速度が命!回線速度で困らなくなる高速おすすめネット回線3選!

高速ネット回線おすすめ3選

ネット回線は選ぶ基準は人それぞれです。

料金を重視したり、回線速度を重視したり、契約時のキャンペーンを重視したりなど、どこがいいかを決めるのも中々に難しいでしょう。

しかし、ネット回線を決めるなら速いに越したことはありません。

様々なものが無線化していっている中で、これから先のIoT(様々な物がインターネットに接続される)を考えると、回線速度は重視したいところです。

「光回線つないでるけど遅いんだけど…!」のようにならないためにも、しっかりとしたサービスを提供しているネット回線を契約するべきでしょう。

ここでは、速度重視の方におすすめできるネット回線ベスト3を紹介します。

ネット回線で悩んでいる方は、参考にしてみて下さい。

『光回線だから速い』は間違い!多くの人が勘違いしている回線問題

ネット回線の話になると、「家は光回線だから大丈夫!」という人が一定数います。

確かにしっかりとした光回線であれば回線速度も速く大丈夫ですが、実はVDSL方式(電話線方式)のサービスで契約していたり(VDSLでも名前は○○光だから勘違いしがち)、速度が出ない回線を契約していたりすることは非常に多いです。

実際に、「光回線に契約したけど、全然速度出ないしストレスが溜まる…」という人は非常に多くいますし、良い回線に切り替えたいと思っている人もいます。

ストレスがたまる回線

光回線だから速いは勘違い!
配線方式やサービスをしっかり確認しよう!

速い回線を利用するのであればチェックすべき点は2つです。

・しっかりと光配線(光ファイバー方式)を利用しているか

・契約しようとしているネット回線は速度の実績があるか

ここで紹介するネット回線はどれもしっかりと速度の実績があるものです。

今やネット回線は生活の必需品といっても過言ではありません。

日常的に頻繁に使うものであるなら、ストレスフリーで使えるに越したことはありませんし、せっかくお金を払うなら快適に使えた方がいいでしょう。

VDSL方式と光配線方式の違いと見分け方

今の建物の多くは、『VDSL方式』『光配線方式』のいずれかになっています。

見分け方は簡単で、ネット回線を繋ぐコンセントのようなものを見ると確認が可能です。

光配線の見分け方

光コンセントは差込口の近くに『光』の表記があったり
下から差し込むかどうかなどで見分けることが出来るよ!

VDSL方式と光配線方式の違いで気になる点は、回線速度の違いです。

・VDSL方式 ⇒ 最大速度100Mbps

・光配線 ⇒ 最大速度1~10Gbps(現状)

VDSL方式か光配線方式かで、最大速度に10倍以上の差が生まれ、実際に利用する際の回線速度も大きな違いが出るため、利用するなら光配線がベストといえます。

しかし、ほとんどのマンションはVDSL方式を採用しているのが現実です。

「マンションがVDSL方式だから光配線使えない!」という心配があるかもしれませんが、たとえVDSL方式であっても、光配線方式を利用することは可能です。

これについては、この先のネット回線紹介をするときに解説します。

どの回線が速い?おすすめの高速ネット回線3選

ネット回線を選ぶ時に重要なのは、『光配線方式であること』『実績があること』です。

これらを考慮してネット回線を契約することで、満足の出来るネット環境を得ることが出来るようになります。

今回紹介する3つのネット回線はいずれもこの条件を満たしている回線です。

回線速度 月額料金 キャッシュバック セット割
NURO光 最大速度2Gbps 4,743円

(4,743円)

35,000円 ソフトバンク 詳細
auひかり 最大速度1Gbps 5,200円

(4,100円)

最大50,000円 au 詳細
ドコモ光 最大速度1Gbps 5,200円

(5,200円)

最大15,000円 ドコモ 詳細

※()書き料金はマンションタイプの月額料金(NURO光はマンション・戸建て同額)
※セット割は、携帯とインターネットのセット割引対象の携帯会社
※詳細を押すと各ページの解説に飛びます

最大速度2Gbpsを誇る超高速回線NURO光

NURO光について

【メリット】

  • 家庭向けの回線としては最速の回線(PING値・安定性も抜群)
  • 戸建ての料金は比較的安め
  • キャンペーンがそこそこ豪華(キャッシュバック35,000円)

【デメリット】

  • マンションに入れると少し料金が高めになる
  • 対応地域が関東・東海・関西・九州に限られている

一般家庭向け回線として、最大2Gbpsという驚異の速度を提供しているのがNURO光です。

「オンラインゲームをするならNURO光がおすすめ!」とよく言われていますが、回線の質という点では他の回線より1つ頭が抜けていると言ってもいいでしょう。

さらに、NURO光は他社が利用していない独自の配線を利用してサービスを提供しているため、平日の夜や休日に起きがちな回線混雑に巻き込まれることがありません。

「とにかく回線の質を求めたい!」という人にはかなりおすすめの回線といえます。

また、NURO光はマンションでも戸建てでも料金が変わりません。

たとえ、VDSL方式のマンションであっても光配線方式で導入することも出来ますので、マンションの方でも安心して申し込みをすることが出来るでしょう。

NURO光を契約するのであれば、キャンペーンも外せない点です。

NURO光を契約するだけで35,000円貰うことが出来るキャンペーンやPS4をプレゼントするキャンペーンも実施していますので、契約前はきちんと確認するようにしましょう。

「とりあえず速い回線がいい!」「何でもいいからおすすめ教えて!」という方はNURO光に契約することをおすすめします。

なお、NURO光に関しては以下の記事でも詳しく解説していますので気になる方は合わせてチェックしてみて下さい。


【随時更新】NURO光のキャンペーン徹底比較!激熱の申し込み先は!?
NURO光はどんなネット回線?誰でもわかるように分かりやすく解説!
【NURO光のエリア判定方法】エリア内でも工事が出来ないことも?

キャッシュバック最大50,000円!auひかり

auひかりについて

【メリット】

  • 他の光回線と比べて回線が速いと言われている
  • マンションタイプは安い
  • キャンペーンが豪華(キャッシュバック最大50,000円)

【デメリット】

  • 契約期間が基本3年間(他会社は2年が多い)
  • 対応地域がNTTに比べて狭い(全国の70%前後)

最大速度1Gbpsの光回線の中でも、比較的早いのがauひかりです。

auひかりも独自の配線を持っているため、ネット回線が集中する時間帯の回線混雑や他者の影響を受けにくいと言われています。

auひかりの契約時に注意すべきなのは、VDSL方式を利用しないようにするという点です。

例えば、マンションで契約しようと思うのであれば『タイプV、E、F』ではなく、『マンションギガ、マンションミニギガ』を契約しないと光配線方式にはなりません。

「マンションがギガに対応してない…」という方は、少し割高にはなってしまいますが、マンションタイプではなく、ホームタイプを入れることで光配線方式を利用できます。

速い回線を使いたいのであれば、光配線方式は外せませんので確認するようにしましょう。

最後に、auひかりはキャンペーンがネット回線の中でもかなり豪華です。

auひかりを契約するのであれば、例えばNNコミュニケーションズのようなしっかりとした代理店を利用して契約することで、かなりお得に契約することが出来るでしょう。

最低速度100Mbps保証!ドコモ光(GMOとくとくBB)

ソフトバンク光

【メリット】

  • 最低速度100Mbps保証
  • 1万円相当のルーターを無料レンタル可能
  • 提供エリアが広い(NTT回線のため)

【デメリット】

  • キャンペーンはあまり豪華ではない
  • 回線速度は少し控えめ

最後に紹介するのが、ドコモ光です。

ドコモ光でおすすめするプロバイダは、速度の保証と実際の利用者の平均速度を公開している『GMOとくとくBB』になります。

GMOとくとくBBは、最低100Mbpsという回線の速度保証をしており、仮に100Mbpsを下回ると補填で埋め合わせをしてくれるネット回線の中でもかなり珍しいプロバイダです。

また、公式サイトで実際の利用者の平均速度も公開しており2018年10月の段階で『下り:174.55Mbps、上り:158.96Mbps』というそこそこの速度が出ています。

とてつもなく速い回線とは言えませんが、最低の保証もありなおかつ平均速度も公開しているのであれば、安心して申し込みをすることが出来るでしょう。

また、ドコモ光も基本的にはすべて光配線での契約になります。

そのため、『マンションに住んでいてVDSL方式で困っている』という方でも心配せずに申し込みを行っていいでしょう。

ドコモ光もキャンペーンも行っているため、気になる方はチェックしてみて下さい。

3つの中でどれが最速!?実測値を調べてみた!

今回の内容は、どれが速い回線かというものです。

そこで、今回紹介したネット回線の中でも特に早いネット回線がどれなのかということを速度測定サイトから統計をとり調べてみました。

なお、ドコモ光に関しては光コラボ(NTT配線を利用している回線)として1つにまとめます。

先に結果を言うと、

1位 ⇒ NURO光

2位 ⇒ auひかり

3位 ⇒ ドコモ光(光コラボ)

という風になっていました。

最速はやはりNURO光!次いでauひかり、ドコモ光(光コラボ)

以下は実際の統計データになります。

NURO光、auひかり、ドコモ光(光コラボ)をそれぞれ利用している利用者100人の統計データによると、各回線ごとに非常に大きな差が生まれました。

光回線の統計データ

・1位 ⇒ NURO光(下り平均速度501.9Mbps、上り平均速度396.0Mbps)

・2位 ⇒ auひかり(下り平均速度236.6Mbps、上り平均速度307.2Mbps)

・3位 ⇒ ドコモ光(下り平均速度152.7Mbps、上り平均速度148.7Mbps)

NURO光とauひかりでは約2倍の差があり、さらにそのauひかりとドコモ光(光コラボ)では約1.5倍の差があります。

つまり、NURO光とドコモ光(光コラボ)では3倍以上の差があるわけです。

もちろんこれは平均速度ですので、この数値より速くなる人もいれば遅くなる人もいると思われますが、「とにかく速い回線がいい!」という人は、NURO光を契約したほうが間違いなく期待値は高いと言えるでしょう。

回線速度を重視するならNURO光がベストだね!

また、各回線ごとの最大速度や最低速度についてもまとめていますので、気になる方は合わせて別記事「NURO光、実は遅い?実際の速度を統計データやTwitterで詳しく調査!」もチェックしてみて下さい。

まとめ:速度重視のおすすめネット回線3選

今回は、速度を重視した際のネット回線を3つ紹介しました。

おすすめするネット回線は、上に記載した通り『NURO光』『auひかり』『ドコモ光』の3つの光回線になります。

中でもお勧めの順番は速度が出やすいであろう順番として、

・1位 ⇒ NURO光

・2位 ⇒ auひかり

・3位 ⇒ ドコモ光

になります。

ただし、auひかりを契約する際は、光配線方式かVDSL方式かのどちらを採用しているかをしっかりと確認してから契約をすることを覚えておいて下さい。

速いネット回線を手に入れて快適なインターネット生活を送るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする