【遅いと評判?】ドコモ光のSo-netはダメダメ?口コミや特徴を徹底解説!

ドコモ光So-netのサービス

ドコモ光のプロバイダを選ぶ際に、選択肢に入ってくるのがSo-netです。

光回線のプロバイダとしてはかなりのシェアを持っているSo-netですが、ドコモ光ではどのようなサービスを提供しているのでしょうか。

このページでは、ドコモ光So-netのサービス詳細・実際の口コミなどを参考に徹底調査していきます。

ドコモ光のプロバイダ選びの参考にしてみて下さい。

【1分で解説!】ドコモ光のSo-netってどんなプロバイダ?

So-netは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営するプロバイダです。

誰もが知っているであろう大手企業SONYのグループ会社で、auひかりのプロバイダ・独自の光コラボ回線So-net光・世界最速回線NURO光など複数のプロバイダの運営を行っています。

そんなSo-netがドコモ光で提供しているサービスは以下の通りです。

ドコモ光So-net
【So-netのプロバイダサービス】

  • キャッシュバック15,000円
  • dポイント最大20,000ポイントプレゼント
  • 無線LANルーター無料レンタル(5,000円相当) or 訪問設定サポート1回無料
  • セキュリティソフト『カスペルスキー』12ヶ月無料

ドコモ光で人気のプロバイダ『GMOとくとくBB・Plala・DTI』といったプロバイダとほぼ同じ内容になっています。

実はドコモ光で人気のプロバイダは、提供しているキャンペーンなどに大差がないため、実際の口コミを参考にしたり細かな違いで比べて選ぶのがベストです。

それでは、その口コミ・細かな点についてみていきます。

ドコモ光So-netの口コミ・評判を徹底調査!

So-netの口コミを見ていく際にポイントになるのは3点です。

【ドコモ光So-netの口コミチェック項目】

・通信速度面について
・提供しているキャンペーンについて
・サポート体制について

これら3点はネット回線選びで重要になる点ですので、それぞれチェックしていきます。

ドコモ光So-netの速度は評判が悪い!?v6プラス通信について

実はv6プラスが普及するまでは、ドコモ光So-netの通信速度は遅いことで有名でした。

しかしv6プラスを導入してからは、そこそこの速度を確保できるようになったため、通信速度の満足度もある程度高くなっています

口コミではパッとしていない人もいますが、100Mbps前後出ていればオンラインゲームや高画質映像の視聴でも困ることはありません。

So-netの速度のカギになっているのは、先述した『v6プラス通信』です。

本来、v6プラス通信を利用するにはv6プラスに対応したルーターが必要ですが、So-netであれば対応ルーターを無料でレンタルすることができます。

So-netルーターレンタル
▲So-netのキャンペーンでは
v6対応ルーターが無料レンタルできる

そのため、特に準備をしなくても快適なネット環境が手に入るでしょう。

ただし、後ほど記載しますが、ドコモ光v6プラスの通信速度としてはかなり速いとは言えない速度になっています。

【v6プラス通信って何?】
v6プラス通信は、従来のIPv4(PPPoE)通信と次世代のIPv6(IPoE)通信を合わせた通信方法(IPv4 over IPv6)です。
簡単に言うと、今まで問題になっていた『夜になると回線混雑が起きる・利用者が増えると通信速度が遅くなる』といったことを解決するために、作られた通信の仕組みがv6プラスになります。

以下の図のようなイメージです。

IPv4(PPPoE)通信のシステム
v6プラス(IPv4 over IPv6)通信のシステム

v6プラスを利用することで、『従来混雑していたポイントをスルーしてインターネットに接続することができる』というような認識で良いでしょう。

キャッシュバック・dポイントプレゼントはかなり好評

ドコモ光So-netのキャンペーンは、そこそこ好評でした。

以下、実際の口コミになります。

まず簡単なおさらいとしてSo-netで適用されるキャンペーンを確認しておきます。

【ドコモ光So-netで適用されるキャンペーン】

  • キャッシュバック15,000円
  • dポイント最大20,000ptプレゼント
  • 無線LANルーターの無料レンタル or 訪問サポート1回無料
  • セキュリティソフト『カスペルスキー』12ヶ月間無料

この4つの中でも好評なのが、キャッシュバックとdポイントです。

2つのキャンペーンを合計すると総額35,000円になるため、以前使っていた回線の解約金の負担に回したり、趣味に使うお金に回したりと色々な使い道が考えられます。

現在キャッシュバックとdポイントの2つを採用しているプロバイダは『So-net・ぷらら・GMOとくとくBB・DTI・OCN』しかないため、So-netはドコモ光のプロバイダとしてトップ5に入る豪華さと言えるでしょう。

So-netのキャッシュバック
▲合計35,000円相当のキャッシュバックは
5つのプロバイダでしか受けられない。

なお、無線LANルーターのレンタルとセキュリティソフトに関しては、So-net以外にも多くのプロバイダ行っています。

無線LANルーターは『NEC Aterm WG1200HS3』という5,000円相当のルーターで、スペックとしては高くもなく低くもなく普通といったモノです。

一方で、セキュリティソフトの『カスペルスキー』は世界的にも高評価を得ているソフトになるため、セキュリティソフトにこだわりがある人にはオススメです。

総合的に見ると、So-netのキャンペーンは『魅力的だが1番ではない』といった立ち位置になるでしょう。

キャンペーンについてより詳しく知りたい人は、別記事「【最新版】ドコモ光キャンペーン比較!」で詳しく解説していますので、そちらも合わせてチェックしてみて下さい。

最新のドコモ光のキャンペーン情報と窓口選びのポイントをまとめました。ドコモ光は非常に人気のある回線が故に、最大級お得に契約出来ない人が多い回線です。「少しでもお得に契約したい」「損したくない!」という人のために、お得な窓口とその選び方のポイントを解説していきます。

サポート体制は特に良くもなく悪くもない

回線に関する悩みを素人で解決するのは中々難しいため、プロバイダのサポートは重要です。

そんなサポートに関してですが、So-netのサポートに対する口コミは可もなく不可もなくといった風になっていました。

ドコモ光So-netレビュー

ドコモ光So-netレビュー2

So-netのサポートは、『良いと感じる人・悪いと感じる人』様々でした。

基本的に「このプロバイダのサポートは完璧!」というプロバイダは存在しませんので、それを考えるとSo-netのサポートは普通と言えるかもしれません。

また、サポートは、電話した時にどんな担当者が出るかという運の要素もあります。

サポート
▲良くない担当者に当たった場合は
電話を掛け直すことで改善することがある。

そのため、困った時に電話をして「この人イマイチだな…」という担当者に当たってしまった場合は、少し時間を空けて電話を掛け直すことで改善される可能性が高いです。

サポートが気になる人は、この方法を試してみると良いでしょう。

口コミまとめ:一番とは言えないが十分に選択肢に入るプロバイダ

So-netの口コミをまとめると、『一番ではないが選択肢に入るプロバイダ』と言えます。

高額なキャッシュバック・20,000円相当のdポイント・無線LANルーターのレンタルなど、豊富なキャンペーンが揃っているため、So-netを契約して損することはまずないでしょう。

ドコモ光のSo-net
▲ドコモ光So-netは確かにお得だが
速度面が少し気になるポイント。

気になる点としては、通信速度面が挙げられます

ドコモ光の中でも特に速いと言われる『GMOとくとくBB』と比較した時に、「速い!」という口コミの数が圧倒的に少なかったです。

GMOとくとくBBで無料レンタルされている無線LANルーターは約10,000円相当でSo-netのルーターよりスペックが高いため、そこで差が出ているのかもしれません。

いずれにしろ、「出来るだけ速いプロバイダを使いたい」という人は違うプロバイダを選択した方が最終的な満足度は高くなるでしょう。

ドコモ光So-netのメリットとデメリットについて

ここでは、ドコモ光So-netのメリット・デメリットを再度まとめていきます。

「メリット・デメリットを分かり易くまとめて!」という人は、この項目をチェックするといいでしょう。

キャンペーンの豪華さ・月額料金の安さがメリット

先にドコモ光のメリットをまとめると、以下の通りです。

【ドコモ光So-netのメリット】

・キャンペーンが豪華(特にキャッシュバックとdポイント)
・月額料金が安いタイプAプロバイダ(タイプA:5,200円、タイプB:5,400円)
・セキュリティソフト『カスペルスキー』が12ヶ月無料で使える
・無線LANルーター(5,000円相当)を無料でレンタルできる

先述したキャッシュバック+dポイントプレゼントを実施している5つのプロバイダの中で、タイプAに含まれるのは『So-net・ぷらら・GMOとくとくBB・DTI』のみです。

そのため、「金銭面でお得に契約したい!」という人であれば、So-netを検討する価値はあります。

また、この4つのプロバイダの中でSo-netならではのメリットは、セキュリティソフトが『カスペルスキー』である点です。

カスペルスキー
▲ドコモ光の人気プロバイダの中で
カスペルスキーはSo-netのみ使える。

残りのぷらら・GMOとくとくBB・DTIはセキュリティソフトが『McAfee』になるため、「カスペルスキーを使いたい!」という人はSo-netをオススメします。

他のサービスに大きな違いはため、最終的には口コミ等で選ぶのがベストでしょう。

なお、各プロバイダ毎の細かいサービス比較は別記事「多くの人が損する?ドコモ光プロバイダ全25種の比較と選び方を解説!」で行っていますので、詳細を知りたい方はそちらもチェックしてみて下さい。

全25種あるドコモ光のプロバイダのサービスを比較し、どのように選ぶのがベストかをまとめました。ドコモ光はプロバイダが多く選択が難しいため、気付かぬ間に損してしまう契約をしている人が多いです。このページでは、損しないためのプロバイダ選びを解説していきます。

速度が最速とは言えない・サポート体制がデメリット

メリットに対して、So-netのデメリットは以下の2点でしょう。

【ドコモ光So-netのデメリット】

・速度が最速のプロバイダとは言えない
・サポート体制が可もなく不可もなくの状態である

デメリットとして特に気になるのは、通信速度に関してです。

平均的に100Mbps前後出るのであれば日常的に困ることはありませんが、複数人(例えば家族など)で使っていてゲームなどもするという状況であれば少し遅いと感じてしまうかもしれません。

そのため、「速度を重視したい」という人は違うプロバイダを選択するのが良いでしょう。

サポート体制に関しては、先述した電話の掛け直しがベストです。

少し手間が掛かってしまうかもしれませんが、「どうしてもこの人いやだなぁ…」という時にはこの方法を使って解決するといいでしょう。

※ドコモ携帯・スマホを持っていない人に関して
実はドコモユーザーではない人は、ドコモ光をWEBから申し込むことは出来ません。
auやソフトバンク、その他の格安SIMなどを利用している人は、ドコモショップに行って申し込みをしないと契約することが出来ませんので注意してください。

なお、先述した通りドコモショップではプロバイダのキャンペーンは受けられません。
そのため、ドコモユーザーでない人に関しては、auひかりNURO光を利用することをオススメします。
どちらの回線もドコモ光を超えるキャンペーンを実施しているため、気になる方はチェックしてみて下さい。

ドコモ光So-netのプロバイダ変更・解約について

ドコモ光So-netのプロバイダ変更・解約の手続きは、ドコモショップもしくは電話で行います。

【ドコモ光So-netの解約・変更手続き方法】

・ドコモ光インフォメーションセンターに電話で申し込む
・ドコモショップに行って申し込む

プロバイダ変更は、申し込みから10日前後で行われるインターネットの設定(マニュアルに従いパソコン等で行います)をすることで完了になります。

一方で、解約の場合は申し込みだけで手続きが完了します。(解約日などは自分で選べます)

いずれの場合も、直接So-netに連絡する必要はありませんので、特に苦労することもなく手続きを進めることができるでしょう。

ドコモ光So-netの解約については、ドコモ光So-netの退会(公式サイト)で詳しく解説されているため、そちらも合わせてチェックしてみて下さい。

なお、ドコモ光インフォメーションセンターの電話番号は以下の通りです。

【ドコモ光のインフォメーションセンター】

受付時間:9:00~20:00(年中無休)
ドコモの携帯電話から繋げる場合:151(局番なし)
固定電話orその他の携帯電話から繋げる場合:0120-800-000

なお、プロバイダの変更・解約をする際は以下の項目に注意するようにしましょう。

ルーターの返却期限・ドコモ光の違約金には注意

変更・解約に伴う注意点は以下の3つです。

【ドコモ光So-netの変更・解約に伴う注意点】

・利用から24ヶ月以内の場合無線LANルーターを返却する
・So-netのメールアドレスが使えなくなる(月額200円で継続可能)
・有料オプションは自分で解約する(しない場合継続利用になる)
・変更や解約に合わせて手数料や違約金が発生する

初めにSo-netでルーターをレンタルしている場合、変更・解約時に返却する必要があります

プロバイダの変更・解約の手続きが完了次第、So-netに返却するようにしましょう。

なお、ドコモ光So-netを変更・解約後2ヶ月以上たっても返却がない場合、機器の補償金として6,200円必要になりますので出来るだけ早く返却するように注意してください。

また、変更・解約する場合は下記手数料・違約金も必要になります。

■ドコモ光So-netの変更・解約費用
手続き
発生する金額
プロバイダ変更
切り替え手数料3,000円
プロバイダ解約(ドコモ光解約)
違約金:戸建て13,000円(マンション8,000円)
工事費の残債金:0円~18,000円
※違約金は更新月以外での解約で発生します。

具体的な解約金などに関しては、解約の手続きをする際に聞いてみるといいでしょう。

なお「解約金が高くてつらい…」という人は、乗り換え先のネット回線を選ぶ際に解約金を負担してくれる回線を選ぶことをオススメします。

代表的な回線として、auひかりソフトバンク光がありますので、気になる方はこれらの回線も合わせてチェックしてみるといいかもしれません。

総合的な満足度を上げるならGMOとくとくBBの方がオススメ

ドコモ光のプロバイダ選びで後悔したくない人は、So-netではなくGMOとくとくBBをオススメします。

GMOとくとくBBは、So-netと同じく高額キャッシュバック・dポイントプレゼントを実施しており、なおかつ通信速度にも定評があるタイプA(月額料金が安い)のプロバイダです。

ドコモ光GMOとくとくBB

実際、GMOとくとくBBは多くの場所でオススメされています。

「ドコモ光のプロバイダ選びで後悔したくない!」という人は、一度チェックしてみるといいでしょう。

ドコモ光の人気プロバイダGMOとくとくBBについて詳しく解説しました。いろいろな場所でオススメされるGMOとくとくBBですが、実際の口コミや特徴・メリットやデメリットはどうなっているのでしょうか。このページでは、GMOとくとくBBの実態を詳しく調査していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする