ドコモ光で快適にオンラインゲームは出来る?注意点と口コミ・評判まとめ

ドコモ光とオンラインゲーム

光コラボ回線の中でも特に人気が高いのがドコモ光です。

そんなドコモ光ですが、オンラインゲームユーザーとして気になるのは『いつでも快適にゲームが出来るか』という点でしょう。

このページでは、ドコモ光のオンラインゲーム事情について解説します。

ドコモ光で快適にオンラインゲームは出来る?

いきなり結論になりますが、ドコモ光で快適にオンラインゲームは出来ます

鉄拳やストⅤといった繊細な動きが重要になる格闘ゲームからR6SやFortnite、スプラトゥーンといったFPS(TPS)のゲームまでどのゲームでもプレイできるでしょう。

鉄拳
▲特に回線が重要になる格ゲーも
ドコモ光でプレイすることが可能。

ただし、このような状態になるにはある程度の条件が必要です。

その条件を解説していく前に、まずはドコモ光を実際に使用しているオンラインゲーマーの口コミや評判を紹介していきます。

ドコモ光を利用しているゲーマーの口コミ・評判

当然ですが、良い口コミもあれば悪い口コミもあります。

割合的には、半々という印象です。

悪い口コミをピックアップした時に特に多いのが、「夜になると回線混雑によって通信速度が落ちて、ゲームが出来なくなる」というものです。

夜になるとユーザーが増え回線混雑が起きてしまうのが原因になります。

夜になると遅くなる
▲夜になるとユーザーが増えて
回線が遅くなってしまいがち。

しかし、現在はIPv6を利用することで簡単に回線混雑を回避出来ます

そのため、悪い口コミをしている人に関しても、しっかりと通信速度悪化の原因を考えるとネット環境を改善することが出来るでしょう。

ドコモ光でオンラインゲームをする時の条件と注意点

ドコモ光でオンラインゲームをプレイするなら一定の条件が必要です。

これを満たしていないと、上で紹介した口コミのように「夜になって速度が遅くなってしまう…」「通信速度が安定しない…」といった状態になってしまう可能性があります。

そのため契約する際は必ずチェックするようにしましょう。

v6プラスオプションを利用する

一番重要なのがv6プラスを利用するということです。

現在では、NTTが整備したフレッツ光や光コラボ、独自で設備しているauひかりやNURO光、その他の電力会社系回線など多くの種類の回線があります。

この中でNTT回線を利用するならIPv6通信(IPoE通信)は必須オプションです。

IPv4とIPv6の違い
▲IPv4とIPv6の簡略図。

v6プラス通信では従来のIPv4(PPPoE接続)と違って、回線混雑に巻き込まれるなく高品質な回線を利用できるようになります。

そのため、v6プラスオプションを必ず利用するようにしましょう。

※v6プラス通信について

「IPv6はPS4やSwitchに対応していないからダメ!」と言う人がいますが、ダメなのはIPv6接続オプションであってv6プラスオプションではありません

IPv6接続オプションではIPv4に対応していないゲーム機などは使えませんが、v6プラスオプションであればIPv4にも対応しているためゲーム機でも利用できます。

ただし、P2P方式のゲームでホストになることは出来なくなります。

こういった細かい話については別記事「オンラインゲームを(IP)v6プラスで快適に!出来ないゲームの対処法は?」で詳しく解説していますので、気になる方は合わせてチェックしてみるといいかもしれません。

v6プラスでオンラインゲームをプレイするメリット・デメリットをまとめました。また、v6プラスでオンラインゲームをプレイするときに起きがちな問題とその対処法も解説しています。v6プラス導入を検討している人は参考にしてみて下さい。

大手の(バックボーンが大きい)プロバイダを利用する

ドコモ光はNTT網を利用したネット回線です。

それにも関わらず「フレッツ光から転用して遅くなった…」「光コラボからドコモ光に変えたら極端に遅くなった…」という口コミがあるのは、少し違和感があります。

利用している大元の光ファイバーが同じなのであれば、速度に違いが出るのはプロバイダの問題である確率が高いでしょう。(嘘でドコモ下げの口コミを書いている可能性はありますが…。)

特にこだわりがない場合、プロバイダ選びのポイントは2つです。

【プロバイダ選びのポイント】

・v6プラスオプションに対応しているかどうか(サービス名が違う場合もあります)
・大手の(バックボーンがしっかりとしている)プロバイダかどうか

幸いにもv6プラスに対応しているプロバイダは大手であることが多いため、v6プラスに対応しているかどうかで選ぶのはアリです。

後は、プロバイダごとのサービス内容で選ぶのがいいでしょう。

「どれがいいか分からない…」という人は、先の見出しで紹介しているためそこまで読み進めていただくといいかもしれません。

最大100Mbpsではなく最大1Gbpsで契約する

そして契約するときに注意しなくてはならないのが、回線の最大速度です。

最大速度が100Mbpsか1Gbpsかによって実測値も大きく異なります

最大100Mbpsの回線はVDSL方式という電話線を利用した配線方式で、基本的に集合住宅(マンションやアパート)で採用される仕組みです。

VDSL方式の仕組み
▲VDSL方式は部屋まで光ファイバーが来ていない。
ノイズや電波からの影響が強く質が低くなる。

光ファイバーだけで配線している最大1Gbpsの回線に比べて、電話線を利用した配線は電波・ノイズの影響を受けやすくなっています。

仮に100Mbpsになってしまう場合は、違う回線を契約した方が良いかもしれません。

「どうしてもドコモ光を引きたい…」という人は、少し費用が高くなってしまいますが、マンションに戸建て用の回線を引くようにしましょう。

ドコモ光を契約するときにオススメのプロバイダ

プロバイダを選ぶときの基準は、v6プラスに対応しているかどうかです。

そして+αの条件として、『v6プラスに対応したルーターを無償で貸し出しているか』と『実際の利用者の口コミはどうなっているか』という点も重要になります。

それを考慮した上でオススメなのがGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBの魅力は3つあります。

【GMOとくとくBBの魅力】

・v6プラス対応ルーターを無料レンタルしている(1万円相当)
・公式サイトにて地域ごとの利用者平均速度を公開している
・最低速度100Mbpsの速度補填制度を導入している

実際に速度が出るか不安…」という人でも、利用者の平均速度データと最低100Mbpsの速度補填制度があるため、安心して契約することが出来ます。

ドコモ光GMOとくとくBB
▲GMOとくとくBBでは1,000件以上の
ユーザーデータの平均を公開している。

そのため、プロバイダで悩んでいる人にはオススメです。

またGMOとくとくBBでは、申し込み時に15,000円のキャッシュバックを準備している他、dポイントプレゼントなども実施しています。

ドコモ光の中では一番オススメ出来るプロバイダですので、気になる方はGMOとくとくBB公式サイトをチェックしてみて下さい。

ドコモ光に不安がある人は他の回線を検討するのもアリ

しかしそれでも、「ドコモ光少し心配…」という不安を持っている人もいるかもしれません。

そういった人は、NURO光auひかりといった回線をオススメします。

■オンラインゲームにオススメのネット回線
サービス概要
NURO光 ・最大2Gbpsの超高速回線
・eSportsの試合で採用されている
・現状日本トップクラスの回線
・ソフトバンク携帯とのセット割アリ
auひかり ・最大1Gbpsの高速回線
・独自配線ルートで速度が出やすい
・au携帯とのセット割アリ

これらの回線であれば、快適にオンラインゲームをプレイ出来るでしょう。

また、NURO光はソフトバンク携帯・auひかりはau携帯とのセット割を適用できるため、ドコモ携帯以外の人でもお得に契約出来ます。

なお、これらの回線については別記事「ネトゲ廃人が選ぶネット回線ベスト3!」で詳しく解説していますので、「ドコモ光以外の回線も見てみたい!」という人はチェックしてみて下さい。

オンラインゲーム・ネットゲーム用の回線で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。このページでは、ネトゲ廃人でもある管理人がオンラインゲームにおすすめのネット回線ベスト3と回線選びのポイントを詳しく解説していきます。ゲーム好きには必見の内容です。

まとめ:ドコモ光でオンラインゲームは出来る?

今回はドコモ光とオンラインゲームについて解説してきました。

ドコモ光でもしっかりとサービス内容を確認して契約することで、快適にオンラインゲームをプレイすることが出来るでしょう。

注意する点は以下の3つです。

    【ドコモ光でオンラインゲームをする時の注意点】

  • v6プラスオプションを利用する(v6接続とは別)
  • 大手(バックボーンが大きい)プロバイダを利用する
  • 最大100Mbpsではなく最大1Gbpsで契約する

また、ドコモ光を契約する際におすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

「プロバイダが多すぎて分からない…」という人はGMOとくとくBBを一度チェックして、気に入るようなら契約してみるといいでしょう。

なお、ドコモ光以外のオススメ回線はNURO光auひかりです。

これらの回線が気になる人も合わせてチェックしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする