゴールデンタイムって何?

簡単なおさらいとして、ゴールデンタイムが何かを確認しておきます。

※ゴールデンタイムとは?

午後7時から午後10時頃の、最も視聴率のとりやすいまたは国民の話題になりやすいなどのテレビ番組の時間帯のこと。
またはその時間帯に放映される番組のことを意味する語。

語源は定かではないが和製英語で、英語で似た時間帯のことはプライムタイム「prime time」と呼ぶ。

weblioより抜粋。

元々はテレビで使われていた単語でしたが、今では『ある事柄において、1日の中で一番多く人が集まる時間帯』という風に使われていることが多いです。

今回のオンラインゲームで言うなら、ゲームをしている人が多い時間でしょう。

回線が弱い人がオンラインゲームのゴールデンタイムに入ってしまうと、速度低下でラグが頻発したり、通信切断で回線落ちが起きてしまったりします。

弱小回線
▲弱い回線を利用しているとゴールデンタイムに
ラグや回線落ちで悩まされることになる。

逆に言うと、ゴールデンタイムでもラグや回線落ちに悩まされることなくゲームが出来ている人は、いわゆる回線強者に当たる人です。

そういう面では、ゴールデンタイムは回線の質を見極めるタイミングとも言えるでしょう。

オンラインゲームのゴールデンタイムはいつ!?

それでは本題の『オンラインゲームのゴールデンタイムはいつ?』に入っていきましょう。

オンラインゲームのゴールデンタイムを調べるにあたって、総務省が2019年3月に発表した『我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算』を利用します。

2019年総務省のデータ
▲2019年3月に総務省が発表した固定回線の利用目安。
どれくらいの人がネットを使っているかが時間別で分かる。

また、このデータにプラスして普段からオンラインゲームをそこそこプレイしている当サイト管理人の意見も加えてまとめていきます。

朝6時~お昼12時頃まで

まずは朝6時からお昼12時頃までの時間帯についてです。

統計データからも分かる通りこの時間帯は1日の中でも特にユーザーが少ない時間帯で、平日休日問わずゲームをプレイしている人は多くありません

そのため、ゲームソフトのダウンロードやゲーム機器のアップデート、人が少ない時間帯にゲームをしたい人にはオススメの時間帯と言えるでしょう。

なお、この時間帯にオンラインゲームをしているユーザーは、対人戦や育成系RPGなどのジャンルを問わずそこそこ強い人が多い印象です。

お昼12時~14時頃まで

少し時間は短くなりますが、次の時間は昼12時から14時までの約2時間です。

平日のこの時間帯はお昼休み等と被るため、パソコンでのオンラインゲームではなくスマホのソシャゲなどに人が集まる時間帯になります。

一方で休日のこの時間帯は、年齢を問わず多くの人がオンラインゲームをプレイし始めるようになります。

とはいえ、ゴールデンタイムと呼べる程プレイ人口が増えるわけではありませんので、ちょうどいいレベルのユーザー数になってくるでしょう。

なお、この時間帯のオンラインゲームユーザーの強さはピンキリで、一番一般的な感じになっている印象です。

お昼14時~夕方19時頃まで

ここからまた一気に時間が進んで、14時から19時までの時間になります。

平日でもお昼を回った時間帯からオンラインゲームをプレイするユーザーが増えていき、この時間帯もそこそこの人がオンラインゲームをプレイしているでしょう。

また、休日に関してはお昼以降一気にユーザーが増え、ちょっとしたゴールデンタイムに入るのがこの時間帯です。

この時間帯になると平日・休日問わずある程度のユーザーがプレイしているため、少しずつ回線が混雑する時間帯に差し掛かってきます。

利用しているネット回線が極端に弱い人の場合は、このくらいの時間帯から『ラグ』や『回線落ち』といった現象が気になる始めるかもしれません。

なお、この時間帯のオンラインゲームユーザーの強さは、少し弱めな傾向にあります。

夕方19時~夜22時頃まで

そして総務省のデータで最も人口が増える夕方19時~夜22時です。

総務省のデータそのままになりますが、この時間帯になると平日休日問わずオンラインゲームユーザーがあふれるゴールデンタイムになります。

仕事後一息ついた社会人や、寝る前にラストスパート欠ける学生など、年齢問わずゲームを始めるため、回線はかなり混雑状態です。

この時間帯になると、回線が弱い人はゲームが辛くなります。

なお、この時間帯のオンラインゲームユーザーの強さは普通くらいです。

夜22時~深夜2時頃まで

ゴールデンタイムが過ぎて少し落ち着いてくるのが夜10時から深夜2時頃です。

特に平日は、ゴールデンタイムの盛り上がりが嘘だったかのように一気にオンラインゲームユーザーが減少するタイミングになります。

一方で休日は、ゴールデンタイムと比較しても極端にユーザーが減ることはなく、ある程度の回線混雑が見込まれるでしょう。

いずれにしろ、ゴールデンタイムと比較するとユーザー数は減ってくる時間帯になると言えます。

なお、この時間帯のオンラインゲームユーザーの強さは、やや強くらいです。

深夜2時~朝6時頃まで

そして最後に来るのが、深夜2時から朝6時頃までです。

総務省のデータにもある通り、平日休日に関わらず、この時間帯は1日の中でもオンラインゲームユーザーがかなり少ない時間帯になります。

回線混雑も起きることがなく、ゲームのダウンロードやアップデートに向いているタイミングになっているでしょう。

なお、この時間帯のオンラインゲームユーザーは、1日を通して一番強いです。

そのため、「強い人と戦いたい!」「強い人に手伝ってもらいたい!」という人は、この時間帯にゲームをするといいかもしれません。

オンラインゲームのゴールデンタイムは19時~22時

オンラインゲームのゴールデンタイムは、平日休日問わず19時~22時頃です。

この時間帯になると、社会人や学生など各方面からのオンラインゲームユーザーが一気に増え、オンラインゲームプレイ人口はMAXになります。

スプラトゥーン
▲サクサクマッチングがしたいなら
ゴールデンタイムにゲームをするのがベスト。

そのため、マッチング式の対人ゲームや多人数協力型のRPG系ゲームなどは、この時間帯にプレイするのがいいかもしれません。

ただし、この時間帯は回線混雑が至る所で起きています

契約しているネット回線が弱い人は、オンラインゲーム中に『ラグ』が起きたり『回線落ち』が起きたりとストレスが溜まってしまう原因になるかもしれません。

そういった人は逆にゴールデンタイムを避けたプレイした方が良いでしょう。

ゴールデンタイムは回線混雑を避けられる回線を利用しよう

弱い回線のままゴールデンタイムに差し掛かると、快適さはゼロになります。

そのため、「混雑に巻き込まれてラグが頻発する」「ネットワークが頻繁に切れてしまう」という人は、回線混雑に巻き込まれないネット回線を利用するといいでしょう。

幸いにも今はたくさんのネット回線が出回っています。

回線が快適
▲高速回線として有名なNURO光auひかり
であれば、ゴールデンタイムも快適。

NTTのモノではない独自の光ファイバーで回線混雑を避けることが出来るNURO光auひかり、IPv6を利用することで回線混雑を避けることが出来るドコモ光ソフトバンク光などがその一例です。

こういった回線を利用することで、ストレスフリーでプレイ出来るようになるでしょう。

なお、オンラインゲーム向きの回線に関しては別記事「ネトゲ廃人が選ぶネット回線ベスト3!」で紹介していますので、気になる方は合わせてチェックしてみて下さい。

オンラインゲーム・ネトゲ向けのネット回線(プロバイダ)をまとめました。オンラインゲームをプレイするならネット回線はかなり重要です。「ラグ過ぎてつまらない…」「回線落ちがひどい…」のような現象が続くとモチベが落ちてしまいかねません。そういったことを避けるためにも、しっかりと回線選びをしてみて下さい。

まとめ:オンラインゲームのゴールデンタイムについて

今回は、オンラインゲームのゴールデンタイムについて解説しました。

オンラインゲームのゴールデンタイムは、19時~22時前後の時間帯になります。

ゴールデンタイムを知ることで大きなメリットはないかもしれませんが、「この時間帯は回線が混雑するんだなぁー…」くらいの認識は持っていてもいいかもしれません。

そして、ゴールデンタイムでも快適にプレイをするならしっかりとした光回線が必須です。

現在「夜になると回線が遅くて困ってる…」「回線混雑に巻き込まれて回線落ちが頻発してしまう…」という人は、回線の切り替えを検討してみてもいいかもしれません。

この記事が参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする