FORTNITE(フォートナイト)に必要な回線環境は?おすすめのネットも紹介!

FORTNITEのネット回線の話

FORTNITEのネット回線に関する話をまとめました。

FORTNITEを快適にプレイするなら、ある程度しっかりとしたネット環境が必要です。

そこでこのページでは、FORTNITEに必要なネット環境やオススメのネット回線などをまとめて紹介していきます。

FORTNITEをプレイしている人は参考にしてみてください。

どんな環境が必要?FORTNITEで必要なネット環境について

FORTNITEの3ポイント

まずは、「FORTNITEをプレイするのにどんな環境が必要なの?」という点について解説していきます。

FORTNITEをプレイするのに必要な環境は以下の通りです。

  • 通信速度:下り30Mbps、上りは気にしなくてもOK
  • Ping値(ms):50ms以下
  • パケットロス:若干ならOK

Ping値・パケットロスに関しては、ゲーム内で表示される数値を参考にしてもらえるとOKです。

ただし、Ping値に関してはかなり甘めな数値にしていますので、より快適な環境が作れる人は15ms前後以下を目安にすると良いと思います。

そしてパケットロスに関しては、無ければないほどOKです。

基本的にはこの3つをクリアできるネット環境にしておけば、ラグなどで悩むことなく快適にプレイできると思われます。

それでは、ここからは各要素について申し込み掘り下げてみていきましょう。

ポイント1:通信速度は下り速度で30Mbpsを目指す

まずは通信速度についてです。

通信速度は下り(ダウンロード)・上り(アップロード)と2つありますが、FORTNITEをプレイするだけであれば下り速度が出ていれば十分になります。

目安の数値としては、最初に記載した通り30Mbpsです。

30Mbpsが目安
▲通信速度の目安は30Mbps!
重要なのは下り(ダウンロード)速度。

実際は、ゲームをするだけであれば10Mbpsもあれば十分なのですが、安定性を考慮した時に30Mbps程がちょうど良い感じになります。

そしてこの速度に関しては、各ゲーム機器ごとに測定した結果を参照すればOKです。

通信速度のより詳しい情報については、別記事も合わせてチェックしてみてください。

オンラインゲームをプレイする上でネット回線は非常に重要な意味を持っています。多くの人が通信速度(回線速度)を気に掛けるでしょう。では、実際快適にオンラインゲームをプレイするためには、どれくらいの通信速度が目安になるのでしょうか。また、回線速度を改善する方法は何なのでしょうか。今回は、ネトゲにおける通信速度について解説します。

ポイント2:Ping値は50ms以下。理想は15ms前後

続いてPing値についてです。

Ping値はFORTNITEの画面上側に表示されている「ms」の数値で、ここに表示される数値が50ms以下であれば、ひとまずはOKになります。

とは言え、中には50msだとラグく感じてしまう人もいるはずです。

FORTNITEのPing値
▲Ping値は「ms」で表示される数値。
最低でも50ms、15ms前後よい小さいと最高。

50msはあくまでFORTNITEをプレイするための最低限の目安になりますので、できれば15ms前後を目指すとラグに悩むことはなくなるでしょう。

なお、地域によっては15msが難しいこともあります。

なので、北海道や九州・沖縄に住んでいる人は20ms前後を目安にPing値を確認しておくとよいでしょう。

オンラインゲームで最も重要になるPing値についてまとめました。多くの人が悩んでいる「ラグ」などを改善するためには必須の項目になりますので、オンラインゲームが好きな人はチェック&改善してみてください。

ポイント3:パケットロスは若干はOK

最後はパケットロスについてです。

パケットロスに関してもFORTNITEの画面上に「〇 Packets/s」「〇% Packet Loss」という2つの方法で表示されていますが、重要なのは〇%の方になります。

%に関しては0%になるのがベストですが、5%以下にたまになる程度であればそこまで大きな問題はありません。

FORTNITEのパケットロス
▲パケットロスは最低でも5%以下。
0%に越したことはない。

なので、理想としては0%、悪くても5%前後以内を目安にすると良いでしょう。

「そもそもパケットロスってなに?」という人に関しては、以下記事で解説していますので、気になる人はチェックしてみてください。

このページではPing値の測定&改善方法、目安の数値などを解説しています。Ping値という単語を聞く機会はあるかもしれませんが、どういったものなのかを知らない人も多いかもしれません。「Ping値ってどういったもの?」「どうやったら良くなるの?」なども紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さい。

FORTNITEのゲーム環境に関しては、以上の3点をクリアすればOKです。

現段階ですでにクリアしている人もいるかもしれませんが、まだクリアできていない人はこれから紹介する方法を試して改善していきましょう。

それではこの次は、改善法をメインに紹介していきます。

FORTNITEの回線を改善する4つの方法

FORTNITEの回線改善法

回線を改善する方法としては、以下の4点を試してみてください。

  • DNSを変更する
  • 有線で接続&カテゴリチェック
  • ルーターを買い替える
  • ネット回線を切り替える

それぞれのポイントについてみていきましょう。

改善法1:DNSを変更する

1つ目の改善法はDNSを変更する方法です。

確実に改善する方法ではありませんが、サクッと変更できるため、とりあえず試してみると良いでしょう。

ゲーム機器に関してはネットワーク設定から、パソコンに関してはネットワークと共有センターからそれぞれ変更できます。

変更する先は以下の2つのどちらかです。

PS4のDNS設定
  • Google Public DNS:「8.8.8.8」と「8.8.4.4」
  • Cloudflare DNS:「1.1.1.1」と「1.0.0.1」

Switchで変更する場合は、数値の前に0を2つ追加(例えば008.008.008.008みたいな感じ)すればOKです。

先述した通り、確実に早くなる方法ではありませんので、速度やPing値が変わらない場合は設定を元通りに戻しておきましょう

なお、2つの内おすすめのDNSは2つ目に紹介した「Cloudflare」です。

昔はGoogleのPublic DNSが主流でしたが、現在はCloudflareの方がゲーム向きと言われていますので、そちらを先に試してみるとよいかもしれません。

改善法2:有線で接続&カテゴリチェック

続いて2つ目は、有線へ切り替える方法です。

ゲーム機器の端末を問わず、FORTNITEをするのであれば有線接続でプレイする方が回線が安定します。

なので、よほどの理由がない限りは有線でプレイするようにしましょう。(スマホは無線でもOKです。)

そして、有線でプレイする際にもう一つ気にしたいのが、LANケーブルのスペックを表す「カテゴリ」という数値です。

LANケーブルのカテゴリ
▲ケーブルのカテゴリは本体に
英語もしくは数字で記載されている。

現在ほとんどの人がカテゴリ「5/5e/6/6a/7」のいずれかを利用していると思われますが、この中で「5/5e」を利用している人は買い替えるようにしましょう。

この2つのLANケーブルは、最大通信速度・周波数帯という2つの要素で残りの3つのカテゴリ(6/6a/7)より劣っています。

買い替えるLANケーブルのカテゴリは「6/6a/7」の中であればどれでも問題ありませんが、将来性を考えると10Gに対応している6a/7がオススメです。

ただし、カテゴリ7のLANケーブルは長いと高いので長いLANケーブルが欲しい人は6aの方をオススメします。

このあたりは自分の予算と相談しつつ決めてみてください。

iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル UTP Cat6a ストレート ノーマルタイプ 5m ブラック BSLS6ANU50BK

過去90日間の平均価格¥571
(時期によって値段が上下することがあります)

オンラインゲームを快適にプレイするためには、しっかりとしたLANケーブルが必要です。しかし、「LANケーブルの見分け方分からない…。」という人も多いでしょう。そこで、オンラインゲーム向きのLANケーブルと、LANケーブルのスペックや特徴について分かり易くまとめました。

改善法3:ルーターを買い替える

続いて3つ目の方法はルーターの買い替えです。

「有線にしたのに回線が全然良くならない!」「そういえばルーターずっと変えてない」という人は、ルーターが問題な可能性があります。

ルーターに具体的な寿命はありませんが、一般的に5年前後利用したら買い替えを検討する時期です。

なので、ずっと同じルーターを利用する人はルーターの買い替えを検討しましょう。

ルーターの買い替え
▲ルーターの買い替えは5年が目途。
ずっと使っていると処理能力が落ちてしまう。

ただし、ゲームをするからと言ってかっこいいゲーミング用のルーターを購入する必要はありません。(あると便利ですが高いです。)

普通のルーターで問題ないので、以下の2点だけを確認してルーターを購入しましょう。

  • LANポートが最大1Gbps(1000BASE-T)に対応している
  • 無線の規格がWi-Fi5(IEEE802.11ac)に対応している

また、IPoE̟+IPv4 over IPv6(v6プラスやv6アルファなど)を利用している人は、各通信方式にも対応しているかを確認しておくとよいでしょう。

特別オススメ機種はありませんが、「どれが良いか分からない…。」という人は以下のルーターをチェックしてみてください。

NEC 11ac対応 1300+600Mbps 無線LANルータ(親機単体)Aterm WG1900HP2 PA-WG1900HP2

過去90日間の平均価格¥7,559
(時期によって値段が上下する可能性があります)

バッファロー WXR-1750DHP2 無線LAN親機 11ac/n/a/g/b

過去90日間の平均価格¥6,838
(時期によって値段が上下する可能性があります)

オンラインゲームをプレイする上で重要なのがルーターです。ルーターが原因でゲームにラグが起きたり、回線落ちが起きるようなことも多々あります。しかし、いざルーターを買い換えようと思っても数が多く選ぶのが難しいです。そこで、今回は3つに絞ってオススメのルーターを紹介します。

改善法4:ネット回線を切り替える

最後に紹介するのが、大元のネット回線を変更する方法です。

ここまで複数の方法を紹介してきましたが、いずれも大元のネット回線が良ければ有効な方法になります。

逆に言うと、現在利用しているネット回線の質が悪いと、ここまで紹介した方法を試しても劇的な改善が見られる可能性は低いです。

大本の回線が重要
▲大元のネット回線がイマイチだと
他の方法を試しても効果が薄い。

なので、現在利用しているネット回線がイマイチな人はネット回線を切り替えましょう

ただし、「自分が契約しているネット回線がイマイチかどうか分からない…。」という人もいると思われますので、とりあえず以下の回線に当てはまっているかを確認してみてください。

  • 持ち運び・設置系のネット回線(WiMAX、Softbank Air、○○Wi-Fiシリーズ)
  • CATV系の回線(Jcomなど)※ただし、速い場合もあり
  • LAN配線形式のネット回線(レオネット、D.U-netなど)

少なからず、これらの回線を利用している人は回線を切り替えた方が良いです。

また、これらの回線以外でも「家の回線悪いかも…。」と心配な人はネット回線の切り替えを検討してみるとよいでしょう。

オススメの回線については、次の項目で紹介していきます。


ここまで、FORTNITEのネット環境改善の方法を4つ紹介しました。

基本的には試しやすいものから試していくことをオススメしますが、大元のネット回線が悪い場合は、まずはそこから改善した方が良いかもしれません。

そこで次の項目では、FORTNITEを含むオンラインゲームでオススメのネット回線を3つ紹介していきます。

FORTNITEにオススメのゲームに向いたネット回線3選

おすすめのネット回線3選

それでは、ここからはゲームに向いたネット回線を紹介していきます。

ここで紹介しているネット回線は、「実際に管理人が利用して良かったもの」「ゲーム界隈での評判が良いもの」の2つを満たしているものです。

なので、「ネットに詳しくない…。」という人でも安心して契約できると思います。

実際の利用者の口コミも合わせて紹介していきますが、心配な人はネット上などで口コミをチェックしてみてください。

では具体的にみていきましょう。

おすすめ回線1:最大2Gbpsの超高速回線「NURO光」

NURO光

最大速度 最大2Gbps
月額料金 4,743円
(戸建てマンション共通)
キャンペーン 45,000円キャッシュバック
セット割 ソフトバンク携帯・スマホ
公式ページ NURO光公式ページ
【早分かり!NURO光の4つの特徴】

  • 独自の配線方式で最大2Gbpsの超高速回線
  • Ping値1桁も狙える応答速度
  • 独自の配線網で回線混雑を避けられる
  • 関東・東海・関西・九州・北海道に対応

1つ目に紹介するのが、ここ数年で知名度が劇的に上がったNURO光です。

独自の配線方式で実現した最大2Gbpsの回線を、独自の配線網で利用することにより、既存の光回線の中でもトップクラスに安定・高速な性能になっています。

そして、NURO光はその回線の質の高さから、プロの試合が行われる都内のeSports施設でも採用されています。

以下は実際にNURO光でFORTNITEを利用している人の口コミです。

口コミでもPing値・通信速度などについて触れられていますが、やはり評判はかなり良くなっています。

FORTNITEをプレイするなら筆頭候補になるのは間違いないでしょう。

ただし、NURO光は提供エリアが「北海道・関東・東海・関西・九州」に限られており、全国どこでも契約できるわけではありません。

そのため、エリア的に契約できる人は限られてしまいますが、対応エリアに住んでいる人は検討してみると良いでしょう。

「NURO光ってゲーム向きって言われてるけど実際どうなの?」という方向けに、NURO光が本当にゲームに向いているのかを実測値や口コミ、デメリットなども踏まえながら解説しました。NURO光を検討している人には必見の内容です。

おすすめ回線2:独自配線網で安定の『auひかり』

auひかり

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,200円
(マンション:4,100円)
キャンペーン 最大3年間月額料金大幅割引
戸建て:5,200円⇒3,480円
マンション:4,100円⇒1,980円
セット割 au携帯・スマホ
公式ページ auひかり(プロバイダSo-net)
【早分かり!auひかりの3つの特徴】

  • 独自配線を利用しており高速&安定
  • 月額料金をかなり抑えられる
  • 全国の約70%に対応している提供エリア

続いて紹介するのは、NURO光に並んでゲーム界隈で人気のauひかりです。

auひかりもNURO光と同様に独自の配線網を利用したネット回線になっているため、一般的な1Gbps回線と比較すると高速で安定しています。

スペックだけで比較するとNURO光には劣ってしまいますが、それでも既存の光回線と比較すると優秀でしょう。

実際の利用者の口コミもまとめてみました。

FORTNITEに関する口コミは少なかったですが、auひかりとゲームに関しては評判の良い口コミが多く見られました。

NURO光と比較すると提供エリアが広く、携帯・スマホとのセット割もNURO光とは異なるため、上手く使い分けをしつつ検討してみると良いでしょう。

ちなみに、auひかりはキャンペーンが豪華なことでも有名です。

公式サイトからの申し込みはイマイチですが、プロバイダSo-netから申し込みを行うことで最大77,020円分の月額割引を受けられます。

auひかりを検討している人は、一度チェックしてみてください。

「auひかりはゲームに向いてる!」と良く言われますが、実際のところどうなのでしょうか。このページでは、auひかりを利用している人の実際の口コミ・特徴、auひかりの回線スペック・特徴といった情報からゲームが快適にできるかを解説しました。

おすすめ回線3:v6プラスで復活した『ドコモ光』

ドコモ光

最大速度 最大1Gbps
月額料金 戸建て:5,200円
(戸建て:4,000円)
キャンペーン 最大15,000円キャッシュバック
セット割 ドコモ携帯・スマホ
公式ページ ドコモ光(GMOとくとくBB)
【早分かり!ドコモ光の3つの特徴】

  • 最低100Mbpsの速度保証サービスを実施している
  • v6プラス通信で夜でも安定して通信できる
  • 全国の約93%にサービスを提供している

最後に紹介するのが、NTT回線を利用した光コラボの1つドコモ光です。

今まで「NTT回線(ドコモ光やソフトバンク光など)はオワコン」と散々言われていた光コラボ回線ですが、IPoE+IPv4 over IPv6通信(v6プラスなど)を境に回線の質を取り戻しました

【※IPoE+IPv4 over IPv6通信って何?】
ここまで何度か登場してきた「IPoE+IPv4 over IPv6通信」について簡単に触れておきます。
IPoE+IPv4 over IPv6通信を分かりやすく一言で言うと、回線混雑に引っかからない通信システムです。
つまり、NTT回線の一番の問題点であった回線混雑を避けて通信することができるため、NTT回線でも快適に通信ができるということです。
そして、この通信サービスがv6プラスやv6アルファなど、様々な名称で呼ばれるサービスになっています。(厳密には少し違います。)
なお、IPoE+IPv4 over IPv6については以下記事でも解説していますので、気になる人はチェックしてみてください。

v6プラスでオンラインゲームをプレイするメリット・デメリットをまとめました。また、v6プラスでオンラインゲームをプレイするときに起きがちな問題とその対処法も解説しています。v6プラス導入を検討している人は参考にしてみて下さい。

中でも、ドコモ光×GMOとくとくBBは、v6プラスを利用したサービスの中でも特に速度に定評があるネット回線になっています。

ドコモ光についても実際の口コミをまとめてみました。

NURO光やauひかりに比べると、口コミの数は少なくなっていましたが、それでも肯定的な内容は多くありました。

ドコモ光に関しては、IPoE+IPv4 over IPv6を利用することで快適にFORTNITEができる環境を作ることができるでしょう。

なお、ドコモ光を利用するのであれば、プロバイダとしてGMOとくとくBBをオススメします。

公式サイトで利用者の平均速度を確認できる他、通信速度が100Mbpsを切った際の補償等も用意していますので、速度に関しては間違いないでしょう。

提供エリアも広く、ここで紹介した3つの回線の中では最も契約しやすいため、気になる人はチェックしてみてください。

ドコモ光で快適にオンラインゲームをするための条件と注意点について解説しました。ドコモ光ではどんなゲームも快適にプレイすることが出来ますが、そのためには一定の条件が必要になります。ドコモ光でオンラインゲームをしている人・これからしたい人はチェックしてみて下さい。

ここまでFORTNITEにオススメの回線として、NURO光・auひかり・ドコモ光(GMOとくとくBB)の3つを紹介しました。

3つの回線を紹介しましたが、ここで紹介した回線以外でも快適にできる回線は複数あります。

例えば、関西限定で利用できるeo光や、東海地域限定で利用できるコミュファ光なども、回線スペックはかなり良いです。

こういったより細かな回線については、以下の記事でまとめていますので、回線の契約を検討している人は合わせてチェックしてみてください。

オンラインゲームにオススメのネット回線ベスト3をネトゲ廃人でもある管理人がまとめました。回線を選ぶ際に重要になる「通信速度・Ping値・回線落ち」についても解説しています。オンラインゲームの回線選びで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

まとめ:FORTNITEに必要なネット環境について

このページでは、FORTNITEで必要になるネット環境について解説しました。

基本的には、最初に紹介した3つの項目をクリアしていれば、ある程度快適にFORTNITEをプレイすることができます。

  • 通信速度:下り30Mbps、上りは気にしなくてもOK
  • Ping値(ms):50ms以下
  • パケットロス:若干ならOK

ただし、冒頭でも記載した通り、より快適にプレイするならPing値は15ms以内、パケロスは0%を目指すようにしましょう。

このページが参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする